2021年04月02日

肉そば合戦

/ゆで太郎三田三丁目店にて肉茄子せいろ、焼きのり、かき揚げ/横浜家系ラーメン東横家@日吉(横浜市港北区日吉本町1-2-6)にて豚骨醤油並、小ライス/

クリックすると拡大します

 今日は今日とて都内出勤。
 あちこちで桜が咲き誇っている昨今、仕事をしている場合じゃ無いんだけど、仕事もしないと。
 こうして、撮ってきた桜の写真を見て、一人で和みます。

クリックすると拡大します

 お昼は、ゆで太郎三田三丁目店ホームページ)へ。
 ゆで太郎は、信越食品が立ち上げたチェーン展開する路麺店。
 2004年からゆで太郎システムと共同ブランドとして運営され、どちらも大繁盛です。

クリックすると拡大します

 今月から始まった肉そば合戦。
 レギュラーメニューとして提供されている肉舞茸に、肉茄子が戦いを挑みます。
 とは言え、お蕎麦として温そばタイプとざる蕎麦タイプが用意され、丼タイプも加わっています。
 舞茸も美味しそうだし、茄子も美味しそうで、どちらから食べるか悩んでしまいます。

クリックすると拡大します

 おしゃべりをしながらの食事は楽しいですよね。
 でも、もう少し我慢です。
 美味しいおそばを食べて、みんなで乗り切りましょう。

クリックすると拡大します

 今日は、肉茄子せいろ580円、焼きのり100円、クーポンかき揚げ
 ミニ丼用の容器にたっぷり用意されたもり汁、、と言うか、肉茄子玉葱の肉野菜汁にオクラが乗っています。
 お蕎麦が足りないほど肉や茄子が多く、それでいて、味の釣り合いがしっかりしていて、とても美味しい。
 この汁物だけで十分に一品物になりますな。

クリックすると拡大します

 お蕎麦は店内製麺ですので、店舗によって味わいが微妙に異なります。
 異なるけれども、まま、そんな違いが私に分かるはずも無く、どちらの店舗でもとても美味しい。
 焼海苔を時折パリパリと割って楽しみます。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、横浜家系ラーメン東横家@日吉(横浜市港北区日吉本町1-2-6)へ。
 日ノ出らーめん日吉店(2014/9/21-)が、2021/4/1に家系ラーメン店にリニューアル。
 屋号の「東横」とは東急東横線のことだろうけど、大きくでたなぁ。
 何か権利関係で引っかからないのかな、既に対応済みなのかな。

クリックすると拡大します

 日の出らーめんは、2000年6月にサンライズキッチンが立ち上げた独自ブランドです。
 日ノ出町駅近くに1号店を出店し、2017年11月に株式会社テンポスホールディングスへ売却。

クリックすると拡大します

 営業時間は11:00-16:00 17:00-21:00、無休です。
 マスク飲食の告知は「日の出らーめん 日吉店」のままですので、リニューアルは急だったのでしょう。
 店内に入り、左手側の券売機で食券を買います。

クリックすると拡大します

 メニューは豚骨醤油590円、豚骨塩590円。
 値段は税込表記ですから、家系ラーメンとしてはせい家に次いでの安さ。
 トッピングは角煮310円、チャーシュー290円、特のせ290円、味玉100円、ほうれん草100円、薬味ねぎ100円、のり100円。
 上段のトッピング込みのラーメンメニューと一列ズレているのが、気になります。
 
 ご飯物は醤油チャーシュー丼200円、塩チャーシュー丼200円、チャマヨ230円、角煮丼290円。
 ライスは小30円、中50円、大50円。
 ライス無料サービスも嬉しいけど、100円以下なら消費税みたいなもんだな

クリックすると拡大します

 店内は右手の厨房を囲むL字カウンター6席、左手にテーブル席が8席。
 アルコール消毒液が用意されていて、パーティション類は一切ありません。
 先客はカウンターに1人、テーブルに2人、後客はカウンターに4人、テーブルに4人。

クリックすると拡大します

 店員さんに食券を渡すと「お好みはございますか?」と訊かれ、「柔らかめで」とお願いします。
 卓上にはおろしニンニク、おろし生姜、ブラックペッパーグラウンド、唐辛子、酢。

クリックすると拡大します

 麺柔らかめでお願いしたので、後客数人に抜かれて豚骨醤油並590円、小ライス30円
 店内炊きされたスープは何か食材を入れ忘れたのかと思うほどあっさりした味わい、こってりからはほど遠い味わい。
 味濃いめにしても醤油味が強くなるだけで、味が足されるわけではありませんよね。
 私の様な定年間近のジジイにはありがたい味わいですが、若い人にはどう感じるだろうか。

クリックすると拡大します

 平打中太麺は、日ノ出らーめんの元経営母体だったサンライズキッチン御用達の大橋製麺多摩。
 麺の扱いには一日の長があり、柔らかめ仕上げでも、延びることなく、切れる事もなく、美味しく茹で上げられています。
 トッピングのチャーシューがスモークタイプで軽く驚き、三枚の焼海苔が最後までピシッとしていて更に驚き、
 ほうれん草の美味しさにもっと驚く。

クリックすると拡大します

 焼海苔にたっぷりとスープを染みこませ、ライスにおろしニンニクと(豆板醤がないので)唐辛子を乗せ。
 家系海苔巻き、御飯は小では無く中でも良かった美味しさ。

クリックすると拡大します

 麺を半分以上食べたところで、お楽しみの味変タイム。
 おろし生姜と唐辛子を乗せ、全体を良くかき混ぜると、やや甘めに傾いていた味わいがシュッと立ち直ってきます。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 食べているとき、背中越しの券売機近くで「つけ麺は無いんですか」と店員さんに訊いているお客さんがいました。
 こんなに大きく看板が変わっていても、以前のラーメン屋のつもりで食べに来るお客さんがいるんですね。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年04月01日

スパイシーラーメン

/名代富士そば品川店@品川にて煮干しラーメン/北ノ麺 もりうち@京急鶴見にてさらうま、小ライス/

クリックすると拡大します

 朝は、名代富士そば品川店@品川(港区港南)へ。
 富士そばでは季節限定を含む何種類かのラーメンを販売されています。
 店舗によって販売されるラーメンは異なり、こちらでは、ラーメンと煮干しラーメンの2種類を販売されています。

クリックすると拡大します

 若い頃なら、かき揚げ等を別に購入し、天中華が販売されていない地域で天中華を楽しみましたが。
 今ではゆで太郎でいつでも天中華が楽しめます。
 店内は半分位の入り、食券を渡すと素早く提供されます。

クリックすると拡大します

 煮干しラーメン460円、トレーには予めレンゲがセットされ、自身で箸とお冷やを揃えます。
 やや茶濁したスープはとろみを感じつつも味の奥行きは浅く、温度も低めです。
 仕事が終わってのラーメンならばちょっと考えてしまいますが、朝の一杯であれば満足できます。

クリックすると拡大します

 ややだれ気味の中細麺、製麺所不明ながらスープとはよく合っています。
 トッピングは脂身の多いチャーシュー、歯応えのあるメンマ、半身の固茹で玉子、わかめ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、北ノ麺 もりうち@京急鶴見(横浜市鶴見区鶴見中央4-5-9)公式ホームページ)へ。
 2021/3/31オープン、『札幌円山の寅乃虎より秘伝の味を継承し横浜鶴見に上陸』とのこと。
 立地は居酒屋大阪家の跡地、京急鶴見駅からは徒歩3分。

クリックすると拡大します

 営業時間は 11:00-15:00 17:00-22:00ですが、県の要請により21:00終了。
 定休日が書かれていませんが、日曜日。

クリックすると拡大します

 店内に入るとガランと広いスペース、左隅の券売機で食券を買います。
 メニューはさらうま890円、こくうま890円、みそらーめん880円、白しょうゆラーメン880円。
 さらうまは「さらに旨い」ではなく「さらさらした旨さ」、こくうまは「コクのある旨さ」。
 今夜のところは飲み物は無し。

クリックすると拡大します

 店内は左壁側に厨房、厨房を囲むL字カウンターが1席と9席、右壁側に2人掛けテーブルが7卓。
 卓上に調味料は用意されていません。
 全席にお盆と箸、レンゲをセット済みです。
 昨今の時勢に照らし合わせると、この形式は珍しいとか小洒落たとではなく、ニューノーマルと言えるもの。

クリックすると拡大します

 札幌スパイシーラーメンなるラーメンは初めて頂きます。
 『鶏ガラ、豚骨、香味野菜で取った澄んだスープに昆布、煮干等の和風だしを加え
 十数種類のスパイスを配合したラーメンです。ほんのり辛みのある味に仕上げております。』と

クリックすると拡大します

 北海道発祥(?)だからか、スパイシーラーメンはスープカレーラーメンなのかと思ったけど。
 カレーラーメンは、ラーメンにカレーをブレンドしたラーメン、
 スープカレーラーメンは、ラーメンにスープカレーをブレンドしたラーメンで、
 スパイシーラーメンは、ラーメンをスパイスでアレンジしたラーメンなのかな。
 つまりスパイシーラーメンとスープカレーラーメンは全然違うけど、スパイシーラーメンがスープカレーラーメンやカレーラーメンに似ていると感じる人もいるだろうな。

クリックすると拡大します

 程なくしてさらうま880円、辛さが普通と中辛から選べるので、中辛。
 糸唐辛子1本にまで神経を行き渡らせた丁寧な盛り付け、ふんわりとスパイスの香りが漂います。
 スープは(説明にあるように)鶏ガラ、豚ガラの清湯に強めにスパイスを利かせ、初めて味わった美味しさ。
 スパイシーラーメンの名の通りにスパイスの味わいが支配的で、スープ本来の味は下支え的。

クリックすると拡大します

 辛さはかなり辛いのですが、後を引かない気持ちの良い辛さ。
 森住製麺の角中太麺、ぷるんとしてとても美味しく、スープによく合っています。
 トッピングは一枚ずつ丁寧に焼き上げたチャーシュー、板状のメンマ数枚、長葱。
 チャーシューは大ぶりでとても美味しいのですが、スパイシーなスープと合っているようには感じません。

クリックすると拡大します

 美味しかったら食べようと思っていたライス、美味しかったので席を立って、小ライス80円
 ライスなんて無料で無ければ食べなかったのに、軸がブレブレですな。
 気の利いたラーメン屋だと「追加注文は現金でも承ります」と貼り出してあるけど、それが良いとは限らないし。
 ライスに残ったスープを掛け、美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 ラーメンをお店で食べる楽しみは食べ手の数だけあると思うけど。
 私は「今日はどんな味かな」が楽しみで、美味しくてもそうでもなくても、どちらでも楽しみます。
 スパイシーラーメンはブレが非常に少なそうで、明日食べても一ヶ月後に食べても同じ美味しさに思えます。
 スルッと食べて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年03月31日

天ぷらの新作

/麺LOUIS(めん・るい)@品川にて濃厚味噌らぁ麺/天ぷらすずきにて日本酒と新作天ぷらを楽しむ/

クリックすると拡大します

 今日も今日とて、テレワークでは無い。
 出勤がせざるを得ない仕事(作業)が多い月末、月初も多い。
 ま、出勤しなくちゃいけないだけで、忙しいわけではないんだけどな。

クリックすると拡大します

 お昼は、麺LOUIS(めん・るい)@品川(港区高輪)公式インスタグラム)へ。
 前回は終始ノーゲスでしたが、今日は先客二人、後客四人と、少しずつ認知されてきている様子。
 店内に入ると、調理人のワンオペ。
 カウンター五席に絞って、調理から会計まで1人でこなしています。

クリックすると拡大します

 メニューを見ると、ラーメンのラインナップに変更無し。
 カウンター台にはチャーシュー丼200円が掲げられていました。

クリックすると拡大します

 程なくして濃厚味噌らぁ麺1,000円、3月末までの期間限定メニュー。
 ホールコーンが乗せてある、いわゆる昭和世代の味噌ラーメン。
 スープの味がしっかりしているからなのか、味噌が弱いのか、スープとたれの相性にはちょっと隙間があります。

クリックすると拡大します

 合わせる角中太麺は田中製麺、味噌専用に麺を用意してあり、なかなかの食べ応え。
 トッピングは豚肩ロースレアチャーシュー、煮豚バラ肉、穂先メンマ、ホールコーン、白髪ねぎ。
 味噌ラーメンであっても穂先メンマ、私の好みに合わないだけで、世の時流はこうなっているのだな。

クリックすると拡大します

 食べ終わった頃に、女性店員さんが出勤されました。
 私のことを覚えていて声を掛けてくださり、ありがたいことです。
 ネットにアップしたことをとっても感謝されていて、ちょっと恥ずかしい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 今夜は天ぷらすずきにて、日本酒と新作天ぷらを楽しむ
 前回、ちょっとお願いしたことがあったので、どうなったのか気になって伺いました。
 事前予約しようと電話したら、食べログからのコース料理での予約しか受け付けていないとのこと。
 ですので、伺ってみて満席だったら意気消沈して帰る、みたいな。

クリックすると拡大します

 何とか席は空いていて、ふう、良かった。
 その後、飲んでいたら、満席で断られているお客さん、多数。

クリックすると拡大します

 今日はどんな天ぷらが食べられるかな、と壁の短冊を見ると、真っ白。
 一体何事なのかと店員さんに訊くと、明日の準備、つまり値段表記を総額表記に書き換え中。
 こんな風景、私の生きている間でもう二度とない景色。

クリックすると拡大します

 メニューが分からない中、卓上に用意されている冊子を見ながらオーダー。
 天ぷらが揚がってくるまでにと、とり軟骨梅肉和え418円、スルメイカ肝和え418円。
 梅肉和えは梅水晶の様(って梅水晶そのもの)、肝和えはイカの塩辛の様(って塩辛そのもの)。

クリックすると拡大します

 満席に近い店内、他のお客さんはメニューを見ながらアラカルトでオーダーする中、
 連れにカッコ付けたい私は、知った顔で盛り合わせを。
 先ずは、すずきの盛り合わせ6種880円。
 からっと揚がった海老から、今晩の天ぷらはスタート。

クリックすると拡大します

 (野菜二種のウチの)茄子。
 衣が付いていないのは取れてしまったので、敢えて付けていないのか。
 なんてことを考えながら、ハフハフして食べます。

クリックすると拡大します

 烏賊。
 大きめのイカは隠し包丁が入れてあり、一口ずつ楽しめます。
 って、隠し包丁に一人驚いているけれど、天ぷらなら当たり前のことなんだろうか。

クリックすると拡大します

 鶏。
 芯までやっと火が通っている感じで、食べながら火が通っていく印象。

クリックすると拡大します

 穴子。
 味が付いているので塩がおすすめです、と塩で頂きます。
 腹が上、皮が下、ああ、美味しい。

クリックすると拡大します

 (野菜二種のウチの)ブロッコリー。
 サクサクとした食感がとても美味しい天ぷら。

クリックすると拡大します

 久しぶりに会う飲み友と話の花を咲かせていたので、日本酒の注文が遅れてしまいました。
 メニューに書かれていた、石川の蔵元である福光屋が醸す「加賀鳶(かがとび)」極寒純米 辛口 R2BY。
 保管状態がちょっと気になるラベルですが、お酒の美味しさは変わらない。

クリックすると拡大します

 次は、野菜天盛り合わせ6種660円。
 前回食べて、天ぷらの組み合わせは他の盛り合わせと被ることがあるけど、「それが楽しみ」と言い切って。
 長芋。
 大きめの長芋をまるごと揚げてあって、シャクっと入る歯の心地よさ。

クリックすると拡大します

 茄子。
 おお、茄子が被りましたか。
 でも茄子天は大好きなので、幾つでも食べられます。

クリックすると拡大します

 それじゃ日本酒を頼もうとメニューを手に取ると、
 「お客さん、前回、日本酒を頼まれた方ですよね」と、声を掛けて下さいました。
 「前回頼まれたお酒、今日は入っていないけど、とりあえず今あるのを」と並べてくださいました。
 他のお客さんは日本酒なんて誰も飲んでいないけど、もう、ホント、ウッキウキ。

クリックすると拡大します

 蓮根。
 穴にカレーや挽肉を詰めたりしない、純粋にレンコンだけ。
 コリコリッとした熱々のレンコンの美味しさよ。

クリックすると拡大します

 宮城の蔵元である新澤醸造店が醸す「あたごのまつ はるこい」 純米吟醸 生酒 R2BY。
 いわゆる活性生酒、二次発酵していて、シュワシュワ。
 新澤醸造店って「伯楽星」なども醸しています。

クリックすると拡大します

 椎茸。
 綺麗にピッタリした衣もいいけど、波打った衣も好き。

クリックすると拡大します

 玉葱。
 他の揚げ物との兼ね合いで、忘れられたのかと思うほどの時間差。
 玉葱の天ぷらって色々な揚げ方があると思うけど、三日月型もいいね。

クリックすると拡大します

 舞茸。
 決して生では無いけど、芯の方に生っぽさが残っているのが好き。
 ここまでが野菜盛り合わせで、連れに「まだ食べられます?」と訊くと、まだ食べたいと。
 どうしようかなぁとメニューを手に取ると「来月からの新作がありますけど」と。
 裏メニューというか、どう言うお客さんに新作を勧めているのだろうか。

クリックすると拡大します

 茗荷竹。
 前回も食べたけど、まだ残っているとのことで、今回も食べられて幸せ。
 写真を撮り忘れたけど、ここで不老泉。

クリックすると拡大します

 タケノコ。
 三角に刻まれていて、二つに切って、重ねておかれます。
 火の入れ方が絶妙だなぁ。

クリックすると拡大します

 三重の蔵元である早川酒造が醸す「田光(たびか)」特別純米酒 雄町 瓶火入れ 2020BY。
 まずタビカって読めないし、もちろん初めて飲むし、雄町だから味は間違いないし。

クリックすると拡大します

 新じゃがのクリームチーズ添え。
 新作だそうで、ジャガイモにバターは食べたことあるけど、ジャガイモにクリームチーズって合うんだ。
 来月以降、伺えたら、是非食べてみよう。

クリックすると拡大します

 鰆の西京漬。
 そのまま食べても美味しい西京漬けを天ぷらにするなんて、私の中ではとっても贅沢。

クリックすると拡大します

 アスパラ。
 食べやすように四等分、端っこが少し焦げていて、良い感じ。

クリックすると拡大します

 梅肉菜の花の鰯包み。
 旬を過ぎての終売間近、菜の花に火が通っていないのがとても美味しい。

クリックすると拡大します

 千葉の蔵元である鍋店が醸す「不動(ふどう)」純米吟醸酒 無濾過生原酒 おりがらみ R2BY。
 天ぷらを食べ終わっているのにまだ日本酒を飲んでいるように見えますが。
 まだまだ天ぷらを食べるつもりで日本酒を頼んだのですが、タイプアップなのだ。

クリックすると拡大します

 最高の食材とか、高級食材とか、そういうのはありません。
 気軽に立ち寄って楽しめる天ぷら、美味しい日本酒の数々、これが客単価10,000円以下とは思えない。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記