2022年01月15日

ブルーライン線上

/ごめす(GOMEZ)@新羽にてはまぐりラーメン/白河手打ち中華そば こすが@あざみ野にて焼豚ワンタン麺/

クリックすると拡大します

 週に一度のラーメン食べ歩き。
 ネット情報を頼りにあれこれ調べて、いざ武蔵新城。
 やってない、、自身の情報収集能力の低さが露呈しましたな。
 付麺屋 壱志@武蔵新城(川崎市中原区新城1025)、1/22オープン予定。

クリックすると拡大します

 お昼は、ごめす(GOMEZ)@新羽(横浜市港北区新羽町)へ。
 「さかなや吉」のリニューアル(経営母体は同じ)。
 麺屋食堂タイガーとしての2021/11/1オープン予定を中止し、ごめすとして2021/12/10オープン。
 店名を公開して求人募集されてから、店名を変えてリニューアルって、聞いたことがない。

クリックすると拡大します

 昼はラーメン専門店、夜は居酒屋営業(ラーメンも提供する)。
 情報に触れたとき、夜に飲みながらラーメンを食べようとも考えたけど。
 飲み過ぎてラーメンを食べ損ないそうだったので、昼間に伺いました。

クリックすると拡大します

 店内に入ると右手に券売機。
 メニューはらぁ麺850円、こってりらぁ麺950円。
 何がどうでこってりなのかは、未確認です。
 レギュラーメニューは多くのレビューが上がるだろうから、私は限定10食のはまぐりラーメンを。

クリックすると拡大します

 券売機が設置されている壁の左側は製麺室です。
 製麺室の上部には、夜メニューも貼り出されています。
 じっくり飲むと言うより、帰宅前に一杯二杯を飲む感じでしょうか。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むくの字カウンター8席と5席。
 奥にテーブル卓が用意されていて、恐らく4人掛け、計17席。

クリックすると拡大します

 卓上にはブラックペッパーグラウンド、ゆず入り七味唐からし、黒煎り七味、一味。
 お冷やはカウンター台に用意されています。
 目の前の調理を眺めていると、注文が入った分のスープをIHで温めています。

クリックすると拡大します

 卓上のこだわり書き。
 豚肉はSPFなのか、林SPFのことかな。
 つか、限定メニューなので麺以外は参考程度だな。

クリックすると拡大します

 程なくして、【限定10食】はまぐりラーメン1,200円
 スープはハマグリの煮出汁に浅利出汁を加え、貝出汁スープ特有の臭みが心地よい。
 世の中の風潮としては「臭みが無い」「雑味を感じない」方がウケが良いのだろうけど。
 私としては臭みや雑味こそ旨味を引き立てると感じています。

クリックすると拡大します

 店内製麺の細麺、打ち立ての新鮮な風味を感じます。
 もう少し寝かせたほうがスープとの馴染みが良くなりそうです。
 トッピングはスープと一緒に煮込んだはまぐり、直前まで茹でていた穂先メンマ、豚挽肉のつみれ、
 針生姜、プラウト。

クリックすると拡大します

 食べているとお客さんの出入りが多く、すっかり地に馴染んでいる印象。
 夜に新羽に来ることがあれば立ち寄ってみたいけど、まあ、無いだろうな。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、白河手打ち中華そば こすが@あざみ野(横浜市青葉区新石川1-19-4)へ。
 2021/12/24オープン、店主さんは福島白河のとら食堂出身。
 立地はああざみ野駅から徒歩数分、山内小学校正面、手打ちうどん一平の並び。
 オープン直後はワンタンを販売されておらず、ワンタン麺が始まってからの訪問。

クリックすると拡大します

 土曜日の13時頃、外待ち11人。
 20人は並んでいると思っていたので、もう落ち着いたってことかな。
 11時オープンの売り切れ終了なので、何時までやっているのか、さっぱり分からない。
 せめてSNSでもやって下さると助かりますが、まま、それはお店の方針なので。

クリックすると拡大します

 店員さんが人数を確認しながら店内にお客さんを案内されています。
 15分ほどすると「お一人ですか」と確認され、店内へ入って右手の券売機で食券を買います。
 メニューは手打ち中華750円、ワンタン麺900円、焼豚麺1,000円、焼豚ワンタン麺1,150円
 麺の大盛りは180円増、小は620円、トッピングは味付玉子100円。

クリックすると拡大します

 給水器は券売機の奥にあるだけなので、食券を買ったら自身でコップに注ぎます。
 店内は厨房を囲むL字カウンター4席、1席、4席、壁向きカウンター4席、計13席。

クリックすると拡大します

 卓上にはブラックペッパーグラウンド、ホワイトペッパーパウダー、七味とうからし、辣油、刻みタマネギ。
 刻みタマネギは、ラーメンの配膳前に運ばれてきます。
 私の知っている限りのとら食やとら食堂出身店は、予め卓上に置かれていました。
 ですので、「配膳直前に提供するのはとら食堂(または出身店)だからではなく、コロナ禍の影響」だと思う。

クリックすると拡大します

 並び始めて30分弱で焼豚ワンタン麺1,150円
 白河のとら食堂に伺ったのは11年前の2011/7、味の細部は覚えていない。
 飲んだ感じでは豚骨は感じず、丸鶏のみの清湯スープ、醤油たれとの相性抜群で目を瞑ってしまうほど心好い。
 とら食堂のスープをビタッと目指していて、今風では無いけれど、一度味わったら忘れない味わい。

クリックすると拡大します

 店内製麺室で打たれる縮れ平打太麺、やや固めの茹で加減であり、食べ終わる頃にはすっかり馴染んでいて。
 食べ進める間にスープに馴染んでいく美味しさ。
 とは言え、調理器具などがまだまだ神奈川(横浜)の水に馴染んでいない印象を受けます。

クリックすると拡大します

 トッピングのチャーシューは大ぶりのバラ肉が2枚、小ぶりで薄手のロース肉が多数。
 バラ肉の上にロース肉が重ねてあるので、スタンダードがバラ肉2枚で、ロース肉分が追加されている様です。
 他に茹でほうれん草、焼海苔、なると。

クリックすると拡大します

 ワンタンは皮を楽しむタイプと、餡を楽しみタイプがあります。
 こちらのワンタンは5枚、皮を楽しむタイプで、正に雲呑。
 食べ初めと食べ終わりでは皮に染み込むスープの具合が変わるので、1枚ごとに味わいが変わります。

クリックすると拡大します

 麺を半分以上食べたところで、刻みタマネギを合わせてみます。
 刻んでから水に晒してないのか、辛みが強めで、まるで胡椒を振ったかの様な味わいに変わります。
 うーん、もっと早めに入れるんだったか。

クリックすると拡大します

 とら食堂出身だからと言って、オープンして直ぐにとら食堂の味わいが楽しめるはずもなく。
 少なくとも一年、二年はかかるだろし、そのくらいになれば「こすぎ」としての味を楽しめるだろうな。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月14日

渋谷で美味しいお鮨

/渋谷 鮨まつもとにて低糖質おまかせ握りコース/

クリックすると拡大します

 今夜は冬、そして金曜日、あまりにも寒いので、渋谷で鮨。
 渋谷 鮨まつもと、赤坂の本店を起点に名古屋、大阪にまで支店展開されています。
 前回訪問時に、正論こそが正義のお客さんなら怒って帰るほどの不手際がすこしだけあって。
 こちらとしてもちょっと納得がいかなかったこともあり、再訪することにしたんです。

クリックすると拡大します

 今夜は前回の席の隣、板さんの立ち位置により近い席に案内されます。
 見える景色はほぼ同じながら、マグロの産地を現す札は違います。

クリックすると拡大します

 寒い冬だけど、一杯目はビール。
 今夜は渋谷で2人お疲れ様会、いつも付き合ってくれてありがとう。
 予約したのは、糖質50%OFF ディナー限定 低糖質おまかせ握りコース16,500円(税込)。
 飲み物代は別なので、結構いい値段になりそうです。

クリックすると拡大します

 オーガニック野菜と前菜盛り合わせ。
 グリーンピースのソースを掛けながら楽しむ、オーガニック野菜。
 手前にゴマ豆腐とバルサミコソースを合わせた鴨肉。
 左手奥にシジミ汁、どれもこれもいちいち心好い。

クリックすると拡大します

 すかさず握り、ヒラメの昆布締め。
 昆布の味わいは平目の味わいを引き立てるだけで、平目の心好さが真っ正面。
 糖質50%OFFのシャリは、半分がコンニャクとのことで、OFFと言うよりHALFだな。
 合わせる酢は赤酢、僅かに塩を合わせてあり、食べた感じでは普通のシャリとの全く同じに感じます。

クリックすると拡大します

 九州産のいさき。
 うっすらと桜色で楽しみ、さっぱりした味わいで楽しみ、シャリとの相性で楽しむ。

クリックすると拡大します

 氷見の寒鰤
 薄桃色からクリーム色のグラデーションが鮮やか、つるんと頂きます。
 醤油の塗り加減も調整されているかのような味わい、いや、きっと調整しているでしょう。

クリックすると拡大します

 ビールに続いて日本酒、お正月様に仕入れた銘柄を中心に。
 静岡の蔵元である土井酒造場が醸す「開運 祝酒(かいうん いわいざけ)」純米酒。
 開運は比較的よく飲んでいる銘柄なので、安心して楽しめます。



クリックすると拡大します

 冷燻製御造り、蛸と鰹。
 煙で燻製の香り付け、良い香りに包まれて頂く蛸と鰹、心好いですなぁ。

クリックすると拡大します

 ズワイガニとイクラの小丼。
 イクラの上にはキヌア、ズワイガニの上にはキャビア、キャビガの上には金箔。
 色々なキヌアの食べ方があると思いますが、ズワイガニとイクラとキャビアと合わせて食べるのは初めて。

クリックすると拡大します

 岐阜の蔵元である林本店が醸す「百十郎 赤面GOLD(ひゃくじゅうろう あかづらゴールド)」大辛口純米酒 R3BY。
 おお、このお店で百十郎にお目にかかれるなんて、感謝感激。
 ゴールドは通年販売ですので、いつでもゴールドできるけど、やっぱり新春向けですね。

クリックすると拡大します

 ズワイガニのミルフィーユ。
 お酒が回ってきて、ちゃんと聞き取れていないし、メモも不完全ですが、心好かったことは覚えています。

クリックすると拡大します

 雲丹パスタ。
 ウニはソースだけではなく身(?)も乗せられていて、キャビアもあしらわれています。
 パスタは玄米とモロヘイヤで作られていて、これがまたウニによく合います。

クリックすると拡大します

 大分の蔵元である中野酒造が醸す「ちえびじん」純米酒 R3BY。
 初めて頂くちえびじん、ひらがな表記なんですね。
 今日はお喋りが多くて、日本酒の進みが遅め。

クリックすると拡大します

 金目鯛。
 どの握りも両端がお皿に付くほどの大ぶり、に見えて、シャリが小ぶり。
 アラ高と見受けられて小さめにされていると推測、嬉しい限りです。

クリックすると拡大します

 赤身のヅケ。
 山葵の代わりに柚子胡椒が握られていて、キュッとした辛味がたまらなく赤身の味わいを高めます。

クリックすると拡大します

 焼魚はサワラ。
 サワラって魚偏に春って漢字なんだけど、旬が春とは限らない、らしい。
 だって冬なのにこんなに心好いからな。

クリックすると拡大します

 お皿は2種類あって、女性には濃い朱色で提供されるらしい。
 白皿は銀接ぎ風、赤皿は金接ぎ風。

クリックすると拡大します

 五島マグロの中トロ。
 中トロとは言え、大トロにかなり近い部位、脂が溶け出していて、赤身が切れかけている。
 言葉にならない心好さ、お代わりできないもどかしさ。

クリックすると拡大します

 群馬の蔵元である龍神酒造が醸す「おぜゆきだるま」純米大吟醸 生酒 R3BY。
 先のちえびじんに続いて初めて飲む銘柄。
 他の銘柄であれば「うすにごり」「かすみ」と呼べる風合い、心好さ、ここに極まる。

クリックすると拡大します

 ズワイガニの茶碗蒸し。
 完全に蟹の味しか感じない茶碗蒸し、味だけでは無くて香りも素晴らしい。

クリックすると拡大します

 コハダ。
 薄身にスッと線を引くように浅く包丁を入れ、さっと頂く握り。

クリックすると拡大します

 カマス。
 軽く炙ってから浅く包丁をいれ、一口でパクッと頂く握り。
 ほんのりと温かく、すっと冷たい味わい。

クリックすると拡大します

 玉子焼き。
 しっとりしたチーズタイムの玉子焼き、一口にも満たない大きさが心残り。

クリックすると拡大します

 巻物をお願いしたら、トロタクの手乗り握り。
 パリッパリの焼海苔で頂く、トロとタクワンのマリアージュ。
 こんな手乗り、食べたことが無い。

クリックすると拡大します

 続けて干瓢巻の手乗り握り。
 ゴマの風味と共に頂く干瓢、干瓢って心好いですよね。

クリックすると拡大します

 ここで赤出汁。
 身体は冷え切っていないけど、それでも温まると嬉しい。

クリックすると拡大します

 穴子。
 忘れていたかのような握り。
 少なめのたれが、穴子の風合いをしっかり感じられます。

クリックすると拡大します

 アサイーとマンゴーの甘味。
 生クリームは豆乳から作られいて、最後まで低糖質を意識した品揃え。
 美味しい料理、美味しいお寿司、美味しい日本酒をご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月13日

川崎で二軒

/鶏そば 一文@京急川崎にて醤油らぁ麺/横浜家系ラーメン銀家 川崎銀柳街店@京急川崎にてBLACKラーメン、ほうれん草/

クリックすると拡大します

 新規オープンするラーメン店、ここのところ昼営業のみからスタートする店舗が目立ちます(私だけ?)。
 ですので、新規開拓は土日に偏ってしまい、平日夜は気になったお店の再訪が殆ど。
 そんなに新規オープン店が気になるなら仕事休めば、なんなら仕事辞めれば、と思います。
 一日も早く仕事をしなくて暮らしていけるようになりたいです。

クリックすると拡大します

 夜は、鶏そば 一文@京急川崎(川崎市川崎区砂子2-8-5)へ。
 店主さんが煮干しアレルギーを発症したと告知され、「鶏煮干そば 一文」は一年足らずの2021/12末で閉店。
 心機一転、1/11から「鶏そば 一文」として、リニューアルオープン。
 立地はJR川崎駅、京急川崎駅から徒歩10分ほど、経営母体は引き続き株式会社ネクストグローバル。

クリックすると拡大します

 リニューアル後のレビューがどこにも見当たらないので、何か理由があるのかと伺います。
 店先のメニュー紹介写真を見ると、醤油らぁ麺、塩らぁ麺、つけ麺、まぜそばと、見慣れた立て看板。
 むーん、明らかにはやし田を展開するイングスプロデュース、、製麺所も変えてしまったのだろうか。
 ここまで似ていて、イングスプロデュースでなかったら、訴えられるレベルじゃないか。

クリックすると拡大します

 店内に入り、貼り出されているポップをみやれば、上から見ても下から見ても、間違いありません。
 この店から一番近いはやし田は、武蔵小杉店か横浜店か。
 店員さんは「鶏煮干そば 一文」と同様なので、プロデュース店なのでしょう。
 イングスプロデュース店恒例の、ラーメン一杯500円のオープニングセールは実施されたのでしょうか。

クリックすると拡大します

 券売機は変わっておらず、表記が変わっただけ。
 メニューは醤油らぁ麺820円、塩らぁ麺820円、つけ麺850円、まぜそば800円。
 吊るし焼豚の炙り飯300円、マキシマム濃い玉子温玉TKG300円、マキシマム濃い玉子温玉親子丼350円。

クリックすると拡大します

 店内は前店踏襲の凸凹したカウンターのみ10席。
 卓上の調味料は撤廃され、アルコール消毒用スプレーが置かれています。

クリックすると拡大します

 カウンター台に貼られた説明書きも、替えられています。
 はやし田は菅野製麺所でスタートしましたが、去年からカネジン食品に切り替わりました。
 プロデュース店も合わせて切り替わった店舗と、菅野製麺所のままの店舗があります。

クリックすると拡大します

 程なくして、醤油らぁ麺820円
 細かい点に目を瞑れば、はやし田川崎店の麺相に思えなくもありません。
 スープは大山どりと鴨のガラ出汁、醤油たれの甘みがすんなりと馴染む、心好い味わい。
 家系ラーメンはインスパイアか継承で裾野を広げましたが、はやし田系はプロデュースで広げていくのか。

クリックすると拡大します

 全粒粉入りの細麺は菅野製麺所、カネジン食品に切り替わる前のはやし田の味が楽しめます。
 スープとの相性はピッタリで、スルスルと食べられます。
 トッピングは吊るし焼き豚バラ肉、低温調理の鶏むね肉の2種類のチャーシュー、穂先メンマ、九条ネギ。
 吊るし焼き豚バラ肉チャーシューが、目を開けていられないほど秀逸な出来映え。

クリックすると拡大します

 鶏煮干し時代に再訪しようと思いつつ叶わなかったので、今度こそ再訪したいと思うのですが。
 きっと出来ないだろうな、川崎は遠いし。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、横浜家系ラーメン銀家 川崎銀柳街店@京急川崎(川崎市川崎区砂子)へ。
 2021/10/4オープン、経営母体はサンフードサービス株式会社。
 日吉店、戸塚店、大和店、横浜駅西口店、伊勢佐木町店、宮の森店、東苗穂店、パルナード店に続く9店舗目。
 24時間営業になりますが、左隣りの壱角家、その隣のカラオケマック、も24時間営業。

クリックすると拡大します

 メニューはラーメン750円、味噌とんこつラーメン900円、BLACKラーメン850円、ガチヘルラーメン900円。
 女性とお子様限定のレディースラーメン700円、麺少なめにキャベツと味玉半分をトッピングしてあります。
 ※昨今は性別についてデリケートな時代、女性であることはどうやって確認されるのだろうか。
 他店とメニュー構成が異なりますが、この店舗だけなのか、全店メニューが変わったのか、不明。

クリックすると拡大します

 券売機はタッチパネル式。
 トップ画面がVIPカードの有無とは、斬新です。
 ちなみのVIPカードは食券購入時に確認されず、食券を店員さんに渡すときに確認されます。

クリックすると拡大します

 私はVIPカードを所有しているので、VIPカードありでメニューを進めます。
 なぜかスペシャルラーメンとキャベツラーメンが売り切れ。
 最後にこだわりと(無料の)VIPトッピング、有料トッピングを選びます。

クリックすると拡大します

 店内は手前に6人掛けテーブル2卓、中央の厨房に面したL字カウンター4席と6席、
 テーブルが2人掛け1卓と4人掛け2卓、奥に6人掛けテーブル2卓。
 固定椅子で動きが取れないカウンター席に案内され、食券とVIPカードを店員さん渡します。
 ※VIPカードは来店スタンプが押され、戻ってきます。

クリックすると拡大します

 鞄を置き、コートを脱いで、座る前にお冷やと無料サービスのライスをば。
 卓上にはおろしニンニク、豆板醤、白胡麻、フライドガーリック、白胡椒、酢。
 少し離れた場所に、のりたまに似たふりかけがありました。

クリックすると拡大します

 飲み客向けなのか、サイドメニューは着席後の現金支払いが可能です。
 そりゃそうだろう、奥の席に座ってしまい、追加注文のために店外まで食券を買いに行くのはにゃー
 替え玉も現金対応されていて、麺のかたさ(茹で加減)を選択できます。

クリックすると拡大します

 少し待って、BLACKラーメン(太麺・柔め)850円VIPトッピングでほうれん草
 豚骨臭より強いマー油のニンニク臭、アラ高にキツめながらこの香しさには抗えない。
 訪問の時間帯にも因るのか、とんこつスープは濃度より旨味が強調され、これまたキツい。
 「ウメー」と叫べたのは何歳までだったろうか、心好いことには変わりはありません。

クリックすると拡大します

 丸山製麺の太麺、柔らか仕上げがスープによく馴染んで心好いけれども、もっと柔らかくてもよろしくてよ。
 トッピングはチャーシュー二枚、大きめの焼海苔、ほうれん草たっぷり。
 チャーシューは薄切り、食べやすさ優先がとても嬉しい。

クリックすると拡大します

 麺を少し食べたところで焼海苔をスープに浸し、久し振りの家系海苔巻き。
 豆板醤とおろしニンニクをライスの上に乗せてからクルッと巻くんだけど、、上手く巻けない。
 上手く巻けなくても心好く頂きます、を三回繰り返す、と。

クリックすると拡大します

 キツいキツいと言いながら麺を半分以上食べてしまい、お楽しみの味変タイム。
 毒を食らわば皿まで、豆板醤とひとさじ、フライドガーリックをふたふり。
 これはあんまりあわないなぁ。

クリックすると拡大します

 昭和の男は無料を我慢できないし、食材を残すのはもっと我慢できません。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記