2021年01月08日

新しい料理の提案

 /中華そばふじ田@蒔田にてふぐ出汁らーめん/元祖ニュータンタンメン本舗(イソゲン)向ヶ丘遊園店にて生ビール、半焼餃子、タンタンメン(めちゃ辛)、ニラ、ニンニクダブル/

クリックすると拡大します

 二度目の緊急事態宣言、前回は発出、今回は発令(あってる?)。
 飲食店がやり玉に挙げられているようでいて、飲食店にだけ協力金(補償金)が交付されます(現時点)。
 世界を見渡すと、そんな交付をするのは日本だけらしいけど(未確認)、日頃から飲食店にお世話になっている私(私達)にも出来ることは無いだろうか。
 行動することが感謝とは限らないけど、私は私の信念に沿って行動するので、皆さんは皆さんの信念に沿って行動して欲しいニャー

クリックすると拡大します

 ラーメン店の新規オープン情報を、食べログから得ることがあります。
 情報をもらってばかりでは不公平なので、たまには(まれには)こちらからもお返ししたいな、と。
 レビューが1件も上がっていない店舗に伺って、何か参考になる情報を投稿しましょう。
 蒔田駅から徒歩5分ほどの、まかないやへ伺ってみました。

クリックすると拡大します 2020/12/1オープンの油そば専門店との触れ込みでしたが、実際に伺ってみると、イートイン無しのテイクアウト専門、つまりゴーストダイニング。

 店先の立て看板を見ると、
 油そば 神羅(しんら)
 1,000円丼ぶり まかないや
 AKINAIカレー
 ゴロゴロお肉の牛タコス 蒔田店
 と書かれています。

「油そば まかないや」が最近になって「油そば 神羅(しんら)」に変わったようです。

 私はテイクアウトはしない主義なので、食べていません。
 食べログの情報を見て、私の様に間違えて、、、じゃなくて、情報確認に行かない様に祈ります。

クリックすると拡大します

 お昼は、中華そばふじ田@蒔田(横浜市南区宿町)公式ツイッター)へ。
 この店に来るのは今日で3回目ですが、昼間に来たのは初めて。
 私が伺った夜営業はいつも空いていて、色々とお話が訊けたのですが、昼営業はどうなんだろうか。

クリックすると拡大します

 先月までは日曜定休でしたが、今月からは通し(11:00-17:00)で営業開始、つまり無休に。
 事前に知っていれば、今日じゃなくて日曜日に伺ったのに、、、ホントか?
 2020/12/20から始まった冬季限定メニュー、前回、夜に伺ったら売り切れていたんです。
 今日、売り切れていたら縁が無かったと諦めることにしよう。

クリックすると拡大します

 無事に券売機で食券を買えて、カウンター席の中央の店主さんの目の前の席へ。
 思い起こしてみると、前店、前々店と一度も昼間に伺った記憶が無い。
 昼間って、こんなに自然光が入ってきて、明るいんだな。

クリックすると拡大します

 程なくして、ふぐ出汁らーめん1,000円
 そぉーっとスープを飲んでみると、お吸い物より遥かに薄く、あっさりを通り越して殆ど味がせず、油は全く使われておらず、水の様に喉を通り過ぎる。
 そんなスープにも味や食感の濃淡があり、フグの旨味と昆布の旨味が少しづつ広がっていきます。
 一昔前ならいざ知らず、今の時代なら簡単に味が入れられる調味料が、幾らでもあるのに。
 美味しいですねぇー、よくぞここで味付けを止めましたね。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の細麺はやや固め仕上げの安定した美味しさ、この麺でなければ、このスープには近寄ることすら出来なかっただろう。
 トッピングは鶏もも肉チャーシュー、グリーンリーフレタス(?)、穂先メンマ、板海苔1枚、白ねぎ、スプラウト。
 そしてメインは河豚の身、河豚はシロサバフグ。
 シロサバフグは日本近海で大量に獲れる種類の河豚で、多くはフライにして食べられています。

クリックすると拡大します

 河豚の身は出汁を取った抜け殻ではなく、ちゃんと味が残っているし、背骨が身から完全に離れない。
 訊けば、河豚を身ごと炊き出し、トッピング用の身は早めに引き上げて形を残します。
 炊き上がったスープを濾したら、残った身を潰してさらに濾す。
 味の微調整に昆布を少し足すだけで、豚ガラや鶏ガラのスープで味を整えたりせず、あくまでもふぐ出汁。

クリックすると拡大します

 いくらシロサバフグが安いと言っても、ラーメンとして1,000円は安過ぎる。
 料理の味付けは、食べ手に気に入られる味にまとめ上げるのと、作り手が表現したい味を作り上げるのがあると思っていたけど。
 そのどちらでもなく、あるがままの味をあるがままな味に仕上げるのもあるんだ。
 美味しい料理は食べた時に分かる、素晴らしい料理は数年してから分かる。今から数年後が楽しみ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、元祖ニュータンタンメン本舗(イソゲン)向ヶ丘遊園店@向ヶ丘遊園(川崎市多摩区登戸)公式ツイッター)へ。
 時短要請に応じているので、仕事が早く終わらないと伺えなくなってしまいました。
 店内に入ると半分ほどの入り、空いているカウンター席に案内されます。

クリックすると拡大します

 お気に入りの組み合わせである、タンタンメン830円に半焼餃子250円をお願いしたら、「Aセットの方が安くなります」と案内されました。
 いやいや、Aセットに付く半ライスが要らないんだよと答えつつメニューを再び見ると、1,030円と50円安い。
 今まで何で気が付かなかったのだろうか、、、ライス抜きでセットをお願いしました。

クリックすると拡大します

 先ずは生ビール490円、ハッピーアワー(平日の15:00-19:00)290円、で今夜は向ヶ丘遊園で一人お疲れ様会。
 冬なんだから温かい飲み物で一杯やりたいところですが、まま、それはそれで。

クリックすると拡大します

 続けて半焼餃子250円
 餃子のたれは色々な作り方があって、最近の私は酢胡椒で楽しんでいました。
 で、小皿で酢と胡椒を混ぜるのが不器用な私には苦手なので、餃子に酢を直接掛けて、上から胡椒を振ると。
 美味しいですな、餃子。

クリックすると拡大します

 程なくしてAセット(タンタンメン(めちゃ辛)・半焼餃子・半ライス)1,030円のライス抜き、ニラ150円、ニンニクダブル120円
 ニラトッピングは、スープでニラを煮込むタイプと、別茹でしたニラをのせるタイプがあります。
 オープンしてから数ヶ月は、直営店で8年修業された方が調理を担当していたので、煮込みタイプでした。
 その調理人は川越に独立されたので、その調理人に教わった今の調理人は別茹でタイプ。

クリックすると拡大します

 ニンニクダブルは、スープに煮込むニンニクの使用量を倍にする店舗(調理人)が多いと聞いたことがあります。
 今日の調理人は、出来上がったラーメンにおろしたニンニクをトッピング、、、これはニンニクダブルではなく、ニンニクトッピングではないだろうか、どうだろうか。
 不器用な自分が混ぜると全体に均等に混ざらないので、色々な味が楽しめます。
 溶き卵がふわふわで、とうがらしも綺麗に馴染んでいて、とても美味しいスープ、とても美味しい麺。

クリックすると拡大します

 配膳された時は「こんなに多いの、食べ切れないよ」といつも圧倒されます。
 食べ始めると、美味しい美味しいと、食べ切ってしまうんだな。
 スルッと食べてご馳走様でした。
続きを読む
posted by ふらわ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月07日

タンメンとタンメン

/旨辛タンメン荒木屋本店@蒲田にて月見とろろ麻婆麺(麺半分)、チャーシュー/タンメン亭新百合ヶ丘店@新百合ヶ丘にて小さいタンメン/からあげ/

クリックすると拡大します

 すっかり寒くなって、去年の暖冬が懐かしい。
 最近の電車は「1分間、換気します」と駅でよく止まるし、窓は開いていて、おちおち寝ていられないほど寒い。

クリックすると拡大します

 お昼は、旨辛タンメン荒木屋本店@蒲田(大田区西蒲田)公式ホームページ)(公式ツイッター)へ。
 あちこちの大行列店が世情の影響で空いている現実を見逃すわけにはいかない。
 とはいえ、明日は我が身をひしひしと感じながら。
 店内に入るとカウンター8席に空き席がちらほら、マイフェイバリットシートにシットダウン。

クリックすると拡大します

 口頭注文先会計、今日の日替わり限定メニューは、月見とろろ麻婆麺と月見海鮮麻婆麺の2種類です。
 どちらも通常メニューの味噌麻婆麺のアレンジ版で、味噌麻婆麺に非常に良く合うトッピングです。
 店内には限定メニューに関する告知は皆無、ツイッターを見ていた人だけが注文しているようです。
 「いつものでよろしいですか」と声をかけてもらっているお客さんもいて、何とも羨ましい。

クリックすると拡大します

 程なくして、月見とろろ麻婆麺(麺半分)950円、チャーシュー100円
 「ふらわさんのは辛くしておきました」と添えられて、カウンター台越しに提供。
 味噌スープで煮込んだ野菜ととろろの好相性な美味しさに言葉もありません。
 特別な高揚感、特別な感動は無いけれど、普段通りに食べられる小さな楽しみが幸せ。

クリックすると拡大します

 とろんと生卵は辛味へ完全に取り込まれて、まろやかさは奥の奥へ。
 中太麺はサッポロ製麺の特注麺、この麺の美味しさがあるからこそ、荒木屋の美味しさ。
 ドンと乗せられたチャーシューを解しながら、美味しくいただきます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、タンメン亭 新百合ヶ丘店@新百合ヶ丘(川崎市麻生区上麻生)へ。
 近くて遠い新百合ヶ丘、駅から平坦な道をまっすぐに数分歩きます。
 店内を覗くと先客数人、ガラッと引き戸を引いて店内に入ります。
 前回は濃厚を食べたので、今回はあっさりを食べましょうか。

クリックすると拡大します

 濃厚とあっさりの違いは白湯と清湯だと思っていたら、両方とも清湯の同じスープで、違いはたれと野菜の具とのこと。
 サイドメニューが魅力的なので食べてみたいけど、ラーメンがフルサイズだとキツイかな、な客向けに、麺少なめメニューがラインナップ。
 これは嬉しい。
 さらにヌキはスープアリとナシが用意されていて、至れり尽くせり。

クリックすると拡大します

 店員さんに食券を渡して、タンメンの出来上がりを待ちます。
 注文が入ってから中華鍋を振るので、出来上がりまで時間が掛かります。
 30分も1時間も待つのはアレだけど、10分、20分は待っている時間が楽しい。

クリックすると拡大します

 7分ほどで小さいタンメン680円からあげ4個380円が同時に運ばれてきました。
 ラーメンの丼は、並用の丼に半分ほど盛り付けるではなく、二回りほど小さい専用の丼。
 たれを軽めに調整し(どちらかというとこちらのたれが基本で、濃厚を濃くした感じか)、野菜に海鮮の具が入っていません。
 あっさりと濃厚のどちらが好みは食べに拠ると思いますが、気分によって選べるのが吉。

クリックすると拡大します

 麻生製麺の平打中太麺は全メニュー共通、麺は麺、スープはスープ、野菜は野菜で味わう美味しいタンメン。
 濃厚タンメンは黒胡椒が掛かっていて、あっさりタンメンは白胡麻がかけてあります。
 感染症対策の一助として免疫性をミリ単位で持ち上がるため、途中から酢を回しかけます。
 って、そんなことは気持ちの問題かも知れない、でも気持ちが大切。

クリックすると拡大します

 から揚げは芯まで火が通っているのか心配になるほど、一つ一つがとても大きくて、食べにくそうに見えます。 
 実際に食べてみると、小ぶりの鳥モモ肉を半切りして大きく見せていて、とても食べやすくて美味しい。
 から揚げでお酒を飲むならしっかりした下味が必要ですが、あくまでもラーメンのお供、味付けが最小限でタンメンによく合います。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2021年01月06日

再び日本酒の聖地へ

/ゆで太郎西五反田2丁目店にて肉モヤシあんかけ中華、焼きのり、生たまご/萬馬軒 橙 代々木店@代々木にて味噌/日本酒の聖地/

クリックすると拡大します

 朝は、ゆで太郎西五反田2丁目店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン展開する路麺店、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛。
 今年の初ゆで太郎って、盛り上げればアクセス数アップ間違いなし、がんばりまうす。

クリックすると拡大します

 美味しく召し上がって頂きたいと思い、手作りしております。
 お待たせしてしまう場合もございますが、何卒ご了承ください。

クリックすると拡大します

 今朝は今年初めての肉モヤシあんかけ中華580円、焼きのり100円、無料クーポンは生たまごでお願いしました。
 調味料や薬味が置いてあるコーナーに、店舗によって取り皿が置いてあったり無かったりなので。
 食べられる分だけ紅生姜を取ってきて、鷹の爪も乗せて、もちろん赤鬼も乗せて。

クリックすると拡大します

 盛り付けて記念撮影してから、頂きます。
 多めに振られたニラを餡かけモヤシに絡めながら麺を手繰ると、身も心も温まる美味しさ。
 スープと言うより餡を啜っている感覚に近く、紅生姜の酸味が染みてきたり、赤鬼の辛さが忍び寄ってきたり、楽しくて美味しい。
 玉子はちょっと脇役になってしまっている感、ですが必要なんだけどね。

クリックすると拡大します

 中細の中華麺がこれまたスープならぬ中華餡に良く絡んで、とても良い感じです。
 板海苔の食べ方にいつも困るのですが、今日も今日とて、中華餡に浸して頂きました。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、萬馬軒 橙(だいだい)代々木店@代々木(渋谷区代々木1-36-5)へ。
 2020/12/19オープン、梅ヶ丘店は「花橙(はなだい)」としてオープンしましたが、最近になって花を外して「橙(だいだい)」としています。
 現時点の萬馬軒は、無印が新宿南口店と九段下店、橙が梅ヶ丘と代々木、新宿2丁目は改装中。
 立地代々木駅から徒歩数分、火の国(1983-2016/3/31)、なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。代々木店(2017/5/19-2019/4)、青とうがらし代々木店(2019/7/1-2020/4/30)の跡地。

クリックすると拡大します

 店内に入ると左手に券売機、萬馬軒らしい食券を貼り付けただけの簡素なボタン。
 メニューは味噌として味噌870円、辛味噌920円、坦々980円、つけ麺は50円増し。
 味噌以外は醤油710円、岩のりらーめん910円。

クリックすると拡大します

 店内は青とうがらし代々木店の居抜き、厨房を囲むL字カウンターが3席と6席と4席、壁向きカウンターが6席、19席。
 椅子はスライド式で、座りやすく立ちやすい優れ椅子。

クリックすると拡大します

 卓上には一味、ブラックペッパーグラウンド、山椒、刻みニンニクが用意されています。
 代々木駅周辺は学生が多いのですが、いまその大学、専門学校、予備校等がオンライン化していて、先客4人、後客ゼロと厳しい状況です。

クリックすると拡大します

 大きな中華鍋を振って出来上がってきた、味噌870円
 豚骨、豚ガラ、鶏ガラをこれでもかと炊き出して、営業中もずっと炊き出し続けているとんこつスープ。
 そのとろりとしたとんこつスープに赤味噌、白味噌の合わせ味噌のたれを溶かし込み、寒い冬にこれこれと頷いてしまう美味しさ。
 一緒に煮込まれたもやしの甘味が、見えない下支え。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の太麺がスープに好相性、って、この組み合わせを何年やっているんだよ。
 トッピングは厚切りのバラ巻きチャーシュー、多めに盛り付けられた白ねぎ、メンマ、の上には辛味付けの挽肉。
 こんな少しの挽肉で味が大きく変わったりしないけど、こんな小さいことの積み重ねでした味は変わらない。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お誘いいただき、日本酒の聖地へ。
 半年もしないウチに再びお声掛けを頂ける、身に余る幸せ。
 休業の前に滑り込んでの新年会、今年は唯一の会になりそう。

クリックすると拡大します

 奇しくも前回と同じ席に案内され、乾杯は獺祭のOtter Fest Sake(オッター フェスト サケ)。
 英語で獺のことをオッター、フェストは祭り、つまり獺祭のスパークリングです。
 特定の店舗でしか飲めない非売品ですが、こちらがその特定の店舗、と言うことではありません。

クリックすると拡大します

 料理の全てを店主さんのお母様が調理されています。
 質素にして正直な味付け、豆に花鰹という、酒飲みにはこれだけあればいいと一品。
 しみじみと美味しい。

クリックすると拡大します

 店主さん1人で切り盛りしているので、色々と手が回らないことも多いけど。
 そういうこともああいうことも、どれもこれもこのお店の魅力。
 山芋の醤油漬け、酒粕も使われていて、いつでも日本酒を飲める態勢に入りました。

クリックすると拡大します

 十四代 純米吟醸 龍の落とし子、而今 純米吟醸 朝日。

クリックすると拡大します

 手書きのラベルが輪ゴムで止められた、正一合の瓶に小分けされて提供。
 十四代は、香りがすっかり落ち着いて、旨味が底から立ち上がってきた感じ。
 而今は実に而今らしい美味しさ、最初から最後までこのお酒でも構わない。

クリックすると拡大します

 じゃがいもと豚ひき肉のそぼろあんかけ、かな。
 どこの家庭でも食べられそうな簡単な料理に思えて、ここでしか食べられない美味しさ。
 お酒によく合っていて、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 飛露喜 純米吟醸。
 十四代と同様に氷温(-5℃)で一年熟成、これほどまでに日本酒は旨くなるのか。
 転売されて定価の10倍以上の値段でも買って飲みたくなる気持ちが分かるわ、買わないけど。

クリックすると拡大します

 お刺身、以下、ブリ、サーモン、タイ。
 以前は食べ切れないほど出されたそうですが、物価高騰ではなく、お母様が用意できる量を客数で割った量とのこと。
 4切れずつ用意されているように見えて、そうで無いのも合ったりして、山葵醤油で頂きます。

クリックすると拡大します

 鶴齢(かくれい)と白露垂珠(はくろすいしゅ)。
 お店のは数百種類のお酒があるらしいけど、どうしても知っている銘柄を飲んでしまう。
 もし、次回があるとしたら、お酒のショーケースをちゃんとチェックして、お願いしよう。

クリックすると拡大します

 今夜は牡丹鍋、味噌味に加えてセリの根っこが堪りません。
 ガスコンロでぐつぐつと煮立てたら、猪の肉を投入、食べる分だけ入れないと固くなってしまうそうです。

クリックすると拡大します

 牡丹鍋は1人1,000円プラスでしたが、肉質、肉量が値段に全く釣り合わない。
 1人で2人分以上食べたのは内緒、だって残すわけにはいかないもの。

クリックすると拡大します

 店主さんワンオペでも燗付けしてくれた奥播磨。
 ちろりって一合だけ付けるのものとばかり思っていたら、このちろりは少し大きめで、二合付けてある。
 飲んでも飲んでも減らない、飲めば飲むほど酔う、よえばいいじゃないか。

クリックすると拡大します

 〆のうどんは3人分は食べたのは、もっと内緒。
 だってみんな食べないし、だって残すわけにはいかないし。

クリックすると拡大します

 で、肉とうどんは食べられなくても、甘い料理は別腹とばかりに卵焼き。
 料金は変わらないけど、お願いしないと出てこない料理、どうして知っているのか不思議。
 ふんわりと焼き上げてあって、別腹を持っていない私も一口で食べてしまいます。

クリックすると拡大します

 〆に開運、無理に飲まなくてもいいのに、あと一本だけと声が掛かると黙っていられない。
 お腹いっぱい食べてしまった、心が一杯になるほど飲んでしまった、美味しかった。
 次回もよろしくお願いします>幹事様。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記