2017年06月19日

灼熱拉麺

/そばいち新宿店にて揚げ鶏と蕎麦の芽の白湯そば/味の店大元@品川にてカレーラーメン/麺市@平塚市にて灼熱拉麺(3辛)/

クリックすると拡大します

 通りかかるたびにずっと気になっていた「豚骨ベースの濃厚白湯」と書かれたタペストリー。
 ラーメン屋であればふーんとスルーするところですが、お蕎麦屋ですし、NRE(日本レストランエンタプライズ)ですし、そばいち新宿店ですし。
 6月から始まった季節限定メニュー、どうやら新宿店限定のようで、公式サイトには説明がありません。

クリックすると拡大します

 揚げ鶏と蕎麦の芽の白湯そば630円、鶏白湯スープと日本蕎麦の組み合わせ。日本初、世界初、とは思いませんが、やっている店は簡単に見つかりません。
 料理の世界に王道も無ければ邪道もなく、何をどう組み合わせようが自由。えー、ラーメンのスープに日本蕎麦なんて、と毛嫌いするのは思考停止そのもの。

 さらに言うと、現代の食材の管理技術、調理技術を持ってすれば、不味く作る方が難しく、普通に作れば普通に美味しくなります。
 大切なのは何をどう伝えたいか、つまり伝えるものを持っているかどうか。

クリックすると拡大します

 茹で上げて冷水で締めたお蕎麦をもりそばの丼に並べ、冷やした豚骨白湯スープを多めに掛け、オリーブオイルをさっと掛けてあり、蕎麦の香り、豚ガラの香り、オリーブの香りの三香一体、、、、ぃゃ、何の香りもしません(笑)
 トッピングの「揚げ鶏」、スープと温度を合わせるためにレンチンせず、ヒンヤリとしていても柔らかいのは返って不気味です。
 スプラウトは大根では無く蕎麦、カイワレ大根ですと辛味が出ますが、そばの芽は味も辛味も殆ど感じず、ピンクの彩りだけを添えることができます。
 美味しくいただいて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 品川駅港南口の飲食店を順番に食べていこうと思っています。
 一軒目は(いや三軒目か)、味の店大元@品川(港区港南)、昭和の佇まいを色濃く残す街の中華料理屋です。
 この手の中華屋さんを味だとかコスパだとかで評価するのは大きな間違い、間違いだけれどもそれしか評価軸を持っていない人が多いのかな。

クリックすると拡大します

 メニューは麺類と飯類で半分づつ、麺類は中華そばではなくラーメンから始まり、次はカレーラーメン。ちなみにカレーライスは750円です。
 メニューをじっくり読んでどれにするか決めるのもおかしな話で、郷に入っては郷に従う、そもそもメニューコンプもおかしな話。
 まあ、そうした誰もがやらないことをやるのが面白くて生きているので、順番に食べていこうと。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むカウンター16席、卓上には醤油、酢、自家製辣油、ブラックペッパー。
 店員さんは70は過ぎている男性が3人、その内のどなたかの奥さんと思われる女性店員が1人。

 この手の老舗中華料理屋では、女将さんが快活で、大将は黙々と調理すると言う絵面をよく見かけます。
 ここの女将さんは黙ったまま、余計な合いの手を入れないだけではなく、挨拶や復唱も一切せず、私の在店中は一言も発しませんでした。

クリックすると拡大します

 程なくしてカレーラーメン780円
 素ラーメンにカレーを掛けてあり、麺とスープとカレーが美味しければ美味しい逸品。
 スープは豚ガラ、鶏ガラを煮込んで香味野菜で臭みを消した、中華料理屋の教科書的な味わい。無化調ではないけれど、化調はかなり抑えめ。

クリックすると拡大します

 麺は中太麺で、モチっとした今風の弾力は感じられないけれど、しっかりと食べさせます。
 カレーはバラ肉多め、野菜は溶けてしまっていて、全体的にさらりとした食感。辛さは視覚からしか感じられず、味わいは浅く、老舗にのみ許されるカレー。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 麺市@平塚市、秋葉原に打って出るも2016/6に散った灼熱、約一年の充電期間を経て、発祥の地に戻ってきました。
 この地で再び地力を蓄え(数字を上げて)、いずれまた秋葉原に打って出る、と。
 私自身が秋葉原を離れてしまったので、どこまで応援できるか分からないけど、できる限り応援していきたいです。

クリックすると拡大します

 今週から営業時間を区切っての販売となります。
 11:30から14:00まではこれまで通りに担々麺と500円ラーメンの販売となります。
 休憩を経て、15:00から21:00までは喰らえ灼熱拉麺の販売となります。

クリックすると拡大します

 灼熱拉麺(3辛)780円、以前と同じように辛さ指定、無双レベルも用意されていますが、券売機やポップが間に合っておらず。
 ベースは酸辣湯麺のトマト板、ニラ、タマネギなどを溶き卵と共に煮込む一杯、3辛は胡椒と唐辛子のみでジェロキアは未使用です。
 一口食べると額の汗が止まりません、辛いと言うよりチクチクくる感じですが、途中から気持ち良くなってくるから不思議(それはアブナイのでは??

クリックすると拡大します

 麺は担々麺に使っている極細麺、プレミアム麺を試食したところ合わないそうですが、お願いすればやってくれそうです。
 途中で酢をさっと全体に回し掛けて酸味をプラス、これがまたいい感じになります。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 後客もいなかったので、少しラーメンの話を。
 なるほどね、そういうのも面白いかも知れないですね。
 もう少し通わないといけないなぁ、頑張ります。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月18日

オフラインミーティング

/Jiraigen Boss Presents SECRET GIG%Ramen Creators Lab ラ塾@相模原市中央区千代田にて特製旨味ソバ/豚そば成(なる)@横浜市港南区下永谷にてオフ会/

クリックすると拡大します

 今日は久しぶりのオフ会、改めてオフ会と構えるのも変な感じです。
 初めて知り合ったのがネットで、ネットで仲良くさせていただいていた後にリアル(オフライン)で会うのが「オフ会」。
 リアルで会って、普段はネットでやりとりさせていただいて、たまに会うのはオフ会じゃなくて単なる飲み会か。

クリックすると拡大します

 時間が無かったわけじゃないけど、いつも同じ経路でお店に向かうのも芸が無いので、今日は相模大野駅からバスで向かってみた。
 神奈川に住んでいるくせに、相模大野駅からバスに乗るのは人生で初めて、まだまだやったことが無いことが沢山あるな。
 20分程乗って相生三丁目バス停で降りて、歩いて5分。

クリックすると拡大します

 Jiraigen Boss Presents SECRET GIG%Ramen Creators Lab ラ塾@相模原市中央区千代田、長いので略してGIG Vol.5。
 日月の二日連続で開催されるのですが、不定期なので予定を合わせるのが難しく、今日で四回目の参加、一回行きそびれてしまった。
 醤油味と塩味を交互に提供されているので、今日は醤油、どんな味に仕上がっているのか、とても楽しみ。

クリックすると拡大します

 ちょうど外待ち無しで即店内へ、店内待ちも無く真っ直ぐにカウンター席へ、厨房ではボスがお出迎え。
 席に着いたら即オーダー、メニューは2種類しか無いけど一択、先ずは瓶ビール500円。
 ふと隣から「ふらわさん、こんにちは」と声を掛けられ、見れば春みかんさん、会うたびにSNSを始めたか聞くのだけれど、全く興味なし。

クリックすると拡大します

 程なくして特製旨味ソバ1,250円
 食べる前から旨いことは分かっているので、どの方向にどの位旨いか、が楽しみ。
 豚骨、鶏ガラスープの旨味に醤油ダレが追い付いてきたのか、いい感じだなぁ、旨いですなぁ、でもこれでゴールじゃ無いですよね。

クリックすると拡大します

 その、スープとタレの相性に気を取られているウチに三河屋製麺の細麺がさらに美味くなっていて。
 チャーシュー、皮雲呑、メンマ、味玉、今回はメンマが特に当たりだったな、コリっとした食感は最近忘れかけていたよ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 その後、電車を一回だけ乗り換えて下永谷へ、駅を降りて地上に出ると大雨、タイミング良く友達同じ電車だったようで。
 豚そば成(なる)@横浜市港南区下永谷、自家製麺になって久しいのですが、やっと来れました。
 今日は四人での飲み会、もっと沢山に人に声を掛ければ人数が集まるかもですが、ちゃんと話ができないからな。

クリックすると拡大します

 今日は大阪から横浜に転勤になった友達の歓迎会なのですが、去年の秋口に転勤になって今頃かよ、的な。
 まあ、飲み会も大切ですが、先ずは仕事がちゃんと回らないと、ですから。
 大雨で肌寒くても生ビールで乾杯、大雨で肌寒くても一品目はお豆腐、このお豆腐はシンプルですが妙に美味しい。

クリックすると拡大します

 おでんをつまみながら、遅れてきた人を含めて乾杯して、近況報告など。
 とはいえ、ネットで繋がっているので近況報告と言えば裏話になるわけですが、まだビール一杯なのにその話に行きますか、的な。
 雨は全然止みませんが、お客さんは増える一方で、何かのイベントをやっているかのようです(実際は何もしていなくて通常営業です)。

クリックすると拡大します

 大きな鍋にたっぷりの野菜を煮込んで、これがまた美味しい。
 しらたきとかニラだけで肉を使っていないお鍋、それなりに辛い味付けですけど、それなりに辛いメニューは食べられる人ばかりなので。
 私以外の二人は初対面のはずですが、「ラーメンが好き」というのは、ここまで初対面でも仲良くなれるのか。

クリックすると拡大します

 ビールに飽きたので日本酒、銘柄を指定したことはありませんが、ラーメン屋らしからぬ日本酒が出てきます。
 もちろん、メニューではコップ一杯づつの提供ですが、宴会の場合は一本置いていってもらいます。
 つか、この日本酒、めちゃくちゃ料理に合うじゃ無いですが、ラーメンが来る前に飲み終わってしまいましたよ。

クリックすると拡大します

 麺が自家製麺になった辺りで投入されたチャーハン、写真でしか見たことがないので実物は初めて。
 美味しい日本酒を飲んでいたので、食べ損なってしまいました。
 ま、近く来ようと思っているので、別にいいけど。

クリックすると拡大します

 一風堂仕込みの一口餃子、この餃子は何度も食べたことがあるし、美味しいのが分かっているので新人さんにお任せ。
 さて、ラーメンを食べよう(つまりそろそろ帰ろう)という段になり、四人だから四杯食べていた頃もありましたが、お店が9周年ということもあり、今日は四人で二杯に。
 となると、ラーメンと言うよりつまみだな、値段をメモしてくるのも忘れちゃったし。

クリックすると拡大します

 豚そば700円。
 大変申し訳ありませんが、お喋りしすぎて、飲み過ぎて、味がちゃんと分かっていません。
 美味しかったことは間違いの無いところですが、それ以外のところはなんとも。

クリックすると拡大します

 豚和風つけそば850円。
 大変申し訳ありませんが、お喋りしすぎて、飲み過ぎて、味の記憶がイマイチです。
 美味しかったことは間違いの無いところですが、それ以外のところはなんとも。

 スルッと食べてご馳走様でした、近く、飲まずにちゃんとラーメンを食べに行きます。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月17日

父の日

/紫陽花/ラーメンショップげんき@秦野市にて秦野和風ラーメン/父の日/

クリックすると拡大します

 先週、クルマのバッテリーが上がってしまってエンジンが掛からず、急遽JAFを呼んで助けてもらいました。
 なので、お休みの日にバッテリーを換えないとなりません。
 出費が続くなぁ、って、クルマってずっとお金が掛かるんですけどね。

クリックすると拡大します

 朝ご飯は納豆ご飯にしようと思ったのですが、昨夜のおかずが残っていたので、ご飯に掛けて、と。
 自宅にいるなら、毎日こういうご飯でもいいんだけどな。
 美味しくいただいてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 地元のオートバックスに行ったら、バッテリー交換の待ち時間が一時間半あると言うことで、それまでの時間にラーメンでも。
 ラーメンショップげんき@秦野市、前回訪問は2005年7月ですから12年ぶりの訪問です。
 その12年前と何ら変わらぬ佇まい、店内の様子はあまり覚えていませんが、あまり変わっていないと思います。

クリックすると拡大します

 メニューはラーメンショップそのものに加えて独自メニューが並んでいて、基本的には地元の居酒屋です。
 醤油味、味噌味、つけ麺、和風ラーメン、ご飯ものに餃子に唐揚げ、冷し中華が始まっています。
 先客は数人で何人かはビール片手に店員さんと談笑、自宅の近くにこんな素敵なお店があれば、昼間っから飲むでしょ。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むカウンター13席、4人掛けテーブルが2卓、小上りが8人分程度。
 卓上にはおろしニンニク、豆板醤、白胡椒、辣油、醤油、酢。
 テレビを観ながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして秦野和風ラーメン720円
 ラーショの豚骨醤油スープ、かなりくたびれていますが、この味こそが美味しいし、この味こそを求めてくるお客さんも多いですし、私も好きな味です。
 麺はラーメンショップ本部から取り寄せている中細麺、この麺からどうして家系ラーメンの麺になったのか、私には想像できない。

クリックすると拡大します

 トッピングはチャーシュー二枚、メンマ数本、茹でほうれん草、板海苔、そして刻み玉ねぎと岩海苔がトッピングされているのが「秦野和風」ということ。
 全体的には懐かしい思いでしか浮かんでこない味わいです。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 その後、オートバックスでバッテリー交換。
 交換自体は数分も関わらず、バッテリーだけ買って自分でやってもできそうですが、たったの500円でプロがやってくれるのだったら頼まない手はない。
 また、二年したら交換しないとな。

クリックすると拡大します

 帰宅したら父の日だった。
 一年に一回、感謝すればいいというのはいかがなものか、母の日も同様である。
 ま、美味しく飲みますか。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記