2017年03月06日

回転寿司幸

/ゆで太郎代々木東口店にて小柱と水菜のかきあげせいろ、海老天/博多風龍秋葉原2号店@秋葉原にて辛味噌とんこつラーメン、メンマ/うず潮秋葉原店にて刺盛/

 早起きはお蕎麦のために、ゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとして両雄並び立つ(正しい日本語は「両雄並び立たず」)。
クリックすると拡大します

 今月は新発売メニューが多いので早めに食べてみようと思いまして、小柱と水菜のかきあげせいろ500円、クーポンで海老天
 小柱と水菜、食べてみるまで不安でしたが意外と合います。美味しいですねえ。
 美味しくいただいてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 お昼は一人移動ですが、時間的に余裕が無くて博多風龍秋葉原2号店@秋葉原(千代田区外神田)ホームページ)へ。
 ラーメンは全メニュー30円値上げされましたが、以前からこの店を利用していたお客さんには関係ないでしょうね。
 安いから、早いから、ではなくて、「安くて美味しいから」「早くて美味しいから」と言う理由で贔屓にしていると思います。
 もちろん私も、風龍のラーメンが美味しいので通っています。
クリックすると拡大します

 店内の券売機を隅から隅まで見ましたが冬季限定メニューが見当たらなく、それらしい味噌ラーメンを選びました。
 食券を買って店内へ、座ってお冷やを飲んでいると後客はもう座れないほど混み合っています。
クリックすると拡大します

 少し待って辛味噌とんこつラーメン680円、クーポンメンマ、柔らかめ。
 辛味噌ダレのとんこつスープは柔らかめ仕上げの極細麺との相性が良く、とても美味しい、前回確認して、今回確信しました。
クリックすると拡大します

 惜しむらくは、麺量110gに対して丼が小さく、スープを麺に泳がせることができないってこと。
 それでも今日は角切りチャーシューが多めに入っていて、なんとなく嬉しい。
クリックすると拡大します

 無料サービス(風龍は2玉まで替玉無料)の替玉は硬めお願いすると、黄色いお皿で渡されました。
 紅生姜、辛子高菜と入れて味を変えて楽しみました。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 仕事が終わったのが21時近くで、遅くなったのは仕事がうまくいかなかったからで、ラーメンじゃなくて回転寿司のうず潮秋葉原店ホームページ)へ。
 今食べたいと思った時のお寿司屋として、回転寿司屋はとても便利です。
 以下、料理名等は記憶に頼って書いていますので、間違い、思い込み等はご容赦ください。
クリックすると拡大します

 先ずはビールで今夜は一人お疲れ様会、ぐいっといきつつ、炙りサーモンのいくら乗せ。
 ふんわりして柔らかい魚にプチッとしたいくら、よくこんな組み合わせを考えましたね。
クリックすると拡大します

 カンパチを炙ったのだと思うのですが、なんとなく色味が違うし、、、ちゃんと聞けば良かったな。
 二人前を瞬殺して、冷や酒を頼みつつ、盛り合わせを注文します。
 この冷や酒は浦霞なんだけど1合で600円、お酒や物を考えると決して高くないけど、600円あれば居酒屋ランチ出来るのに、、、しかもお代わりしてしまった。
クリックすると拡大します

 さて刺盛550円、個人的にこの店で一番気に入っている料理です。
 マグロ、海老、サーモンを中心にその日のネタを盛り合わせてくれるのですが、色々なネタを少しずつ食べられるのが嬉しい。
クリックすると拡大します

 刺盛を食べ終わらない内に、目の前を通過するインドマグロ三点盛りとか、つぶ貝とか、シメサバとか、インドマグロの中落ちとか。
 一度たがが外れてしまうと次から次へと食べてしまい、、、お酒をもう一杯頼むところでした(危ない
クリックすると拡大します

 〆はいつものように鉄火巻きで、目の前を回っていても板前さんに頼んでしまいます。
 ご馳走様でした、ふう、飲んだし食べたし。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月05日

大好きな煮干しラーメン

/まんさくの花/DAIKUMA@茅ヶ崎市矢畑にて煮干そば/農道/

 すっきりと起きた日曜日、庭のまんさくの花でも撮影するかと。
 最近のカメラは性能が良いので手撮りでもぶれたりしないと思っていましたが、三脚を立てて撮影するとピントの合焦範囲がまるで違います。
 だからと言って、常に三脚で撮影できるわけではないし。
クリックすると拡大します

 半年ぶりにDAIKUMA@茅ヶ崎市矢畑へ、いつも気に掛けていますが、昼営業のみなので土日くらいしか伺えません。
 店外待ちはありませんでしたが、満席でしばらく先頭待ちします。
 殆どのお客さんがか複数人組で、席が並んで空かないと案内していないこともあって、回転はあまり良くありません。
 まあ、ビュンビュン回して数を売るラーメン屋ではないし、美味しいラーメンを食べるためなら、少し長めに待っても気にしないお客さん達で支えられているのでしょう。
クリックすると拡大します

 それでも五分ほどして入店、店主さんに挨拶し、券売機を見ると贅沢だしそば、鶏烏賊醤油は×マーク、残った煮干そばのボタンをポチッとな。
 店内で少し待ってからカウンター席へ、お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。
クリックすると拡大します

 先に女房が食べた煮干そば750円に特製(チャーシュー二枚、味玉)250円。
 黙って食べていたのでとても美味しかったのだと推測、実際、美味しかったそうです。
クリックすると拡大します

 程なくして煮干そば750円、板海苔が岩海苔に変わっています。
 スープはかなり濃いめの味付けに感じ、煮干し出汁自体はそうでもないけど、醤油ダレが濃すぎます。
 ここまでのブレは初めてで、初めてこの店のラーメンを食べた人はあまり良い印象を持たないのではないでしょうか。
クリックすると拡大します

 極細の自家製麺は十分な美味しさを保っていますが、前回よりも力強さを感じられません。
 どちらかというと、スープに抑えつけられてしまっているな感じです。
 トッピングの鶏肉と豚肉のチャーシュー、紫タマネギ、万ネギ、岩のり。
クリックすると拡大します

 滅多にサイドメニューは頼まないのですが、たまにはとピリ辛挽肉ご飯。
 いわゆる昔話盛りのご飯は挽肉がこぼれ落ちそうになるので、箸ではなくレンゲで頂き、途中からラーメンのスープを掛けて美味しくいただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 帰りはいつも通りにホームセンターに立ち寄り、その後イオンに立ち寄って食材を買い込み、帰宅。
 ああ、楽しかった土日が終わってしまった。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月04日

最高の潮ソバ

/紅梅/Jiraigen Boss Presents SECRET GIG%Ramen Creators Lab ラ塾@相模原市中央区千代田にて特製旨味ソバ/吹き抜ける春風/

 昨夜は長女と日本酒を酌み交わしてしまい、目覚ましを切って起きた土曜日。
 女房は長女と海老名へ買い物に行くというので、私は今日か明日に行こうと思っていたラーメン屋へ行くことにしました。
クリックすると拡大します

 Jiraigen Boss Presents SECRET GIG%Ramen Creators Lab ラ塾@相模原市中央区千代田
 さいころ@中野の店主であるラ塾の校長が、二ヶ月に一度開催する、GIG(ギグ:一回一回の契約に基づいて行われる仕事)。
 通りかかったお客さんを相手はしていません、それでも初回は店先にポスターを張り出していましたが、今日は Yes Now Playing とだけ掲げられています。
クリックすると拡大します

 前回が醤油でしたので2回目の今回は塩、今後は交互に提供していくとのこと。
 店内はテーブルとカウンターが用意されていますが、ラーメン屋と言うよりラーメン道場っぽく、いやラーメン研究所っぽくなってきました。
 メニューはラーメンと特製ラーメン、トッピングが数種類、ビールとなります。
クリックすると拡大します

 一杯々々、丁寧に調理して下さっての特製旨味ソバ1,250円
 食材の説明は殆どありませんから自分の感想が全て、言い換えると旨いか相当旨いかとてつもなく旨いか、つまりとんでもなく旨い。
 鶏ガラと豚骨の清湯スープをぴったりとブレンドして一つの味に仕上げ、焦がしネギの香りをスパンコールのように散らしています。
 このスープがとんでもなく旨い、旨く作ることだけを考えたスープだからというズルさもありますが、ズルしても何しても旨いものは旨い。
クリックすると拡大します

 ぬるりとした麺肌の細麺、自家製麺と信じ込んでいましたが、三河屋製麺とのこと。
 そんなはずはと話を聞くと、(中略)、いわゆる特注麺の部類ですが、(中略)、それって自家製麺とどこが違うのだろうか。

 スープとは一点でしか合いませんが、その一点で合っています。
 豚バラ肉のチャーシュー、コリッとした食感を残すメンマ、皮雲呑、刻みネギ、白髪ネギ、そして豆苗。
クリックすると拡大します

 するっと食べてご馳走様でした。
 食べ終わってボスと楽しいラーメン談義、幾つかの勘違いに気づき、沢山の思い込みを正し、楽しい話をして。
 また、食べに来ます。
クリックすると拡大します

 何度も何度も、何度も何度も走り慣れた道を戻ってきて、ふと、吹き抜ける風にクルマを停めて。
 荒涼とした小川の袂にカメラを構えてみました。
 本物の田舎であれば人工物の一切入らない風景を撮ることも出来るだろうけど、偽物の田舎では人工物をいかに馴染ませるかが大切なのか。
クリックすると拡大します

 あと二時間もすれば夕日があたりを真っ赤に染め上げるだろう。
 今日はそこまで待てないけれど、いつか撮りに来たい。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記