2018年05月10日

回転寿司考

/BIOTOPIA/はま寿司/

クリックすると拡大します

 代休でお休みの日はのんびりしたかったのですが、女房の用事に付き合うことに。
 曇り空の中を出掛けていくと落雷を伴う大雨に見舞われましたが、30分ほどやり過ごすと晴れ上がりました。
 「未病」をテーマにした施設「me-byo valley BIOTOPIA(ミビョウバレー・ビオトピア)」
 とは言え、普通のショッピングですが。

クリックすると拡大します

 何を買うわけでも無く一通り見て回るのが好きな女房、私としては全く理解できないけれど、自分が分からないからと言って否定するのはあまりにも視野が狭すぎる。
 施設の中にはレストランもありますが、1,400円と1,900円のランチは長蛇の列。
 並んでいなければ食べてみたかったけど、またの機会に。

クリックすると拡大します

 地元に戻ってきて、いつもラーメンばかりではラーメンバカなので、今日ははま寿司へ行きました。
 この、お寿司が食べたいと思ったらすぐに食べられるのはとても嬉しいです。
 入店時は半分くらいの入りでしたが、徐々に混んできて、平日でもほぼ満席です。

クリックすると拡大します

 回転レールを流れているお寿司を食べても良いけど、どちらかというとタッチパネルから注文するスタイル。
 ネタの切り身は店内で調理されていますが、シャリの握りは人間では無いらしい。
 店内の調理風景は見えないので食べて判断するしかありません。

クリックすると拡大します

 蝦夷あわび150円。
 アワビは好まないのであまり食べませんが、クロアワビに比べて小ぶりなだけで食べ応えと味は見分け(食べ分け)がつきません。
 とても美味しかったので調べてみると、蝦夷あわびはクロアワビの亜種で、水温が高い海域で育てるとクロアワビとの見分けが困難らしい。

クリックすると拡大します

 特製漬けまぐろ90円。
 猫またぎのマグロを保存するための醤油などで浸けていましたが、現代では保存目的では無く江戸前寿司の仕事として。
 それでも醤油、みりん、昆布出汁などで浸けたマグロは独特の甘味があって大好きなネタです。

クリックすると拡大します

 まぐろ三種盛り150円。

クリックすると拡大します

 赤貝90円。

クリックすると拡大します

 大とろサーモン90円。

クリックすると拡大します

 鉄火巻き90円。

クリックすると拡大します

 えび三種盛り150円。

クリックすると拡大します

 肉三種盛り150円。

クリックすると拡大します

 あじ90円。

クリックすると拡大します

 カリフォルニアロール90円。

 平日は一皿100円が90円なんだ、150円のは150円だけど。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月09日

拉麺、焼鳥、焼肉

/古民家バルあじるく日本橋@三越前にて焼鯵煮干し塩らあめん/焼き鳥JACO@大井町にて二人お疲れ様会/治郎丸大井町店にて虹会/

クリックすると拡大します

 雨の日本橋、、いや、東京メトロ半蔵門線三越前駅A3出口から徒歩5分の、古民家バルあじるく日本橋@三越前(中央区日本橋本町)
 昼間っから飲みたい日本酒バル、夜営業の〆に提供していたラーメンを月火水のみの昼営業にて提供されています。
 メニューを眺めると、〆では塩らあめん以外には汁なし担々麺も提供されていて、複数人で飲みに行ってシェアしたい。

クリックすると拡大します

 店内はハイチェアのカウンター4席、同じくハイチェアの4人掛けテーブルが2卓、奥にはローチェアのテーブルが2人掛けと6人掛け。
 卓上にはメニューが置かれていて、ラーメンと茶漬け用ごはんだけ、折角なので両方頂くことにしました。
 調味料の類いを探しましたが、夜営業の料理用と思われ、ラーメン用では無い感じです。

クリックすると拡大します

 先客はいませんでしたが、後客一人、雨だから空いているのかな。
 店内には一升瓶が所狭しと並べられ、まあ、日本酒バルなので当たり前なのですが。
 ああ、日本酒に囲まれてラーメンを食べる。なんて幸せな時間だろう。

クリックすると拡大します

 程なくして焼鯵煮干し塩らあめん800円
 「ラーメンに関しては独学です」と提供された一杯、美味しい料理は美しいの古語を具現化したかのような麺相。
 焦げを強く感じる鯵煮干し出汁スープ、ラーメンのスープと言うより味強めのお出汁の様な味わいです。
 一般的な居酒屋の取引先では化調を取り扱っていないことが多く、居酒屋の二毛作ラーメンは殆どが無化調、こちらも踏襲されています。

クリックすると拡大します

 「夜(営業)だけの時は手打ちでしたが、昼(営業)でも提供するとなると数が必要になり、今は製麺所にお願いしてます」と、三河屋製麺の全粒粉入り平打細麺。
 つるりとした食感、するりとした喉越し、スープとも好相性でとても美味しい。
 トッピングはラーメン店の発想とはちょっと異なり、レア気味チャーシュー、素揚げの蓮根、クレソン、半身味玉、つみれ。

クリックすると拡大します

 美味しいスープを残すようにしてラーメンを食べて、残ったスープをお茶漬け用ご飯100円に回しかけます。
 ご飯には刻みチャーシュー、レンコン味噌、あられが乗せられていて、途中から山葵を合わせて美味しく頂きます。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜は焼き鳥JACO@大井町(ホームページ)、ネット表記は「JACO」ですが暖簾や立て看板では「JAKO」となっています(理由は不明)。
 食べ飲み歩きの大先輩オススメの焼き鳥屋、わざわざ食べに行って万が一にも満席だと悲しいので、事前にネット予約して伺いましたが、万が一の予約で満席でした。
 個人店にも関わらず飲み放題だけに加えて焼き鳥食べ放題も4,500円なんだけど(刺身を付けると5,000円)、8人以上で予約した場合だけです。

クリックすると拡大します

 カウンターの予約席案内され、一部英語表記のメニューを眺めます。
 焼き鳥は鳥取大山鶏肉を中心に純国産鶏肉を使い、部位は標準的ですが通えば希少部位もあるかも。
 個人的には希少部位を勿体つけて提供するより、食べ慣れている部位をより美味しく焼いてくれる方が嬉しい。
 飲み物は焼き鳥に合わせて焼酎中心のラインナップ、最近、焼酎を飲んでいなかったので楽しみです。

クリックすると拡大します

 先ずは生ビール490円、今夜は大井町で二人お疲れ様会
 付け合わせは大根おろしにジャコ、おお、それでJAKO(JACO)って屋号なんですね。
 友達は観光旅行好きで、来月だかに北海道へ行くそうです。羨ましいなぁ。

クリックすると拡大します

 焼き鳥の前に「冷たいもの」とのリクエストで、セロリの浅漬け480円。
 さっぱりしていてとても美味しいセロリ、葉っぱの部分も付いています。
 私も夏には東北を食べ歩きたいなぁ、何となく考えているだけだけど。

クリックすると拡大します

 焼鳥はバラで頼んでも良いけど、串焼き盛り合わせ950円をお願いしました。
 盛り合わせは全部を一皿に盛り付ける店と、一本ずつ出してくれる店と、塩とタレで分けて出してくれる店とあります。
 2人の女性店員さんの一人が焼き台に向き合って、先ずは1本目のはつが焼き上がってきました。
 食べやすさでは手前に串ですが、写真の構図としては奥に串、ほっくのほくの美味しい焼き鳥です。

クリックすると拡大します

 残りのかしわ(もも肉ねぎま)、とろレバー(白肝)、つくね、手羽先は、写真を撮るのも間に合わないほど早く出てきて、少し慌ててしまいます。
 秀逸の一本はとりレバー、周りだけを丁寧に焼いてある半生、盛り合わせではなくとろレバーだけ二本食べたいほど美味しい。
 焼鳥自体は大きくもなく小さくもなく、180円〜220円相応の程々の味わいです。
 何ヶ月も前から予約してハレの日に食べる焼鳥では無いし、かと言って気軽に立ち寄れるお店というわけではなさそうです。

クリックすると拡大します

 さて、ビールを飲み終わったので焼酎、芋焼酎とのリクエストでさつま島美人をボトル3,000円で。飲み方は水割りセットにしました。
 他の焼き鳥はどうしようかなと店内を見渡すと、短冊は一枚も無く、ホワイトボードに貼り出されたメニューも限定っぽくありません。
 ここで焼き鳥屋慣れしている人なら、店員さんに聞けば良いのだろうけど、聞き方が思い浮かびません。

クリックすると拡大します

 と言うことでしい茸220円、大きさから言ってどんこでしょうか。
 焼き目を付けずにみずみずしく焼き上げた椎茸、美味しいですねぇ。
 店内のバックカウンターにはネームタグの掛かった焼酎のボトルが、数え切れないほど並んでいて、常連さんの多さを物語っています。

クリックすると拡大します

 なんこつ180円。
 焼鳥の軟骨は、胸軟骨(やげん)と膝軟骨(げんこつ)があるので、どちらかを確かめるために必ず頼む部位で、こちらはヒザ軟骨。
 チクリチクリと細かいところで本格的な焼鳥屋、いくらでもお金を取って良いならいくらでも美味しい食材を使うけど、程々の舌代で美味しい料理を出すところが、この店の真骨頂なのだろう。
 他にも多くの焼鳥屋がある大井町において、足繁く通う常連さんの気持ちがよく分かります。

クリックすると拡大します

 すきみ(首肉)180円。
 首肉(ネック)はせせりと呼ぶのは知っていましたが、すきみとも呼ぶんですね。
 鶏の首はよく動くので身が引き締まっていて、脂身も少なくてとても美味しいです。
 ふと、ここまで食べて今夜も調味料を使っていないことに気が付きました。

クリックすると拡大します

 〆というか、食べ終わってお腹いっぱいになったので〆になったザンギ690円。
 薄めに味付けしてアッツアツに揚げ、それでいて鶏肉自体はしっとりしていて、レモンを搾って食べるととても美味しいです。
 ちょうど焼酎も飲み終わったのでご馳走様でした。
 二人で約9,000円、焼酎のボトル代を引くと一人3,000円、軽く一杯飲んだ感じです。

クリックすると拡大します

 滅多に二次会に流れたりしないのに、未来のことは何も決まっていないのだから。
 治郎丸大井町店ホームページ)、立ち食い焼肉で一世を風靡し、流行に乗り遅れないように歌舞伎町にある新宿店に外待ちして食べたのはいつだったか。
 その後、秋葉原店でも食べたことがあり、全店制覇するなら残りは6店舗、、、行かないと思います。

クリックすると拡大します

 用意されている肉は短冊として掲げられていて、全て一口大、値段は30円から300円まで。
 焼肉以外の料理も用意されていますが、まあ、焼肉だけ食べられれば問題なし。
 肉の部位はうろ覚えですので、間違っていたら済みません。

クリックすると拡大します

 友達は初めてだったらしく、先ずはビールを頼みます。
 焼肉は、先ずタン元220円、ブリスケ250円。
 一人一枚(一個)なので、自分の分は自分で好きなように焼きます。

クリックすると拡大します

 調味料はショーケースの上に置かれているので、忘れずにテーブルに下ろしておきます。
 ガス台なので焼いている間は目を離せませんけど、焼き上がったら、タレとか醤油とか塩とか好みで付けて頂きます。
 さっきまでお腹いっぱいでしたが、焼肉は別腹、ということでよろしかったでしょうか。

クリックすると拡大します

 続けてノドブエ50円、ウワミスジ300円(写真なし)、タン先190円、ソトモモ270円、チレ30円。
 個人的に好みな赤身肉とホルモンが混在して食べられるラインアップ、他の焼肉屋では簡単にできません。
 どの部位もしっかりと焼き上げ、タレか塩で美味しく頂きます。

クリックすると拡大します

 一通り食べて落ち着いたところで店員さんとの談笑、短冊に書かれていない部位を幾つか勧められますが、今夜は大山どりとレバーだったような。
 ということでレバー(値段は失念)、周りを炙った程度で焼き上げてさっと食べる、美味しい。
 再びお腹いっぱいになって、ご馳走様でした。
 二人で約4,000円でしたので、手軽に焼肉、もう少し足繁く食べてみたいですね。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月08日

鴨居にて

/横浜家系ラーメン大岡家鴨居店にてラーメン(並)/豚骨らーめん みうら家鴨居駅前店にてトマトつけ麺(冷)/

クリックすると拡大します

 朝から雨が降っていて、テンションだだ下がり。
 朝ご飯を自宅で食べて、駅まで女房に送ってもらい、お昼はコンビニ弁当。
 毎日ラーメンだと飽きるように、毎日コンビニ弁当だと飽きてしまう。
 何事にも飽きっぽい性格、何一つとして大成しない男の人生。

クリックすると拡大します

 夜というか昼は横浜線鴨居駅南口から徒歩1分、横浜家系ラーメン大岡家鴨居店@鴨居(横浜市緑区鴨居)ホームページ)。
 2012/6/6オープン、老麺魂、向ヶ丘遊園店、鶴川店、と巡ってやっと本店へ伺うことができました。
 この場所にラーメン店があることは以前から知ってはいましたが、店先の感じから敬遠してました。
 今日食べてみて食わず嫌いは良くないと考えを改めましたが、やっぱりこの間口では他人には勧められないなぁ。

クリックすると拡大します

 大岡家は町田商店出身ですので、看板、店内イラスト、調味料類はまさに商店系です。
 店内に入って右手の券売機で食券を買います。
 メニューは豚骨醤油、豚骨塩、特製辛とん、担々つけ麺、期間限定として味噌と濃厚とんこつ魚介つけめん、修業元のメニューからはやや外れた独自系です。
 トッピングは家系ラーメン店の標準ですが、うずらはありません。

クリックすると拡大します

 ライスは100円ですが18時までなら無料サービス、ネギチャーシュー丼、卵かけご飯。
 生ビール、瓶ビール、焼餃子、おつまみチャーシュー。
 買った食券を店員さんに渡すと家系お好みを確認されますので、好みを伝えます。

クリックすると拡大します

 店内は奥に厨房があって、手前にコの字カウンター16席。
 卓上には刻み生姜、おろしニンニク、豆板醤、白胡麻、白胡椒、辣油、醤油、酢。
 息の合った男性2人の店員さんが、流れるような所作でラーメンを調理して下さいます。

クリックすると拡大します

 しばらく待ってラーメン(並)680円。好みは麺柔らかめ。
 スープはまさに商店系のクリーミーさ、きっちり店内炊きされた豚骨スープが薄めにブレ(?)ているので、かえしが際立って少ししょっぱく感じます。
 家系ラーメンのスープはすんげえ旨かったり、がっかりしたり、まあまあだったり、色々な顔を見せるのが楽しみで仕方ありません。
 とは言え、最近ではいつでも同じ味を安定して提供される家系風の家系ラーメン店も、、、ま、その話しは別の機会に。

クリックすると拡大します

 数年前から自家製麺としている平打中太麺、ムチっとした歯応えが家系ラーメンの麺らしくありません。
 ここまで麺が美味しいと、豚骨醤油スープとの相性が微妙になってしまうので、つけめんやまぜめん推しのメニュー構成もアリなのかも知れません。
 脂身が殆ど無い豚肩ロースチャーシューはスモークされていて、これまたスープから完全に浮いていてとても美味しい。

クリックすると拡大します

 麺が1/3ほどになったら味変、今日は刻み生姜、おろしニンニク、豆板醤で。
 全体をよく混ぜてから美味しく頂きます。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 昼というか夜は豚骨らーめん みうら家鴨居駅前店@鴨居(横浜市緑区鴨居)ホームページ)。
 2012/7/9オープン、つまり大岡家の1ヶ月後にオープンしたと言うことですね(当時は全く知りませんでしたが)。
 「みうら」の由来は「三浦」ではなく「み裏」だそう、あくまでもネット情報ではありますが。
 あらかじめ断っておきますが、お店側が「豚骨らーめん」とハッキリ主張されているように、家系ラーメンではありません。

クリックすると拡大します

 駅側と反対側の二カ所に入口(出口)があり、駅側から入るとすぐ左手にカウンター3席、その先を右に折れると券売機、さらにその先をクランクに左へ進むとカウンター10席。
 メニューは多岐に渡るので一度で全体を把握するのは難しいですね。
 ラーメンは基本として醤油ラーメンの太麺と細麺、味噌ラーメンの赤味噌と白味噌、の四種類。他にもやしラーメン、油そば、バラ肉野菜豚骨塩タンメン、魚介つけ麺、辛し麺、高菜麺。期間限定としてトマトつけ麺、夏季限定として冷やし中華。
 ご飯物は炙りチャーシュー丼、ネギ丼、高菜ライス、明太子ごはんなど。

クリックすると拡大します

 サイドメニューは焼き餃子、小籠包、冷奴など、ビール。
 醤油らーめんには餃子、キムチライス、高菜ライス、明太子ライスの何れかを付けたセットメニューもあります。
 お好みは麺の太麺か細麺、茹で加減の硬めか柔らかめ、味の濃いめか普通か薄め、油の多めか普通か少なめ、チャーシューは肩ロースかバラ肉、ネギは万能ネギか長葱。
 「先ずはそのまま(普通で)食べて、次回以降はお好みを」の気遣いから、好みはお店側から確認されませんので、自ら申告する必要があります。

クリックすると拡大します

 席に着くとすかさずお冷やの入ったコップを置かれ、「お冷やを取って下さい」と声を掛けて下さいます。
 卓上には豆板醤、おろしニンニク、ラー油、醤油、酢、白胡麻、ブラックペッパー。
 店員さんはワンオペですが、(カウンター台越しでは無く)客席まで回ってきてテーブルを拭かれています。
 厨房では大きな中華鍋を使って一杯ずつ調理、ラーメンのスープは雪平鍋で一杯ずつ加熱されています。

クリックすると拡大します

 少し待ってトマトつけ麺(冷)750円。「ライスはどうされますか?」と聞かれて、タダならありがたく頂きます。
 つけ汁はホールトマトと角切りチャーシュー、タマネギ、長ネギを豚骨スープで煮立ててあり、一口味わって「これは残らないな」と感じるほどの美味しさ。
 丁寧に炊き出された豚骨スープあってこそのトマト味、俄然、他のメニューも気になってきました。

クリックすると拡大します

 麺は温かいのと冷たいのから選べますので、冷たいのをお願いしました。
 製麺所不明ながらデフォは細麺、つけ汁との絡みはイマイチですが、角切りチャーシューやタマネギと共に食べるととても美味しいです。
 これまで食べたトマトスープに比べると酸味や辛味は殆ど感じませんが、これはこれで美味しいです。

クリックすると拡大します

 つけめんで味変が出来ないわけではありませんが、そのままで麺を食べ終わります。
 残ったつけ汁に無料サービスの小ライスを入れて、雑炊風にして頂きます。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記