2018年09月12日

夕飯を自宅で

/おにやんま新橋店にて冷「並盛」とり天&ちくわ天ぶっかけ、ねぎ増量/横浜家系ラーメン志田家蒲田店にて旨辛らーめん/

クリックすると拡大します

 朝は、おにやんま新橋店へ。
 店先にはポリ容器が置いてあったり、パイロンが並んでいたり、1度たりとも店先を綺麗に撮れたことがありません。
 どんなお客さんが朝からうどんを食べに来るのか、店先で少し眺めていたら、4人中2人が食券を買わずに店内へ。
 先に食券を買って下さいと、大きく貼り出してあるのにな。

クリックすると拡大します

 うどんの値上がりに伴って五反田本店の券売機は変更されていましたが、こちらは値段を変更しただけのようです。
 ※昨日の写真もそうでしたが、今日はこの券売機の写真を加工してあり、現実には有り得ない券売機です。
 1度はおろし醤油を食べてみたいと思いながらも、今日もぶっかけを買ってしまいます。
 食券を買うと、店内の厨房にレシートが印刷される仕組みなので、券売機でボタンを押した順番に店内に入ります。

クリックすると拡大します

 店内に入り、受付でそのまま待っていると、出来上がりを乗せて下さいます。
 気を付けるという程ではありませんが、受付で角盆に箸を乗せないと、食べるスペースには箸が用意されていないという。
 以前は受け取った時点でネギと天かす、おろし生姜を追加しましたが、今は昔。

クリックすると拡大します

 受け取ったら、好みのテーブルに運び、好みで天かすやおろし生姜、七味唐辛子を掛けて頂きます。
 冷「並盛」とり天&ちくわ天ぶっかけ530円、ねぎ増量50円
 いりこ出汁の汁をもう少し欲しいところ、次回は「汁を多めに出来ますか」と頼んでみようか。

クリックすると拡大します

 完全立ち食いスペースで啜るうどん、美味しいですねぇー
 ちくわ天が一本、とり天が2つ、さくさくと美味しく頂けます。
 美味しくいただき、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 お昼は横浜家系ラーメン志田家蒲田店公式ツイッター)へ。
 今日は先月販売が始まったつけ麺と同時にリリースされたメニュー狙いで。
 ちょっと無沙汰してしまい、どことなく緊張しながら店内に入ると、店員さんのにこやかな「いらっしゃいませー」の挨拶に、ホッとします。

クリックすると拡大します

 店内に入り食券を買って、いつもの席へ腰掛けながら店員さんへ食券を渡します。
 すぐに席を立って(それなら座らなくてもいいじゃんね)壁に接するテーブルに用意された無料サービスのご飯をよそります。
 多くの家系ラーメン店でライスを無料でサービスしていて、ふりかけとか乗せ物とかも合わせてサービスされています。
 こちらでは、崩したゆで玉子を軽く和えた崩しゆで玉子と、唐辛子をニンニクで和えたニンニク唐辛子が用意されています。

クリックすると拡大します

 折角だから両方味わっちゃおうと、ご飯に半分ずつ乗せて席に戻ります。
 以前の私は、ラーメンとツーショットするためにお預けしていましたが、もうそんな歳ではないので、ラーメンの調理時間に食べてしまいます。
 ゆで玉子は美味しいけど、ニンニク唐辛子は結構辛いな。

クリックすると拡大します

 少し待って旨辛らーめん750円、家系お好みは麺柔らかめ。
 基本の家系ラーメンスープに唐辛子粉を溶かし込み、旨くて辛い、辛くて旨いスープです。
 唐辛子は粉末にしても水には溶けないので、あれやこれやと工夫してあり、出来上がってから唐辛子を振るのとは全く異なります。
 今日のスープは軽めの味わいで、辛さがしっかりと感じられ、とても美味しいです。

クリックすると拡大します

 酒井製麺の短尺平打中太麺、麺柔らかめですので長時間茹でてあり、最後の一本まで麺が熱々で美味しいのです。
 トッピングは大きめのチャーシュー、板海苔三枚、茹でほうれん草、薬味ネギはスープ前方式です。
 ほうれん草は注文ごとに茹でて温めているので、スープとの相性もいい感じです。

クリックすると拡大します

 スープに馴染ませておいた板海苔をご飯に乗せて、家系手巻き海苔。
 無料サービスですので、ご飯をお替わりして、家系手巻き海苔を三本、美味しかった。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が終わったらラーメンを食べるか、お酒を飲むか、が一番の楽しみなのですが。
 たまにはいいだろう、と何も飲んだり食べたりせずに帰ることにしました。
 まるで体調が悪いみたいですね。
posted by ふらわ at 23:44| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月11日

いつまでも飽きることなく

/とれたて立喰い寿司魚がし日本一エキュート品川サウス店にて人気の5貫セット/濃厚ラーメン・つけ麺 八重桜@王子にて豚骨魚介らーめん/

クリックすると拡大します

 朝は、とれたて立喰い寿司魚がし日本一エキュート品川サウス店ホームページ)へ。
 エキュート品川サウス店を始めとして、魚がし日本一の何店舗かは朝7時から営業されていて、朝食としてお寿司が楽しめます。
 コースはないので好きなだけアラカルトで食べられますが、全てのネタが揃っているわけではありません。

クリックすると拡大します

 しかしして、平日は朝食セットが2つ用意されています。
 オープンから12時まで販売されている人気の5貫セットはまぐろ、えんがわ、とろサーモン、焼きげそ、ねぎとろ軍艦の一貫ずつの組み合わせで555円。
 同じく10時までのお得な7貫セットはまぐろ、えんがわ、とろサーモン、焼きげそ、ねぎとろ軍艦、納豆軍艦、いなり寿司の組み合わせで655円。

クリックすると拡大します

 店内は完全立ち食いスペース、食べたのは人気の5貫セット555円(税込)
 焼きげそはマヨネーズと生姜から選べるので、生姜をお願いしました。
 朝からお寿司が食べられる幸せ、幸せが小さい人間で良かった。

クリックすると拡大します

 夜は王子へ、坂本01が移転のため閉店してしまって足が遠のいてしまいましたが、今夜は益子さんのお店がリニューアルしたとのことで帰宅途中に立ち寄りました。
 麺や雄のリニューアルとなる濃厚ラーメン・つけ麺 八重桜@王子(北区王子)、2018/9/14がグラウンドオープン、2018/9/11-13はプレオープンとなります。
 屋号の八重桜は「他に同じ店名のラーメン店が無いから」とおっしゃっていましたが、、、
 益子さんのFacebookでは「10年一緒にやって来た店長が主軸で一から考え、海老から豚骨魚介とスタイルを変えます」とありました。

クリックすると拡大します

 19時過ぎに伺ってみると、近くの高校に通っていると思われる学生が4人に社会人が1人、外待ちしています。
 ひょっとして一杯500円とかトッピング無料サービスをしているかと思ったら、一切されていません。
 それどころか、ライスや麺大盛りの無料サービスもやっていません。
 ほほう、ラーメン界の流れに迎合しないスタイル、素晴らしいですね。

クリックすると拡大します

 店先のメニューを見ると、中華そば、豚骨魚介らーめん、つけ麺のラインナップ。
 サイドメニューは水ギョーザ、ご飯物はチャーシュー丼、割飯。
 ビールやハイボールなどの飲み物はありますが、つまみは見当たりません。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、化粧板は張り替えてありますが、厨房を囲むL字カウンター10席(今夜は1席外して9席)は前店と同じです。
 右手奥の券売機を見ると、「プレオープンのためメニューを減らして」の説明書き通り、、一部のトッピングや餃子、ご飯物がカミングスーンとなっています。
 案内された席に座り、買った食券をカウンター台に置きます。
 卓上にはブラックペッパーグラウンド、酢、七味唐辛子。

クリックすると拡大します

 厨房には麺や雄時代から続投の店長さんに、男性店員の2人、益子さんは不在でした。
 ややばたつきながらも、記するほどもない想定内のオペレーションです。
 調理を眺めていると、つけ麺のつけ汁も、ラーメンのスープも、一杯ずつを雪平鍋で温めていました。
 満席と言うこともあり、少し待って豚骨魚介らーめん750円

クリックすると拡大します

 スープは濃厚豚骨魚介、細かいことは説明書きを参考にされて下さい。
 美味しいことは食べる前から分かっているので、大切のはなぜ今、豚骨魚介なのかと言うこと。
 私が思うに、飛び道具に頼ったり、流行に乗ったりせず、5年、10年の営業を見据えての味作りではないかと。
 細麺は自家製麺でスープとの相性は全く問題ありません。

クリックすると拡大します

 麺量は並150g(つけ麺は225g)、あまりの食べやすさに「(麺量は)130くらいですか?」と聞いてしまいました(恥
 トッピングのチャーシューはミディアムレア、メンマに青ネギ。
 私が思うに、この味こそが「飽きることなく長く食べ続けられる濃厚豚骨魚介」なのだろう。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月10日

忙しい月曜日

/マリーゴールド/九州豚骨ラーメン藤之家 伊勢原店@伊勢原市にて焦がしニンニクラーメン/

クリックすると拡大します

 朝食を自宅で済ませ、昼食を社販の弁当で済ませると、夜の一食だけの紹介になってしまいます。
 まるでグルメブログ、まるでラーメンブログ、だからと言って回避するために「わざわざ」何かを食べたりしたら、本末転倒ですし。
 気にしても仕方の無いことが気になります。

クリックすると拡大します

 帰宅途中に途中下車して、九州豚骨ラーメン藤之家 伊勢原店@伊勢原市へ。
 4月にリニューアルし、さらに充実したファサードに変貌しています。
 営業時間が11:00-15:00 17:00-25:00(日曜日と平日前祝日は21:30)と、中休みが出来て深夜営業が始まりました。

クリックすると拡大します

 店内の様子は変わっておらず、券売機を見るとトッピングとして辛子高菜、明太子、コロチャーシューが追加されています。
 ご飯物に鴨ネギ丼、ランチタイム限定の丼セットも始まっています。
 飲み客向けでしょうか、おつまみチャーシュー、枝豆、炙り明太子、おつまみ炙り鴨ねぎが用意されています。
 オススメSP替玉(チャーシュー2枚、ねぎ、のり)があって、今流行の「和え玉」とは違うようです。

クリックすると拡大します

 厨房には若い男女の店員さん、食券を渡すと麺の固さを尋ねられます。
 好みを伝え、お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。
 先客2人、後客2人、いずれもテラス席に座っていましたので、カウンターは終始私だけ。

クリックすると拡大します

 程なくして焦がしニンニクラーメン780円、好みは麺固め。
 九州豚骨ラーメンを標榜していますが、麺が見えないほどトッピングが嬉しいですね。
 キメが細かく、舌触りが滑らかな豚骨スープ、他のどの豚骨スープより美味しいです。

クリックすると拡大します

 麻生製麺の細麺がつつーっとスープに絡み、焦がしニンニクの香りと共に美味しく頂けます。
 トッピングは大ぶりのチャーシュー2枚、少し厚めの細切りキクラゲ、揚げカス(?)、長ネギ。
 気が付いたら麺が無くなっていたので、気が付かないうちに替え玉をお願いしていました。

クリックすると拡大します

 現金でお願いすると「カタメでいいですか?」と確認され、大きく頭を縦に振るしがないサラリーマン。
 替え玉は無印、黒、辛、そしてSPとありますが、無印で。
 小皿に盛り付けられ、ネギが振られています。

クリックすると拡大します

 丼に入れたらスープが思っていたより少なく、和えそばの様になってしまい、、、これはこれでいいかも。
 卓上のおろしニンニクと紅生姜を乗せ、全体をかき混ぜて美味しくいただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記