2020年08月10日

久し振りの焼き鳥

/ラーメン 豚山 横浜西口店@横浜にて台湾まぜそば/やきとりShira/

クリックすると拡大します

 お昼は、ラーメン 豚山 横浜西口店@横浜(横浜市西区南幸)公式ツイッター)へ。
 2020/1/17オープン、立地は吉村家の真裏で、山崎家の斜向かい。
 全ての店舗を回ろうと考えていて、やっと10店舗目(東長崎店が閉店したので9店目)。
 月曜定休が返上されて無休になりましたが、中休みは継続中。

クリックすると拡大します

 豚山はトッピング以外のメニューを全店で統一していますので、ベンチマークの「ラーメン小、ニンニク、ヤサイ」を食べるつもりでした、が。
 台湾まぜそばが始まっていて、調べてみると3/27より中野店で販売が開始され、8/3からは大塚、大船、平塚以外の店舗で販売されています。
 他にも、大塚店で冷やし中華が7/2から販売開始されていました。

クリックすると拡大します

 店内に入り、券売機に向かいます。
 トッピングは店舗毎に異なりますが、以前からの変わったのはテイクアウト(UberEtas)に対応したことと、台湾まぜそばがメニューインしたことでしょうか。

クリックすると拡大します

 空いている席を見つけて座り、食券を卓上に置いてから、お冷やを汲みに戻ります。
 席配置は厨房を囲むL字カウンター14席、テーブルには仕切り板が設置されています。
 卓上にはホワイトペッパーパウダー、ブラックペッパーグラウンド、一味、酢、カエシ。
 元々、調味料は2人で共有の想定ですから、座った席によっては使いにくい調味料もありそうです。

クリックすると拡大します

 程なくして「にんにく入れますか?」と訊かれ、「お願いします」と答えて手渡された、台湾まぜそば880円
 トッピングは甘辛ミンチ、卵黄、魚粉、ニラ、海苔、ネギと過不足のない王道の盛り付け。
 先ずは全体を程よくかき混ぜます。
 台湾まぜそば自体を食べるのは久し振りですが、濃いめの味付けに太麺がとてもよく合っていて、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 平打太麺は通常メニューと共通のようで、この麺が醤油たれや具材に良く絡みます。
 残ったミンチを追い飯でかき取るのが台湾まぜそばの王道ですけど、追い飯は有料(100円)ですので、見送りました。
 100円が高いという理由もありますが、追い飯まで食べて台湾まぜそば、ではないのなら、食べないだけです。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 今夜は静岡からの食通の友達を接待すべく、やきとりShiraへ。
 フェイスブックの友達を無秩序に増やすのを防ぐため、友達申請があっても面識が無ければお断りするし、面識が無ければ友達申請しないことにしていますが。
 何事にも例外があって、あるのか、2人とも「どちらでお目にかかりましたっけ」と。

クリックすると拡大します

 挨拶もそこそこに生ビールで乾杯。
 ビールサーバーの管理を確認するために一杯目は生ビールを飲むという話を聞いたことがあります。
 私はビールは全て美味しいことしか分からないので、美味しいビールを飲みたいだけのために一杯目はビール。

クリックすると拡大します

 突き出しは、バターナッツの摺流し、パイナップルとアスパラ。
 程よく冷えていて、いつまでも味わっていたい美味しさ。

クリックすると拡大します

 今日のお刺身は、肝臓(レバー)、脾臓、砂肝、ささみのなめろう。
 解凍が絶妙で、ひょっとしたら非解凍なんじゃないかと感じるほど生々しい味わい。
 いやー美味しい、仕入れがない日もあるから、食べられるだけで幸せ。

クリックすると拡大します

 一杯目は、石川の蔵元である宗玄酒造が醸す「宗玄(そうげん)」 純米酒 無濾過生原酒 山田錦 R1BY。
 先ずは宗玄から飲み始めたいお店というのがあるとしたら、この焼き鳥屋。
 冷しすぎてない味わいが、何とも美味しい。

クリックすると拡大します

 一串目はさび。
 最小限の火入れで最大限のふっくら感、擂りたての山葵の香りも美味しさを引き立てます。

クリックすると拡大します

 箸休めの鬼おろし、ウズラの玉子が乗せられています。
 相手の話を聞いているときに食べられない私は、ついつい食べるのが遅くなってしまいます。
 そんな私にこの鬼おろしはピッタリ。

クリックすると拡大します

 二串目はつくね300円。
 焼き台の上で温めながら練り上げた串を、丁寧に焼き上げて下さいます。
 と、ここで「ふらわさんですよね」と斜向かいのお客さんから挨拶されました、ありがとうございます。
 食通の友達は「顔広いですねえ」と驚かれていましたが、そんなことないと思います。

クリックすると拡大します

 レバー250円。
 トロリとした触感のレバーにトロリとした味わいのたれがよく合い、お酒が進みます。

クリックすると拡大します

 二杯目は大阪の蔵元である秋鹿酒造が醸す「奥鹿(おくしか)」純米酒 無濾過生原酒 生酛 山田錦 27BY。
 お米の味が幅広く美味しく、冷しすぎていないので、これまた美味しい。

クリックすると拡大します

 もも350円。
 パリパリと美味しい熱々の皮と、火傷しそうなほど熱々の身が美味しい。

クリックすると拡大します

 背肝350円。
 背肝(せぎも)とは腎臓のこと、一羽に二つずつあるので、一串が二羽くらい。
 肝臓(レバー)と食感、味わいが似ていますが、こちらの方が好みの食感です。

クリックすると拡大します

 香川の蔵元である丸尾本店が醸す「悦凱陣(よろこびかいじん))」純米吟醸酒 無濾過生原酒 13BY。
 13BYとは平成13酒造年度に瓶詰めした日本酒であるということ、タンクで17年、瓶詰めして2年。
 何物にも引っかからない滑らかな味わい、旨いわー、値段もいい値段しますが。

クリックすると拡大します

 ストロー350円。
 聞き慣れない見慣れない串ですが、鶏の羽の骨を焼き上げてあります。
 骨の食感とたれの味わい、美味しい一串。

クリックすると拡大します

 ふりそで350円。
 前回と違って柚子胡椒が乗せてあり、焼きもしっかりめで、強い焼きが好きな私にはぴったり。

クリックすると拡大します

 島根の蔵元である旭日酒造が醸す「十旭日(じゅうじあさひ)」純米吟醸 生原酒 山田錦五五 26BY。
 美味しくて飲み過ぎてしまう日本酒ですが、今日は時間も短かったけど、四杯だけ。

クリックすると拡大します

 淡海地鶏の手羽先500円。
 手羽先は淡海地鶏と天城軍鶏がありますが、天城軍鶏は入荷していないということで。
 たっぷりの皮とたっぷりの身と、とても食べ応えがあります。

クリックすると拡大します

 最後に エルフランス うずらの卵300円。
 少し大きめで、半熟と固茹での中間くらい焼き加減、ああ美味しかった。

クリックすると拡大します

 〆の鳥そば750円、1人1杯頼んだつもりでしたが、滑舌の悪さを発揮することになり。
 純鶏白湯スープに鶏湯を浮かせ、黒胡椒が振ってあります。
 トッピングはネギと鶏挽肉、シンプルだけどこれが美味しい。

クリックすると拡大します

 全粒粉入りの角細麺は、京都の製麺所である棣鄂、スープにピッタリ合っています。
 今夜のもとても美味しくいただき、大変ご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月09日

相模原あたり

/名代 箱根そば 古淵店にて箱1GP/哲麺 縁 相模原店@相模原市中央区緑が丘にて冷やし中華(醤油)/

クリックすると拡大します

 急に気温が上がって、それでも昨日出掛けたので今日は疲れ気味。
 昨日は海沿いのお店に伺ったので、今日は山沿い、、とは言わないか、相模原方面のお店へ。
 朝の涼しい時間に出掛けられたので、先ず、朝食から。

クリックすると拡大します

 遅めの朝食は、名代 箱根そば 古淵店ホームページ)へ。
 箱根そばは駅構内の立ち食いイメージが強いですが、実際には改札外の立地が多いし、着席スタイルが多いです。
 とは言え、箱根そばの殆どお客さんは特定の店舗しか伺わないだろうから(個人的見解です)、全体がどうだなんて話はどうでもいい話ですけどね。

クリックすると拡大します

 店先の立て看板に箱1GPが告知されています。
 箱根そばの限定メニューは販売期間を明示しないことが多い(食材が終了したら販売終了だと推測)。
 このメニューは専用の食材を使っていないので、販売期間が8/5〜8/16と明示されています。

クリックすると拡大します

 じゃ、販売終了する前に食べてみるかと、券売機に向かいます。
 細かい話ですが、券売機自体は全店で共通ですから、ボタンの大きさや並びは同じ、なのに配置が違うメニューもある。
 とは言え、目的のメニューのボタンを探して押すので、「他の店舗ではここだった」のボタンは押しません。

クリックすると拡大します

 食券を渡して空いている席に座ります。
 店内に柱が出っ張っているので1人席があって、そこに座ります。
 テーブル席は他に2人掛けが2卓、4人掛けが1卓、立ち食いスペースは3人分が4テーブル、合計21席。

クリックすると拡大します

 程なくして箱1GP550円、冷やしのみの提供ですが、そばとうどんが選べるので、そばで。
 種物としてかき揚げ(フルサイズ)、カレーコロッケ、温玉、大根おろし、薬味ねぎ。
 単品で揃えると冷しかき揚げ450円、温泉たまご80円、コロッケ(カレー味)120円ですので650円、100円お得。

クリックすると拡大します

 冷たい陣はお蕎麦にお汁、おろし、温かい陣はかき揚げ、カレーコロッケ。
 暑い日には冷たいお汁に冷たいお蕎麦がとても美味しく、時々合わせる山葵が良い感じ。
 かき揚げとコロッケは半分に割り、お汁に少し浸けながら食べます。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、哲麺 縁 相模原店@相模原市中央区緑が丘公式ホームページ)へ。
 2019/4/15オープン、全国チェーン店ですので、訪問を後回しにしていたらオープン後1年過ぎていたいという。
 改めて公式ホームページを見てみると、哲麺としての直営店は「哲麺○代目」であり、FC店が「哲麺縁○○店」の様です。

クリックすると拡大します

 店内に入ると二組のお客さんがいらっしゃって、カウンター席に案内されます。
 席配置の公式情報では28席ですが、世情の影響を受け、現在はカウンター7席、4人掛けテーブルが6卓に絞り込まれています。

クリックすると拡大します

 卓上にはあらびきコショー、辣油、しょうゆ、酢。
 どうでもいい細かいことですが、せっかく写真を撮るなら、たとえ調味料であっても綺麗に並べて撮りたい。
 お冷やが水か麦茶かも個人的には気になるし、コップがガラスかプラスチックかも気になる。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、メニューは二つ折りですので、広げて撮ると左が裏表紙、右が表表紙になります。
 んで、表表紙はラーメンではなく飲み物とつまみを紹介していて、ビール中ジョッキはお代わりが100円安いとか、レモンサワーは濃いめ100円増しなんてのもある。
 裏表紙はチャーハンと炒め物、おこさまメニュー。

クリックすると拡大します

 メニューを開くと左側がラーメン、右側はサイドメニューとセットメニュー。
 ラーメンは哲麺ラーメン600円と安めの値段設定、下の方には徳島ラーメン750円、八王子ラーメン600円、中華そば500円。
 サイドメニューは焼き餃子、揚げ餃子、唐揚げ、ライスなど。

クリックすると拡大します

 現在の限定メニューは四種類。
 夏まつりと称して、哲二郎ラーメン800円、トムヤムクンラーメン800円。
 涼と称して、冷やしゴマ担々麺750円、冷やし中華(醤油・ごま)650円。
 この中から一杯だけ選んで哲麺縁を紹介するのは難しそうですね。

クリックすると拡大します

 いつから始まったのか分かりませんが、平日15:00-18:00はキリン淡麗生(メニューでは中ジョッキと表記)が半額の150円。
 毎週月曜日は替玉が1玉12円。
 学割として平日14:00-18:00は替玉食べ放題が100円。

クリックすると拡大します

 色々な割引サービスに驚いていると、冷やし中華(醤油)650円(税込715円)が運ばれてきました。
 丼に書かれた店名と配膳された向きが合っていないことも多いのですが、盛り付け含めて合っていて、さすが哲麺といったところ。
 冷やし中華はトッピングが多いメニューですけど、味玉、チャーシュー、高菜、メンマ、ネギ、キクラゲ、紅生姜が麺が見えないほど盛り付けてあります。

クリックすると拡大します

 箸を差し入れて麺を手繰ると、とんこつラーメン用の細麺ではなく専用の平打中太麺、醤油スープに合っていて、とても美味しい。
 それぞれのトッピングは冷やされてはいませんが、麺とスープもそんなに冷たいわけじゃ無いので、ちょうど良い感じです。
 全体にゴマが振られていて、するすると食べ進められます。

クリックすると拡大します

 スルッとご馳走様でした。
 伝票を持ってレジでお会計、電子マネーの類いは一切使えず、現金で。

 お店を出て次のラーメン店に向かっている途中、どうも熱さにやられたようで、全身がだるい。
 この時期に倦怠感があると、色々と都面倒なことになるので、そのままどこにも寄らずに、まっすぐに帰宅。
 何も無ければいいのですが。
posted by ふらわ at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月08日

大船と藤沢

/麺屋 でこぼこ@鎌倉市小袋谷にて塩つけ麺/麺屋おはな@藤沢にて魚介醤油つけ麺/晩酌/

クリックすると拡大します

 夏休み二日目、というか、普通に土曜日。
 新店巡りも一段落したので、潮風に当たろうと、海へ。

クリックすると拡大します

 早めのお昼は、麺屋 でこぼこ@鎌倉市小袋谷フェイスブックのページ)へ。
 前回訪問は2018/7ですので、2年ぶりのご無沙汰です。
 ラーメンが美味しくなったと言う話を、今年になってちらほらと耳にするようになりまして。
 この暑い時期に駅から歩くのがしんどくて、自宅からバイクで一時間半、、、

クリックすると拡大します

 8月は月曜日以外に11日はお休みします。
 駐車場は少し遠いけど2台分あります。
 ポイントカードは終了しました。
 7月、8月の限定メニューは塩つけ麺です。

クリックすると拡大します

 覚えていた券売機の場所を見ると、全体的な造作は変わっていません。
 メニューは醤油ラーメン790円、塩ラーメン820円、白みそラーメン860円。
 前回は醤油だったので今日は塩、ではなく7月・8月の限定メニューで。

クリックすると拡大します

 先客5人、空いていたカウンター席に座り、ワンオペの店主さんに食券を渡すと「全粒粉入りと、ライ麦入りの自家製麺のどちらにしますか」と訊かれます。
 今年の2月から自家製麺に変わったと聞いていたけど、切り替えたのでは無く併用しているのですね。
 世情の影響を受け、カウンターは3席ずつですが、テーブル席はそのままです。
 卓上には塩つけ麺の食べ方や、お店の思いが書かれています。

クリックすると拡大します

 少し待って塩つけ麺920円
 食べ方としては、先ずはそのまま、次に塩を乗せて、続けてつけ汁に浸けて。
 自家製麺はライ麦と春よ恋をブレンドした中細角麺、噛むと押し返すような弾力、手繰ると伸びるコシ。
 今すぐ都内の激戦区に打って出ても通用するほど美味しい。

クリックすると拡大します

 つけ汁はラーメンスープをそのまま使っていると思える豚ガラ鶏ガラスープ、昆布水をたっぷり吸った麺にはこのくらいの濃度が一番美味しい。
 麺とスープのマリアージュを邪魔しないようにトッピングは青ネギだけ、つけ汁にはチャーシューを沈めてあります。 
 最後の味変にレモンを絞ると、何かの化学変化を起こすかのように酸味が旨味を引き上げます。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったら、残った昆布水を割スープとして、つけ汁の容器に注ぎ入れます。
 器の縁が片口風になっていて、昆布水を注ぐときに溢れにくいです。
 最初の一口、二口はレンゲですくっていましたが、ちょっと飲みにくいので、途中から器を持って。

クリックすると拡大します

 ふう、美味しかった。
 食べ終わって、後客への配膳が一段落したところで、一言二言。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 遅いお昼は、麺屋おはな@藤沢(藤沢市藤沢969-1)公式ツイッター)へ。
 2020/8/1移転オープン、移転前の立地からは徒歩一分くらい。
 OHANAとはハワイ語で「家族」を意味する言葉らしく、多店舗展開されています。
 1号店:【閉店】らーめんOHANA@辻堂(2009/5-2013/5)
 2号店:濃厚豚骨らーめん オハナ堂@本厚木(2008/12/10-)
 3号店:麺屋 おはな@藤沢(2009/5/11-2020/7/26)、移転(2020/8/1-)
 4号店:【閉店】おはな商店@関内(2010/2/1-2015/7/23)
 5号店:【閉店】らーめんOHANA@戸塚(2015/8/2-2020/6/30) ※おはな商店@関内の移転

クリックすると拡大します

 正式な営業時間は不明ですが、当面は11:00-16:00 17:00-22:00となります。
 特に記してはいませんが、定休日は無いとのこと。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、左側に移転前の店舗から持ってきたと思われる券売機。
 メニューは魚介醤油つけ麺800円、魚介醤油らーめん700円、あっさり味魚介醤油らーめん700円、辛つけめん900円の4種類。
 トッピングは玉子、のり(7枚)は100円ですが、メンマ、ネギは200円。
 他はご飯ものとギョーザ、ビールなど。

クリックすると拡大します

 店内はゆったりめの席配置で、厨房に向いたカウンター9席、店内中央に相対カウンター8席、壁側に4人掛けテーブルが3卓。
 卓上には辣油、酢、醤油、ニンニク。

クリックすると拡大します

 店員さんに食券を渡すと、「中盛りまで同額です」と案内されますので、並盛りでお願いします。
 ちなみに、つけ麺は麺量が選べ、並盛り200g、中盛り400gまでは同額、大盛り600円は100円増し、特盛り800gは200円増し。
 替玉の説明書きには「毎日、本店にて打つ〜」とありますが、本店は7年前に閉店されています。

クリックすると拡大します

 10分ほど待って魚介醤油つけ麺800円、先に麺、続けてつけ汁。
 少し固さを感じるほど冷水でしっかり締めた太麺、濃厚豚骨出汁と魚介出汁がブレンドされたつけ汁に潜らせます。
 あの、ラーメン界を一時期席巻した「またおま系」の美味しい味わい。

クリックすると拡大します

 つけ汁にはチャーシューとメンマが沈められていて、刻みタマネギとネギが散らされています。
 板海苔の食べ方がイマイチ分からないけど、つけ汁に浸して頂きました。
 味の慣れは恐ろしく、ラーメン界に流行りだした頃は「もの凄く美味しい」と感じたけど、今では「美味しい」と感じます。

クリックすると拡大します

 つけ麺はあまり味変しないので、今日もしませんでした。
 麺を食べ終わったらスープ割り、店員さんに声を掛けると、割スープの入った保温ポットを渡されます。
 結構多めに入れてしまってけど、もったいないので全部飲んでしまいました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 帰り道で日本酒を仕入れる。
 値段のことを考えると一升瓶を買うべきですが、色々な味を勉強したので四合瓶を二本購入。

クリックすると拡大します

 晩酌
 岩手の蔵元である月の輪酒造店が醸す「月の輪(つきのわ)」夏酒 旨辛純米酒 R1BY。
 夏酒と謳っているけどアルコール15度と高め、旨味十分でしっかり酔えます。
 合わせる料理は夏茄子と鶏肉の油淋鶏たれ煮込み、日本酒にピッタリ。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記