2022年01月06日

降雪

/味噌らーめんくまおやじ@厚木市岡田にて背脂生姜塩らーめん、餃子/降雪/

クリックすると拡大します

 忌引き休暇と言うことではないけれど、新しい会社に入社して半年経たないので有給休暇もないけれど。
 こんなに休んでしまって大丈夫なのかと聞かれたら、きっとダメだろう。
 ダメだからと言って会社に行くのかと聞かれたら、私はダメを選びます。

クリックすると拡大します

 早めに家を出て、味噌らーめんくまおやじ@厚木市岡田へ。
 何度か伺うチャンスがありつつも、結局月を越えてしまうのはいつものこと。
 ラーメンを何年も食べ歩いているのに、全く成長していません。

クリックすると拡大します

 店内に入り、券売機に向かいます。
 先ずは未食のラーメンをポチッと、続けてトッピングを眺めますが、スープのピュアな味を知りたいのでスルー。
 サイドメニューを食べようかと、餃子をポチッと。
 ご飯物は食べ過ぎなので、次回以降の楽しみ。

クリックすると拡大します

 真後ろの給水器でお冷やを汲んで、空いているカウンター席へ座ります。
 カウンター席はパーティションで仕切られているので、端っこの席だけが自然光満載。

クリックすると拡大します

 程なくして、背脂生姜塩らーめん750円
 ベースのスープと麺は焼味噌らーめんと同じ、背脂と生姜でまるっきり異なる顔を見せます。
 化粧の仕方でまるで異なる印象を感じる美女のように。
 背脂の甘さと生姜の辛さ、それぞれのほどよさから店主さんの高センスを受けます。

クリックすると拡大します

 小林製麺の縮れ中太麺がスープによく合っていて、とっても心好い。
 茹で加減がやや固め仕上げなので、次回は柔らかめをお願いしてみようと思う。
 トッピングは豚肩ロースチャーシューが2枚、玉子焼きが1個、メンマ、茹でモヤシたっぷり、水菜、白胡麻。
 茹でモヤシの茹で加減は柔らかず、固すぎず、スープの味わいに合わせてあるかのよう。

クリックすると拡大します

 餃子200円
 小ぶりですが5個200円、手軽に追加しやすいですね。
 焦げ目も味わいとして楽しんでいますが、焦げ目がないのも美味しそう。

クリックすると拡大します

 たれはマイブームの酢胡椒で頂きます。
 皮が包みたてのように柔らかく、挽肉と野菜の餡に良く馴染んでいて、とても心好い。
 色々な餃子があるなかで、とても好きなタイプ、これで焦げ目があればと無い物ねだり。

クリックすると拡大します

 スルッと食べて、ご馳走様でした。
 帰り際に店主さんと一言、二言お話しさせて頂き、店を後にしました。

クリックすると拡大します

 帰宅途中にソフトバンクショップでオヤジの携帯の解約、思っていた以上にすんなりと。
 オヤジが懇意にしていた電器屋に、ご挨拶。
 帰りに女房からお願いされていたテイクアウト、無事にゲット。
 雪が降ってきた。

初雪 庭先を
 初雪 庭先を
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 87mm / Auto(F5.6、1/200秒、±0EV) / ISO 400
 今冬は良く降る雪、年を越しての初雪。
 庭のゴミまで写ってしまっていますが、ご了承を。

初雪 金柑の右顔
 初雪 金柑の右顔
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 65mm / Auto(F5、1/200秒、±0EV) / ISO 500
 今冬は良く降る雪、年を越しての初雪。
 ピントをカメラに任せて撮った中の一枚。

初雪 金柑の左顔
 初雪 金柑の左顔
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 62mm / Auto(F5、1/125秒、±0EV) / ISO 320
 今冬は良く降る雪、年を越しての初雪。
 ほぼ金柑の左顔。
posted by ふらわ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月05日

友引に一日葬

/一日葬/

クリックすると拡大します

 長男に産まれたときから決まっていた喪主。
 一生のうちに1回しかやらないので、斎場の指示通りにつつがなく執り行う。
 コロナ禍と言うこともあり一日葬、通夜から告別式、初七日までを一日で行います。

クリックすると拡大します

 悩んだ末にやることにした忌中払い、ほぼ黙食。
 一品ずつ小皿に盛り分けられているし、自身で食べる順番を楽しめるし、苦手な食材は回避できます。
 ご飯に漬物が乗せられいて食べやすく、どの食材も薄味でとても心好い。
 ただひとつ、飲めないのが残念。

クリックすると拡大します

 食べ進めていると、テンプラが運ばれてきます。
 天つゆではなく抹茶塩で頂きます。

クリックすると拡大します

 最後にお吸い物と甘味が一緒に出されます。
 途中から食事に飽きた孫が遊びだしたので、少し遊ばせたところで解散。
 雨にも雪にも降られずに終日快晴、いい式でした。
posted by ふらわ at 00:00| 日記

2022年01月04日

平日限定メニュー

/麺場 瀧@秦野市曽屋にて醤油豚骨らーめん、平日ランチ限定セットミニ炒飯/

クリックすると拡大します

 斎場での打ち合わせを終え、父が懇意にしていた電器屋に伺うも、正月休み。
 ま、仕方無しと、お昼は麺場 瀧@秦野市曽屋公式インスタグラム)へ。
 店先には冷凍餃子の自販機があり、野菜餃子は店内で販売されておらず、自販機限定餃子。

クリックすると拡大します

 店内に入って券売機、前回と変わった点はありません。
 今日はたまたま平日なので、平日限定メニューをポチッとな。

クリックすると拡大します

 今日は空いているカウンター席に座り、目の前の厨房で鍋を振っていた店員さんに食券を渡します。
 「いらっしゃいませ、お店、すっかり変えちゃったんです」
 「瀧って誰かの名前?」
 「社長がやっていた平塚の飲食店屋の名前だそうです」

クリックすると拡大します

 程なくして、醤油豚骨らーめん690円平日ランチ限定セットミニ炒飯200円
 豚骨らーめんは醤油と塩があるので、先ずは醤油から。
 スープの色合いは醤油と言うより味噌に近い濃い橙色、しっかり豚骨が炊き出されていて、とても心好い。
 やや脂分が多めに感じますが、脂分がラーメンのスープを美味しくするので、とても大切。

クリックすると拡大します

 麻生製麺の角中太麺は僅かに固め仕上げ、スープとの相性に問題はありません。
 リニューアルして麺茹でにも慣れてきたように感じるので、そろそろ茹で加減の好みを伝えても良さそうですね。
 トッピングは豚バラ肉チャーシューが1枚、メンマが数本焼きのりが1枚、青ネギ。
 大きめのチャーシューは食べ応えがあって、嬉しいです。

クリックすると拡大します

 ミニ炒飯は通常350円ですが、平日ランチは200円。
 辛炒飯はしっとりタイプでしたが、炒飯はパラパラタイプに仕上がっています。
 タイプの違いは、炒飯と辛炒飯の違いなのか、中華鍋を振る調理人の違いなのか、不明。
 味付けは薄めで、どのラーメン(スープ)にもよく合いそうな味わい、とても心好い。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 何としてもラーメンを食べるなら食べられたけど、つれづれなるままに食べていなくて。
 4日ぶりのラーメンはとても心好かった、今年もラーメンを食べ続けていきたい。
posted by ふらわ at 21:57| 日記