2019年06月10日

フレンチと日本酒

/ゆで太郎代々木東口店にて季節のかきあげそば、焼きのり、カレー/手作り居酒屋かっぽうぎアレア品川店にて四品定食/SAKE Sceneマス福@虎ノ門にてフレンチと日本酒/

クリックすると拡大します

 早起きは蕎麦のために、今朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 今朝は久し振りに季節のかきあげそば530円、焼きのり100円、クーポンカレー

クリックすると拡大します

 季節のかき揚げは四季ごと、季節ごとに前半後半と年に8種類販売され、今回の赤海老白海老のかきあげは夏メニュー前半となります。
 二種類の海老も嬉しいのですが、何と言っても長ネギのかき揚げが一番嬉しい、だって美味しいから。
 ゆで太郎の揚げ油はコレストロールゼロ、吸油量13%オフ、身体のことを全く考えていないと明言する私がこっそり考えています。
 今朝も美味しくいただき、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 お昼は手作り居酒屋かっぽうぎアレア品川店ホームページ)、経営母体はフジオフードシステム
 アレア品川の一階フロアには飲食店が連なっていて、順番に食べていこうかと。
 こちらの店舗は店先でお弁当も扱っています。

クリックすると拡大します

 メニューは四品定食780円のみ、あつあつごはんとあったか味噌汁に、主菜一品、副菜三品になります。
 副菜は固定の全14種類と、季節限定商品の1種類、全15種類。
 固定の副菜を検索用に全種類を記すると「ひじきの煮物、まぐろのお造り、アジフライ、しめさば、きんぴらごぼう、おくらのおかか和え、ポテトサラダ、サーモンのお造り、青菜煮、コロッケ、赤ウィンナー、納豆、茄子揚げ浸し、冷奴」。
 一体何人のお客さんを想定して仕込んでいるのかが気になりますが、夜営業の居酒屋も含めの用意だからな。

クリックすると拡大します

 主菜は日替わりで、今日はさんま塩焼、鮭の塩焼、トンカツ、牛すき煮、しょうが焼き、煮サバ。
 気が利いた定食屋であれば、売り切れの商品を消したりしますけど、こちらでは昼営業(11:30-14:00)の間は売り切れることが無いようです。
 店内に入り、左手のレジで事前に会計してから、店内を進みます。

クリックすると拡大します

 角盆に先ずは主菜を取ります。
 全種類並んでいませんでしたが、言えば出してくれるようです。
 副菜はずらっと並んでいて、事前に何を食べるか決めておかないと目移りします。
 店がたまたま空いていたので良かったですけど、行ったり来たりしてしまいました。

クリックすると拡大します

 今日は主菜にトンカツ、副菜にひじきの煮物、青菜煮、ポテトサラダ。
 並べ方が分からないので、2-3-2のフォーメーションにしてみました。
 ここまで質素で低カロリーの美味しい食事を一か月続けたら、10キロは痩せそうだな。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 今夜は、SAKE Sceneマス福@虎ノ門ホームページ)にて半年ぶりの友人と飲みます。
 何が大変って友人と都合をつけるのが大変で、LINEで連絡しても返事まで三日は掛かるほど超々多忙な人。
 だからと言って諦める性分ではないので、断られても断れても、嫌われなければ声を掛け続けたい。
 友達が100人いれば1人減っても1%だけど、10人しかいないと10%減だしな。

クリックすると拡大します

 お店はフレンチのコースが5,000円(4品)、8,000円(7品)の二種類で、完全予約制。
 飲み物にビールやワインもありますが、基本は日本酒、全ての料理に合わせるべく日本酒が用意されています。
 どちらかというと、美味しい日本酒に合わせる料理を用意したのではないかと、考えています。
 少し早く入って相手を待つ時間がとても好き、スマホなんて弄っていないで、ぼおっと窓越しに雨音を聴いて待ちます。

クリックすると拡大します

 乾杯は大阪の蔵元である寿酒造の貴醸GOLD(きじょうごーるど)(ホームページ)、ビールではなく発泡酒(酒税法上は)ね。
 日本酒を醸す手が空いている時に少量生産される、発酵段階で純米酒を加えている地ビール(酒税法上は発泡酒)。
 拘るとは選ぶことではなく求めることである。
 時代は追いかけたりすがったりするものではなく、作るものである。

クリックすると拡大します

 アミューズはサーモンサラダしか聞き取れなかった、サンドイッチ。
 厚みがある花崗岩のプレートに盛り付けてあり、この食器に拘るところはフレンチではなく和食なのでしょう。
 しっとりとしたサンドイッチ、こういうアミューズも面白いですね。
 一品目がパンというのはフレンチでは初めてですが、これまでがそうだったからと言って、これからがそうである必要なんてない。

クリックすると拡大します

 前菜は、フォアグラの間に鶏ムネ肉をミルフィーユ状に挟み込んだルクルス。
 ミルフィーユ自体、久し振りに食べますが、フォアグラのミルフィーユって初めてです。
 お喋りが弾まないほど、美味しい前菜、随分とフレンチを食べていなかったけど、こんなに変わっていたのですね。
 合わせた薄紫のトレビスが絶妙な色合い、箸で食べて良いですかね。

クリックすると拡大します

 合わせた日本酒は、三重の蔵元である森喜酒造場が醸す「るみ子の酒」純米酒 特別純米無濾過生 30BY。
 季節柄、どうしても夏酒になるとは思いますが、フォアグラの濃厚な味わいを綺麗に洗い流してくれる日本酒。
 2人で半合だと明らかに少ないけど、1人半合だと最後まで辿り着けないかも。

クリックすると拡大します

 添えられていたのは、ハーブと酒粕を纏わせた鰹。
 これまで色々な調理の鰹を食べてきましたが、こんな調理のカツオを食べるのは初めて、美味しいわ。
 刺身には山葵醤油が鉄板ではあるけど、こういったアレンジはフレンチならでは。
 しかしして、どういう発想でこういう料理が産まれるのだろうか。

クリックすると拡大します

 合わせた日本酒は、石川の蔵元である西出酒造が醸す「小松人(こまつじん)」純米吟醸酒 無濾過生原酒 29BY。
 二年ほど寝かせてキレに丸みを加えた味わい、舌先に僅かな酸味、舌中はしっかり旨み、舌とはすうーっとキレ。
 日本酒は手酌が美味しいけど、注しす注されつも楽しい。
 お酌をしてもらえると嬉しいけど、私にもお酌させてね。

クリックすると拡大します

 続けてお店の定番料理、トリュフ温泉卵。
 温泉卵をトリュフオイルに浸け、さらにトリュフをスライスして掛けてあります。
 スプーンで崩しながら食べると、そーとー濃厚な味わい。
 途中でパンに付けて食べましたが、かなり濃厚な味わい。

クリックすると拡大します

 こんな濃厚な料理に合わせる日本酒は、島根の蔵元である旭日酒造が醸す「十旭日(じゅうじあさひ)」純米吟醸原酒 山田錦55 19BY。
 この店を今風のフレンチに新しめの日本酒を合わせる「流行りものいいとこどり」な店だと思っていた私、深く頭を下げて謝ります。
 11年熟成の十旭日をきっちり熱燗に仕上げ、美味しいトリュフ温泉卵がさらに美味しくいただけます。
 きっと、十旭日の熱燗を飲みながら合わせる料理を考えたら、トリュフ温泉卵が思いついたんじゃなかろうか。

クリックすると拡大します

 メインディッシュの岩手のブランド豚肉、ピクルスとマスタードのほのかな酸味が効いたシャルキュトリーソースに白味噌を加えて。
 写真では見えませんが、長野のマコモタケが付け合わせらえています。
 この白味噌、、じゃなくて、シャルキュトリーソースが恐ろしく豚肉に合います。

クリックすると拡大します

 こんな美味しい豚肉料理に合わせる日本酒は、愛知の蔵元である長珍酒造が醸す「長珍(ちょうちん)」 純米吟醸 無濾過生原酒 播州夢錦7-60 30Y。
 色々な長珍を飲んできましたが、播州夢錦は初めて、ちなみに「7-60」とは7号酵母で磨き60%のこと。
 ぬる燗があまりにも料理に合っているので、食べているのか飲んでいるのか分からなくなる。
 分からなくなったのは、料理でお腹がいっぱいになったからなのか、お酒を飲み過ぎて酔ったからか、貴女とのお喋りが楽しいからか。

クリックすると拡大します

 このコースにはデザートが付いていないので、最後にもう一杯飲んでおくかとリクエストすると、「どういった日本酒が」と振られたので、「生酛の純米で」とお願いして。
 神奈川の大矢孝酒造が醸す「昇龍蓬莱(しょうりゅうほうらい)」生酛純吟 雄町60 槽場直詰生原酒限定品 30BY。
 〆に大矢さんのお酒が飲めるなんて、こんな幸せがあるなんて。
 とても楽しい時間を過ごせて、ありがとうございました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月09日

八咫烏×柴崎亭イベント

/柴崎亭梅ヶ丘店にてROCK GIG〜ロックと未知なる宴、一椀一皿一丼ニ呑三笑/らぁ麺 時は麺なり@経堂にてまぜそば/

クリックすると拡大します

 雨が降ったり止んだりの梅雨入りした日曜日。
 ラーメン店のイベントは得意ではありませんが、特定の店舗のイベントは話が別。
 指定された時間に合わせて、お店に向かいました。

クリックすると拡大します

 柴崎亭梅ヶ丘店ホームページ)にて八咫烏×柴崎亭イベント。
 11時から16時まで30分刻みで15人ずつの限定メニュー、チケットは前売りですが、一部、当日券も合ったようです。
 八咫烏で購入したチケットは14時30分の会、指定された通りの10分前に到着すると店先には50人くらい並んでいます。
 計算では15人以上は並ばないはずなのに、、店員さんが出てきて「13時30分の会の方〜〜」と、一時間遅れているのか。

クリックすると拡大します

 並ぶのは大嫌いだけど並ばなければならないのであれば並びます。
 80分ほど待って入店、お客さん全員が前売り券を持っているはずなので、そのまま席に着きます。
 5人ずつ案内しているけど、いちいちチケットを確認したりしていません。

クリックすると拡大します

 「ROCK GIG〜ロックと未知なる宴、一椀一皿一丼ニ呑三笑」2,000円。
 前茶として水出し鉄観音、長い待ち時間を忘れさせてくれるお茶。
 水出しの鉄観音を出すなんて、ラーメン屋らしくないと考える人もいるだろう。
 ラーメン屋だからどう、ラーメン屋ならこう、なんて決まりごとに拘るなんて、なんて時代錯誤なんだろう。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 烏賊と雲丹の雲呑、蛤出汁の魔力。
 蛤出汁に浸けたワンタン二つ、蛤の身が二つ、最後に香りづけして。
 そこそこの鮨屋でも食べたことの無い椀物、わざわざこの1品のために食器を用意されています。
 何故ここに日本酒が無いのか、受け入れることが難しい。

クリックすると拡大します

 二種焼物盛合せ。
 鴨肉と豚バラ肉の盛り合わせ、八咫烏の店主さんと思われる方が盛り付けています。
 特に説明はありませんでしたが、バジルソースとカマンベールなのかな。
 何故ここに赤ワインが無いのか、受け入れることが難しい。

クリックすると拡大します

 青森シャモRockの鳥清湯。
 これまで色々な鳥清湯スープを味わってきましたが、本当の意味で原価無視した鳥清湯スープと言うのは、このスープのことですね。
 一点の曇りも感じないスープに、花山椒が画竜点睛、もちろん限定だからこそのクオリティですが、限定だったらこのくらいのクオリティであって欲しい。
 田村製麺の細麺は半玉ではなく約一玉分、身震いするほど美味しい。

クリックすると拡大します

 後茶として東方美人茶。
 ちゃんとしたお茶をちゃんと淹れると、日本酒やワインが吹き飛ぶくらい高価になります。
 それはつまり、手間暇はワインや日本酒並みに掛かるのに、飲むのは一口程度ですから。
 ご馳走様でした。大変貴重な時間を経験させていただき、ありがとうございました。

クリックすると拡大します

 少し早い夕飯に、らぁ麺 時は麺なり@経堂(世田谷区経堂)公式ツイッター)へ。
 これまでに何度か訪問していますが、全て仕事帰りの夜営業でした。
 つまり今日が初めての日中帯(夕方だけど)の訪問、だからなんだと言われても困ります。

クリックすると拡大します

 今日は、6/5から始まったまぜそば狙い。
 はやし田系(はやし田新宿本店、はやし田池袋店、鳳仙花、時は麺なり、花山、ます田、竹むら、みやざき、しま田、たかばん)のメニューコンプを目指していて、その一環になります。
 本当に全部のメニューを食べられるのかと問われると、鳳仙花の1日限定メニューをいくつか食べていないのですけど。
 いやいや、私の「コンプリート」なんてその程度ですから。

クリックすると拡大します

 試作段階では「汁無し鶏油まぜそば」と呼ばれていた、まぜそば750円、数量限定の告知は特に見当たりません。
 いわゆる汁なし麺をまぜそばと呼ぶか、はたまた和え麺、油そばと呼ぶかはお店の自由だと考えています。
 しかしして私には私なりの定義があって、このラーメンは香辛料を使って味を変化させるのでは無く、たれだけで味をまとめているので、油そばの分類です。

クリックすると拡大します

 醤油たれに一玉半(250g)の太麺を合わせ、刻み紫タマネギ、半切りした材木メンマ、角切りしたチャーシュー、みじん切りのレタス(?)。
 全体をよく混ぜてから食べてみると、鶏の旨味が全体に良く広がって、美味しく頂けます。
 しかしして私の年齢にしては麺が多過ぎ、店の辺りの大学生のお腹に合わせたら、私には多過ぎるのは道理です。

クリックすると拡大します

 途中から味に飽きてしまいますので、添えられた出汁浸け卵黄を投入し、全体をかき混ぜ直し。
 玉子を入れて美味しくならなかったラーメンは無いのですが、単に卵黄では無く出汁も利いていて、さらにかなり美味しくなります。
 このままではレモンの出番はありませんが、麺が残り少なくなったところでぎゅっと絞って掛けて見ました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月08日

再び辻堂

/創作麺処 スタ★アト@茅ヶ崎市赤松町にて青森県産のよもぎと北海道産の黒豆の鶏白湯つけ麺〜よもぎの香りと共に〜(熱盛250g)、地鶏の肉増し塩そば(並盛)/蔵出し味噌 麺場 田所商店 平塚店にて北海道味噌らーめん、ミニ味噌チャーハン/

クリックすると拡大します

 自分がお休みの日でも下の子が出勤であれば、駅まで送るためにいつもの時間に起きなければならない。
 もう成人なんだから自分で行けよ、と言い放つことも出来るけど、親として出来ることが少なくなってきたので、喜んでさせてもらっています。
 さて、帰ってきて一眠りして、今日は一日オフにしよっと。
 と思っていたのに、「美味しいチャーシューが食べたい」と女房から声が掛かりまして。

クリックすると拡大します

 ラーメン一杯食べるために、自宅から車で一時間掛けて向かうのは、常識でしょうか非常識でしょうか、普通でしょうか特別でしょうか。
 今週も来てしまった創作麺処 スタ★アト@茅ヶ崎市赤松町
 専用駐車場が二台分しかないので、近くにCPもあるらしいけど全く分からないので、空いているといいなと思っていましたが、ちょうど一台分空いていて、良かった。
 ということは、店内も空いているのかな、と暖簾を跳ね上げて店内へ。

クリックすると拡大します

 先客2人、後客2人、まだまだ時間が早かった様です。
 メニューを見ながら、私は今土日限定のよもぎつけ麺、女房はチャーシューメン相当を注文します。
 お冷を飲みながら、店主さんと話をしながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 私は青森県産のよもぎと北海道産の黒豆の鶏白湯つけ麺〜よもぎの香りと共に〜(熱盛250g)950円
 蓋のある土鍋のような容器で提供、蓋を取るとよもぎを練り込んである自家製麺が熱盛250g、スノコが敷かれていて、麺が浸されたダシ汁が割スープになっています。
 麺が昆布(?)汁に浸かっているので香りはイマイチですが、もの凄いよもぎ感。こんなに多くのよもぎを1度に食べたのは初めてです。
 鶏白湯のつけ汁はそれだけで十分に美味しいのに、黒豆も入れていて、とても美味しいです。

クリックすると拡大します

 前回は200gの麺量でしたが、250gだとかなり多く感じ、それでも麺が美味しいので、するすると食べられます。
 しかしして、よもぎ麺と鶏白湯スープとの相性がいい感じなのが凄い、何度も試作を重ねてという時間的余裕はなかったはずなので、一発勝負なのだろう。
 トッピングは鶏むねチャーシューだけでしたが、麺とスープだけでお腹も心も満腹です。

クリックすると拡大します

 満腹でもスープ割は欠かせません。
 麺皿(土鍋)のスノコの下に溜まっているスープをレンゲで割り入れて、ゴクゴクっと飲みます。
 美味しいなぁ、最後の一滴まで飲んじゃったよ。

クリックすると拡大します

 女房は地鶏の肉増し塩そば(並盛)1,180円
 ここで言う「地鶏」とは恐らく日本で唯一、ここでしか使われていないと思われる松風地鶏(まつかぜじどり)(生産者である松風地どりのホームページ)。
 松風地鶏は名古屋コーチン同士を掛け合わせた、地鶏肉特定JAS規格の地鶏として認定されています。
 名古屋コーチンを完全無薬で飼育し、オス鶏なら約180日間、メス鶏なら約270日間の長期飼育しています。

クリックすると拡大します

 で、一番大切なことは、店内のどこを見渡しても「松風地鶏」の文字が見当たらないこと。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 食べ終わってお会計、少し店主さんとお話させていただき、店を後にしました。

クリックすると拡大します

 いったん帰宅して、女房は愛犬と遊びに行って、遅くなりましたが一人オフ、のんびりします。
 とは言え、のんびりが中々できずについついラーメンの新規オープンを検索してしまい。
 空いているうちに、行ってみますか。

クリックすると拡大します

 2019/6/3にオープンした、蔵出し味噌 麺場 田所商店 平塚店ホームページ)へ。
 田所商店の味噌ラーメンは好みの味で、小田原に出店した時は何度か伺ったのですが、いかんせん遠い。
 そんな私の心情をくみ取ってくれて(勝手な思い込みです)、平塚店に出店して下さるとは。
 ちなみに田所商店は直営と暖簾分け(独立)がありますが、こちらは暖簾分けとなります。

クリックすると拡大します

 店内はゆったりした造りで、狭い店内でラーメン職人の命を削る音を聞きながらラーメンを啜るのも好きですが、広々とした店内で大切な人とお喋りしながらのんびりとラーメンを食べるのも好きな私にぴったりです。
 店内中央にU字カウンター10席、後はテーブル席で2人掛けが1卓、4人掛けが6卓、小上りに6人掛けが2卓、計48席。
 ちなみに駐車場は20台分、バイクや自転車を停めるスペースも用意されています。

クリックすると拡大します

 メニューは味噌ラーメンのみで、味噌の種類として北海道味噌、信州味噌、九州麦味噌が用意されています。
 トッピングも多く、サイドメニューは味噌チャーハン、ミニチャーシュー丼、ミニジャージャー丼、餃子など。
 卓上には辣油、酢、醤油、辛味噌、七味唐辛子。
 口頭注文後会計、先客6人、後客6人、認知はまだまだこれからと言ったところです。

クリックすると拡大します

 程なくして北海道味噌らーめん766円、ミニ味噌チャーハン356円
 末永く味わえる味噌の程よさ加減、スープと一緒に煮込んだモヤシなどの野菜がいい感じです。
 ギリギリまで味噌の旨味を引き出したラーメンも好きですけど、こうして普段使いの味噌ラーメンも好きです。

クリックすると拡大します

 平打中太麺は製麺所不明ながら、スープにとてもよく合っていて、するすると食べられます。
 食べながら肉味噌を溶かしていくと、少しずつ味噌味が濃くなっていくので、これはこれで美味しい。
 通り一辺倒の味わいになりがちなスープですが、フライトオニオンが食感にアクセントをつけてくれます。

クリックすると拡大します

 田所商店の味噌ラーメンは、味噌の種類によって特徴的なトッピングがあります。
 北海道味噌のはポテトフライがトッピングされています。
 私はこのポテトフライがこっそり好きなので、次回からトッピングしてみようかと。
 ちなみに、信州味噌には「山菜」、九州麦味噌には「さつま揚げ」。

クリックすると拡大します

 さて、味噌チャーハン。
 味噌味ベースなチャーハンは他では見かけません。
 私の大好きなパラパラタイプ、玉子とかネギとがたっぷり入っていて、とても美味しいチャーハンです。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記