2020年11月26日

婆子焼庵

/のみくいどころ かどやにて塩漬けイクラ/よるひよこにて燗酒/

クリックすると拡大します

 朝から仕事を頑張って頑張って、夜を迎える。
 今夜はずっとずっと行きたかった居酒屋に行くので、体調万全で迎える。
 つい最近知った飲み屋(?)が、ほぼ同じ方向にあるので、上手く事を運びたい。

クリックすると拡大します

 先ずは、のみくいどころ かどや公式ツイッター
 あることである方面に関してもの凄く有名な店なんだけど。
 ネットや人の噂だけで事の真偽を判断したくない昭和の私としては、自身の目と耳と舌と肌で感じたく。
 付き合ってもらう飲み友を厳選して、イザ。

クリックすると拡大します

 「当店は全てもともとは生きていた魚をお出ししています かどや」
 どう言う意味なのか私の日本語力では分からない、何かのクイズ、どこかのなぞなのなのだろうか。
 暖簾のすぐ左手にカップ酒が売っているのだが、、、あれこれ全部説明していたら朝になってしまうので、今回は割愛。
 店内に入ると、一般的には「いらっしゃいませ」か無言で迎えてくれるわけですが。
 「そこのアルコールですぐ手を消毒してっ」のご案内、事前情報どおりで全身が痺れるような高揚感。

クリックすると拡大します

 入口近くの席に案内されると、「奥にメニューがあるから、写真撮って注文して」と。
 日本に居酒屋が何軒あるか知らないけど、そんな風に案内する居酒屋、他にありますか?
 メニューを見ると、何かの間違いかと思うほどの値段。
 一番高いのが(見切れちゃってますけど)刺身の五点盛り600円、、、殆どが200円とか300円。

クリックすると拡大します

 「飲み物が決まっているならどうぞ」「ビールをお願いします」「生?瓶?」「生でお願いします」
 今夜は向島で2人お疲れ様会、お通しの玉子豆腐が濃厚な味でビールを瞬殺。
 このお店には楽しくお酒を飲むための注意事項が暗黙の了解では無く、店内に貼り出されています。
 店内の張り紙を読めないお客さんには、店員さんが直々に教えて下さいます。

クリックすると拡大します

 お酒の写真は一つも無いので、飲んだお酒だけ紹介しておきます。
 而今 特別純米700円、松みどり 純米吟醸350円、泉氷艦 300円、月桂冠(1合)250円。
 本日の地酒とあるけど、十四代や飛露喜は常時あります。
 コップ酒なので量は1合には満たない7勺半、それでもこの値段はおかしい(嬉しい)。

クリックすると拡大します

 セリのお浸し250円。
 一度にまとめて注文して、一番に出てきたのがこちら。
 一口大に切ったセリに(花鰹ではなく)削り節を掛けた一品は、セリの香りが残り、シャキッとした食感がとても良い。
 全国チェーン店の居酒屋でも400円は取るよ、このお浸しより美味しくなくても。

クリックすると拡大します

 白子ポン酢350円。
 濃厚な白子の味を活かすポン酢加減が素晴らしい。
 このレベルの美味しい白子を食べたことはあるけど、何ヶ月も前から予約して、何万円もの料理コースでのこと。
 何か色々なことで私は間違っていた気がする。

クリックすると拡大します

 刺身五点盛り600円。
 2人で来ていてもケンカするように3切れずつ、真蛸、帆立、サーモン、マグロ中落ち等。
 一番好みだったのは中落ち、そしてツマや大葉も残らず頂きます。

クリックすると拡大します

 鳥セセリ串焼2本250円、ムカゴ素揚200円。
 他の料理が安いので、串焼きの一本125円が高く感じます。
 ふわっとした火入れと鶏肉の美味しさから安く感じます。
 程よい揚げ加減のムカゴも美味しい。

クリックすると拡大します

 塩漬イクラ200円。
 大抵は醤油漬けのイクラ、塩漬けがこんなに美味しいとは。
 この一皿でお酒一杯飲めるほどの塩加減、旨さ加減。
 今まで醤油漬けしか食べたことの無かった私、何か色々なことで間違っていたな。

クリックすると拡大します

 ハモ天刺身250円。
 当たり前に見えて当たり前で無い一口大の小切り、大葉を敷いて、生姜を添えて。
 大抵の居酒屋なら「このハモ天、お店で作ったんですか?」と軽口をたたくところです。
 この店は違う、違うからこそ営業を続けていられるのだろう。

クリックすると拡大します

 ガツ刺250円、タン刺250円。
 ボイルしたガツとタンにたれを掛け、たっぷりと白ネギ、奥に薬味のおろしニンニクと練り辛子。
 いつまでも飲んで食べていたいけど、この辺りでお開き。
 2人で6,000円強、1人3,000円強、美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 時間も早いので、近くでもう一杯いきますか、ではないのだよ。
 向島から曳舟まで歩いて、曳舟から亀戸まで乗って、亀戸から平井も乗る。
 この「自宅から遠ざかる方向の二軒目」に付き合ってくれる飲み友の、なんとありがたいことか。

クリックすると拡大します

 よるひよこ、ひよこプリン(公式ツイッター)の夜営業店。
 昼間のひよこプリンはカスタードプリンのテイクアウト専門店、以前はスープカレーの店、もっと前はラーメン店。
 10/16から始まったよるひよこは、火木金の17:00-22:00のみの営業、なんと燗酒メインの営業。

クリックすると拡大します

 店内に入るとノーゲス、そもそも営業が知れ渡っていないと思われます。
 カウンター台には店先には似つかわしくない一升瓶がずらり。
 「先月、熟成酒のお燗を頂く機会がありまして」で、燗酒営業を始めたとのこと。

クリックすると拡大します

 料理メニューは600円均一で5品、プリンも食べられるそうです。
 燗酒のみの販売だと勝手に思い込んでいましたが、ビールや梅酒も用意されています。

クリックすると拡大します

 山形の蔵元である鯉川酒造が醸す「別嬪(べっぴん)」純米吟醸 うすにごり。
 お燗は独学とのことですが、きっちり温度を上げてあって、良い感じ。
 1杯目から燗酒の、嬉しさよ。

クリックすると拡大します

 ポテトサラダイカ明太のせ600円。
 熱いお酒には熱い料理が合いますが、冷たい料理も美味しい。
 お皿も凝っていますねぇ。

クリックすると拡大します

 島根の蔵元である山根酒造場が醸す「日置桜(ひおきざくら)」 野良純米酒 福ねこラベル。
 ウサギが沈んでいるお猪口、今夜デビューだそうで。

クリックすると拡大します

 あんぽ柿とクリームチーズの生ハム巻き600円。
 お店の経緯からすると、この一品料理はこの店を開店するにあたって考案されたのだろう。
 柿とチーズが合いますな、生ハムも美味しい。

クリックすると拡大します

 広島の蔵元である竹鶴酒造が醸す「竹鶴(たけづる)」純米酒 にごり酒。
 本当ならば時計を見ながら飲まなくちゃならないのです。
 今の時期、お店が22時に終わるので、安心して飲めます。

クリックすると拡大します

 奈良の蔵元である久保本家酒造が醸す「生酛(きもと)のどぶ」純米にごり酒 11号。
 最後にどぶろくのお燗、これがまた美味しいんだ。
 しっかり飲んでご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 改めて考えてみたら、平井で降りたのは初めてじゃ無いかな。
 大抵の駅の初めてはラーメンなんだけど、な。
 さてさて、日付が変わらないウチに帰ろう。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月25日

愛甲石田の新店

/イルミネーション/京都ラーメン森井愛甲石田店にて熟成醤油京都ラーメン、京都半チャーハン/晩酌/

クリックすると拡大します

 既に11月も後半、あちこちでイルミネーションが輝いています。
 イルミネーションを眺めていていつも思うのは、どちらが正面なのかということ。
 だって、場当たり的にイルミネーションを飾るわけじゃ無くて、ちゃんとデザインして飾るわけでしょ。
 とは思うけど、考えても分からないので、綺麗だなぁと見とれるだけにしています。

クリックすると拡大します

 夜は、京都ラーメン森井愛甲石田店@愛甲石田(厚木市愛甲1-4-19)公式インスタグラム)へ。
 稲田堤、向ヶ丘遊園、新丸子、明大前に続く5店舗目として、本日2020/11/25オープン。
 今後は、11/27久地、12/1飯田橋。
 立地は小田急線愛甲石田駅北口から徒歩1分、国道沿いです。

クリックすると拡大します

 この出店ペース、私は経験したことがありません。
 一般的に、1号店をオープンして味を安定させたり、オペレーションを洗練させたり、人を育てたりして。
 2号店は半年から1年後、3号店以降だって数ヶ月は空きます。

 森井は稲田堤のオープンが今年の3月、その後、8月、9月、10月、11月、11月、12月と出店。
 牛丼チェーン店じゃないんだから、どんな魔法を使っているのだろうか。

クリックすると拡大します

 この日は外待ち20人からの、40分待っての入店。

 メニューは熟成醤油京都ラーメン750円、塩ラーメン750円、醤油豚骨ラーメン800円、味噌ラーメン800円、辛味噌ラーメン850円。
 今日25日(水)から29日(日)までは、熟成醤油京都ラーメン750円のみを500円で販売。
 トッピング、ご飯物、飲み物は通常通りの販売。
 つか、タッチパネル式券売機じゃないのかよ、直営店ではなくてFC店なのかよ。

クリックすると拡大します

 買った食券を店員さんに渡すと、森井お好みを訊かれます。
 麺の太さ(種類)はオープンキャンペーン中は細麺だけですが、本来は太麺も選べます。
 麺の硬さ(茹で加減)、ねぎの量(無しも可)、背脂の量(無しも可)。

 「柔らかめ、後は普通で」と伝えると、「こちらへどうぞ」とテーブル席へ案内されます。
 こんなに混み合っているのに、1人客がテーブル席って居心地良くない。

クリックすると拡大します

 席配置はL字カウンター6席と4席、テーブルは6人掛けが2卓、2人掛けテーブルが2卓、詰めれば3人座れる2人掛けテーブル、計28席。
 卓上にはブラックペッパー、柚子胡椒、おろしニンニク、黒七味。
 手指消毒用のアルコールジェルが常備されているのは、いまや当たり前の風景です。
 店員さんは全員マスクですがテーブルにパーティションは見当たらず、ノーディスタンス。

クリックすると拡大します

 席に着いて5分ほどで、熟成醤油京都ラーメン750円(オープン価格で500円)
 綺麗に煮立てられた鶏ガラスープに熟成醤油を合わせ、開店初日から驚くほど安定した美味しい味わい。
 えっと銘柄鶏が、聞いたことも無い産地の醤油が、などと頭で考えること無く、身体で感じる美味しさ。
 わざわざ並んでまで食べるほどの味では無いけれど、食べなければ分からないこともある。

クリックすると拡大します

 柔らかめまではいかない柔らかめ指定の細麺、スープとの相性は悪くありません。
 麺量130gにしては窮屈な丼、ややダマ気味に感じます。
 スライスチャーシューはもう少し厚切りが好み、細切りメンマはスープによく馴染んで好み。
 ネギは普通でお願いしましたが、一般的なラーメンに比べて多め。

クリックすると拡大します

 京都半チャーハン350円、ネギは一緒に炒めてあるだけでは無く、上にものせてあります。
 中華鍋を振って調理しているとは思えないほど、パサパサした食感です。
 この食感は前回もそうだったので、これが標準、ラーメンのスープを合わせて頂きます。
 半分ほどの玉子と、小切りのチャーシューと共に炒めてあり、色合いほどは辛くなく、とても美味しいチャーハン。

クリックすると拡大します

 どの辺りが「京都」なのか分からないチャーハンですし、京都では焼き飯と呼ぶことが多いし。
 ちなみに、半チャーハンはあるけどチャーハンは無いんですよ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 晩酌
 秦野市の蔵元である金井酒造店が醸す「モーツァルト」特別純米酒 K005 R2BY。
 製造数が少ないのか、中々出会えなかったモーツァルト。
 スッと飲んでみてもモーツァルトが聞こえてくるわけでは無いけど、美味しいことは美味しい。

 この、モーツァルトを聴かせながら醸す日本酒を随分と探していました。
 なんのことはない、地元のスーパーに普通に売っていました。
 安いなと思ったら500ml、普通だな。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月24日

連休明け

/ゆで太郎五反田TOC店にてミニのり弁セット、かき揚げ/元祖ニュータンタンメン本舗向ヶ丘遊園店にて生ビール、味噌らーめん、半餃子/

クリックすると拡大します

 朝は、ゆで太郎五反田TOC店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン展開する路麺店、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛。
 ゆで太郎全店の中で唯一、蕎麦粉を使ったコップを先行導入中です。

クリックすると拡大します

 前回の訪問がいつだったか思い出せません。
 店内ってテーブル席だけだったけか、立ち食いカウンターって無かったんだ。
 コロナ禍で飲食店の席配置は随分と様変わりしました。
 元々、席数のメモは誰の役にも立たない自己満足ですので、今後も自己満足を続けていきたい。

クリックすると拡大します

 今朝はミニのり弁セット(温)580円、クーポンかき揚げ
 お蕎麦は「かけそば」ですけど、無料サービスの揚げ玉と鷹の爪をそろり。

クリックすると拡大します

 先ずはかき揚げを乗せ、ネギをあしらって、頂きます。
 冬の冷たいお蕎麦も美味しいけど、寒くなりたては温かいお蕎麦が美味しい。

クリックすると拡大します

 のり弁にはマヨネーズを。
 サックサクのタラ天、サックサクの竹輪天、パリッと五味さんの板海苔。
 美味しくいただきご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、元祖ニュータンタンメン本舗(イソゲン)向ヶ丘遊園店@向ヶ丘遊園(川崎市多摩区登戸)公式ツイッター)へ。
 出来れば毎月、毎月が無理でも2ヶ月に一度は伺いたいと思っているけど。
 思っているだけにならないように、頑張るニャン♪
 今夜は店長さんが不在で、若めの店員さんで切り盛りされています。

クリックすると拡大します

 ハッピーアワーが更にお得になりました。
 平日の15:00-19:00なら、生ビール290円、レモンサワー類190円で飲めます。
 中華メニューとして、肉野菜炒め670円、辛味噌肉野菜炒め700円、五目チャーハン750円、にんにくチャーハン850円が始まっています。
 どこかのタイミングで食べたいけど、ラーメンも食べに来られない状況ではなぁ。

クリックすると拡大します

 ということで、ハッピーアワーの生ビール290円
 イソゲンの全麺メニューは、注文が入ってから調理するので、提供まで時間が掛かると思う人もいます。
 確かに、店内が混み合っていれば待たされますが、先待ちが無ければ、麺を茹でる間に調理が終わるので、特別に時間は掛かりません。

クリックすると拡大します

 程なくして味噌らーめん860円
 味噌らーめんは、キャベツやモヤシ、キクラゲなどを中華鍋でスープごと煮込む、所謂北海道味噌ラーメン。
 挽肉は多めに、ニンニクは少なめに、スープは乳化しています。
 美味しいことは美味しいけど、辛いラーメン(タンタンメン)が食べられない人向けであることは、否めません。

クリックすると拡大します

 麺は全メニュー共通と思われる角中太麺、美味しいなぁ。
 辛さを望んでも辛さ増しには対応していないので、卓上の一味で調整することになります。
 自身で辛さを調整するのも悪くないな、もちろん、調理段階で調整してくれるに越したことは無いけど。

クリックすると拡大します

 半餃子250円
 餃子五個では食べ過ぎなので、三個はちょうどいい量です。
 焼き餃子には酢と醤油を直接掛けるのが我流ですが、いつまでも我流ばかりでは視野が狭くなります。

クリックすると拡大します

 ここのところ、酢胡椒に付けて食べていて、焼き立ての餃子にはよく合うたれです。
 で、三個食べると食べ足りないあるある、お店も混み合ってきたのでお代わりしませんけどね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 レジで会計し、今年もこころの格言暦、頂きました。
 もちろんこんなカレンダーにゴミほどの価値しか感じない人もいるでしょうけど、私にとっては宝物のような大切なカレンダー。
 直営店でなくても配っているとは、色々と時代が変わったと言うことだな。
 ありがとうございました。
posted by ふらわ at 22:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記