2017年08月11日

大船で三軒

/麺屋502@大船にて塩ぶっかけ冷麺/和丸本店@大船にて担々麺/和丸仲通り店@大船にて醤油らーめん(淡麗)/

クリックすると拡大します

 小田急線沿いが生活圏なので、東海道線沿いのお店には馴染みが無く、名店、新店なども中々足が向かない。
 バイクで平塚まで出てからの東海道線、大船までICカードで乗車したら切符で乗車した方が安いんですね(ICカードだと324円、切符だと320円)。
 世の中の仕組みを知らないと損することばかりで情けない、調べてみたら、半分程度の駅で切符の方が安い運賃が設定されていました。

クリックすると拡大します

 大船駅南口を東を出ると、通り反対側の交番の先にファミマが見えるので、ファミマの裏口に回るように手前を右手に入っていき、左手に回ります。
 マツモトキヨシの先に八百屋がある雑居ビルに入っていきます。
 右手にカフェ、鰻屋があって、左手奥に麺屋502@大船(鎌倉市大船)への導線が見えてきます。

クリックすると拡大します

 2017/5/2オープン、数年前に閉店した藤沢白旗ラーメン號@藤沢本町の2号店、號を「50」、2号店を「2」、で「502」とのこと、つか、白旗ラーメン號の復活です。
 店先を通り過ぎて店舗奥まで進んでから入店する導線、狭いながらも外待ちしやすい感じです。
 真長方形の店内は広く無いけれどもゆったりしているように感じるのは、三人の女性店員さんの笑顔だろうか。

クリックすると拡大します

 メニューはラーメン、チャーシュー麺、ネギラーメン、季節の限定メニュー。
 アルコール類と一品料理が充実していて、中華料理店出身を強く感じさせます。
 とは言え、カウンターのみですので、大人数の飲み会は厳しそうです。

クリックすると拡大します

 店内はカウンター8席、入店したときはほぼ満席で、「すみません、すみません」と一番奥の席へ。
 カウンターには醤油、酢、ラー油、ホワイトペッパー。
 もちろん口頭注文後会計、昼間だからか、飲んでいるお客さんはいませんでした。

クリックすると拡大します

 少し待って、限定10食の塩ぶっかけ冷麺850円、事前の告知はありませんでしたが「こちら、味変にどうぞ」とネギチャーシューを渡してくださいます。
 冷やしラーメンに味変って、あんまり聞かないなぁ。
 あっさりした鶏ガラスープ、冷やして固まってしまう脂を丁寧に取り除いて、とても飲みやすく仕上げています。

クリックすると拡大します

 しなやかな極細麺は麻生製麺、好みの柔らかめ仕上げで嬉しい。
 トッピングはキュウリ、蒸し鶏、トマト、レタス、ザーサイ、味玉、糸唐辛子。
 スープとの絡みは難しそうですが、「色々と考えて色々と乗せてみました」的な家庭料理なのかも知れません。

クリックすると拡大します

 ネギチャーシューは自家製のラー油がとても香ばしく、ラーメンの味変と言うよりアルコールのつまみ的な位置付けの美味しさです。
 スルッと食べ終わってお会計、お会計時に少し話しをさせて頂きました。
 良い店なんだけど、大船だと再訪は難しいなぁ、

クリックすると拡大します

 店を出て大船駅を南方面に向かい、モノレールの下を交差して進むと、麺屋こころ大船店の隣に和丸本店@大船(鎌倉市大船)が見えてきます。
 2017/7/31オープン、近くに支店をオープンさせ、その2週間後に本店をオープンさせるという、今までそんな店舗ってあったっけ。
 店先に立て掛けられた幟が凝っていて、来店された際にはよく見て下さい。

クリックすると拡大します

 店内は右手に4人掛けテーブルが4卓、左手に壁向きカウンター6席、奥が厨房と、ゆったりと料理を楽しめるレストランです。
 テーブル席は常にお客さんがいて、三人の調理人も常にフル回転の繁盛ぶり、ホールの一人も大忙しです。
 卓上には白胡椒しか置かれていませんが、メニューに応じて一味唐辛子、辣油、醤油、酢などを運んできて下さいます。

クリックすると拡大します

 メニューは進化系喜多方ラーメンと称した醤油、味噌の淡麗、芳醇(刻み玉葱と背脂を追加)の4種類が用意されていて、本店限定メニューとして上タンメンと担々麺があります。
 サイドメニューとして焼豚チャーハン、納豆チャーハン、青源餃子、手羽中の唐揚げなどもあります。
 飲み物はビール、ハイボール以外にワインが用意されていました。

クリックすると拡大します

 程なくして担々麺972円
 タレに芝麻醤、辛味と酸味を備えたスープには肉かす(背脂を高温で熱して脂としてラードを抜いて残ったもの)と、大きめに刻んだ玉葱がたっぷりと入っています。
 青梗菜の代わりに刻みネギ、七味唐辛子を一本あしらってあります。

クリックすると拡大します

 麺は喜多方ラーメンの縮れ平打太麺、スープにきっちりと絡んでかなり美味しいです。
 時々肉かす、時々玉葱の味も良い感じ、途中で酢を足してみましたが、さらに美味しい感じ、次回があればラー油も試したい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 後客続々ですので、配膳が終わったらお会計しようとタイミングを見計らっていると、こちらをどうぞと薬膳茶を頂きました。
 朝鮮人参などの入った薬膳茶、ラーメンの後で飲むお茶としては、こんなに合っているお茶もないかと。
 美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 大船駅東口の商店街に戻り、次にお店に向かうと、夏期休暇でした。
 今の時代、ホームページだけではなく、ツイッター、フェイスブックなどで定休日以外の休暇を事前に告知する店舗もあれば、店先に貼り出すだけの店もあり。
 どちらが良いとか悪いとか、色々あってラーメン店は面白い。

クリックすると拡大します

 一軒目の近くに戻り、右隣は乾物屋、左隣は練り物屋、その真ん中に和丸仲通り店@大船(鎌倉市大船)
 2017/7/26オープン、先の本店より2週間前に先の本店より徒歩5分の立地にオープンした支店。
 ガラス戸越しに店内を覗くと満席、店先でしばし待ちます。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、右手に厨房、厨房に面したカウンター6席、左手は壁向きカウンター3席、本店とは違ってラーメン屋然としていますが、なぜに慌てて二軒同時に開店したのだろうか。
 メニューは進化系喜多方ラーメン、醤油と味噌、それぞれ淡麗と芳醇の2種類なので計4種類だけです。
 トッピングは標準トッピングの増し、味玉、他にはライスやビール、ジュースが揃っています。
 口頭注文後会計、卓上には白胡椒、声を掛ければ酢を出してもらえます。

クリックすると拡大します

 少し待って醤油らーめん(淡麗)780円、まさに喜多方ラーメン。
 しかしして(スタンダードが)780円と高いと思ったらチャーシューが3枚ですか、チャーシュー1枚で650円とかって提供はしないのかな。

 どの辺か「進化系」なのかの説明はありませんでしたが、喜多方ラーメンとの決定的な違いは、スープに使っている水ではないでしょうか。
 こちらは徹底的にフィルターを通して水の雑味などを取り除いて使っていて、お上品な美味しさ。
 喜多方だと普通の水道水でしょうから、雑味や濁りを感じますけど、それが「ご当地」の味わいの根っこになっていて、その味こそが喜多方ラーメンなのだと思います。

クリックすると拡大します

 麺は喜多方から直接取り寄せているのかと思うほど縮れ平打太麺、若干硬めでしたが、ゆっくり食べていると良い感じになってきて、とても美味しい。
 お客さんが帰ると入ってくるので、中々ゆっくり食べてもいられません。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 食べ終わってお会計、店員さんのゆっくり話をしたかったのですが、後客多しで断念。

クリックすると拡大します

 大船には他にも未食店があるのですが、今日のところはこの辺にしました。
 帰りは来た道順をそのまま逆にトレースして、平塚からバイクに乗ったら急に雨が降ってみて。
 途中でガソリンスタンドで給油している間だけ、雨が止んでいるという。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月10日

半チャーラーメン

/横浜家系ラーメン壱角家品川港南店にてラーメン(醤油)、ライス、サービス半熟玉子/らーめん三國(さんごく)@新宿一丁目にて担々麺、半チャーハン/

クリックすると拡大します

 お昼は横浜家系ラーメン壱角家品川港南店ホームページ)。
 先月伺ったときに、「来月くらいから新メニューを出します」と聞いたので、どんなものかなぁと伺ってみました。
 しかしして店先、店内には全く気配が無く、いや、元々あった気配を消されていて、いったんその話しは無くなったのだろうと。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、メニューが一新されていたので、よく見てみると(裏面に書かれたビールやホッピーに対応して)おつまみが追加されていますが、ライスがメニュー落ちしています。
 そんなはずは無いだろう、満腹セットとしてご飯ものは扱っていますし。
 黒いTシャツを着た店員さんに尋ねると、あるという。

クリックすると拡大します

 と言うことで、ラーメン(醤油)750円、柔らかめ、ライス110円、サービス半熟玉子
 なぜかピンボケした写真で、大変申し訳ありません。
 薄茶のスープは甘めで旨味過多、得意ではありませんが、不味いわけではありません。

クリックすると拡大します

 四之宮商店の短尺平打中太麺、柔らかめでお願いしましたが、まだ芯がある感じです。
 トッピングは板海苔三枚、うずらの卵、茹でほうれん草、チャーシュー一枚。
 途中から刻み生姜や刻みタマネギを入れてみたりして。

クリックすると拡大します

 ライスは無料サービスでないと食べないという人もいるらしいけど、私は100円に困窮していることもなく、食べたければ食べます。
 海苔三枚分はスープに浸して豆板醤と共に頂きましたが、残りは卓上に用意されているわさびふりかけで。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜はらーめん三國(さんごく)@新宿一丁目へ、前回は新宿駅から歩きましたが、今回は代々木駅から歩いてみました。
 2週間ぶりの再訪、幾つか分からないことがあったのでネット検索したんですけど、見つけ方が悪くて見つけられず。
 ま、自分で確認すればいいさ。

クリックすると拡大します

 オープンセールのチャーハンサービスは終わりましたが、期を空けずに半チャーハンサービスが始まっています。
 チャーハンはノーマル、キムチ、辛口、三色と4種類ありますが、ノーマルの半量だけが無料サービス。
 となると、無料サービスを辞退して敢えて他のチャーハンを頼む人って、いないんじゃないかな。

クリックすると拡大します

 ピピッと食券を買って店内へ、今夜は調理がよく見える奥の席に座ります。
 先ずは生ビール400円で、今夜は新宿御苑で一人お疲れ様会。
 先客は一人でしたが、その人が帰ったらドカドカどかっとお客さんが入ってきて、こんな狭い店でなんで満席になるかな。

クリックすると拡大します

 程なくして担々麺730円、サービスの半チャーハン
 芝麻醤のタレを鶏白湯のスープで溶かし、菅野製麺所の細麺の上には麺の茹で湯で茹でた青梗菜が二枚、最後に辛味噌餡。
 (説明書きには辛いとありますが)辛味も酸味も殆ど感じない、どちらかという甘めのスープ、卓上を探すも酢やラー油がなく、あるのはおろしニンニクだけ。

クリックすると拡大します

 しっとり系のチャーハン、今夜も紅生姜を添えて頂きます。
 私の歳ですと、ラーメンと合わせるならフルじゃなくてハーフで十分ですね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月09日

水炊きで暑気払い

/生蕎麦いろり庵きらく田町店にて豚しゃぶポン酢おろしそば/居酒屋「水炊き鼓次郎」にて宗玄で暑気払い/

クリックすると拡大します

 時間が無いときにとっても助かる路麺店の生蕎麦いろり庵きらく田町店ホームページ)へ。
 駅そばなら先ず間違いなく立ち食いだった時代は随分前に終わり、きらくの場合は立ち食いスペースもありますが、基本的に座って食べます。

 また、駅そばと言っても、改札内、改札外だけど駅構内、改札外で駅とは建屋が異なる、と伝統では無く実態に合わせた店舗展開が、「駅そば」の定義そのものを曖昧にしています。
 定義が曖昧になっていると言っても、山手線内とか東京23区内に限れば明確に定義できますが、日本全国を食べ歩いている私にとって、地域限定の定義に意味はありません。

クリックすると拡大します

 食べたのは夏季限定の豚しゃぶポン酢おろしそば500円(Suica割470円)、現金の代わりにSUICA(PASMOでも可)で購入すると30円引きになります。
 写真の撮影技術が低く、豚しゃぶと大根おろしが同時に写るようなアングルにすると、わさびが正面か後ろに隠れてしまいます。
 美味しくいただいてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 和食「器楽亭」(久我山)の姉妹店として今年の2月にオープンした居酒屋「水炊き鼓次郎」、今夜はお店を貸し切って宗玄で暑気払い。
 あちこちで日本酒の会が開かれていますが、単に高級酒(貴重酒)を飲めるとか、見栄えの良い料理にちょっとだけ日本酒を合わせるとか、そういうのは苦手で。
 まず真ん中に日本酒があって、すぐ隣に料理があって、わいわいガヤガヤ楽しく飲む会が大好き。

クリックすると拡大します

 こういう会では遅れてくる人がいるのが当たり前ですけど、何と34人全員が時間前に揃うという、それもこれも幹事さんの人柄なのだろうか。
 人数が揃った席からビールで乾杯してリハーサル、全員が揃ったところで幹事さんの音頭で乾杯、素晴らしい。
 一品目はキュウリに合わせたいか醤、期待もしておらず、事前調査もしていませんでしたが、苦味のある野菜に驚きました。
 完熟してから収穫している野菜を仕入れているとのこと、そういう時代になったんだな。

クリックすると拡大します

 塩もずくと宗玄大吟酒粕、、空腹のお腹をさっとなでますね。
 巻鰤は撮り損ないました、日本酒のラベルも相当撮り損なっていますが、写真を撮りに行ったのではないので問題なし。
 ここまでは幹事さん持ち込みの料理、何気に関東では簡単に手に入らない食材なのに、何に断りも無く普通に出してきます。

クリックすると拡大します

 一杯目は宗玄夏のにごり酒、石川県のみで販売されて既に完売、都内で今月飲めるのはこれだけ。
 にごりなので、先ずはそのまま注いで上澄みを、続けて全体を混ぜてにごりを味わいます。
 どっしりとしておらず、すっきりとした喉越しで一杯目に最適、これからの料理を食べる準備が整いました。

クリックすると拡大します

 ここからがお店の料理ですが、飲食込みの一括会費でしたので通常営業で提供される料理とは、質や量が異なると思います。
 先ずはちりめん卸し、ちりめんを出汁に浸けてあるので、醤油などを掛けずにそのまま頂きます。
 初対面の人でも「日本酒の会」には日本酒好きが集まっているので、すぐに打ち解けて盛り上がります。

クリックすると拡大します

 続けてポテサラ。
 茹で卵、ハム、キュウリ、タマネギをマヨネーズで和えてあるんだけど、その割合、味付け、の加減が絶品です。
 最後にフライドオニオンを掛けてあって、カリッとした食感も絶妙、こんな美味しいポテサラ、食べたことがない。

クリックすると拡大します

 2種類目として本醸造生酒、夏の季節酒です。
 芳醇な香りと呑みやすさが特徴で、まさに宗玄の夏酒ですね。
 いやぁ、実に旨い、日本酒は美味しいなぁ。

クリックすると拡大します

 次は名物トリカラ、まあ、いわゆる鶏の唐揚げですね。
 レモンの八つ切りを大きさを比べると分かりますが、かなり大きめで真ん丸の唐揚げ、衣がからっとしていて「特別な衣ですか」と聞いたくらい。
 おいおい、これからまだまだ食べるし、まだまだ飲むのに、こんな大きいの二つも食べられないよ。
 と、全員が言いながら、全員が食べていました。

クリックすると拡大します

 胡麻カンパチ。
 これは胡麻ダレ漬けカルパッチョ、ですな、かなり美味しい料理ですけど、他の料理と比べると箸休めになってしまいます。
 この辺りで何種類かの日本酒が通り過ぎていったけど、どれも美味しかったと言うことで流します。

クリックすると拡大します

 酔っぱらい海老。
 説明はありませんでしたが、恐らく日本酒に浸けた海老、少し甘め。
 五尾だったのは五人卓だったからでしょうけど、喧嘩しないで一人一尾頂きました。

クリックすると拡大します

 さて、メインの水炊きです。
 鶏肉と水だけで10時間以上掛けて炊き出したスープ、どのくらい久しぶりの食べることになるだろうか。
 店員さんの指示に従って、鶏肉を取り出して特製酢醤油を掛け、薬味を振って頂きます。
 柔らかくて硬い、硬くて柔らかい鶏肉の総州古白鶏(そうしゅうこはくどり)、旨いなぁ。

クリックすると拡大します

 漲(ちょう) 特別本醸造 無濾過生原酒。
 宗玄でも初めて飲む銘柄、ここにきて香りがいいお酒とは、ちょっと驚く。
 「みなぎるは わがこころいき」、もう少しちゃんと飲んでみたい一杯。

クリックすると拡大します

 大友トマト、麗夏トマト会津のファーム大友から直接仕入れたトマト。
 一般的なトマトは青もぎして流通中に成熟しますが、ファーム大友では赤く成熟してからもいで出荷されます。
 味が全然違いますよ、これが本当のトマトの味ですよ、日本酒にぴったりですよ。

クリックすると拡大します

 さて、水炊きと鶏肉を食べた後で夏のしゃぶしゃぶセット。
 水菜やネギ、薄くスライスした茄子をたっぷりとスープに入れ、豚しゃぶで蓋をします。
 全体が煮立ったところで、箸で野菜ごと大きく掴んで、タレに漬けて食べる。
 うわぁ、旨いな、かなり日本酒を飲んでいますが、さらに旨い。

クリックすると拡大します

 その後〆に中華麺、つまりラーメン。
 まだまだ残っている日本酒が回ってきていますが、我ら地方に住んでいる人にはタイミリミット。
 って、7時スタートでもう11時近いって、何時間飲んでるですか。
 ご馳走様でした、友達と一度飲みに来たいなぁ。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記