2019年08月10日

座間ひまわりまつり

/麺場新(あらた)@相模原市中央区東淵野辺にて焼き餃子、肉味噌らーめん味玉&ライス、肉味噌つけめん味玉/座間ひまわりまつり/

クリックすると拡大します

 三連休は自宅休養という予定にしているけど、そんな予定が守られたことがない。
 平日はあちこちを食べ歩いても、休日はちゃんと家族と遊ぶ人って、凄いなぁと思う。
 ま、とりあえず出掛けますか。

クリックすると拡大します

 大抵はイベントを先に楽しんでからお昼にしますが、今日は先に食べることにしました。
 麺場新(あらた)@相模原市中央区東淵野辺(ホームページ)、一年ぶり以上の訪問になってしまいました。
 4台分の駐車場が満車だったので、しばし空き待ちします。

クリックすると拡大します

 店先にはあれこれ張り出されているけど、まま、この店に来たら肉味噌らーめん(つけめん)一沢で良いんじゃ無いかと。
 もちろん、食の好みは千差万別、ご自身の食べたいラーメンを食べたら良いんですけど。
 店内に入り、すぐ右手の厨房の店主さんにご挨拶しつつ、左手の券売機で食券を買います。
 駐車場が満車ということはお店が混み合っていると言うことで、初めて小上がり席に案内されました。

クリックすると拡大します

 先ずはビールで、、、ってワケにはいかないから、冷やし烏龍茶で乾杯。
 ツイッターのフォローとかなんとか、何かをしているとサービスされるらしいけど、詳細は不明です。
 こういう形で烏龍茶を飲んだのは初めてだけど、とても美味しいですね。

クリックすると拡大します

 焼き餃子350円
 他のお客さんのラーメンを作りながら餃子を焼いて下さり、ラーメンの提供前に運ばれてきました。
 卓上を見渡したら胡椒がないので、醤油とお酢でたれを作って美味しく頂きました。

クリックすると拡大します

 先に女房の肉味噌らーめん味玉&ライス990円
 券売機の押しやすく大きなボタンを押したらライス付きだったに気が付いたのは、配膳されてから。
 煮込まれた野菜に九条ネギがたっぷりと乗せられ、大好きな味玉を食べられて、とても美味しそうに食べていました。

クリックすると拡大します

 続けて私は肉味噌つけめん味玉950円
 なんかボケッとしていてデジカメでの写真がダメダメでしたので、スマホの写真でスミマセン。
 つけ麺のつけ汁であっても、スープに味噌を合わせていったん煮立てるという手間を掛けてあります。
 美味しいですよねぇ、麺を浸けても美味しい、茹で野菜を浸けて食べても美味しい。

クリックすると拡大します

 村上朝日製麺所の太麺、この麺が美味しいんだよな。
 つけ汁の相性も全く問題なし、営業を三年続けてなお、磨き続けています。
 茹で野菜はシャキシャキとした食感を残していて、つけ汁に浸して食べるととても美味しい。

クリックすると拡大します

 うっかりミスのライスは、残った茹で野菜と共に残ったつけ汁を掛けて、美味しく頂きました。
 そうそう、ラーメンと同時に保冷庫から出して下さったおろし生姜、ちょこんと乗せてみました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 んで、今年も座間ひまわりまつり
 先週まで冷夏だったので、この時期に満開になる向日葵は、五分咲きとの事前情報。
 今年はお盆休みが長めに取れる人が多いと言うことも重なってか、川沿いの臨時駐車場はガラガラでした。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 向日葵は全部同時に咲くことはないけど、まま、楽しむには十分じゃないかな。
 それにしても暑い、こんなに暑いと犬は連れてこられないな。

クリックすると拡大します

 見晴台みたいなのが設置されていて、その台に順番に乗って、見渡したり、カメラを構えたり。
 私はこうして「綺麗だなぁ」と見るだけだけど、植える人はもの凄く大変なんだろうな。
 ありがとうございます。

クリックすると拡大します

 一通り楽しんだら、帰宅。
 途中、幾らでもラーメンを食べる機会はあったけど、いつまでもラーメばかり食べていられない。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月09日

連休前の金曜日

/社内販売弁当/麺屋ケンシロウ@鶴間にて醤油ラーメン/

クリックすると拡大します

 下の子が家を出る時間が遅かったけど、朝から暑い中を勝手に行けとも言えず、つられて遅くなり。
 何とかギリギリ出社時間には間に合いましたが、朝飯を食べる時間がなく。
 今日は金曜日なのでお昼時間が取れなくなる可能性大でしたが、何とか社内販売弁当でやり過ごす。
 来週は社内販売弁当が休みなので、どんなに暑くてもコンビニまで買いに行かねば。

クリックすると拡大します

 夜はどこにも飲みに行かず、そはかとなく鶴間まで。
 駅から徒歩数分、山内農場鶴間東口駅前店の左路地を入った先に2019/6/3にオープンした、麺屋ケンシロウ@鶴間(大和市鶴間)へ。
 店名は、店員さん二人の共通の友人の名前から付けたそうです。
 先行者のレビューを読むと、お店の場所が分かりにくいとのことでしたが、日本には看板も暖簾も出ていないお店はいくらでもあります。

クリックすると拡大します

 殺風景なファサードはオーナーの意向らしいのですが、これ、駅側から歩いて行って右側から見ると店内が見えないけど、左側から見ると店内のL字カウンターが見えます。
 引き戸には「麺屋ケンシロウ」とあり、営業時間は11:30-15:00 17:30-22:00日休と書かれています。
 開店直後の営業時間から、既に変わっていますね。
 このドアを開けにくいと情報もあったけど、ドアノブとドア右側の蝶番を見れば、押戸ではなく引戸だと分かります。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手奥の券売機で食券を買います。
 メニューは醤油ラーメン800円、塩ラーメン800円、濃厚つけ麺900円、素ラーメン500円。
 開店当初は無かったご飯ものや瓶ビールも用意されています。
 券売機には空きが多いので、店員さんの習熟に沿って、まだまだメニューが増えていきそうです。

クリックすると拡大します

 入店時ノーゲス、後客3人、厨房を囲むL字カウンター7席。
 短足の私はハイチェアに座ると足が床に届かず、かといって椅子の脚に付いている足乗せだと椅子が回ってしまってラーメンが食べにくい。
 試しに椅子を下げてみたら、足は床に届くけど、テーブルが高くなってラーメンが食べにくい。
 卓上には辣油、胡椒、酢。胡椒はともかく、辣油と酢は何に使う(使って欲しい)のだろうか。

クリックすると拡大します

 程なくして醤油ラーメン800円。今風の切立丼にて提供。
 丸鶏、鶏ガラをメインに炊き出し、煮干や鰹節などの魚介出汁をブレンドした今風のスープ。
 醤油たれは何種類かをブレンドしていて、ゴクゴク飲める美味しさです。
 営業時間から想像するに寸胴が二基は必要ではないかと思いますが、厨房内に見当たりませんでした。

クリックすると拡大します

 滑らかな全粒粉(麩)入りの細麺は三河屋製麺、この麺の美味しさで、ラーメン全体の美味しさが相当上がっている様に感じます。
 トッピングは大きな豚バラ巻きチャーシュー、茶色が掛かった穂先メンマ、茹で青菜、板海苔一枚。
 ネギは薬味ではなく細かく刻んで中央から端に散らされています。
 店員さんの前職はお寿司屋さんなのか、トッピングは素手で盛り付けています。

クリックすると拡大します

 席に着いた時から気になっていた卓上の辣油。
 メニューに餃子(点心)は用意されていないので、この辣油はラーメンに使うべく用意されているとしか思えません。
 汁ありラーメンに辣油を入れるのはラオシャンしか知らないのですが、百聞は一味にしかず、掛けてみてビックリ。
 何と辣油に山椒がブレンドされています。
 山椒入りの辣油は初体験、その辣油をラーメンに入れたのも初体験、スープを殆ど残していなかったのが悔やまれます。

クリックすると拡大します

 聞くところによると、店員さんは飲食の経験はあるけどラーメンは独学とのこと。
 想像ですので間違っていたらごめんなさいですが、仕入れは他の人が全部やっていて、ひょっとしたら仕込みも他の人がやっていて、店員さんはお店に立って調理だけを担当されている様に見えました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月08日

もうひとつの

/とんかつ和幸品川グランパサージュ店にて一口ひれかつ御飯(小)/元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田にて生姜醤油つけ麺ミニ麻婆丼セット、チャーシューなど/

クリックすると拡大します

 この時期になると、親しい友達、親しい飲食店の知り合いから「夏休みは9連休ですか」と訊かれることが多い。
 私が関わっている業界(?)は一斉に休むことが難しいため、7月頃から9月頃までの間に個人の裁量で夏休みをとります。
 連休に繋げたり繋げなかったり、有給を合わせたりするので、もちろん9連休の人もいれば、10連休の人もいます。

 で、私は予定としてはカレンダー通り、その場その場で休みを入れていく予定。
 9時5時に囚われずに食べ歩きしちゃうだろうから、「仕事辞めたんですか」とやっかむ人も多いだろうなぁ。

クリックすると拡大します

 お昼は、とんかつ和幸 品川グランパサージュ店(ホームページ)へ。
 創業61年、北は北海道から、南は広島まで、全国280店舗を展開するとんかつチェーン店。
 社会人になりたての頃、給料が入ると和幸で盛り合わせを食べて贅沢を満喫したものです。

クリックすると拡大します

 お昼のお献立として、和幸御飯880円、W和幸御飯1,280円、一口ひれかつ御飯(小)850円、たちばな1,080円、すみれ1,080円
 ランチでもフルメニュー販売していますが、せっかくならとランチメニューにするかと。
 ひれかつで食べ比べしている私の選択肢は、ランチメニューの一口ひれかつ2つの「一口ひれかつ御飯(小)850円」か、フルメニューの一口ひれかつ3つの「一口ひれかつ御飯1,130円」、一口ではない「ひれかつ御飯1,330円」。
 ノータイムで(一番安い)一口ひれかつ御飯(小)に決めて、店内に入ります。

クリックすると拡大します

 店内は照度を落としてゆっくりと食事を楽しめる雰囲気、テーブル席とカウンター席で半々でしょうか。
 案内された席に座ると、先ずは冷たいお茶とおしぼりが届けられ、口頭注文後会計となります。
 その場で直ぐ注文するお客さんもいれば、複数人で食べに来て、どれにするかとワイワイしているテーブルもあります。
 注文が入ってからとんかつを揚げているのだろうけど、5分ほどで提供されます。

クリックすると拡大します

 一口ひれかつ御飯(小)850円
 最近覚えた「とんかつを塩で食べる」をやろうと卓上を探すも、ソースしか見当たりません(醤油やドレッシングはキャベツ用でしょう)。塩ありますか、と聞くべきだったか。
 何も付けずにそのまま食べると、程よい食感、真っ直ぐに豚肉の赤身の美味しさ。

 こんな美味しいひれかつが2つで850円とは、なんとも幸せな時代。
 そして、この程度の美味しさのひれかつでは満足できない、なんとも不幸せな時代。

クリックすると拡大します

 二口目は卓上のソースを掛けて頂いてみると、これがまた美味しい。
 そのままでも美味しいし、ソースを掛けても美味しい、いやソースを掛けた方が美味しいな。
 ひょっとして、お店や部位によって合う調味料があるんじゃ無いかな。
 あるとしたら、1回目はどの調味料が合うか探して、2回目は合う調味料で楽しむ、ってことかな。

クリックすると拡大します

 和幸は御飯、キャベツ、味噌汁がお代わり自由(全店では無い)なので、キャベツと味噌汁は絶対にお代わりします。
 つまり、キャベツ二山、味噌汁二杯が前提の値段、コスパ最高ってヤツかな(そもそもコスパって何?)。
 キャベツは一山目を柚子ドレッシングで頂き、二山目は醤油で頂きました。

クリックすると拡大します

 味噌汁はしじみ味噌汁で、一つ残らずしじみの身を取らないといられない性分。
 食べ終わる頃には店内満席、外待ちが出来ているほど混み合っています。
 美味しく頂き、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜は、元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)(ホームページ)へ。
 月に一度は伺いたいと思っているけど、思っていることは思っているだけで、実現できないのが常。
 夜営業は木金であることが多く、18:00-19:30なんだけど、最近は準備ができ次第早めに開けることも多いとか。

クリックすると拡大します

 暑くてとろけそうになる身体に染みこませるぜビール500円、ビールは利尿作用があるので汗をかいた後で飲むと身体に良くないらしい。
 それじゃあと、梅干しを食べながらビールを飲めば良いかというと、どうだろうか。
 今夜の辛玉はかなりのハードボイルドで、まるで自分の生き方の様。
 ビールが瞬間的に蒸発したら、山口の蔵元である八百新酒造が醸す「雁木(がんぎ) ANOTHER」純米無濾過生原酒 19BY。

クリックすると拡大します

 山田錦60%以下が雁木スタイルであるのに、敢えて日本晴(普通米)80%とした、もうひとつの雁木。
 このままで充分な評価と売れ行きが得られていたとしても、決して満足したりしない。
 酒造りに、人生に、これでいいということはない。ということか。
 まるで荒木屋のことだな。俺も負けない。

クリックすると拡大します

 さて、日替わり限定メニューの、生姜醤油つけ麺ミニ麻婆丼セット900円、チャーシュー100円
 「生姜醤油つけ麺」とはかつての冷やし醤油をベースに、台湾ラーメンのスピリットをアレンジした1杯。
 つけ汁は特製荒木屋スープで豚バラ、ガーリック、タマネギ、ニラを煮込み、そのまま飲み干してしまいそうになるほど美味しい。
 こんな組みあわせ、割合の味わいをどうやったら思いつき、スープに落とし込めるのだろうか。

クリックすると拡大します

 サッポロ製麺の特注中太麺、そのまま食べても美味しいし、日本酒を合わせて食べても美味しい。
 麺には茹でモヤシ、刻み大葉を乗せ、上から刻み海苔をまぶし、美味しい美味しくないの前に女将さんの「美味しく食べてもらいたい」の気持ちが前面に出ていて。
 もうさ、その気持ちを受け取るだけで精一杯、お酒が進んじゃうよ。
 荒木屋の限定にしては珍しく、丼物とのセット。

クリックすると拡大します

 個人的にはミニ麻婆丼(メニュー表記では「定食」)を食べたのは久し振り、そのままで食べると抱えきれない多くの思い出が降ってきます。
 しかしして、セットである意味を考えるとお茶漬けにすべきなのでは、と。
 残ったつけ汁を注ぎ入れて、ちょろっと日本酒を垂らしてたりして、史上最強のお茶漬け、ここにあり。
 スルッと食べてご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記