2018年01月16日

和田町の新店

/おにやんま新橋店にて温「並盛」かけ、とり天/らーめん ましまし亭@和田町にてラーメン(二郎系)/

クリックすると拡大します

 朝だか昼だか判然としない時間帯におにやんま新橋店へ。
 新橋に用事があるときは立ち寄るようにしているけど、実際はラーメンを食べてしまうことが多くて、中々思うように任せられない。
 さて、券売機に向かい、寒いから温かいうどんをと食券を買って、店内へ。

クリックすると拡大します

 温「並盛」かけ300円、とり天120円
 受付でうどんを受け取り、空いている立ち食いスペースに運んで、無料サービスの天かすとおろし生姜をたっぷりと入れてしまえ。
 温かいいりこだしのうどんつゆの香りに包まれて、啜るうどんの美味しさったら。

クリックすると拡大します

 五反田本店に比べてうどんの太さやコシ、茹で加減が安定している新橋店、この安定さが私にとっては足を遠ざけてしまっています。
 とり天は3個入っているのですが、鶏肉の大きさも新橋店は安定していて、安心するけど驚きは少なめです。
 美味しくいただいて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 相鉄線の星川駅は、相鉄線創業以来初めての相互乗り入れ(しないのか、な)の準備に余念がありません。
 横浜駅を経由しないで渋谷にでる需要がどの位あるのか分からないけど、便利になるんだろうな。
 ま、その頃まで私が生きていれば、乗ってみたい。

クリックすると拡大します

 らーめん ましまし亭@和田町(横浜市保土ヶ谷区和田)、大黒屋製麺(2010/12/5-2017/11/末)跡地に2018/1/11居抜きオープン。
 店主さんはjun-pey ra-men 成瀬本店の店主さんの後輩さんで、未だ立て看板は「大黒屋製麺」のままです。
 営業時間は18:00-26:00 11:00-20:00(日曜)、水曜定休。
 到着した時点では店内待ち3人でしたが、帰る頃には空きが3席ほどありました。

クリックすると拡大します

 しばらく待って店内へ、右手の券売機で食券を買います。
 メニューはラーメン、チャーシューメン、カレーチーズラーメン。ラーメンとチャーシューメンの豚は部位(カット)が異なります。
 トッピングは味付玉子、生玉子、かつお、カレー、チーズ。
 ご飯ものはライス、チャーシュー飯、豚スタ丼、飲み物は缶ビール、缶チューハイ、黒ウーロン茶。

クリックすると拡大します

 無料トッピングの説明は見当たらず、他のお客さんとのやりとりを聞いていると、とりあえずヤサイ、ニンニク、カラメ、アブラはできるみたいです。
 店内はL字カウンター4席と8席の12席、しばらく待って空いた席へ座りつつ、カウンター台に食券を置きます。
 店主さんはその食券を引き取りながら「トッピングは?」と尋ねてきますので、「ヤサイニンニク」と答えます。

クリックすると拡大します

 コールが済んだら席を立ち、店内奥にある整水器からお冷やを汲んできて、ラーメンの出来上がりをじっと待ちます。
 卓上にはブラックペッパー、一味唐辛子。
 ワンオペの店主さん、調理を一つづつ確認するように丁寧にラーメンを仕上げていきます。

クリックすると拡大します

 来店して40分程待ってラーメン(二郎系)700円
 小さめの丼に盛り付けられているので麺量は少なめ、モヤシが殆どのヤサイ、ギュッとスープに押し込んで味付けして食べ進めます。
 スープは豚骨出汁に背脂をたっぷり、濃いめの醤油ダレを合わせ、魔法の白い粉で味を加速させています。

クリックすると拡大します

 特別に美味しいわけではないのに、気が付くと無くなっている魔法のスープ。
 大黒家製麺の丸極太麺はとても食べやすくて美味しい、スープとの馴染みは抜群です。
 チャーシューの大きさと味は運に大きく左右され、この厚みと味がラッキーなのかアンラッキーなのかは初訪問の私には判断できません。

クリックすると拡大します

 少しパサパサした感じですが、スープを吸わせて食べてるととても美味しい。 
 スープを飲み干すつもりならば麺を食べながらスープを飲まないとダメですけど、そんなことは言われなくて飲んでしまいます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 天王町での営業を終え、こちらに移転して開店準備中のどんとこい家。
 開店日は不明ですが、次々回の大安に当たる1/28(日)が濃厚です。
 ま、開店日が告知されれば、横浜のラーメン好き達がこぞって告知して下さるでしょう。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月15日

旧友と再会

/ゆで太郎代々木東口店にて中華そば、煮玉子、コロッケ/京紫灯花繚乱@四谷三丁目にて食べ放題飲み放題/

クリックすると拡大します

 朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店、ゆで太郎システムと共同ブランドとして、どちらも大繁盛されています。
 年が変わってしまい、あと何回食べられるか分からない朝ラー、一杯でも多く食べておきたい。

クリックすると拡大します

 中華そば390円、煮玉子100円、クーボンコロッケ
 手元に運んできてからの盛り付けが楽しめるのが、ゆで太郎の中華そばの特徴です。
 煮玉子をそうっと乗せて、熱々の揚げたてコロッケを乗せて、紅生姜を少し合わせて。

クリックすると拡大します

 がさっと箸を割り入れて麺を手繰る、ぱっとあたりに煮干しと鰹の香りが広がり、すすすっと食べる。
 いやぁ、旨いな。
 美味しく頂き、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 2020年、2020年と聞かない日は無いのですが、その日のために、1センチ、1秒と造っている人達がいます。
 凄いなぁ、と工程表を見てみたら、一週間ずっと解体だった。
 まだ造っていないんだ。

クリックすると拡大します

 旧友と待ち合わせて
 去年の末、とある新店でばったりと二年ぶりくらいに会って、年が明けたら連絡しますの約束を果たすべく。
 京紫灯花繚乱@四谷三丁目、15分前に着いたら10分前に友達が来て、勝ちは勝ち。

クリックすると拡大します

 去年の暮れから始まった1周年企画、平日であれば昼夜問わず、2時間食べ放題飲み放題で3,000円(税別)。
 食べ放題は水餃子、焼き餃子、半熟味玉、メンマ、焼豚、おつまみ盛り合わせ、白飯、焼飯、中華そば、京山椒薫る濃厚担々麺、京山椒薫る汁なし担々麺、京都九条葱まぜそば。
 飲み放題は生ビール、ハイボール、レモンサワー、グレープフルーツサワー、ウーロンハイ、緑茶割り、麦焼酎、芋焼酎、日本酒、ウイスキー、オレンジジュース、ウーロン茶、緑茶。

クリックすると拡大します

 元をどう考えるかは人それぞれですが、元を取ろうと思えば取れなくも無いけど、何を満足とするかは人それぞれ。
 先ずは生ビールで2人お疲れ様会、いやぁ、久し振り。
 SNSでやりとりをしているので、お互いの近況はどことなく分かっているけど、それでもこうして顔を付き合わせることの嬉しさ。

クリックすると拡大します

 一皿目はおつまみ盛り合わせ、チャーシューを敷いた角皿に肉そぼろ、メンマを盛り付け、青ネギと味玉を添えてあります。
 話しが楽しいから、このつまみが二つくらいあればもう十分な気もするほど。
 先ずは話さなければならなかった話しをして。

クリックすると拡大します

 水餃子、食べ放題なのでハーフで頼めるのですが、絵的にフルサイズで頼んでしまいました。
 厚手の皮に包まれた挽肉中心の餡、辣油に浸されて、七味が掛かっていて、これがまた美味しい。
 少しばかり昔話をして、、ってネットで知り合って13年以上になるんだな。

クリックすると拡大します

 焼き餃子、こちらもハーフで頼めば良いのにフルサイズで。
 お喋りと飲みが中心になってしまい、すっかり冷めてしまいましたが、それでもとても美味しい餃子。
 話しはお互いの家族に話しに移り、まあ、歳を取るとそんな話しが多くなります。

クリックすると拡大します

 京都九条葱まぜそばをハーフで。
 麺はハーフだけどトッピングは変わらぬ量のようで、ある意味、具だくさんで良い感じです。
 麺屋棣鄂の太麺が濃いめの醤油ダレに合っていて、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 ビール、レモンサワーとハシゴして、最後に日本酒、チャレンジしてみました。
 日本酒という謎の飲み物かと思ったら、新潟長岡市の吉乃川 厳選辛口 吉乃川。
 さすがにラーメン屋で燗はお願いできませんでした。

クリックすると拡大します

 さらに京山椒薫る汁なし担々麺をハーフで。
 トッピングの肉そぼろ、ナッツ、カイワレ大根が芝麻醤と辣油のタレに良い感じで馴染んでいて。
 美味しいですねぇ、これはフルサイズで食べても良かったな。

クリックすると拡大します

 ラストオーダーと言われてつい頼んでしまった焼飯(中)。
 私の好みのしっとりタイプで、お腹いっぱいなのにお腹いっぱい食べてしまいました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 つらつらと新宿駅まで歩いたのですが、こんなところにコメダが出店しているんだ。
 こんな時間でも営業しているけど、朝も早いんだよな。
 いつか、モーニングに立ち寄りたいな。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月14日

茅ヶ崎と平塚と

/DAIKUMA@茅ヶ崎市矢畑にて特製煮干そば、黒中華そば/麺や笑味寿(えびす)@平塚市富士見町にて辛味噌ラーメン(5辛)/

クリックすると拡大します

 午前中は女房の買い物に付き合うのですが、「買いたいもの」だけ買って買い物が終わることは稀で、買いたいものを買ってもなお辺りを見渡さないと気が済まない女性が何と多いことか(そうでない女性もいるとは思います)。
 ですので、(自分の考えならば)5分で済む買い物が1時間、2時間になり、日曜日のランチは1人寂しくランチになることが殆ど。
 えっ、今日は10分?ラーメン食べに行きたい?分かりました。

クリックすると拡大します

 去年末で自家製麺を終了したDAIKUMA@茅ヶ崎市矢畑、店先の立て看板が中華そばに変わっています。
 とっても残念ですが、現実は常に厳しく、現実は常に受け入れるしかありません。
 開店30分前で3人待ち、店先に待ち椅子は4脚だけですので、女房に譲りました。

クリックすると拡大します

 定刻に開店、店内に入り券売機に向かいます。
 メニューはこれまでと同じ煮干そばと、新しくラインナップした黒中華そば。
 それぞれ特製が用意され、トッピングやご飯物に変更はありません。

クリックすると拡大します

 カウンター中央あたりに座り、店主さんに「あけましておめでとうございます」とご挨拶しました。
 お冷やを飲んでいると、次から次へとお客さんが入っていて、あっという間に店内待ち多数。
 誤解を恐れずに言えば、麺が自家製麺だろうか菅野製麺所だろうが関係ない人が殆どなのでしょう。

クリックすると拡大します

 程なくして女房の特製煮干そば980円
 これまでの煮干しそばと比べて味が落ちていることが心配でしたが、全くの杞憂で相変わらず美味しい(心配してスミマセン)。
 新しい麺との相性が気になりましたが、全く問題ありません。
 特製はチャーシューが二枚と半熟味玉が追加され、大満足のご様子。

クリックすると拡大します

 私は黒中華そば750円
 黒はマー油でなく「濃の醤油、たまり醤油にニンニクの風味を加えたブラック醤油タレ」。
 麺相はまだ調整中の感がありますが、甘めに寄せた煮干しスープは新しい煮干しスープを指し示す味わい。
 店主さんは、味の組み立てに関して特に素晴らしいセンスで、気が付いたら全部飲み干していたほど美味しい。

クリックすると拡大します

 菅野製麺所の細麺は美味しいのだけど、「これからはいつ食べても同じ味なんだな」と思うと寂しい。
 まあ、いつまでも寂しがっていないで、スープとの相性を調整していく、、、必要もないほど好相性。
 トッピングは肩ロースチャーシューと豚バラ巻きチャーシュー、穂先メンマ、紫タマネギ、全体に黒胡椒が振られています。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 いったん帰宅して、再度出直してきて麺や笑味寿(えびす)@平塚市富士見町
 約2ヶ月ぶりの訪問、店先の駐車場は三台分しかありませんが、それ以上のお客さんが来店されています。
 土日であっても通し営業じゃないから、さらに混み合いますよね。

クリックすると拡大します

 店内はいると8割ほどの入り、「醤油、味噌と食べたから、今日は塩かな」と左手の券売機へ向きます。
 すると「辛味噌ラーメン始めました」のポップが貼られていて、壁には「海老ラーメンは200円」もあって、どっちが良いなぁ。
 食券を買い、お冷やの置いてあったカウンター席へ座り、お好みは聞かれたなかったので、こちらかは言いませんでした。

クリックすると拡大します

 先ずは無料サービスのライス、柴漬けが用意されているので、ちゃっかりと添えて。
 その柴漬けで軽くご飯を食べながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。
 卓上にはおろしニンニク、醤油、辣油、酢、一味とうがらし、白胡椒。結局、豆板醤は置かないことにされたんですね。

クリックすると拡大します

 少し待って辛味噌ラーメン(5辛)880円
 味噌味はタレを味噌にしただけではなく、茹でモヤシが入っています。
 豚ガラ8に鶏ガラ2程度の濃厚なスープ、そこそこのとろみが良い感じです。
 辛さは五段階ですので一番辛い5辛でお願いしましたが、額に汗をかかない程度。その代わり、熱々のスープは全く冷めません。

クリックすると拡大します

 麺は前回と異なる丸太麺、製麺所を変えたのか、製麺所は変えずに麺の形状だけ変えたのかの確認は忘れました。
 「ウチのスープには太麺が合うと思って」と言うように、スープに良く合っています。
 バラ巻きチャーシューは薄切りですが二枚、茹でほうれん草、穂先メンマ、板海苔三枚。

クリックすると拡大します

 途中、スープを吸わせた板海苔でご飯を巻いて食べます。
 豆板醤があればご飯に乗せるのですが、無いのでそのまま巻いて食べますが、これがまた目を開けていられないほど美味しい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 さつき食堂。
 昔々、私が今と変わらないラーメン食べ歩き初心者だった頃、この近くにフルタという幻のラーメン店があった。
 当時の私の実力ではお店を探し出すことが出来ず、結局一度も行けなかった。
 後で知ったことですが、フルタは平日昼間のみ営業で、営業時以外は民家と区別が付かない店構えだったそうだ。
posted by ふらわ at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記