2019年11月12日

はやし田系考

/麺処もみじ@三軒茶屋にて塩らぁ麺/らぁ麺みうら@二子新地にて塩らぁ麺/

クリックすると拡大します

 午前中は通院してからの三軒茶屋。
 小田急線沿線住民が三軒茶屋に向かうには、下北沢から井の頭線で渋谷に出てから向かうのが一般的。
 そこはそれ、下北沢からバスに乗って三軒茶屋まで向かってしまう。

クリックすると拡大します

 お昼は、麺処もみじ@三軒茶屋(世田谷区三軒茶屋)へ。
 「金の蔵」「東京チカラめし」などを展開している三光マーケティングフーズが、同社ブランドである「楽釜製麺所」の三軒茶屋店(2010/6/8-2019/6/28)をリニューアルして、2019/8/1オープン。
 立地は東急田園都市線三軒茶屋駅の世田谷通り口から地上に出て、いきなりステーキの先。
 とは言え、はやし田プロデュースですから、はやし田を知っている人は「またはやし田系」としてスルーし、知らない人はビジュアルで美味しいと絶賛し、誰も本質を語らない。
 ま、何でもかんでも本質を語れば良いという事ではありません。

クリックすると拡大します

 店舗右端にある入り口から店内へ、すぐ右手に券売機があります。
 メニューは鶏清湯の醤油と塩がそれぞれ800円、つけ麺850円、まぜそば750円。まぜそばには、おい飯50円があります。
 オプションのトッピングはチャーシュー200円、味玉100円、メンマ100円。
 ご飯物は白米100円、TKG200円、チャーシュー丼はタレと塩でいずれも350円。
 ビールととつまみもあります。

クリックすると拡大します

 店内はセフルうどん屋からはフルリニューアルされ、厨房に面したカウンターが2席、9席、3席の14席、窓側に接した2人掛けテーブルが2卓、計18席。
 店内は開店2ヶ月を過ぎたようには思えないほど綺麗、卓上に調味料は用意されていません。
 清潔さを保つのは、会社の経営方針ではなく、店舗の店員さんですね。

クリックすると拡大します

 はやし田系の特徴である説明書きは、横長の用紙に縦書きされていることが多いのですが、こちらでは正方形に近い用紙に横書きで四点だけ。
 ちなみに。
 「大山どり」は(株)大山どりが飼育、販売する鳥取県銘柄鶏であり、「大山鶏」は鳥取県の大山地方で飼育、生産された鶏を意味する一般名詞。
 つまり、大山鶏には大山どりも含まれますが、大山どりを使っていたら意図して大山鶏と表記する理由が思い付きません。

クリックすると拡大します

 なんてどうでも良いことを考えていたら、カウンター台越しに塩らぁ麺800円が渡されました。
 ノーゲスでカウンター越しは寂しいし、「熱いのでお気を付け下さい」と言うなら、運んできて欲しいと思う貧乏性。
 ふんわりと立ち上る香りはネギ油、香りにレンゲを差し入れてスープを飲んでみると、大山どりの丸鶏の美味しい味わい。
 さらに目を細めるほど美味しいポルチーニ茸の出汁、塩たれが良い感じで味わいを引き立たせています。
 塩と醤油で共通と思われる丸鶏出汁はセントラルキッチンと思われますので、店内炊きが正義な人には敬遠されるかも知れません。

クリックすると拡大します

 細麺は菅野製麺所、一番出汁ならぬ一番茹で、綺麗な茹で湯が茹でられた麺がとても美味しい。
 とは言え、ネット記事を見ていると、リニューアル直後はうどんの要領で茹でて湯切りされていたと思われるので、中華麺の湯切りになるまで少し訪問を待っていました。
 大きな豚肩ロースレアチャーシューが1枚、味付け材木メンマ、刻み紫タマネギ、チャーシューの上には三つ葉。

 わら屋@浅草橋の塩らぁ麺も新規開店直後は三つ葉が使われていましたが、「残す人が多いので」と九条ネギに切り替わりました。
 こちらで未だに三つ葉を使っているのは、残す人が少ないのか、残すかどうかを気にしていないのか、会社側の指示なのか、妄想は膨らむばかりです。
 スルッと食べて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、らぁ麺みうら@二子新地(川崎市高津区諏訪1-3-5)へ。
 川崎市内を中心にイタリアンのBambuや、焼肉×塩ホルモンじんなどを運営する株式会社TAKE(テイク)のラーメン業態として、2019/11/1オープン。
 立地は東急田園都市線二子新地駅の東口を出て、右手に徒歩一分、鹿鳴の手前。

クリックすると拡大します

 はやし田プロデュースとのことで、同じ東急田園都市線沿いの「麺処もみじ 二子新地店」と紹介されても何ら違和感を抱かないほど共通しています(全く同じでは無い)。
 このはやし田系を、ネット情報に敏感な人は「増殖中」「勢力拡大中」と称しますが。
 かつての濃厚豚骨魚介つけ麺や台湾まぜそば、未だ増殖が止まらないラーメン二郎インスパイア、家系ラーメンに比べたら、まだ10軒にも満たないし、亜流もなければ我流もいません。

クリックすると拡大します

 店内に入ってすぐ左手に券売機があります。
 メニューは鶏清湯の醤油と塩がそれぞれ800円、つけ麺850円、まぜそば800円。まぜそばには、追い飯100円があります。
 オプションのトッピングはチャーシュー200円、味玉100円、メンマ100円。
 ご飯物は白飯150円、レアチャーシュー丼300円。
 アルコールはビール、ハイボール、レモンサワーとつまみもあります。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むL字カウンターのみ、8席と3席で11席。
 卓上には調味料が置かれておらず、水ポット、お箸、ティッシュのみ。
 店員さんは昨日今日、飲食を始めたとは到底思えない機敏な動き、他支店からの異動ではないでしょうか。

クリックすると拡大します

 カウンター台には、はやし田系の特徴である、横長の説明書きが貼られています。
 飲食店を他店舗展開されている経営母体ですので、「大山どり」を「大山鶏」と誤記するとは思えません。
 また、はやし田系のつけ麺は「平打中細麺」の認識ですが、サンプル写真を見る限りでは細麺に見えます。
 細麺のつけ麺、食べて確認したいなぁ。

クリックすると拡大します

 なんてどうでも良いことを考えていたら、カウンター台越しに塩らぁ麺800円
 スープは醤油と共通の大山どり(店舗では『大山鶏』と表記)の丸鶏ベース、続けて僅かにポルチーニ茸の美味しさ。
 どこまでを標準と考えるとか、どこからをブレと考えるか、はありあますが、全体的にさっぱりした味わいです。

クリックすると拡大します

 菅野製麺所の細麺は全粒粉入り、少し柔らかめ仕上げで、スープによく合っています。
 トッピングは、豚肩ロースと鶏モモ肉のチャーシュー、穂先メンマ、刻み紫タマネギ、こねぎ。
 またこれ、はやし田系の塩らぁ麺としては「麺処もみじ」「らぁ麺わら屋」と異なる麺相、一番近いのは「はやし田」のらぁ麺になりますか。

 プロデュース方法が異なるのか、店舗でカスタマイズしているのか。
 こうゆう細かい違いを面白いと感じるか、いやいや大体同じでしょと流すのか、食べ手の自由ですね。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月11日

第三回 しみづる

/麺屋翔品川店にて待望の味噌混ぜそば/鮨割烹しみづにて貸切会/

クリックすると拡大します

 もう秋ですか、すっかり涼しくなって。
 寝坊してしてしまったので、自宅で朝食を済ませて出勤しました。

クリックすると拡大します

 お昼は、麺屋翔品川店(ホームページ)へ。
 品川店の店長さんがみなとへ異動になったので、今月から八重樫店長になりました。
 料理は人間が作るものだから、誰が(どんな)人が作っているのかが私は気になります。

クリックすると拡大します

 八重樫店長に交代して初の限定メニュー、原案は大橋店主とのこと。
 販売は11/11、12、18、19のみ4日間、各100食になります。
 限定メニューは麺屋翔の慣例に従い、店長さんが直々に調理されます。

クリックすると拡大します

 待望の味噌混ぜそば1,000円
 麺が見えないほど盛り付けられたトッピング、コーン、フライドオニオン、チャーシュー2枚、青ネギ、メンマ。センターに炒めモヤシ、丼の縁に辛味噌、サービスで味玉。
 ようく混ぜて食べましたが、塩味が利いていてとても美味しい。
 あちこちでかなりの数のまぜそばを食べているので、よほどのことが無ければ普通に美味しいだけですけど。

クリックすると拡大します

 サンプル写真と異なる盛り付けで、辛味噌が徐々に全体に行き渡って、味に飽きること無く最後まで美味しくいただけます。
 この「もう一手間」こそが麺屋翔の、いや、大橋店主さんの限定メニューの特徴です。
 分かりやすいというか、気持ちには気持ちで応える。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、欠員が出てお声掛け頂きまして、鮨割烹しみづ
 来年からは営業形態が変わるので、貸切は今回が最後なんだなぁと思っていたら、そうじゃないらしい。
 いつも左からの写真ばかりでスミマセン。

クリックすると拡大します

 先ずはビール、なんですよ。
 何から飲み始めるかはその人の勝手ですが、私はここまでの現実と、これからの非現実を切り離すために。
 今夜は特にビールが旨い、こんなに美味しいビールはとても久し振り。

クリックすると拡大します

 大ぶりのお皿に盛り付けられた、蛸と鮑。
 蛸は天草と玄界灘の食べ比べ、鮑は黒アワビ。
 一品目から美味しい、は、早く日本酒を飲まねば。

クリックすると拡大します

 宮城の蔵元である金の井酒造が醸す「綿屋(わたや)」特別純米吟醸。
 一応、日本酒リストが用意されているけど、どれも美味しそうで目移りしてしまうので、お任せでお願いしている。
 こちらでは片口よりお銚子で提供されることが多いけど、緑のラベルに合わせたお銚子、素敵。

クリックすると拡大します

 一週間熟成させた根付きの真鯛。
 何とも贅沢に3枚重ねているので、塩、真妻の山葵、(写真には写っていませんが)醤油で味わいます。
 個人的には塩が好みでしたし、山葵は切り身を食べ終わった後で摘まんでも美味しいし。

クリックすると拡大します

 静岡の蔵元である森本酒造が醸す「もったいない卸し」純米吟醸原酒 槽しぼり。
 こんな私にも体調の良し悪しがあって、今日はとても体調が良くて、既にお酒が二杯目。
 初めて飲むお酒でしたが、とてもいい感じです。

クリックすると拡大します

 五島列島の鯖、胡麻鯖ではないので、練った胡麻を掛けて。
 「切り身は切り身、醤油と山葵以外は付けるべからず」的な若い頃もありましたが、今は昔。
 鯖を食べ終わって、残ったごまだれにご飯を合わせたいと思っていたら。

クリックすると拡大します

 ちゃんと用意してくれているじゃ無いですか。
 一口だけでもご飯はご飯、美味しいですなぁ。

クリックすると拡大します

 (確か)銀鱈と白子、白子は低温調理して一味を振って。
 白子は生と鍋しか知らない私にとって、低温調理は初体験。
 とろんとした食感は何物にも代えがたいですね。

クリックすると拡大します

 宮城の蔵元である平孝酒造が醸す「日高見(ひだかみ)」純米 生詰 ひやおろし。
 すっと立った濃淡が妖艶な片口、素敵。

クリックすると拡大します

 セイコガニ。
 ズワイガニには幾つもの呼び名があり、雄は越前ガニや松葉ガニと呼び、雌はセイコガ二(セコガニ)と呼びます。
 セイコガ二は11月から二ヶ月ほどしか漁が解禁されず、その貴重で美味しいカニは香箱蟹(こうばこがに)とも呼ばれています。

クリックすると拡大します

 ここで手拭きと生姜が置かれるので、おお、握りかと。。
 一握り目は北斎の波、熟成烏賊を軽くバーナーで炙って、特別な食感と烏賊の美味しさ。
 今夜は食材名を聞き逃しがちで、決してお酒だけのせいではあるまい。

クリックすると拡大します

 (確か)クエ、三週間熟成。
 味覚にねっとりと絡みつくような旨さ、目を開けていられません。
 クエって中々お目にかかれないと思いつつ、こちらでは毎回食べられるのが不思議。

クリックすると拡大します

 岐阜の蔵元である林本店が醸す「百十郎(ひゃくじゅうろう)赤面(あかづら)」大辛口純米。
 赤いラベルの日本酒には赤いお銚子で。
 百十郎は色々な種類があるので、毎回違う味わいで、とても楽しい。

クリックすると拡大します

 (確か)さわら。
 ネタの種類によって醤油を塗ってくれる場合もあれば、キュッとすだちを絞っただけもある。
 選べると面白いかも知れないけど、私は大将のお任せで一生いいや。

クリックすると拡大します

 (確か)マカジキ。
 切り身はシャリより遙かに長くて大きい、だけれども大きさを売りにするわけでは無く、美味しさ優先。

クリックすると拡大します

 栃木の蔵元である菊の里酒造が醸す「大那(だいな)」特別純米 ひやおろし。
 前回以上に今回はひやおろしが多いなぁ、ひやおろしが合う料理も多い。

クリックすると拡大します

 完全に何を食べたのか忘れてしまったので、写真だけ。
 メモが間に合っていないというか、「何度も食べているでしょ」と説明が省かれているというか、少し酔っ払っているというか。

クリックすると拡大します

 茶碗蒸し。
 今夜の茶碗蒸しはカニだけで仕立ててあり、つまり、今夜はカニづくし。

クリックすると拡大します

 長崎のウチワエビ。
 考えてみたら、あんまり海老やカニって普段は出されないんだな。
 こんなに海老とカニをこの店で食べたのは初めてだし。

クリックすると拡大します

 山口の蔵元である酒井酒造が醸す「五(five)」純米吟醸。
 Fiveとは五種類のロゴカラー、オレンジは1回火入れの生もと造り、他にはピンク、ブルー、イエロー、グリーンがあります。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 新潟の蔵元である越銘醸が醸す「山城屋 スタンダード クラス」純米大吟醸。
 ラベルに記されている miracle world of micro organisms とは、「微生物の奇跡の世界」の意味。
 四本の曲線は、その微生物の遷移を表すグラフをデザイン化してあります。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 今さら聞けない椀物。
 ちゃんと聞いておきたい気持ちもあるし、いまさら聞かずに美味しく食べようと言う気持ちもあるし。

クリックすると拡大します

 出汁巻き玉子。
 しっかりと出汁が利いていますが、お弁当やお節に入れる場合は出汁を入れないとのこと。

クリックすると拡大します

 たっぷり食べて、たっぷり飲んで、お茶が出てきてお会計。
 かなり日本酒を飲んでいますが、熱々の日本茶のしっかり飲んでしまうのは不思議ですね。

クリックすると拡大します

 甘味に黒豆のコーヒー漬け、これがまた美味しかった。
 結果として美味しいのは良いのですが、どうやってこんな料理をしてみよう、こんな味付けをしてみようと思い付くのだろうか。
 今夜の美味しい日本酒、美味しい料理、美味しいお鮨をご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 怖いくらいに冷静に帰ったのは、どうしてだろうか。
 寝過ごすことも無く、最寄り駅で降りてタクシーで帰宅。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月10日

縁が無い店

/ブーマン@辻堂にてしょうゆ/飛行機雲/

クリックすると拡大します

 朝は、出掛ける出掛けないで夫婦げんか。
 夫婦げんかは犬も食わないと言われるのは、仲が悪ければ相手に興味が無いのでけんかにならないから。
 なのかな。

クリックすると拡大します

 お昼は、ブーマン@辻堂(茅ヶ崎市松浪2-8-23)へ。
 らうめん梵(2016/11/8-2019/9/19)の地に、2019/10/19リニューアルオープン。
 何故か縁が無くて、らうめん梵以前の店舗も含めて、初めての訪問になります。
 13時ジャストに着いたときには外待ちがあって、10分ほど待って店内へ。

クリックすると拡大します

 左手の厨房では店主さんと息子さん(?)の2人、ぴったり息が合って調理されています。
 L字カウンターは手前に4席、奥へまっすぐ9席、計13席。
 かつては右手にテーブル席があったようですが、今は製麺機を置いているため、カウンター席のみとのこと。

クリックすると拡大します

 お客さんの背中側を通り、店内最深部に設置されている券売機へ。
 メニューはしょうゆ750円、汁なし850円のみ。みそ、つけめんは販売準備中の様です。
 トッピングはブタ180円、生タマゴ50円、飲み物が瓶ビール550円。

クリックすると拡大します

 券売機隣の整水器からお冷やを汲んで、空いた席に座り、買った食券をカウンター台に置きます。
 店員さんが食券を引き取るときに、「お好みは?」と声が掛かります。
 選べる無料トッピングは、やさい、ニンニク、アブラ、いずれもマシ、マシマシに対応されています。
 卓上には酢、かえし、一味、ミックスペッパーが用意され、BGMはFM横浜。

クリックすると拡大します

 お冷やを飲みながら周りを見渡すと、ラーメンを食べているか、ラーメンを食べながらスマホを弄くっているか、ラーメンを待ちながらスマホを弄くっているか。
 そんな中で貧乏性の私は、今ここでしか出来ないこと、つまり、店員さんの調理を眺めています。
 高台に積まれている丼は3種類ありますが、現在のメニューは2種類、メニュー毎に丼を変えているのでしょうか。

クリックすると拡大します

 10分ほど待って、しょうゆ750円。コールはやさい、ニンニク、アブラ。
 まあ、なんと言いますか、ラーメン二郎インスパイアには間違いありませんが、かなり特徴的です。
 私、ラーメン二郎とラーメン二郎インスパイアを200杯は食べていますが、そんな自分史上、やさいのキャベツ率が最高で、半分以上がキャベツです。
 なんか、もの凄く得した気分で食べ進めてスープ、非乳化は非乳化ですが、かなり背脂が薄く、肉汁も薄いスープ。

クリックすると拡大します

 スープ単体で味わうと美味しいのですが、やさいやブタと合わせると物足りない印象です。
 このスープの調整は、このままで行くのか、さらに調整を進めるのか、楽しみです。
 自家製の平打極太麺はデロンと柔らかくは無く、押し返すような歯ごたえでも無く、食べやすい美味しさです。
 麺量は未確認ですが200gはありそう、再訪のお客さんは「麺半分で」とお願いしていました。

クリックすると拡大します

 刻みニンニクはかなり盛りが良く、全体の味を一変させるかと思いきや、スープの味が思っていた以上に強く。
 厚切りチャーシューは、ブタと呼ぶには薄めで1個、2個ではなく、1枚、2枚と数えたくなります。
 スープを飲み干すペースでスープを飲まずに麺と野菜を食べてしまったので、スープは残して、と。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 西の空を見上げると、夕日と共に飛行機雲が見えるときがあります。
 しばらく眺めていると、飛行機雲は消えちゃうんだよね、本物の雲じゃ無いから。
posted by ふらわ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記