2019年10月06日

尾崎牛と日本酒

/らーめん岬@秦野市平沢にて岬らーめん、チャーシューワンタンめん/大衆肉バル肉林にて尾崎牛のステーキとホルモンを静岡の日本酒で楽しむ会/

clickhere

 お昼は、らーめん岬@秦野市平沢へ。
 のんびりと起きた日曜日、せっかくのお休みなので、女房と一緒に外食。
 2019/10/4オープン、小田原ラーメン郁 秦野店(2014/11/29-)の閉店に伴い、同店長さんが店を譲り受けたそうです。
 小田原ラーメン郁 、本店は2019/9/5に閉店し、御殿場は数年前(未食)、小田原駅前は今夏頃(未食)に閉店そうです。

clickhere

 定刻にオープンして店内へ、店内は全くの居抜きで厨房を囲むコの字カウンター15席(2席、9席、4席)、4人掛けテーブルが1卓。
 厨房には店主さんと思われる男性店員さんが調理、盛り付けを担当し、配膳を女将さん、娘さんが手伝っています。
 たまたま先頭客で入店しましたが、続々とお客さんが見えられて、満席にはならなかったけど、客足は途絶えません。
 椅子が随分と綺麗なのでリリューアルしたようですが、随分と伺っていなかったので分かりません。

clickhere

 口頭注文後会計、メニューはらーめん750円、ワンタンめん1,050円、チャーシューめん1,150円、チャーシューワンタンめん1,250円と不動の4トップ。
 チャーシューワンタンめんがチャーシュー5枚とワンタン5個に対して、チャーシュー3枚とワンタン3個に減らした岬らーめん1,050円(郁時代はレディースらーめん)も用意されています。
 数量限定として、味噌らーめん900円、塩らーめん750円があって、いつか食べてみたいです。
 ご飯もの、おつまみ、お飲み物も抜かりありません。

clickhere

 お冷やは店内の隅っこにある整水器で汲んできます。
 卓上には酢と白胡椒。
 田舎のラーメン屋なので、自宅から歩いてきて、ビール飲んでるお客さん、多数。
 厨房では店主さんが8人分の麺を一気茹でて、平ざるで湯切りし、順番に分け入れて、最後に数本を調整していました。

clickhere

 少し待って、私の岬らーめん1,050円
 丼に盛り付けるときに、スープ、麺、トッピングの順番なのに、なぜ麺がチャーシューの上に出ているのだろうか。
 スープは豚骨清湯、むらたの系譜なので直系に比べると味薄め、化調も少なめ。
 小田原系かくあるべし、と一家言ある人にとって、この薄めは受け入れがたいかも知れない。

clickhere

 しかしして、食べ物の好みは千差万別、伝統も本物も大切だけど、今、目の前のお客さんに食べてもらえなければ、継承も真髄もありません。
 まるキの縮れ平打極太麺、一般的なラーメンにしては柔らかめですが、小田原系にしては固め。
 製麺所も同様、室伏製麺で無ければ小田原系にあらず、な一家言もありますが、それを言うのなら、小田原系じゃなくて「味の大西系」と「小田原系」を別に考えなくてはならないでしょう。
 トッピングはチャーシュー三枚、ワンタン三個、柔らか仕上げのメンマ、小口ネギ、茹でもやし、板海苔一枚。

clickhere

 チャーシューは柔らかめ厚め、ワンタンは皮長め。こちらも小田原系にしては少し物足りないが、これはこれで一つの形だと思います。
 ワンタンは皮が長く、その皮がスープを吸ってとても美味しくいただけます。
 餡は他店に比べて多めに感じましたが、はて、他店はいつ頃行っただろうか。

clickhere

 女房はチャーシューワンタンめん1,250円
 注文するときに結構多いよとアドバイスしましたが食べると言って聞かない、、案の定でしたが、最終的には私がなんとかすればいいわけでして。
 厨房の調理を眺めていると、丼の配膳に受け皿を付けている場合があって。
 特別なメニューか思いましたが、1卓あるテーブルへ配膳される場合は、丼が熱くて持てないので付けているようです。
 スルッと食べてご馳走様でした。

clickhere

 夜は、藤沢の大衆肉バル肉林ホームページ)にて、尾崎社長と開運の女将さんを迎えて、尾崎牛のステーキとホルモンを静岡の日本酒で楽しむ会
 二度と無いような組み合わせのイベントは、ちがさき粋酔会(ホームページ)主催、江澤さん、幹事ありがとうございました。
 今夜は30人超の大所帯、人数が多かったので個人的には苦手でしたが、尾崎牛のホルモンということで、外すわけにはいきません。

clickhere

 そもそも、「尾崎牛のホルモン」と聞いた時、いやいやホルモンに銘柄とか無いし、と思ったんだけど。
 尾崎社長が挨拶の中で「ホルモンの元締めに掛け合い、15年かけてブランド売りを実現しました。」と説明がありました。
 つまり日本で唯一、尾崎牛だけがホルモンをブランド売りしています。
 だからと言って正肉のように焼けばいいってものではなく、尾崎牛に対する愛に溢れた調理技術が合わさって、いま、ここのお皿に上にあります。

clickhere

 乾杯もそこそこ、一皿目は尾崎牛のタルタル、韓国海苔に大葉を敷き、ねぎをあしらってあります。
 今日の料理は「試作」的な意味合いもあり、お店の店主さんもからブログを読んでいるとご挨拶いただきましたので、はっきり言わせてもらいますが。
 このタルタルは明日からメニューに加えてもらいたいほど美味しい。
 タルタルのおいしさを、大葉や韓国海苔がさらに美味しくしています。

clickhere

 二品目は、レバーのたたき、おろしニンニク、さらしねぎ。
 ホルモンは臭いが気になるので、これまでは出来るだけ臭いを嗅がないように食べていました。
 今夜は「正肉が美味しければホルモンも美味しい」と尾崎社長から説明があったので、どれどれと嗅いでみると、何とも香しい。
 ああ、こんなホルモンに出会えるなんて。長生きはしてみるもんだ。

clickhere

 センマイ刺し。
 先のレバーがあまりにも美味しかったので、センマイも期待したのですが、かあるく期待を超える美味しさ。
 センマイなんて食感の面白さだけだからなぁ、はこれまでのセンマイには通用しますが、尾崎牛のセンマイには通用しません。
 合わせていた、正雪 純米大吟醸 雄町が早くも無くなりそう。

clickhere

 日本酒の見比べ。
 今日は開運 無濾過純米酒 26BY、28BY、30BY、同じ銘柄で醸造年度による違いを楽しみます
 同じ銘柄で違う醸造年度を飲み比べることを「垂直飲み」と言います。
 他に開運 純米酒 ひやおろし/佳撰、志太泉 ラジヲ正宗、純米吟醸、小夜衣 どぶろくっぽいじたてEXなど。

clickhere

 低温調理のタンのサラダ仕立て(葉野菜、ラディッシュ、ヤングコーン、食べる花、プチトマト、コリンキー)。
 ハチノスが散らして乗せていて、一般的には「あっさりで淡泊なのでたれと共に」ですが、尾崎牛のハチノスはドレッシングと合わせて美味しくいただきます。
 牛には胃が四つあり、第一胃がミノ、第二胃がハチノス、第三胃がセンマイ、第四胃がギアラ。

clickhere

 メニューに無かった、アキレスの煮こごり。
 冷製ということもあり、固くてコリコリと食感を楽しみながら、日本酒をクイクイいただきます。

clickhere

 ミノの湯引き、もみじおろし、ポン酢、万能ネギ。
 これまで色々なミノを食べましたが、ここまで厚切り、ここまでポン酢の合うミノは初めて食べました。
 ちゃんと味がして、いい香りがして、自然と日本酒が進みます。

clickhere

 ホルモンの塩煮込み、小口ネギ、柚子胡椒。
 煮込みも美味しかったけど、こちらには熱燗が、、、ってちゃんと配ってくれているじゃ無いですか。
 ああ、他人の燗付けは最高、こんなに美味しい煮込みと熱燗をいただいていいのだろうか。

clickhere

 フワの竜田揚げ。
 フワとは牛の肺、そもそもフワを食べるのは初めてでしたが、いい感じで揚げてあって、これも熱燗にぴったり。
 味付けが難しいけど、ここまでで既にかなり飲んでいるので、いい感じで美味しい。

clickhere

 食道のローストガーリック黒こしょう風味。
 色々と事情もあるだろうけど、この小鉢を6人で分けてね、と言われても難しい。
 食べてみるとコリッとした食感が美味しく、一つ二つ食べたら十分なのですが、食べてみるまで分からないし。

clickhere

 塩釜。
 ぬわんと、尾崎牛の塩釜、クレソンとブロッコリーを添えて。
 この日の一番美味しい料理、つか、これってホルモンじゃないけど、ステーキもありですから。

clickhere

 会の都合上、日本酒はお銚子で配られたので、飲むのはいいけど、瓶はほとんど見られず。
 こっそり持ってくるために歩くスペースも無く、さらに知り合いに話し込まれてしまったので、日本酒のボトルの写真が全然撮れていません。
 日本酒のボトルの写真を撮りに行ったわけではありませんが、ね。

clickhere

 低温調理尾崎牛ステーキ しゃきしゃきわさび、飾り野菜。
 最後にたっぷりとボリュームのある一品をいただいたところで、終了。
 美味しいお肉、美味しい日本酒をごちそうさまでした。

clickhere
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月05日

第二回超プレミアム日本酒会

/名代箱根そば喜多見店にてざる、ちくわ/銀座 喰い切り ひら山にて第二回超プレミアム日本酒会/

クリックすると拡大します

 朝は、名代箱根そば喜多見店ホームページ)へ。
 駅改札を出て正面の最高立地は他店に譲り、小田急マルシェの最下位立地と思われる、少し歩く場所にあります。
 立ち食いそばは、ちょっと立ち寄っていくかのお客さんは少ないので、立地はあまり関係ないですね。

クリックすると拡大します

 券売機を眺めると、券売機自体は全店で共通なのに、どうしてボタンの位置が違うのか、不思議でなりません。
 店舗ごとにある程度の裁量があるのかも知れませんが、わざわざ変える理由が思いつきません。
 ただ、いくつかの店舗を食べ歩く人は想像できないので、同じメニューのボタンは同じである必然性もありません。

クリックすると拡大します

 店内は壁向きカウンターが6席、4人掛け相対カウンター、2人掛けテーブルが7卓と、箱根そばにしては広々としています。
 卓上にはいつもの七味唐辛子、お冷やを汲んで、お蕎麦のできあがりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくしてざる400円、クーポンちくわ
 箱根そばには「もり」は無くて「ざる」のみ、ざるに刻み海苔を散らすのが箱根そば流。
 暖かいお蕎麦はブレがあるのですが、冷たいお蕎麦はどの店舗でも安定して美味しいです。
 薬味ネギの量が明らかに多くなっているし、わさびも多めです。

クリックすると拡大します

 クーポンでもないと食べないちくわ。
 店内揚げだと思いますが、すっかり冷めていて、これ、温かいお蕎麦に浸して食べるべきだと思いました。
 美味しくいただき、ごちそうさまでした。

クリックすると拡大します

 喜多見から東銀座までは幾つかの行き方があるけど。
 時間に余裕があるので、東銀座まで行かずに有楽町から歩いて電車代を節約しようかと思ったけど。
 100円も変わらないので、東銀座まで行くことにしました。

クリックすると拡大します

 お昼は、銀座 喰い切り ひら山ホームページ)にて、第二回超プレミアム日本酒会
 私のような一介のサラリーマンが気軽に伺えるはずもない銀座の懐石料理店に、こうして伺えるのも人の縁のおかげ。
 夏の終わりと、秋の始まりの季節に伺えるのが、この上ない幸せです。

クリックすると拡大します

 テーブル席を貸し切っての会、ホームページを見る限りでは、料理のコースは通常のとはちょっと違うようです。
 まま、普段は懐石料理を食べ慣れないので、何を食べても美味しいとは思います。
 こうして献立を書いてくださると、ブログに起こすときにとても助かります。

クリックすると拡大します

 さて、今日の超プレミアムな日本酒は全部で4本。
 お金を出しさえすれば買える日本酒もあれば、特別なルートで仕入れた日本酒もあります。
 いずれにしろ、がぶがぶと飲む日本酒ではないことは、間違いありません。

クリックすると拡大します

 先付 菊花浸し 焼松茸。
 懐石料理だと、一品目から松茸、松茸の香りは何度嗅いでもいい香りです。
 一気に「さあ、飲むぞ」な準備が整いますね。

クリックすると拡大します

 一杯目は新潟の蔵本である原酒造が醸す「あわっしゅ」スパークリング純米酒。
 名前ほど泡が強いわけではなく、微発砲なスパークリング、それでいてしっかり日本酒なのは純米酒だから。
 乾杯酒でお代わりはおかしいけど、ま、小さな会なのでお代わりしました。

クリックすると拡大します

 お椀 海老真薯菊花仕立て。
 菊の花がとても輝かしいお椀、真薯(しんじょ)は大きめで、お出汁によく合っています。
 なんとも優しい口当たり、年に一度くらいは味わいたいなぁ。

クリックすると拡大します

 吉乃川が醸す 「眞浩蔵(しんこうぐら)」大吟醸原酒 山田錦七年貯蔵
 創業四七〇年周年記念酒。
 飲んでみると、もの凄い繊細な味わいで、普段飲んでいる日本酒とは全く異なるおいしさ。

クリックすると拡大します

 向附 鰹。
 切り身三切れに対して、薬味がおろしニンニク、辛子、醤油と、まあ、細かい。
 穂紫蘇をしごきながら、どうやって食べるか思案し、醤油とニンニク、醤油と辛子、醤油だけで食べることにした。
 鰹の切り身って溶けたりするんだ、何かの魔法を掛けているのだろう。

クリックすると拡大します

 原酒造が醸す「越の誉(こしのほまれ) もろはく」純米大吟醸秘蔵古酒 8年熟成酒。
 値段はともかく、この日、一番美味しかった一本。
 料理に合わせるというか、料理と共に存在する一杯です。

クリックすると拡大します

 八寸 栗渋皮揚げ、子持ち鮎、鯖寿司、鱧子煮凝り、銀杏、玉子カステラ、稲穂。
 柿の葉っぱは食べられるのかとか、いやいや稲穂は食べられるとか。
 鱧子煮凝りを初めて食べたけど、心揺さぶられる素晴らしい味わい。

クリックすると拡大します

 DHC酒造が醸す「越乃梅里(こしのばいり)」大吟醸原酒
 平成30年度新酒鑑評会金賞受賞酒、DHCとはあのDHCね。
 この日本酒も格別、まあ、今日はそんなのばっかりだから、あれも美味しい、これも美味しいでいいんだけど。

クリックすると拡大します

 鉢 肴 和風タンシチュー。
 数々の多くの野菜と共にタンシチューを煮込んだ逸品。
 このタンシチューと季節のご飯を合わせたセット物をランチで出していて、予約不要なのです。
 そろそろ寒くなってきたので、なんとか機会を見つけて、食べに行こう。

クリックすると拡大します

 新潟の蔵元である金升酒造が醸す「宝づくし ひやおろし」純米大吟醸。
 今の時期、どんなに高級酒を飲んでいて、ひやおろしも飲んでみたい。
 すっきりした味わいで、ご飯物に合いますね。

クリックすると拡大します

 食事 新米白めし
 止椀 赤出汁
 香物 胡瓜 等
 店主さんからイクラをサービスしてくださいました、ありがとうございます。

クリックすると拡大します

 ご飯を食べ終わって、お茶で一息入れます。
 このプレミアムな日本酒会は、幹事さんが数週間前にイベントを立てていました。
 それじゃあ都合が付かない人もいますよと話をもっていって、来年の予定を立てました。

クリックすると拡大します

 水菓子 柿梨ワイン漬け、酒粕クリームブリュレ。
 今回もとても美味しい懐石料理、二度と飲めないと思われる素晴らしい日本酒、ごちそうさまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月04日

長津田の名店復活

/ゆで太郎東五反田店にて天中華セット、焼きのり、わかめ/十人十色@長津田にて塩青唐辛痛麺/

クリックすると拡大します

 早起きは中華蕎麦のために、今朝はゆで太郎東五反田店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン店系路麺店ですが、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 今回の天中華は、単品以外にライスとコロッケがセットになったメニューもあるので、食べてみるかと。

クリックすると拡大します

 天中華セット550円、焼きのり100円、クーポンわかめ
 別容器で提供されるコロッケとワカメはトッピングして、朝は無料サービスの天かすと無料サービスの紅生姜は掛けて、焼き海苔は刺してみました。
 盛り付けセンスゼロで、申し訳ありません。
 こんなにガチャガチャして、しかも600円越えのモーニングは、サラリーマンとして一つの贅沢ですな。

クリックすると拡大します

 どんなにガチャガチャしていても、しっかりと受け止めるスープは美味しいし、中細麺もとても美味しい。
 スープを吸った海老天は美味しいし、スープに浸した焼きのりも美味しい。

クリックすると拡大します

 さて、ライスをどうしたものかと食べながら考え、ライスに乗せてコロッケライスにすればいいんじゃなーい。
 ライスには残ったスープを適量掛け、コロッケを乗せてソースを掛けてみました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、十人十色@長津田(横浜市緑区長津田)へ。
 元祖一条流かんこ長津田分店(2015/5/10-2017/7/31)改め十人十色、2019/10/3グランドオープン。
 店主さんの奥さんが店長さん、店長さんに顔つきがよく似た年配の男性店員さんの2人で営業を再開されました。
 「がんこ」ではないので、営業中を示す吊るし牛骨は封印、一般的な飲食店で使われている営業中の札が使われています。

クリックすると拡大します

 営業時間は、いったん木昼、金夜、土昼の週3営業。
 訪問敷居がやや高めですが、まずは復活が優先、無理して営業されて長続きしないのは一番困ります。
 店内の様子が全く伺えないので、ドアを開けて店内を覗くと満席、、、外の待合席に座って、先客の退店を待ちます。

クリックすると拡大します

 店内に入ると右手に回り込んだ位置に券売機があります。
 メニューは醤油、塩、塩青唐辛痛麺の三つ。
 日によっては限定メニューも販売されているようです。
 間違えずに緑のボタンを押して、空いた席に座ります。

クリックすると拡大します

 店員さんにカウンター台越しに食券を渡します。
 スープのアレンジが「がんこ」「マイルド」から選べ、辛さは1から10まで。
 卓上にはテーブルコショー、黒胡椒。

クリックすると拡大します

 少し待って、塩青唐辛痛麺(がんこ・10辛)900円
 お好みでどうぞと青唐辛子を出してくださいます。
 キラキラと輝くスープに沈められたサッポロめんフーズの縮れ中細麺、スープに同化した4枚のチャーシュー、スープに泳ぐ日本の穂先メンマ、ふわっと白ネギ、さらっと青ネギ。
 ま、まぶしい。

クリックすると拡大します

 レンゲが止まるほど辛いかと身構えてスープを味わってみると、軽く額から汗をかく程度の美味しい辛さ。
 チクチクする辛さが豚骨の旨味、鶏ガラの旨味、煮干の旨味を打ち込んでくる、
 告知によれば「吉備黄金鶏、天城黒豚、鯖節、平子煮干、鯵煮干、ウルメ煮干、青森産大蒜、国産生姜」とのこと。
 縮れ中細麺は固め仕上げ、この固麺がスープに実によく合い、身悶えするほど美味しい。

クリックすると拡大します

 味変ではなく、二回楽しむための練り青唐辛子を二さじ追加。
 温度低下で緩んだスープをグイッと引き締め、一気に食べ進めます。
 この辛さ、塩味を強く利かせるスープづくりは、輝かしいほどに旨みを伴います。

クリックすると拡大します

 気が付くとスープがなくなっていて。
 真っ白に輝く白いどんぶりが残されます。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記