2020年06月25日

自由律俳句

/まっすぐな道/特選ラー油 肉そば 寅や@小田急相模原にて小ラーメン/踏切/

クリックすると拡大します

 「まつすぐな道でさみしい」種田山頭火
 道がまっすぐで変化がないから寂しいのではない。
 まっすぐに道を歩くことしか残されていないので寂しい。

クリックすると拡大します

 明日は代休なので、切りのいいところまで仕事したらすっかり遅くなってしまって。
 ここのところ、新規オープン店に行かれていないので、今の場所と時間と手元のメモを見比べて、行く店を考えます。
 どれだけ新規オープン店に伺っても、すぐに新しいお店がオープンするので、キリが無いと言えば無いのですが。

クリックすると拡大します

 夜は、特選ラー油 肉そば 寅や@小田急相模原(相模原市南区相模台)へ。
 小田急相模原駅から徒歩数分にの立地に2019/11/11オープン、オープン当初は肉そば(日本蕎麦)のみの販売でした。
 その後、2020/6/5にラーメン販売開始、で、俄然伺う気になって。
 このお店を見つけるまでにストーリーがあるのですが、Facebookに書いたから、こっちにはいいかな。

クリックすると拡大します

 店内に入ると男性店員さんのワンオペ、店員さんはどこかで見かけた顔ですが、いつも通り思い出せない。
 そうだ、ラーメン小ブタ屋の店主さんだ、二軒やっていたのに一軒を閉めちゃって、今こちらにいるんだ。
 その店主さんは、相武台から町田に移転した中華料理の翠園出身なので、居酒屋の一品料理はお手の物。
 ラーメン小ブタ屋は二軒とも駅から遠かったので飲めなかったけど、今度は飲めるな。

クリックすると拡大します

 左側の麺料理が終日の販売で、手打ちそばの数々と、ラーメンとして寅や郎ラーメンとつけ麺が用意されています。
 ラーメンにはニンニク、アブラ入れますか?とあってラーメン二郎インスパイアを匂わせます。
 右側は一品料理で、夕方17時からの提供とのこと。
 値段も手頃(あまりに安いのは心配になるし、高いのもどうかと思うし)ですね。

クリックすると拡大します

 飲み物はビールから始まって、一通りあります。
 日本酒の品揃えが気になるところですが、豪快、雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)、八海山。
 この辺りはメニューに書かれていることが全てとは限らないので、諸々が楽しみです。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計。
 席配置は厨房を囲むL字カウンターが3席と8席、2人掛けテーブルが1卓。
 卓上には醤油、辣油、七味唐辛子。
 先客のうち2人は提供待ちでしたので、ワンオペだし待たされそうだなぁと待っていると、その2人より先に提供されました。

クリックすると拡大します

 少し待って小ラーメン600円、にんにく入れますか、に、ハイと返事。
 醤油漬けされた背脂がたっぷりと乗せられ、小ブタ屋時代とは麺相からして変えてきています。
 ラーメン二郎インスパイアとは程遠いけれども、そもそもラーメン二郎インスパイアを目指しているわけではありません。
 茹でたてでほくほくと野菜を食べながらスープを味わうと、非乳化の豚骨清湯に綺麗に醤油が利いています。

クリックすると拡大します

 あっさりしつつも旨味がしっかりしたスープ、美味しいですねぇ。
 極太麺は自家製麺(だと思う)、顎が疲れるほど固いけど、その噛み心地がとても楽しい。
 小ラーメンは200gと説明されていますが、こんなに美味しければ300gは厳しいとしても250gは食べたいですね。

クリックすると拡大します

 豚はかなり柔らか仕上げですが、食べやすさ優先の普通サイズが二つ。
 食べ進めると途中からニンニクの辛さが利いてきたりして、とても楽しく食べられました。
 食べ終わったら会計、クレジットカードや電子マネーが一通り使えるので、PayPayで支払い。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 グーグルマップでさえルートに選ばない踏切。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月24日

久し振りのあざみ野

/ゆで太郎西五反田2丁目店にて帆立天ざる中華、焼きのり、わかめ/らーめん雅楽GARAKU@あざみ野にてグリーンカレーみそラーメン/

クリックすると拡大します

 朝は、ゆで太郎西五反田2丁目店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン展開する路麺店、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛。
 お店が駅からちょっと歩くので、雨が降っていて行きにくい日が続いていましたが。

クリックすると拡大します

 お店に向かっている途中では、今月で終売の海老と穂先筍なんちゃらを食べようと考えていました。
 しかしながら、こうして実際に券売機に向かうと、やっぱり天中華かなぁと思ってしまうわけですよ。
 まま、日々そんな感じで。

クリックすると拡大します

 帆立天ざる中華560円、焼きのり100円、クーポンわかめ
 全国展開されているチェーン店ですが、料理に多くのオプションや組み合わせがあり、盛り付け方が店舗や人によって異なっているようです。
 天ぷらを初めから乗せるとか、わかめ増量を混ぜて提供されたり、何かと特徴的で嬉しい。
 美味しくいただきご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 今日もランチは事務所の外に出ないで、コンビニ弁当。
 早く帰りたい一心で、昼休みに体力温存しているわけですが。
 まま、努力とか練習は人に言わずに隠れてやれ、ですね。

クリックすると拡大します

 夜は、らーめん雅楽GARAKU@あざみ野(横浜市青葉区)公式ブログ)へ。
 先月は世の中全体が流行病に対処していたので、私も微力ながら対処していて、訪問が叶いませんでした。
 つまり2ヶ月ぶりのあざみ野になります。

クリックすると拡大します

 今月の限定メニュー。
 「タイのグリーンカレーを雅楽のみそらーめんと合わせ、スパイスの効いたグリーンカレー独特の風味も然る事ながら、ココナツミルクの風味がみそらーめんと絶妙にマッチしています。
 レギュラーメニューのみそカレーラーメンとはまた違ったエスニックなみそカレーラーメンをご賞味ください。」
 夏になるとつけめんが始まっています。

クリックすると拡大します

 さて、自身のルーティンであるビール450円
 今夜は「こんな日もありますよ」とお客さんが少なくて、心ゆくまでラーメン談議。
 他の店では聞けない話しを聞ける、私にとって唯一のお店。

クリックすると拡大します

 試作というか試食というか、いや、賄いかな。
 賄いは店員さんしか食べられない(店員さんが食べるからこそ「賄い」)と信じている人もいるそうです。
 今月の限定メニューに使われているパクチーをたっぷりと乗せてあり、もの凄いパクチー臭が食欲をそそります。

クリックすると拡大します

 さて、閉店時間から逆算してお願いした、グリーンカレーみそラーメン1,100円
 レギュラーメニューのみそカレーラーメンにココナッツミルクを合わせ、秘伝のスパイスを合わせ、暑い夏にはぴったりの美味しさ。
 グリーンカレーラーメンなら時々見かけますが、野菜カレーと言っても言い過ぎでは無いほど野菜が入っています。
 しかもその野菜はいずれも大ぶりで、パプリカ、筍、茄子、そしてパクチー、野菜ではないけどチャーシューもたっぷり。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の中太麺は180gと多めで、とても食べ応えがあります。
 ラーメンは麺料理、どんなにスープに凝っても、どんなにトッピングに拘っても、つまるところ麺が美味しいことが全て。
 だからといって自家製麺が最高とは限らないのが麺料理の面白いところですね。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わると「試しにどうぞ」と出して下さったライス。
 青森県産まっしぐら特別栽培米、農家から直接仕入れているお米が美味しいこと、美味しいこと。
 日本人なら飯を食え、とは昭和の男節ですけど、カレーライスは美味しいですね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月23日

肉寿司考

/箱根そば秋葉原店にて桜えびのミニかき揚げ天とむつ湾産ほたて天/品川肉寿司にて肉寿司のお昼ごはん/焼きあご塩らー麺 たかはし 上野店@御徒町にてしじみ貝の冷たい昆布水つけ麺/

クリックすると拡大します

 久し振りに箱根そば秋葉原店ホームページ)へ。
 箱根そば全店訪問まで残り7軒、いや、訪問はしているけど食べログに未レビューの件数だな。
 秋葉原勤務時代、駅の回りに多くあった路麺店と共に、何度か伺っています。

クリックすると拡大します

 店先のディスプレイを眺め、店内に入って左手にある交通系ICカード対応の券売機に向かいます。
 夏に向けて冷たいメニューが強化され、季節のおすすめも始まっています。
 さて、何にしようかなぁ。

クリックすると拡大します

 席配置は壁向きカウンター7席、店内中央立ち食いテーブルが8人分、奥に2人掛けテーブルが4卓。
 テーブルには立ち食いも含めて全てセパレーターが立てられています。
 このセパレーターを外せる日がいずれ来るのか、永劫未来ずっと立てられたままのか。
 しかしながら、この店は全てのテーブルに箸を用意されないので、何度か伺っている人は箸を見つけられるけど、初めて入ったお客さんはちょっと戸惑うかな。

クリックすると拡大します

 季節のおすすめである、桜えびのミニかき揚げ天とむつ湾産ほたて天520円
 かき揚げとほたて天はあらかじめ揚げておいて、ヒーターで保温しています。
 温度は温かいけど、天ぷら自体は結構固めで、お汁を吸わせて食べる前提です。
 天ぷらの衣が厚くて、食材本来の味が分かりにくい。

クリックすると拡大します

 お蕎麦は安心安定のクオリティ、美味しくいただけます。
 途中で調味料を振りたかったけど、近くに見当たらなかったので諦めました。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は、品川肉寿司ホームページ)へ。
 壱角家系列の横浜道を二階のトンテキ屋と共にリニューアルして、2020/5/25にオープンしました。
 経営母体は壱角家などを展開するガーデン、仙台から沖縄まで広範囲に展開されています。
 肉寿司と店名に付くので肉寿司のアラカルト主体かと思ったら、昼は肉料理の定食屋であり、夜は肉料理中心の居酒屋。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、強制的に手指をアルコール消毒。
 空いている席に案内され、口頭注文後会計(電子マネー可)。
 ランチタイムの定食は7種類で、肉寿司定食は1種類、他はカレー、唐揚げ、チキン南蛮、豚生姜焼き、牛タンシチュー、和牛ステーキ。
 750円から1,150円の価格帯ですが、税別表記ですので、825円から1,045円の価格帯。

クリックすると拡大します

 サイドメニューにミニサラダ、赤出汁があります。
 ハイボールや生ビールはランチタイムであっても楽しめるようです。
 店内は半分以上の入りですが、一階が混み合ってきたら二階に案内されています。

クリックすると拡大します

 席配置は全てテーブル席で、2人掛け、4人掛け、2人掛けをくっつけた4人掛けテーブルが4卓。
 椅子は小さめ、テーブルは狭め、新しい生活様式に沿っていないような気がします。

クリックすると拡大します

 程なくして肉寿司のお昼ごはん900円。小盆に乗せられて配膳されますが、手前に小鉢は食べにくい。
 お寿司は奥の左から右へ豚トロ(豚の首元の肉)、鴨の燻製、馬のそぼろが入った稲荷、馬のもも肉と脂身をたたいた馬トロ。
 手前は左から赤身(馬のもも肉)、馬の背脂、ローストビーフ。
 ガリは生姜ではなく林檎、他に小鉢と赤出汁が付きます。

クリックすると拡大します

 シャリは小さめ、酢は浅め、鴨肉とローストビーフ以外は馬肉なのでさっぱり食べられる反面、食べた感への満足度は低いめです。
 馬トロってのを初めて頂きましたが、思っていた以上に美味しいですね。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、焼きあご塩らー麺 たかはし 上野店@御徒町(台東区上野)公式ホームページ)へ。
 2016/11/28オープン、立地は御徒町駅と上野駅の間にある雑多な飲食店街。
 上品なイメージのたかはしからすると、よくこんな立地に出店したなぁ、の印象。

クリックすると拡大します

 店先の券売機の隣には、アゴが吊されています。
 今の時期、営業時間が変更されていますので、ご訪問の際は気を付けて下さい。
 メニュー構成は全店共通ですので、紹介は割愛します。

クリックすると拡大します

 今夜は、スタンプラリー2杯目狙いで。
 開催されている全7店舗中、唯一のつけ麺タイプになります。
 食券を店員さんに渡すと「中盛りに出来ますが」と訊かれますので、普通でお願いします。

クリックすると拡大します

 席配置は、全13席のコの字カウンター。
 卓上に調味料は全店で統一されていますので、省略します。
 店内は決して広くないけど、たかはしって殆どの店がどちらかと言えば狭め。何か理由があるのでしょう。

クリックすると拡大します

 少し待って、しじみ貝の冷たい昆布水つけ麺900円
 つけ汁の貝出汁の味わいは、ドカンくる美味しさではなく、ゆるゆると馴染んでくる美味しさ。
 ピンクペッパーが思っていた以上に利いてくるし、柚子もスッと入ってくる。
 貝出汁だけではなく煮干し出汁をブレンドされているようで、このバランス感覚がたかはしのたかはしたる所以。

クリックすると拡大します

 角中細麺は麺肌がつるりとしていますが、しっかりとつけ汁に絡みます。
 豚肩ロースレアチャーシューを麺と一緒に食べると、とても美味しい。
 ラーメンって正に中華料理のラーメンもあるし、中華じゃなくて和食でしょ的なラーメンもある。
 たかはしのラーメンは和食だな、まま、私がそう感じているだけで、お店側はなんと考えている分からないけど。

クリックすると拡大します

 全体的に甘めの味付けなので、甘めが苦手な私は途中で辛くしたくなります。
 色々な調味料があるけど、柚子胡椒で味変してみました。
 味わいがピリッと変わるのではなく、甘めがきゅっと締められた感じで、これはこれで美味しい。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったらスープ割り、割スープは麺皿に残っている昆布水で。
 卓上に用意されているあられをさっと一振りすると、味わいだけではなく、食感も変わります。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 都会の喧噪が戻りつつある。
 戻ることが良いことなのか、戻らないで新しい道に進むべきか。
 誰もが信じていて、誰もが分かっていない。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記