2020年06月28日

寿司ランチ

/箱根そば橋本店にて冷しかき揚げそば/第一回波づき二人会/

クリックすると拡大します

 箱根そば全店舗訪問に向けて、箱根そば橋本店ホームページ)へ
 お店は駅改札外に隣接された味の食彩館の2階にあります、
 お蕎麦を食べるためだけにわざわざ電車代を掛ける、時間も掛かる。

クリックすると拡大します

 自身が食べたいお蕎麦、おうどんのボタンをパッと見つけられない券売機。
 限定メニューが全て温かいお蕎麦である理由は想像できず、冷たいお蕎麦を食べることにします。
 箱根そばは「かき揚げ」を「かき揚げ天」と表記するのですが、冷たいお蕎麦は「冷やしかき揚げ」と「天」が付いていません。
 細かくメニューを見ていくと、かき揚げ丼もかき揚げ天丼ではないのですが。

クリックすると拡大します

 店内はずらっとテーブル席が12席、奥に壁向きカウンターが2席。
 しかしして、一席おきに「ソーシャルディスタンスステッカー」が貼られているので、実際の席数は半分かな。

クリックすると拡大します

 程なくして冷しかき揚げそば450円
 冷たいお蕎麦シリーズはかき揚げの他に肉おろし、たぬき、きつね、とろろなどがありますが、かき揚げが一番好きです。
 かき揚げを崩しながら蕎麦つゆに浸けて食べる美味しさよ。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 梅雨の合間の昼下がり、第一回波づき二人会
 同じことを続けるのが苦手なな私は、ずっと貸切会を続けることが出来ず、今日は初めての昼食、初めての非貸切会。
 お店はずっと夜の二回転営業でしたが、先月辺りから土日に限ってランチを始めました。
 古くからの飲み友達に声を掛けて、一日早い誕生日会として伺いました。

クリックすると拡大します

 カウンターだけの(テーブルもあるけど未使用)狭めの店内、ソーシャルディスタンスとしてやれることにも限りがあります。
 それでも何もしないワケにはいかないですし、お客さんも手伝えることは手伝うと。
 ランチは空き席があるのかなと思っていたけど、満席でした。

クリックすると拡大します

 ランチは料理だけのコースは5,000円(税別)、飲み放題付きのコースが7,000円(税別)。
 これまではいつも日本酒を持ち込んでいたので、今日はお店が用意されている日本酒を飲むことにしました。

クリックすると拡大します

 ということで、ビールで乾杯、誕生日おめでとう(一日早いけど)。
 何種類かあるビールのウチ、ヱビスが無ければサッポロで。

クリックすると拡大します

 ランチであっても一品目は豆腐料理。
 とうもろこし牛乳豆腐、甘味抑えめでお通しとは思えない美味しさ。

クリックすると拡大します

 日本酒は五種類が飲み放題なので、友達が一番好きな蔵元から。
 宮城の蔵元である一ノ蔵が醸す「一ノ蔵(いちのくら) 蔵の華」純米吟醸酒 R1BY。
 さらっと純米吟醸、飲み放題にラインナップさせる1本では無いと思いつつ、1本目からアタリとは先行きが明るい。

クリックすると拡大します

 中トロ。
 ディナーだと刺身ですがランチだと握り、特に醤油を付けること無く一口で食べる。
 美味しいのう、うだうだ説明は要らないのう。

クリックすると拡大します

 イワシのうめ煮。
 なんだ一品料理もあるんだ、と思ったら握り以外はこれとそれだけでした。
 ほんのり酸味(梅の味)が利いたイワシ、一口で食べてしまう。

クリックすると拡大します

 のどぐろ(左上)。普段はのろぐろ煮干しののどぐろそばでお茶を濁していますが、魚はやっぱり生が美味しい。
 フッコ(右上)。出世魚のスズキ、一回り小さいスズキをフッコと呼びます。
 カツオ(左下)、僅かに七味を振ってあって、これがまた旨い。
 車海老(右下)、尻尾まで食べてしまいますよ、美味しいから。

クリックすると拡大します

 続けての日本酒、飲み放題なので一升瓶がドカンと置かれ、お好きなだけ飲んでねスタイル。
 岩手の蔵元である南部美人が醸す「南部美人(なんぶびじん)」特別純米酒 R1BY。
 岩手の蔵元であるあさ開が醸す「あさ開(あさひらき)昭和旭蔵」純米酒 R1BY。
 今日飲んだお酒の中で南部美人がダントツに美味しかったけど、それもそのはず、チャンピオンサケだから。

クリックすると拡大します

 シマアジ(だったかな)、漬け、玉子焼き、アオリイカ。
 お値段以上の握りが出されるので、シャリの少なめを伝えているお客さんもいました。
 私達は最後まで1人前で、きっとネタの大きさとシャリの量はバランスがある。

クリックすると拡大します

 夏あん肝のキャラメリーゼ。
 あん肝に一仕事してご飯乗せた料理、お寿司は手で食べてもいいけど、こちらはお箸で。
 くどくないギリギリの甘さのあん肝、堪能しました。

クリックすると拡大します

 富山の蔵元である銀盤酒造が醸す「銀盤(ぎんばん) 播州50」純米大吟醸酒 R1BY。
 日本には1,000近くの蔵元があるので、飲んだことの無い日本酒の方が圧倒的に多いのですが、こちらは初めて。
 お寿司に合うとても美味しいお酒。

クリックすると拡大します

 鮎(アユ)。川魚のお寿司はあまり経験が無いけど、昆布締めのアユ、この日一番の美味しさ。
 蝦蛄(シャコ)。軽く醤油が塗ってあるので、そのまま食べて美味しい。
 雲丹(ウニ)。一年中、いつ食べても美味しいし。
 穴子(アナゴ)。江戸前寿司には欠かせません。

クリックすると拡大します

 田中酒造店が醸す「真鶴(まなつる)」山廃仕込み純米酒 R1BY。
 特に気にしていたわけでは無いけど、久し振りに飲んだ山廃、独特の味わい。

クリックすると拡大します

 ここで赤出汁。
 時計を見ると確かに二時間近く過ぎていて、こんなにも二時間が早いのかと。

クリックすると拡大します

 最後に太巻きが出るので、その前にお茶。
 まま、お茶は無理に飲まなくてもいいけど、やっぱり太巻きを食べるときには用意しておきたい。

クリックすると拡大します

 焼ひしおさば巻き。
 お土産にする太巻きを、ランチの最後に出すのですね。
 流石に一口で食べずに、二口で頂きました。

クリックすると拡大します

 デザートはコーヒープリン。
 コーヒーなのに黒くないのは、焙煎する前のコーヒー豆で作っているから。
 ランチはどんな感じかと思っていましたが、ディナーに勝るとも劣らない素晴らしさ。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月27日

記念撮影

/とんかつ寿々木にて上ひれかつ定食/

クリックすると拡大します

 東京駅近郊に行けばどこかで何かを食べられると思って向かいました。
 柱に設置された店舗案内のパネルは全部光っていますが、営業状況とは関係ないようです。
 こういう場所では、どう言う基準、観点でお店を決めたらいいのかな。

クリックすると拡大します

 住んでいる神奈川から東京へのアクセスが楽なので、ラーメンやお寿司以外にも色々な料理を楽しみたいと思っています。
 どんなお店でも1人で入れると言えば入れますが、比較的入りづらいとんかつ屋へ女房とランチを。
 お昼は、八重洲北口改札の近く、Kitchen Street(キッチンストリート)内にあるとんかつ寿々木

クリックすると拡大します

 とんかつやって殆どがテーブル席だと思っていたんだけど、この店は半数ほどがカウンター席。
 こんなカウンター席主体の店内ならば1人でも入りにくくなかったな、と思いつつ。
 テーブル席は分かりませんでしたが、カウンター席は一席ずつアクリル板で仕切られていました。

クリックすると拡大します

 テーブルにはとんかつソース、ごまだれドレッシング、柚子ドレッシングが用意され、メニューが置かれています。
 駅近の高級とんかつ店のロースカツ定食はランチだと1,100円と破格の安さ、ちょっと多めにトッピングした今風のラーメンより安い。
 日本酒を飲みたいところをグッとこらえて、ひれかつを。

クリックすると拡大します

 上ひれかつ定食1,680円(税込)、先にとんかつ、後からご飯と味噌汁、漬物。
 豚肉の銘柄は新潟県産の「越後もち豚」、油で揚げたてからトレーに移し、芯までゆっくりと融点間近まで火を通しています。
 箸で切れそうな程に柔らかく、脂身と赤身が程よく混ざり合うかのような独特味わいで美味しい。
 豚肉が溶けて無くなるかのようでご飯が間に合わない、いや、ご飯なしでとんかつだけで食べているようです。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

晩酌。

栃木の蔵元である井上清吉商店が醸す「澤姫(さわひめ)」吟醸酒 ひとごごち。

 どんなお酒でも飲めればいいという時代は、とうに過ぎ。
 美味しいお酒だったらどれでも飲むという時代は、終わりを告げ。
 飲みたい日本酒を飲む時代に。

 ま、お酒を飲む理由、目的なんて人それぞれですから、他人は他人、自分は自分なんですけどね。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月26日

今月の通院

/らぁ麺 ふじ松 戸塚店@戸塚にて煮干生姜醤油らぁ麺/自家製麺 麺でる 川崎店808ism@矢向にて小ラーメン/西山屋/

クリックすると拡大します

 病院に行ったら激混み。
 早めに行けば早めに終わってラーメン屋の限定メニューにありつけると考えた自分が悪いです。
 そんなこんなで代休消化。

クリックすると拡大します

 お昼は、らぁ麺 ふじ松 戸塚店@戸塚(横浜市戸塚区戸塚町)公式ツイッター)へ。
 お店の店先には暖簾が掛かっていることが多いのですが、こちらには掛かっていないどころか掛けるフックも用意されていません。
 遠くからお店を見たときに、暖簾が掛かっていると「おっ、やっているな」と安心したものですが。
 そういう考えは、もうとっくに通用しなくなってしまったのでしょうか。

クリックすると拡大します

 限定メニューは二つあって、一つは真鯛の冷やしつけ麺。
 こちらは夏季限定メニューとして、「ふじ松」として戸塚店と大船店の両店で販売されています。
 もう一つは煮干生姜醤油らぁ麺。
 こちらは本日6/26のみ限定販売メニュー、数量限定とのこと。

クリックすると拡大します

 店内に入って食券を買って空いていた席に座ります。
 これまでずっと開店直後に訪問していたので、カウンター右側だけに座っていました。
 今日は開店してしばらくしてからの訪問ですので、先客が数人いて、違う景色が見える席に座れるかと思いましたが。
 中々、人生、思うに任せられない。

クリックすると拡大します

 程なくして、煮干生姜醤油らぁ麺850円
 麺相は、トッピングに針生姜と茗荷をあしらった以外、レギュラーの清湯醤油ラーメンと見分けが付きません。
 スープを味わってみると、味わいの中心は煮干出汁、その中心にそっと染み込むように新生姜のさっぱり感。
 全体的にあっさりした味わいに仕上がっていて、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 合わせる麺はレギュラーメニューに使われている菅野製麺所の細麺の様で、スープによく合っていてとても美味しい。
 トッピングは豚肩ロースレアチャーシュー、メンマ、半身の味玉、貝割れ大根、細切りの生姜と茗荷。
 まあ、1日数量限定ですので、どんなに美味しくても1回しか食べれれませんし。
 スルッと食べて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 続けて2回振られているラーメン店に向かうも、新しい生活様式に沿った新しい営業時間に沿うことが出来ず。
 ラーメン店って営業時間の自由度が高く、ネット情報等と剥離していることがままあって、振られることも楽しみのウチ。
 新しい営業時間を確認したところで踵を返して川崎駅、次の店は店舗の公式ツイッターで営業を確認しています。
 まま、確認したからと言って安心できないけれどね。

クリックすると拡大します

 お昼は、自家製麺 麺でる 川崎店808ism@矢向(川崎市幸区小向西町)公式ツイッター)へ。
 2019/7/8オープン、立地は徒歩ですと矢向駅か鹿島田駅からどちらでも23分ほど。
 「そんな駅から遠い場所で」と心配する人は電車でしかラーメン店に行かないのだろう。
 平日の昼下がり13時半過ぎで店内待ち6人後客多数、土日の通し営業の方が、返って空いているのかな。

 麺でるの発祥を調べたのですが、調べ方が悪くて田園調布店が本店と言うことしか分かりませんでした。
 閉店された店舗が多く、全部で何店くらい開店して、現在は何店くらいあるのかな。

クリックすると拡大します

 店先でしばらく待ち、食べ終わったお客さんが帰って空いた席に店内待ちのお客さんが座って、待ち行列が進んだところで店内へ。
 メニューは小ラーメン800円、大ラーメン900円、プチラーメン750円。限定メニュー。
 小つけ麺900円、小まぜ麺900円、味噌900円、ホアジャオ900円、カレー900円、塩800円。
 麺量は小が250g、大が500gと表記されていますが、一般的なラーメンは170gですので、250gは一般的には「大盛」に相当します。

クリックすると拡大します

 その後、店内待ち席を経てカウンター席へ、8席ですか。
 空いた席に座るとき、空いたら勝手に座る店と、案内があるまで座らない店があって、周りの空気をよく読む必要があるのですが。
 周りの空気を読めない私は勝手に座ってしまい、勝手に座って良かった店で良かった。
 卓上には酢、辣油、かえし、ブラックペッパーグラウンド、カエンペッパーパウダー。

クリックすると拡大します

 こちらの麺でるでは、無料トッピングはラーメン提供時に伝えます(ラーメン二郎およびラーメン二郎インスパイアでの「コール」と呼ばれる)。
 無料トッピングは、ニンニク(刻みニンニク)、ヤサイ(茹で野菜)、アブラ(背脂)、カラメ(かえし醤油)、魚粉、タマネギ(刻みタマネギ)、辛あげ(辛い天かす)。
 それぞれ「少しだけ」とか「マシマシ(多め)」も受け付けていますが、写真映え狙いでマシマシは厳禁です(食べ切れれば問題なし)。
 このあたりも思うところがあるのですが、ブログに書くほどではないので割愛します。

クリックすると拡大します

 お店に着いてから30分経って、「小の方〜」「ニンニク、タマネギ、辛あげ」の小ラーメン800円
 これまでラーメン二郎よびラーメン二郎インスパイアのラーメンを100杯以上食べていますが、炙り豚は初めてです。
 先ずヤサイ、モヤシ4にキャベツ1の茹で野菜は食べ応えが残るほどの茹で加減で、ほんのり甘味が美味しい。
 やや乳化のスープはドスンとお腹に響く重さ、とてつもなく旨いけど、寄る年波の前には「一杯分は無理」な旨さ。

クリックすると拡大します

 命があるかのようにプルンと弾ける強いコシの極太麺、ここまで固い極太麺は久し振りです。
 調理を見ていたとき、トングで麺上げ、平ざるで受けて湯切りをするほど重い麺です。
 スープは吸わないなぁ、スープはレンゲで飲むからいいけど。

クリックすると拡大します

 豚は脂身多い腕肉で、とてもとても食べ応えがあります。
 追加でトッピングした刻みニンニクの辛味、刻みタマネギの辛味、辛あげの辛味が食べ進めると少しずつスープに染み渡って行きます。
 甘めのスープが苦手な私にとって、この辛味がとても大切で、最後まで味に飽きずに食べ切れます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 往路はバスで向かいましたが、帰路は歩きで矢向駅へ。
 歩いている途中で酒販店の前を通り掛かり、どれどれと立ち寄ってみました。
 殆どの銘柄は飲んだことがありましたが、幾つかは飲んだことがなかったので、その中の1本を購入。

クリックすると拡大します

 汗びっしょりになりながら駅まで歩き。
 クールダウンしながら帰宅。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記