2018年10月15日

家系と二郎系

/横浜家系ラーメン志田家蒲田店@蒲田にて旨辛らーめん、ほうれん草/炊き出し豚骨ラーメン脇や@秦野市にて脇二郎/

クリックすると拡大します

 朝ご飯を自宅で済ませてきたので、お昼はラーメンを食べようと、横浜家系ラーメン志田家蒲田店@蒲田(大田区蒲田)公式ツイッター)へ。
 店先には人の往来が多いので、少し待って人が切れるタイミングで写真を撮りますが、それでもかなり怪しいと思われていることでしょう。
 こんなことを続けていれば、いつかは悪いことが起きて力尽きてしまうだろな。

クリックすると拡大します

 店内に入り食券を買い、店内を奥に進みながら左手の厨房で働いている店員さんに挨拶します。
 いったん、空いていた席に座りつつ食券を置き、すぐに立ち上がって壁側に用意されている、無料サービスの崩し玉子と練り唐辛子を取りに向かいます。
 お茶碗にご飯をよそって、上に乗せて、と。

クリックすると拡大します

 もうさ、ラーメンが出来上がる前にこのご飯を食べることにするよ。
 醤油タレを合わせてある崩し玉子はとても美味しいけど、練り唐辛子はかなり辛くて、そこはかとなく「この練り唐辛子を普通のラーメンに入れたら旨辛ラーメンになるんじゃ無いか」と思ったり思わなかったり。
 ま、余計なことは考えずにラーメンを食べますか。

クリックすると拡大します

 今日は旨辛らーめん750円、ほうれん草100円。家系お好みは麺柔らかめ。
 丼の半分以上を占める茹でほうれん草、残りに板海苔がパサッと乗せてあり、ググッとレンゲを差し入れてスープを一口。
 おお、今日のスープも豚骨出汁がしっかりと感じられて、旨い。
 特製辣油と唐辛子の辛さが、旨さを引き立てる程よい辛さ。

クリックすると拡大します

 安定して美味しい酒井製麺の平打太麺、柔らかめ仕上げが最高に美味しいです。
 今日のチャーシューはちょっとパサついていましたが、まま、そういうブレも楽しみのウチです。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が終わってどこかに立ち寄る気力も無く新宿駅、ホームに滑り込んできた快速急行に乗るとぐっすりと寝てしまいます。
 目が覚めると「さて、何を食べに行こうか」と気分が切り替わり、ツイッターをするすると眺めてみると、限定メニューを販売している店を見つけました。
 炊き出し豚骨ラーメン脇や@秦野市公式ツイッター)、開店当初は大丈夫かなと思っていたけど、あれよあれよという間に三年が過ぎようとしています。
 豚骨醤油ラーメン、つまり家系インスパイアで始まりましたが、四之宮商店の麺開発と足並みを揃えるが如く細麺の博多ラーメンを平行して販売しるようになり、遂に二カインスパイアへも進出しました。

クリックすると拡大します

 今年のGW明けからゲリラ販売を始めた脇二カ、公式ツイッターで「今からやります」と平日のお昼過ぎに告知されても、しかも30食程度では、とても付いていけませんでした。
 9月に入った辺りで土曜日でも販売を始め、10月に入ると2日に1度くらいは販売される様になり、やっと今日、タイミングが合いました。
 券売機を見ると、汁有りの「脇二カ800円」、汁無しの「脇二カ汁なし900円」がラインナップ。
 高いと言われたら安くないけど、落ち着いて考えると妥当な値段だと思います。

クリックすると拡大します

 こちらではトッピング1品永久サービス券を配布していますが、探しても見つからず。
 ま、いいやと食券を渡すと店員さんに「1度来たことがありますか?」と聞かれ「ええ、何度か」と答えます。
 すると店員さんが、トッピング1品永久サービス券を見せながら「それじゃこれから(替玉、大盛、白飯、高菜、のり、うずら、味玉)選んで下さい」と言われたので、うずらと答えてしまいました。
 お冷やはセルフサービスですが、1杯目は卓上に置かれています。

クリックすると拡大します

 少し待って脇二郎800円、「ニンニク入れますか?」には「はい」と答えています。
 独自性の強いラーメン二郎インスパイア、スープは熱々の背脂豚骨醤油、豚肉は感じられませんが、とろみが付くほど乳化していて、とても美味しいです。
 平打太麺は四之宮商店、スープとの相性は少し足りていない感じで、次回があるとしたら麺柔らかめ必須でしょう。

クリックすると拡大します

 豚は(腕肉では無く)肩ロース肉、食べやすく柔らかめに仕上がっていて、スープに浸して食べるととても美味しいです。
 野菜は茹でモヤシより青いキャベツの方が多く、調理を見ているとモヤシとキャベツは別に茹でていました。
 一般的なラーメン二郎インスパイアは野菜増しが無料ですが、こちらでは未対応の様です(交渉次第?)。
 脂はスープから掬うのでは無く、別に用意してある味付き脂、これが全体に馴染んで美味しいラーメンがさらに美味しくなります。

クリックすると拡大します

 バラバラに思える特徴ですが、バラバラが集まると1つの正解になるのがラーメンの面白いところ。
 これは汁無しも試してみたいし、未食のRCラーメンも気になります。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月14日

自宅静養

/自宅静養/

クリックすると拡大します

 さすがにあんなに飲んだら、起きられない。
 いや、起きられないどころか、よくちゃんと帰ってきたよ。
 ベッドで目を覚ましたけど、しばらく横になっていました。

クリックすると拡大します

 早めに処置したので大事には至らなかったけど、今週はイベント続き、過信は禁物です。
 トイレに行く以外は部屋を出ずに一日を過ごします。
 もちろん一円も使わずに。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月13日

三鷹、つつじヶ丘、調布、狛江

/鶏そば 山もと@三鷹にて鶏そば、お茶漬けセット/柴崎亭@つつじヶ丘にて山椒塩そば/食事処アナログ/バー パレット/

クリックすると拡大します

 仕事が忙しくなければ、平日に休みを取って通院するのですが、今は無理なので、土曜日に通院しました。
 いったん様子を見ると投薬を初めて一年が経ち、一定の効果はあったけど十分ではないので、少し変えてみましょうと。
 それはそれでいいんですが、行きたいお店のお昼営業に間に合うかどうかが一番心配です。

クリックすると拡大します

 三鷹駅から徒歩数分で鶏そば 山もと@三鷹(武蔵野市中町1-19-8)、焼鳥山もと(公式ブログ)が10/2よりランチ営業を始めました。
 立地はいなりの右隣のおれんじ学園地下で、下る階段を覗き込めば、正面の壁に「焼き鳥山もと」と書かれていますが、それ以外は営業中を示す立て看板のみ。
 焼き鳥屋や鮨屋などは通りを流していて「おっ、焼き鳥やがあるじゃん、入ってみようよ」という集客は目指していないので、看板やファサードは最低限であるお店が多いです。
 どちらかと言うと大きな看板の方が珍しく、ラーメン店とは真逆ですね。

クリックすると拡大します

 営業終了10分前だったので麺切れやスープ切れで終了ってことも十分考えられますが、何とか間に合いました。
 営業時間は火水金土の11:30-13:30なので、今日食べられないと、再訪は早くても来週の土曜日になるところでした。
 メニューは鶏そば塩、特製鶏そば塩の2種類、サイドメニューは半ライス、鶏そぼろごはん、お茶漬けセット。
 飲み物は生ビール、レモンサワー、ハイボールが用意されています。

クリックすると拡大します

 階段を降りると玉砂利が敷かれた中庭があり、中庭の前のドアを開けて店内へ。
 焼鳥屋にしては天井が高く、かなり広い店内で、L字カウンター16席となります。
 右手には日本酒セラーが設えてあり、日本酒や焼酎が一升瓶のまま横たわっています。
 100本とも200本とも並べてあるのは店内熟成のため、3年後、5年後が楽しみです。

クリックすると拡大します

 卓上には箸置き、お冷や、お皿に乗せられたレンゲ、乾燥実山椒のミル。
 食材や調理法の説明書きが用意されているので、それをそのまま書き移せばブログは完成、楽な時代になりました。
 説明書きを読むと「大山どり」ではなく「鳥取大山鶏」表記、なるほど、それで日置桜なんだ。

クリックすると拡大します

 少し待って、鶏そば800円
 スープはちょっとやり過ぎちゃった感じでぎりぎりラーメンのスープ、鶏ガラより鶏肉の味わいを強く感じます。
 十分美味しいスープですが、そもそも開店1週間のラーメンを何がどうというのはおかしな話ではないでしょうか。
 大切なのは現時点の完成度ではなく、向かう方向、目指す目標だと思いますが、殆どの人は1回しか食べないからなぁ(私もそうですけど)。

クリックすると拡大します

 麺屋棣鄂の細麺、麺は麺、スープはスープで味わうと割り切るのでは無く、お互いの歩み寄りが大切では無いでしょうか。
 トッピングは大きめの鶏チャーシュー、豚チャーシュー、ドライトマト、白葱、カイワレ、スダチ、食用菊、白胡麻。
 丼の縁に柚子胡椒が添えられていますが、ほぼ出番無し。
 スープと麺が十分美味しいのだから、トッピングをもう少し整理した方がよりよくなりそうですが、ラーメンは嗜好品だからなあ。

クリックすると拡大します

 お茶漬けセット200円
 ご飯に残ったスープを掛け、最後に梅干し、刻み海苔、あられを振って美味しくいただきました。
 食べ終わって店主さんと少しお話をさせて頂き、お店を後にしました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 その後、つつじヶ丘に向かうのですが、ここからだと吉祥寺に出て京王線に乗り換えるより、バスで行った方が早いし安い。
 この辺りは縦横無尽にバスが走っていますが、かつては乗るバスの便を探すだけで大変でした。
 今ではグーグルマップでススッと検索、便利な世の中になりました。

クリックすると拡大します

 年に一回くらいしか訪問できない(しない?)柴崎亭@つつじヶ丘(調布市)ホームページ)、前回は2017/4ですので一年半ぶりになります。
 東京で一番美味しいラーメンが食べられるお店、もちろん人の好みは人の数だけあるので、私が勝手に思っているだけです。
 限定メニューを販売すると店先が見えないほど待ち行列がありますが、今日の限定メニューは売り切れちゃったみたいで、店内に空き席もあります。

クリックすると拡大します

 値上げしたとは言え中華そば550円は都内最低価格帯、基本は醤油ラーメンで、ぽつりぽつりと塩ラーメンがちりばめられています。
 通常のラーメン店と違うのは、大盛の設定が無いこと。
 ご飯物はチャーシューどんぶりご飯、ミニカレー丼。
 大抵はビールの食券も買うのですが、今日は店主さん不在、そんな店内に長居してもアレなので、ラーメンだけにしました。

クリックすると拡大します

 空いている席に案内され、食券をカウンター台に置きますが、厨房には買った食券が連携される装置があり、既に麺が茹で始まっています。
 卓上には黒胡椒のみ、卓上のテーブルクロスは不定期的に換えられています。
 大きめのグラスでお冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 殆ど待つこと無く山椒塩そば750円
 もうもうと湯煙が立ち上っていて、ただでさえ下手な写真がさらに下手になってしまいます。
 塩味であってもうっすらと濁っている、鰹節を主体とした魚介系スープ、すっきりしつつ厚みのある味わい
 これがまた大好きな味わいのスープで、振られた山椒がピリピリと響き渡ります。

クリックすると拡大します

 田村製麺の細麺は、製麺機から押し出されたままのような綺麗な麺線を描きます。
 この店は初めからこの麺線なのでなにも驚かなかったのですが、周りのみんなが綺麗、綺麗と言うので、世の中の認識はそうなのか、と。
 トッピングは大きめのチャーシューが2枚、材木メンマ2本、刻みねぎ。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜の飲み会までは時間があるので、調布辺りでのんびりしながら時間を過ごします。
 若い頃の私は、一時間、二時間の隙間時間を何とか有効に活用しようと躍起になっていました。
 年老いた私は、何もせずにぼけっと時間を浪費、ま、私の人生はそんなものでしょう。

クリックすると拡大します

 食事処アナログ、2回目の訪問になります。
 臨休や長期休暇が多いこともあって予約を受け付けておらず、10人ほどが開店待ちしています。
 開店と同時に満席、居酒屋なのでその時に入れなければ諦めるか、店主さんに頼んで、席が空いたときに連絡がもらうか。
 ラーメン店の開店待ちは数え切れない程していますが、居酒屋の開店待ちはこの店でしかしたことがありません。

クリックすると拡大します

 メニューは店先に貼り出されています。
 一流の料理人は達筆で、実に特徴のある字を書きますので、見ているだけで楽しい。
 ようく見ると分かりますが、紙では無く経木(きょうぎ)に書いているところが、この店が魚料理にどれだけ心血を注いでいるのか、伝わってきます。
 そして、このメニューは代表的な料理では無く「これで全部」です。

クリックすると拡大します

 店内は「30年経っても飽きない」デザイン、三角形に出っ張っているのはまな板の上で調理をされるから。
 飲み物のメニューは無く、店内右手の大型冷蔵庫からお客さん自身が吟味しつつ出し入れします。
 日本酒とビールがメインで、ビールはクラフトビールが何種類かあります。

クリックすると拡大します

 と言うことで、今夜は調布で二人お疲れ様会。
 日本酒が大好きな私ですが、口濡らしはビールがいいなぁ、絶対では無いけれど。
 注文は相方に全面的に任せましたが、基本は一皿100円の小鉢料理、一つ一つ頼むのもいいけど、「ゼンイチ」でお願いして要らないお皿を指定した方が早い。

クリックすると拡大します

 先ずは青菜と茄子のお浸し、スモーク紅鮭、ゴボウの醤油漬け、醤油浸し豆が次々と運ばれてきます。
 味付けは全て酒飲み仕様、一皿一合でも全く問題の無い素晴らしい小鉢です。
 正式な日本料理であれば取り分け箸で小皿に取り分けるべきですが、そういうの私は苦手です。

クリックすると拡大します

 ビールを飲み終われば日本酒。
 1杯目は広島の蔵元である宝剣酒造「宝剣」純米吟醸 秋あがり。
 季節限定と言うわけではありませんが、今の時期に飲むことを想定して味を仕上げてある秋あがり、今日の1杯目にふさわしいです。

クリックすると拡大します

 その後、小鉢の配膳が続き、イカの塩辛、刺身ゆば、タコの吸盤ぽん酢(味噌ダレ)、豆苗を塩とオリーブオイルで。
 一つ一つ感想を書くと、書く方も読む方も疲れちゃうので、豆苗の美味しさだけ。
 野菜メニューはある意味、箸休め的な位置付けなのでしょう。

クリックすると拡大します

 次々と日本酒を飲んだので、ラベルだけ紹介します。
 石川の蔵元である車多酒造「五凛」山田錦 純米酒 火入。
 新潟の蔵元である青木酒造「雪男」本醸造。
 兵庫の蔵元である山陽盃酒造「播州一献」純米吟醸 原酒 ひやおろし。

クリックすると拡大します

 さらに小鉢が続きます。
 あん肝ぽん酢、サンマ入り炒り豆腐、生シラス、調布の豆腐 柚子胡椒添え、辛子明太子(写真無し)。
 豆腐に添えられている柚子胡椒は常連客が作っていて、途中から合流されて、グリプラの話題で大いに盛り上がりました。

クリックすると拡大します

 刺身三点盛り800円。
 イカの刺身、ボタン海老、炙りタコを生姜でいただきます。
 店主さんワンオペですので、食べ終わった小鉢があちこちに散らかっていますが、それはそれでアナログのいいところです。

クリックすると拡大します

 鰯ふらい600円。
 鯵フライをよく食べますが、鰯フライは初めて、かなり大きめのフライですが、カリッとしてとても美味しい。
 しかしして徹底的に魚づくしだなぁ、こういうお店が地元にあればと、心から思います。

クリックすると拡大します

 この日の最後のお酒は秋田県の蔵元である齋彌酒造店「雪の茅舎」山廃本醸造。
 日本酒の会などでは和らぎ水を飲みながら日本酒を飲みますが、今日は日本酒のみで、ここまで飲めばかなり酔っているはずなのに。
 どの日本酒も特徴があって、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 最後は秋刀魚1,200円。
 ふっくらとした身の秋刀魚、美味しいですねぇ。
 さて、食べたら行くよと、ご馳走様もそこそこにお店を出ました。
 てっきり近くの店で虹会だと思っていたら、タクシーに乗って「取り敢えず狛江へ」って、どこに行くのだろうか。

クリックすると拡大します

 辺りの暗がりから忽然と姿を現した、バー パレット公式ツイッター)。
 こんなところにバーが、と言いたいところですが、行きも帰りもタクシーでしたので何とも。
 1人だったら絶対に入らない、入れないバー、そもそもネット情報皆無でお店の存在すら知ることができない。
 こう言う店を紹介してくれるのはとても嬉しい。

クリックすると拡大します

 バーなので料理は最低限、と言うかこの日は何も頼みませんでした。
 飲み物はクラフトビール、日本酒、スコッチ、バーボン、ウィスキー、カクテル、ワインなど。
 日本酒が飲めるバーって増えてきていると聞いているけど、どんな日本酒が、、作があるじゃねーか。
 次が若駒の亀の尾 無濾過生原酒の非売品のやつ、えー、初めての客に飲ませちゃっていいの?もちろん飲みます。

クリックすると拡大します

 つたない日本酒の知識を後先考えずに全開トーク、この何十年も飲んでないマッカランの話もしちゃったりして。
 ここまでかなり飲んでいるのに、まだまだ飲めるのは何故か分からないけど、
 次は高知の蔵元であるアリサワ酒造「文佳人 リズール」特別純米、リズールとは「文学を深く味わう読書人」という意味です。
 文佳人を初めて飲みましたが、その名前から想像する味とはかなり違った、とても飲みやすい日本酒です。

クリックすると拡大します

 ここでお客さん来店、かなり飲んでいる私に言われるのは心外でしょうけど、かなり飲まれているようです。
 そこにマスターが勧めたのは三年熟成の辯天 つや姫生酒、「お二人でどうぞ」と。
 辯天はあんまり飲んだ記憶が無いけど、こんなに美味しかったっけ的な美味しい日本酒です。

クリックすると拡大します

 時計を見る余裕も無く飲んでいましたが、最後に三重の蔵元である木屋正酒造「而今」八反錦火入 純米吟醸。
 いつ飲んでも完璧すぎる美味しさに驚き、今日も驚きました。
 先に居酒屋に二時間いましたが、このバーにも二時間ほど、一体どれだけ飲めば気が済むのか。
 さて、タクシーを呼んで帰ります。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記