2017年02月18日

宗玄新酒会

/麺屋こころ溝の口店@武蔵溝ノ口にて台湾まぜそば/鶏と魚だしのつけめん哲溝の口店@溝の口にて濃厚強火炊きつけめん/ラ・ブリアンツァにて2017年宗玄新酒会/ホルモン焼き時代輪屋(ときわや)/

 土曜日は早起きして行きたいお店があるのですが、未だに早起きできていません。
 いいや、金曜日にグダグダと夜更かししなければいいのですが、それはそれで極楽の時間なのですね。
クリックすると拡大します

 お昼営業は14時30分ラストオーダーなので、急いで向かった麺屋こころ溝の口店@武蔵溝ノ口(川崎市高津区溝口)ホームページ)、神奈川初出店なのですが、今では大船、六角橋、金沢八景と出店されています。
 店先には数人のお客さんが入店待ちされていて、先に食券を買って並ぶシステムのようです。
クリックすると拡大します

 と、店先の立て看板には15時30分ラストオーダーとあります、公式サイトは14時30分ですけどね。
 前のお客さんが店内から出てきたら代わりに店内へ、券売機を見ると他店と違いはなく、ポチッと食券を買って並び直します。
クリックすると拡大します

 少し待って店内から店員さんに呼ばれて店内へ、L字カウンター4席と6席の10席のみです。
 卓上には昆布酢、一味、胡椒、こちらも他店と同じです。
 圧倒的に若者が多く、ああ、この料理は若者向けなんだなぁと思います。
クリックすると拡大します

 少し待って台湾まぜそば780円
 トッピングはニラから右回りにおろしニンニク、魚粉、刻み海苔、長ネギ、センターに台湾ミンチ、卵黄。
 厨房にいる店員さんから「正式な」盛り付けの写真が見えるはずなのに、なぜに違うのだろうか。
クリックすると拡大します

 よく混ぜて食べてみると、これまで食べたのに比べて辛さ控えめ、台湾ミンチの合挽肉の美味しさが全体に広がります。
 湯切り後にテポざるに擦りつけてタレに絡みやすくした太麺、店内には麺彩物語と太陽食品の二種類の麺箱が置かれています。
クリックすると拡大します

 食べ終わったところで追飯、多めに残ったタレにご飯をよく混ぜて美味しくいただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 東急田園都市線溝の口駅の渋谷寄りの高架下に、鶏と魚だしのつけめん哲 溝の口店@溝の口(川崎市高津区溝口)ホームページ)。
 公式サイトの説明では『つけめんの真髄を極めた店主が作り出す新たなスープは、鶏と鯛やヒラメを中心とした魚のアラを強火で炊き出した「濃厚強火炊きスープ」と同じ素材を弱火でコトコト8時間煮出した旨味たっぷりの「淡麗弱火炊きスープ」の2種類。』とのこと。
 つけ麺にもアラ炊きスープの波が来ましたか、、、って、オープンは2011/9/30と5年前。
クリックすると拡大します

 店内に入ると厨房に面した階段状のカウンター13席、店内奥には4人掛けテーブルが2卓、先ずは左手の券売機に向かいます。
 メニューは前述のように濃厚強火炊きつけめん(平打ち麺)、淡麗弱火炊きつけめん(細麺)、ラーメンとしてかけそば、中華そば、つまり4種類。
 今回は試しませんでしたが、〆の雑炊、きざみ揚げ丼、とあまり見かけないサイドメニューが用意されています。
クリックすると拡大します

 カウンター席に案内され、卓上を見ると揚げねぎ、一味唐辛子、ブラックペッパー、酢、醤油、かつお出汁と、いつものTETSUのカスターセット。
 説明書きを読みながらお冷やを飲んで、ラーメンの出来上がりを待ちます。
クリックすると拡大します

 濃厚強火炊きつけめん840円、つけ汁がぐつぐつと煮立っています。
 カネジン食品の平打ち縮れ麺にはかいわれ大根が乗せられ、レンゲにはきざみ揚げ(鶏皮の唐揚げ)が乗せられています。
クリックすると拡大します

 つけ汁は鶏白湯をベースにして魚介のあら炊きスープをブレンドしてあり、麺をくぐらせて食べてみるとかなり美味しい、なぜ今日まで知らなかったのかと後悔するほど。
 白菜の小切りが煮込まれていて、メンマ、チャーシュー、薬味ネギが沈められていて、時々つまんでいただきます。
 途中、きざみ揚げを浸して食べてみましたが、これがまたいい感じで、他店でなぜ真似しないのか不思議なほど。

 麺を食べ終わったらスープ割りして美味しくいただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 友達との待ち合わせ場所に急ぎます。
 六本木ヒルズで人と待ち合わせたことがないので蜘蛛の下にしましたが、結構待ち合わせている人がいますね。
クリックすると拡大します

 その後、近くのバーで四方山話を。
 久しぶりにビールをボトルから飲んだな、いい感じなので飲み過ぎ注意だな。
クリックすると拡大します

 今日の会場はイタリアンのラ・ブリアンツァホームページ)、こんな俺でも六本木で飲めるようになるとは。
 と言うか、「宗玄の新酒、飲みませんか?」と去年誘われて、脊髄反射で「よろしくお願いします」と、この日を待っていました。
 つまり、お店をほぼ貸し切って2017年宗玄新酒会、友達二人と参加しました。
クリックすると拡大します

 イタリアンの作法は殆ど分からないので流れに任せる感じ、友達以外に知り合いはいないかと思ったらそうでもなく、全く、自分の交友関係の狭さに驚きます。
 乾杯はシャンパングラスでにごりを、完全着席スタイルなので、座った席がある意味全て。
クリックすると拡大します

 料理はこの会のための特別コースで、生牡蠣、カンパチ、、、イタリア料理は料理名が分かりません。
 お酒は宗玄のみ、と思ったらワインもあるとか、今日は三時間コースのはずですがどんどん料理が運ばれてきます。
クリックすると拡大します

 能登ワインとして赤と白が用意され、持つ手が震えるほどの大きなワイングラスで頂きます。
 料理の順番が分からず、燗酒は用意されておらず、お酒と料理をどうやって合わせていくのか迷いながら、それでも宗玄だと大体合ってしまうのが素晴らしい。
クリックすると拡大します

 友達との会話が弾み、初対面の人達とのおしゃべりを楽しみ、日本酒をぐいぐい飲んで、さらにワインも。
 途中でモヒートが出され、味わってみると焼酎、なぜにと幹事さんに聞くと「こちらです」と見せていただいた虎の涙。
 この焼酎、一般的な焼酎のアルコール度数から大きくかけ離れた31度、その度数を「ああ、虎だから」と分かる人はどのくらいいるだろうか。
クリックすると拡大します

 本日のメインディッシュは和牛サーロインのグリル タリアータ風、しっかりした歯ごたえ、噛むほどに旨みが染み出してきて目を閉じてしまう美味しさ。
 ドルチェに宗玄の酒粕を使ったアイス、これは嬉しい。
クリックすると拡大します

 料理は二時間ほどで全て出され、一時間ほどは飲みながらくつろぐ時間なのかな。
 あんな店こんな店の話をしながら、いよいよ時間になって幹事さんにご挨拶させていただいて、お店を後にしました。
クリックすると拡大します

 地元に戻ってきたら、まだ時間が早かったので、ちょっと顔を出していくかと。
 ホルモン焼き時代輪屋(ときわや)(ホームページ)、『いつの時も どんな時代(とき)も/大切な家族や仲間たちと笑顔で/輪(わ)を囲み/楽しいひと時を過ごしてほしい/そんな思いを込めて/時代輪屋(ときわや)は誕生しました』
クリックすると拡大します

 いつも通りレモンサワー、いつも通りナンコツ二人前。
 そんなに多くのホルモンを焼くわけではないけれど、一人分ずつ七輪を起こして下さるのがありがたいです。
クリックすると拡大します

 ナンコツを食べ終わったら、牛タン。
 一枚づつ丁寧に焼いて美味しくいただきました。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月17日

蟹出汁と貝出汁

/さんじ@稲成町にてCrazyCrab/ラーメン&ビストロ ウシオウエノイースト@稲荷町にてにほんいち醤油そば/らぁ麺赤青MURASAKI@武蔵小金井にて赤青醤油らぁ麺/

 暖かくなったり寒くなったり体調を崩しやすい今日この頃、ほんの少しだけラーメンの食べるピッチを上げています。
 だからなんだと言われても私の人生ですし、のんびりと、少しずつ。
クリックすると拡大します

 お昼はさんじ@稲成町(台東区東上野)、1月末をもってメニューを完全リニューアルしました。
 住所、店名、店内構成は全く変わりませんから、新店(新規開店)として扱われません。

 逆に店名が変われば、全く同じ飲食物を提供しても新店として扱われます。
 飲食店のアイデンティティーは飲食物ですから、その飲食物が変われば違う店、つまり、これって新店と同じだと思うんですけどね。
クリックすると拡大します

 店内に入り、左手にある券売機を見るとマッドクラブ、濃厚煮干し、ハイブリット、煮干清湯の4種類のみ。
 毎週金曜日は日の丸さんじ、の営業はそのままで、鴨ラーメンもいただけます。
 と言うことで、券売機左上の法則を発動し、この手の高濃度スープラーメンの決まりとしての和え玉を頼むべきですが、次回のお楽しみに。
クリックすると拡大します

 少し待ってCrazyCrab1,000円
 スープのダシ?に使われている蟹はマッドクラブ(和名:ノコギリガザミ)のみ、蟹をこういう調理方法で食べたことが無いので、期待と不安が入り混じりながら食べて見ると、かなり旨い。
 脂がかなり多いのですが、鶏清湯のような喉越し、魚介出汁のような後味、なんなんだよこの旨さは。
クリックすると拡大します

 合わせる浅草開化楼の細麺、麺が強くてスープを寄せ付けていませんので、スープと麺は別々に味わうことになります。
 どちらか、または双方が歩み寄った方がより良くなるだろうけど、より良いラーメンは目指していませんから。
 「俺は俺が美味しいと思うラーメンを提供する」を貫いてきたわけですから、今後も貫いて欲しいです。
クリックすると拡大します

 トッピングはレアチャーシュー、刻みタマネギ、万ネギ、「途中から味変を」とレモンとかすだちとか添えてないのがステキです。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 お昼はラーメン&ビストロ ウシオウエノイースト@稲荷町(台東区東上野)、麺巧潮@淡路町の2号店になります。
 一般的には「ビストロの昼営業にラーメンを出す店」と認識されますが、ラヲタ的には「ラーメン屋の夜営業がビストロの店」かと。
 メニューは淡路町店(本店?)と同じで、白の鶏白湯、黒の魚介系、の二種類のみ。昼間でもビールやグラスワインが飲めます。
クリックすると拡大します

 開店して間もないこともあり、店内はビストロにしては小綺麗、カウンター6席、4人掛けテーブルが4卓、2人掛けが1卓。
 ネットではこういう店内が「オシャレでカフェみたいな」と表現されていますが、壁やテーブルにオブジェひとつないカフェとは、一体どこのカフェのことなんだろう。
 卓上には調味料として胡椒だけ、目の前の調理を眺めながらラーメンの出来上がりを待ちます。
クリックすると拡大します

 にほんいち醤油そば870円
 ふんわりと漂う魚介の香りに両手を差し入れて丼に触れ、スープを頂くと、店内の雰囲気とは全く似合わない魚介の味わい。
 この柔らかい醤油と優しいかつお節出汁は日本人なら誰でも好き、日本酒を合わせるなら荒々しいひやおろしか、どっしりとした熟成酒か、、、って日本酒は用意されてないのか。
クリックすると拡大します

 するすると食べられる美味しい極細麺は淡路町店から自家製麺を持ち込んでいるのかな、ぴったりとスープに合っています。
 トッピングは豪華で肩ロースのチャーシュー、鴨肉三枚、半熟玉子、紫タマネギ、水菜。
クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 帰り際に店員さんにご挨拶すると、淡路町店で見かけた顔つきでしたが、なんとも。
クリックすると拡大します

 夜はらぁ麺赤青MURASAKI@武蔵小金井(小金井市本町)、店主さんは数々のラーメン店で修業されていて、詳細はネット情報をご確認下さい。
 2016/2/29オープンですから既に一年、すっかり出遅れてしまいました(ぞの間、2回程早仕舞いで振られていますが)。
クリックすると拡大します

 カウンター8席のみの狭い店内、てっきり対面式かと思っていましたが、5席は壁向き、3席は厨房に面していますがカウンター台が高くて調理を伺うことは出来ません。
 券売機を見ると鶏醤油、赤青醤油、つけ麺、ゆずつけ麺、辛つけ麺。つけ麺類は提供中止ですので、実質二種類の醤油ラーメンのみです。
 卓上には胡椒、七味が用意されていますが、出来るだけ使わずにそのまま味わって欲しいとのこと。
クリックすると拡大します

 程なくして赤青醤油らぁ麺880円、レンゲを使わずに丼に口に付けてスープを飲みます。
 鶏出汁スープを基本に、船橋産ホンビノス貝とムール貝の出汁を合わせ、醤油の美味しさがしっかりと伝わってくる美味しいスープ。
 天才的な閃きでは無く、多くの努力と長い修業の過程での味なのだと感じ、これからまだまだ美味しくなるな、と。
クリックすると拡大します

 麺は大成食品の極細麺、スープと相性がいいようには感じられませんでしたが、まだまだ開店して一年、これからが楽しみです。
 トッピングは茸フレークを乗せた鶏チャーシュー、豚チャーシュー、細めのメンマ、貝の身、薬味ネギ、茗荷、三つ葉。
 一つ一つがとても大切なのでしょうけど、スープがここまで美味しいのだから、ちょっと多過ぎに感じました。
クリックすると拡大します

 土日は週替わりで限定メニューを販売されているそうで、中々ここまで足が届きませんが、何度か食べにきたいと思います。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 ここから帰るにはJRを乗り継いで登戸に出るか、乗り継がずに新宿に出るかになりますが、同料金なんですね。
 とはいえ、自宅と逆の方向に向かうのは心理的負担が重いので、西国分寺、府中本町で乗り換えて登戸に出てから帰宅。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月16日

蜻蛉の日

/いきなりステーキにてヒレステーキ200g/せたが屋品川店@品達にてらーめん/油そばの店蜻蛉@平和島にて豚バラ加里油そば/

 お昼は同僚を誘って、いきなりステーキ(ホームページ)へ。
 店内は混み合っていて、ほんの少しですが席の案内に時間が掛かりました。

 年末にこの店でランチメニューを食べたことを紹介したら、公式サイトに「ランチメニューは中止します」と告知されていたことを理由に「何か特別なことを頼んだのではないか」と勘ぐられました。
 もちろん、特別なことは何もないので、会計したレシートをアップしたら、すみませんも、ごめんなさいも、うんともすんともありませんでした。
 間違っていても謝らない私と同じような人達と知らずに対応した私がバカでした、これからも多分バカでしょう。 
クリックすると拡大します

 平日の15時までのランチメニューはライス、サラダ、スープ付きのワイルドステーキ200g、300g、450gとワイルドハンバーグ300g、肉単品の乱切りカットステーキ200gと300gの四種類が用意されています。
 乱切りカットステーキはAセット(ライス、サラダ)300円、Bセット(ライス、サラダ、スープ)400円が付けられます。
 ランチメニュー以外にもレギュラーメニュー(量り売り)も併売されていて、店舗ごとに異なっています。
クリックすると拡大します

 立ち席に案内され、少し待ってヒレステーキ200g1,700円、かなりレアで提供されるので、鉄板の上でお好みまで焼いてからソースを掛けていただきます。
 用意されたナイフでもすっと切れるほどの柔らかさ、柔らかいから美味しいとはなりませんが、深遠な美味しさの肉質はとても好みで美味しいです。
 こんなに美味しい肉なんだから、ガーリックバターは外して頼めば良かったな。
 途中で黒胡椒を振って、味変を楽しみながら美味しく頂きご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 夜は品達(ホームページ)、そのまま読むと「しなたち」ですが、品川の達人の略ということで「しなたつ」、日本語は難しいです。
 たまにしか来ないので店舗の入れ替えがあるかなぁと見てみると、ホエーどん亭が閉店して野郎ラーメンが入るとのこと。
 となると、ラーメン屋が9店舗から10店舗になり、丼屋は3店舗から2店舗になり、品達開店時に「品達七人衆」は「品達十人衆」なのかと思ったら、既にその呼び名は使われていないようです。
クリックすると拡大します

 せたが屋品川店@品達ホームページ)、去年5/24リニューアルして全体的に落ち着いた感じになりました。
 店内満席で外待ち数人、たまたまかもしれませんが、品達で外待ちしているのは、ここと中本だけです。
クリックすると拡大します

 店先の券売機を見ると、らーめん、つけ麺、品川店限定の雲らーめん、14時以降販売の魚郎らーめんとリニューアル前から変わっていないような。
 サイドメニューに餃子、ビールはジョッキの生ビールと瓶のプレモルが用意され、デザートに杏仁プリンがあります。
クリックすると拡大します

 店内の概要は変わらず、中央の柱を囲む席は丸から四角へ、席数は増えたような気がしますので一応確認すると、カウンター6席、テーブルが33席。
 全体を見渡すとラーメンとつけ麺が半々、卓上には醤油、酢、ラー油、一味、胡椒、ガツンカレー、ガツン汁、刻みタマネギ。
クリックすると拡大します

 程なくしてらーめん720円
 クラシカル感が漂う見た目ですが、味わってみればスッキリとした魚介豚骨スープが何とも美味しい。
 変化、進化、昇華などと食べて分かる違いを感じさせませんが、少しづつ磨いてきた味わいに驚くばかりです。
クリックすると拡大します

 角中太麺は自家製麺でしたっけ、やや短尺で食べやすい太麺。はスープとの絡みは程々で、これはこれで美味しい。
 トッピングはチャーシュー、メンマ、刻みネギ、板海苔一枚。
クリックすると拡大します

 途中でガツン汁を試してみましたが、これが結構いい感じで、美味しいラーメンがさらに美味しくなる感じです。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 夜は油そばの店蜻蛉@平和島(大田区大森北)ホームページ)、毎週行こうと思っていると月一になり、月一に行こうとすると二ヶ月に一度になってしまいます。
 ですので、二ヶ月に一度くらいのペースで販売される限定メニュー狙いで。
クリックすると拡大します

 さて、生ビール480円。
 お店は数人の先客、店内構造上、店員さんとお客さんが談笑可能なスペースが無く、ちょっと距離感がある。
 その距離感をどう考えるかはお客さん次第、今のところは裏目に出ていますが、そう遠くないウチに表目に変わることでしょう。
クリックすると拡大します

 程なくして豚バラ加里油そば880円。 
 今月から始まったカレー、油そばにカレーのルーを掛けてあるので、まんまカレーラーメンです。
 スパイスから仕込まれたカレーはさらさらタイプ、一口大の豚肉と大振りに刻まれたネギが合わせてあり、麺に合わせると言うよりカレーそのものを楽しめます。
クリックすると拡大します

 劇的に美味しいわけではないけど、三河屋製麺の太麺に合わせてあるので、この位がバランスのテレ端なのでしょう。
 となると、トッピングの半熟玉子、刻み海苔、万ネギはいらないんじゃないかな。
クリックすると拡大します

 食べ終わったらライス、ちょっと多目ですがライスは残せないですね。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 なにやら毎月21日は蜻蛉の日として、三角くじを始めたそうな。
 うーん、次の21日は何曜日だろうか。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 13:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記