2020年09月21日

この歳で徹夜は辛い

/夜間作業明け/昼寝/晩酌/

クリックすると拡大します

 一日の始まりはいつか。
 夜間作業には、朝まで起きていなくていけない場合や、作業が終わったら解散して仮眠してもいい場合などがあって。
 現場からタクシーで帰れる人は帰って、私は始発待ち。
 小田急線の急行の始発に乗るのは初めてではないけど、前回がいつだったか、全く思い出せない。

クリックすると拡大します

 ろくに仮眠をせずに朝を迎え、寝過ごしが怖くて電車でも熟睡できず。
 帰宅すると孫がミーミーと泣いているし、そのうち娘達が帰ってきて全員女性で盛り上がっていて。
 もの凄い幸せ感に満たされ、お腹も満たされると眠気が襲ってきて、昼寝。
 夜も早く寝て、時差ボケを解決せねば。

クリックすると拡大します

 晩酌。
 海老名の蔵元である泉橋酒造が醸す「夏ヤゴ ピンク」純米原酒 生酛 雄町。

 「酒造りは米作りから」と自社田自社栽培米、農薬不使用の米作りを進める蔵のお酒。
 甘めを抑えたしっかりしたお米の味が楽しく、あっという間に飲んでしまう。
 ロックや炭酸割りでの飲み方を勧められているけど、そのまま飲んでしまうことが多い、大好きなお酒。
posted by ふらわ at 22:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月20日

夜間作業

/たいやき鯛幸にてつぶあん/久留米らーめん鐡釜横須賀中央店にてラーメン/麺屋友喜@能見台にてサンマー麺/

クリックすると拡大します

 今日は夕方から出掛けるので、朝昼兼用でインスタントラーメン。
 冷蔵庫をごそごそ探して、キムチと卵を入れて、と。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 人通りがまばらな三崎街道沿いのたい焼きや、たいやき鯛幸ホームページ)。
 店先の通りに車は止められないので、お客さんのほとんどは徒歩(または自転車)客ではないでしょうか。
 たい焼きを食べるのはどのくらい振りだろうか。

クリックすると拡大します

 メニューはつぶあん150円、ゆずあん160円、ごまあん160円、抹茶あん160円。
 カスタードクリーム150円、チョコクリーム160円、クリームチーズ180円、あんこ&チーズ160円。
 アップルカスタード200円、アップルチーズ200円、キーマカレー200円、キーマキーズ200円。
 たい焼き専門店ですので、アイスクリームや飲み物は併売していません。

クリックすると拡大します

 お金を払ったら、「はい」と保温されたたい焼きを渡されると思いきや、注文が入ってからたい焼きを焼き始めます。
 たい焼きを焼く工程は透明ガラス越しに見えますが、私はあんまり興味が無いので、ベンチに座って待ちます。
 座って待っていて行き交う人の怪訝な視線が気になるほどの歳ではありません。

クリックすると拡大します

 たい焼きを食べるとき何か飲み物が欲しいだろうと、麦茶のサービスがあります。
 ※全く気が付かなくて、食べ終わってから気が付きました。
 3分ほどして出来上がったつぶあん150円、、厚手の紙袋に入れて渡されます。

クリックすると拡大します

 たい焼きはハネは付いたままで、へぇ、たい焼きのトレンドは羽根つきなんですね。
 持ってみると、ギュッと焼き押し付けられた皮(?)とあんこの重さを感じます。

クリックすると拡大します

 食べてみると、皮(?)が薄く、温かいつぶあんを直接食べる感じになり、とてもおいしい。
 ラーメン屋の開店待ちに、時間的にも量的にもちょうどいいかな(臨休だったけど)。
 横須賀中央に用事があるときは、30分早めに着くようにして、たい焼きを食べることにしよう。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 開店時間になっても真っ暗、30分経っても時間が止まったように真っ暗。
 うーん、第2候補店を全く考えておらず(恥)、さて、どうしたものか。
 駅はなだらかな坂の途中にあって、雨も降ってるし、駅から歩くのは面倒な気分。
 ので、エレベーターで8階へ。

クリックすると拡大します

 早めの夕飯は、久留米らーめん鐡釜(てつがま)横須賀中央店@横須賀中央(横須賀市若松町)へ。
 横須賀中央駅に隣接した横須賀モアーズシティ 、そのビル8Fのレストランフロアにあるラーメン店。
 横浜店、六本木店もあったようですが、いずれも閉店。

クリックすると拡大します

 この手のレストランフロアの飲食店であれば、先ず席に座ってもらって、あれこれメニュー選びで盛り上がってもらって。
 ラーメンだけじゃなくて、サイドメニューや飲みで盛り上がってもらって、なんならラーメンを食べなくてもいい位の商売が多い印象ですが。
 店先には券売機があって、、ボタンが色分けもエリア分けもされていないので、とても分かりづらい。

クリックすると拡大します

 メニューはラーメン700円、中華そば690円、つけめん900円。
 サイドメニューは餃子400円、ご飯ものが数種類、アルコール飲料も用意されていますがツマミは見当たりません。
 麺の茹で加減はこなおとし、めちゃバリ、バリバリ、バリ、ふつう、やわめ。
 買った食券を店員さんに渡し、麺の茹で加減を伝え、案内された席に足を進めます。

クリックすると拡大します

 席配置は大幅に減らされていて、相対カウンター8席、4人掛けテーブルが5卓。
 卓上には辣油、酢、醤油、拉麵胡椒、白胡麻、ニンニク、紅生姜。
 駅の周りには数え切れないほど飲食店があるのに、何で先客6人もいるのか。
 ノーゲスだろうから店員さんに色々と訊きたいと思っていたのに、何も訊けず。

クリックすると拡大します

 程なくしてラーメン700円、麺の茹で加減はバリ、一般的には「カタメ」?でお願いしました。
 とんこつスープは私が知っている久留米ラーメンのスープとは異なり、甘めの美味しさ。
 これが久留米ラーメンのスープを独自にアレンジしたスープと言われれば、美味しいか美味しくないかの個人差はありますが、そうなんだな、と。

クリックすると拡大します

 細麺の製麺所は不明ながら、かなり柔らか仕上げ。
 バリでお願いしたのに柔らかめである可能性を高い順に考えると、定員さんに伝えた私の滑舌が悪かったのか、厨房に麺の茹で加減が伝わらなかったのか、そもそもこの柔らかさがバリなのか、それ以外なのか。
 久留米ラーメンは博多ラーメンとは異なるのか、麺量は替え玉前提ではなく、関東圏での一般的な麺量より少なめなの140g。
 トッピングは豚肩ロースチャーシュー1枚、メンマ数本、板海苔2枚、細切りキクラゲひとつかみ。

クリックすると拡大します

 麺を半分ほど食べたところで、卓上に用意された生ニンニクをクラッシュし、紅生姜をたっぷりと乗せました。
 ニンニクと生姜の辛みが、スープをビシッと締め上げますね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 遅めの夕飯は、麺屋友喜(ゆうき)@能見台(横浜市金沢区能見台通)公式ツイッター)へ。
 駅改札を出て右手、金沢家のあるセントラルビルの地下飲食街に、2019/7/20オープン。
 情弱な私はお店のオープンを全く知らず、オープン1年を過ぎた今頃になって訪問。
 店の場所が地下(半地下)ということは事前に知っていたけど、入口が見つけられずに右往左往。

クリックすると拡大します

 店先には入店を躊躇するほど、メニューが紹介されています。
 今日時点のメニューを列挙しておくと、塩らーめん、しょう油らーめん、みそらーめん、とんこつしょう油らーめん、とんこつ塩らーめん、とんこつみそらーめん、博多らーめんは全て680円。
 辛麺、辛味噌らーめんは800円。
 サンマー麺、みそ味サンマー麺、まぜそば、もりもり野菜らーめん、わんたん麺、ピリ辛ネギらーめん、にぼしラーメン、つけめんは全て780円。
 夏季限定メニューの冷やしラーメン、冷やしつけめん、いずれも780円。

クリックすると拡大します

 公開、非公開に関係なく、自身のメモ用に店先を撮影して、店内へ。
 席配置は厨房を囲むL字カウンター8席と3席、先客2人。
 お好きな席にどうぞと案内され、調理場と思われる場所の目の間の席に座ります。

クリックすると拡大します

 卓上の調味料は紅生姜、醤油、酢、一味、特製辛ダレ、ニンニク、白胡椒。
 口頭注文後会計、店先で食べる料理は決めてきたけど、念のためメニューを開いて確認してからオーダーします。
 「(麺量の)大盛りがサービスになりますが」と訊かれましたが、丁重にお断りしました。

クリックすると拡大します

 ラーメンが出来上がる間、店内を見渡すと、「写真、動画の無断撮影はやめてください(店内・外)」と書かれたパウチをを発見。
 もちろん店長さんに撮影許可を取りました。

クリックすると拡大します

 少し待ってサンマー麺780円、カウンター台越しに提供。
 殆どのサンマーメンってモヤシの餡掛けなので、特別に美味しいとか、食べられないほど不味いとか、経験したことないけど。
 ここまであっさりしたサンマーメンは初めてです。
 餡掛けもあっさりした味わいで、タマネギとニラ、ニンジンには火が通っていますが、モヤシに芯が残っているような印象を受けます。

クリックすると拡大します

 サンマー麺に合わせる麺は、丸清製麺の特注麺である細麺。
 ※太麺は大橋製麺を使っていて、メニューによって太麺、細麺を分けています。
 僅かに固め仕上げで、スープによく合っています。

クリックすると拡大します

 猥雑な地下飲食街、料理の味より接客の暖かさが売り、と私は思い込んでいます。
 厨房の女性店長さんは調理を終えると奥に引っ込んでしまい、ホールの男性店員さんは直立不動で一言も話しません。
 お店の方針にああだこうだと言うつもりはありませんし、1人で食べに来た私が悪いこともあるし、そもそも持論が間違っているという話でしょう。
 スルッと食べて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 その後、夜間作業。
 終電には間に合わず、始発で帰宅。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月19日

連休初日は相模原へ

/北海道ラーメンとカレー すずや@淵野辺にてカレーラーメン/麺屋 銀時@淵野辺にて煮干しとんこつ醤油らーめん/よねむら食堂@厚木市愛名にて鶏そば通常タイプ/

クリックすると拡大します

 日頃の行いが高じて、雨が降らない涼しい陽気。
 相模原方面の新規オープン店が貯まってきたので、(気持ちだけは)一気に片付けるフォース。
 とフォースが空回りして道を間違えるフェーズ。

クリックすると拡大します

 一軒目は、北海道ラーメンとカレー すずや@淵野辺(相模原市中央区並木1-7-25)へ。
 淵野辺駅から徒歩20分、らー油肉つけうどんの南哲(2017/4/5-2020/7/25)の跡地に、当初開店予定の11月を前倒して2020/9/14オープン。
 手塚店長さんは、愛知で営業されていたラーメン屋の味に惚れ込み、そのラーメン屋の店主さんに頼み込んでラーメンを教わり(現在進行形)、ラーメン店を出店されました。
 教える店主さんは、現在はラーメン屋を辞めて北海道登別市でフレンチをやっているとのこと。

クリックすると拡大します

 営業時間は11:00-14:00 18:00-22:00、いったんは無休で様子を見るとのこと。
 屋号の「北海道ラーメン」は、「札幌の味噌」、「旭川の醤油」、「函館の塩」に続く北海道ラーメンの第四の味を目指す「室蘭カレーラーメン」。
 登別市の隣は室蘭市ですから、そりゃそうですね。

クリックすると拡大します

 メニューは醤油ラーメン780円、塩ラーメン780円、味噌ラーメン880円、ラーメン細麺780円。
 トッピングは野菜100円、チャーシュー200円。
 カレーメニューは、カレーラーメン850円、カレーライス850円。 
 サイドメニューは、餃子450円、チャーシューメンマ580円、ライス160円。

クリックすると拡大します

 前店は未食ですのでネット情報を参考にすると、店内は前店のほぼ居抜き、厨房に面した一文字カウンター10席。
 メニューの右上に書かれている「洞爺湖生ラーメン」が書かれたTシャツを着ている店員さんもいます。
 お冷やは各席に用意されていますが、コップは入口近くにしか用意されていないようです。

クリックすると拡大します

 お好きな席にどうぞと案内され、奥から詰めた方が良さそうですが、「ラーメンを教えている店主さん」と思われる男性店員さんの目の前に席に座ります。
 卓上にはラー油、酢、醤油、コショウ、七味とうからし。
 厨房にはラーメンを教えている店主さんの他に、手塚店長さん、サポートの男性店員さんが2人、ホールに女性店員さん。

クリックすると拡大します

 程なくしてカレーラーメン850円、どこにも告知されていないけど、ミニライス付き。
 私の知っているカレーラーメンは、醤油ベースのラーメンにカレーが掛けられているイメージです。
 今、目の前に配膳されたカレーラーメンはスープオフ(汁なし)、茹で上がった麺にカレーが直接掛けられています。
 カレーライス用と思われるスプーンが付いているし、、、私の拙いラーメン知識ではカレーまぜそばではないでしょうか。

クリックすると拡大します

 まぜそばにカレー粉を掛けたカレーまぜそばは食べたことがありますが、スープオフのカレーラーメンを食べるのは初めてです。
 スプーンは後でライスを食べる場合に使うと邪推し、スプーンをいったんライスに待避させてから、箸で麺を手繰って食べます。
 野菜を多く使っていると感じる甘めのカレー、縮れ中細麺に良く絡んでとても美味しい。

 (ラーメンを教えている店主さんが仰った様に)スープはカレーの味の邪魔しかしないので、抜いたほうがいいんだ。
 カレーラーメンだからってラーメンスープを使わなくてもいいんだ、こんなに美味しいし。

クリックすると拡大します

 縮れ中細麺は洞爺製麺の「洞爺湖生ラーメン」、湯切りがしっかりしていてカレーとの絡みすぎるので、ちょっと工夫した方が良さそう。
 トッピングと呼ばれる食材は福神漬け、カレーの中には鶏チャーシューが沈めてあります。

 ミニライスに、殆ど残らなかったカレー、、ミニライス用に残すべきだった、プチカレーライスにして頂きます。
 平凡と言えば平凡だけど、これはこれで美味しいカレーライスです。

クリックすると拡大します

 食べ終わる頃には、店内満席に近くなるほど混み合っています。
 しかしして満席にはならず、外待ちもいなかったので、ラーメンを教えている店主さんに少しお話を伺い。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 二軒目は、麺屋 銀時(ぎんとき)@淵野辺(相模原市中央区鹿沼台1-2-14)公式ツイッター)へ。
 立地は淵野辺駅、矢部駅のどちらからも徒歩五分ほど。
 jun-pey ra-men Fuchinobey(2009/9/12-2011/9/30)、pumehana RA-MEN + CAFE BAR(2012/7/1-2020/7/31)の跡地に、2020/9/1オープン。
 屋号の銀時は、漫画「銀魂」の主人公である「銀時」から。

クリックすると拡大します

 Fuchinobey時代、pumehana時代のいずれも未訪です。
 ネット情報を読みまとめると、pumehanaの店長さんが退かれ(暫らくはヘルプで入っている)、店員さんが新しい店長さんとしてリニューアルされたようです。
 資本関係、経営関係は不明。

クリックすると拡大します

 平日の14:45までに訪問すれば、トッピング一品サービスがあります(今日は土曜日)。
 ※中盛はトッピングじゃ無いだろ、というツッコミ、お待ちしています。
 店内に入り右手窓側に設置されている、前店踏襲の券売機で食券を買います。

クリックすると拡大します

 温麺として、味噌バターコーンらーめん800円、煮干しとんこつ醤油らーめん700円、JLOW麺700円、黒らーめん700円、ウマ辛らーめん700円、豚骨醤油らーめん680円。
 つけ麺として、煮干しつけ麺700円、黒つけ麺700円、ウマ辛つけ麺700円。
 殆どのメニューが前店から引き継がれていて、異なるメニューはインが味噌バターコーンらーめん、アウトが油そば。
 はっ、味噌バターコーンらーめんが既食メニューなのか、券売機左上の法則ならデラックス味噌バターコーンらーめんなのか、、

クリックすると拡大します

 ネット情報を読むと、店内は全くの居抜きですが、カウンター席の椅子が取り替えられ、テーブル席のクッションが無くなっています。
 世情の影響から、厨房を囲むL字カウンターは2席と6席、4人掛けテーブルが4卓。
 卓上には辣油、酢、醤油、一味唐からし、ブラックペッパー粗挽、白胡麻。
 透明なビニールシートで囲まれた厨房内には、現店長さんと前店長さんが息が合った調理をされています。

クリックすると拡大します

 少し待って、煮干しとんこつ醤油らーめん700円
 きっちり炊き出した豚骨スープに、丁寧に煮出した煮干しスープをブレンド、一口飲んだだけでずっしり重い。
 明確な方向性の味わいが濃厚味好きには堪らない美味しさだろうけど、定年間近のジジイにはチョイスミス。
 それはそれとして、今風の美味しいスープを楽しみます。

クリックすると拡大します

 太麺は打ち立ての瑞々しさとスープとの相性から、jun-pey ra-men の自家製麺を引き続き使用していると思われます。
 製麺所から仕入れているのか、自家製麺なのか、食べる前に訊くのはおかしいと思って、食べ終わってから訊こうと思っていたら、訊き忘れ。
 トッピングは食べ応えのある分厚い豚バラ巻きチャーシュー、香り豊かな二つかみ以上の茹でほうれん草、厚みのある板海苔三枚。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 三軒目は、よねむら食堂@厚木市愛名(公式ホームページ)。
 炭火dining 醉蓮火(すいれんか)の、ランチ営業になります。
 立地は愛甲石田駅から3キロあるので、歩く人はちょっといないかな。
 店先が宮地バス停なので、厚木バスセンターか愛甲石田駅からから森の里行きに乗れば、来られそうです(未確認)。

クリックすると拡大します

 『夜の営業ではなかなか提供出来ないスタイルのものを、昼のランチという時間なら出せる』として始まった、ランチ営業。
 先ず米むら食堂として2018/4から土日のみでスタート、1年後にはよねむら食堂として木金土日祝に拡大して継続。
 ランチは鶏そば(濃厚タイプ・通常タイプ)890円、骨付鳥白1,380円、炭火親子丼1,000円、日替わり定食880円から、など。
 世情を反映して、現在の営業は無休になり、昼営業でも夜営業に提供している料理がいただけます。

クリックすると拡大します

 店内はログハウス調で、奥は2階があったり、庭には滑り台があったり、外には山羊が飼われていたり。
 テーブルと椅子は全て異なり、色々な座り心地を楽しめます。
 口頭注文後会計、ラーメンは鶏そばのみで、スープのタイプが濃厚と通常があります。
 卓上に調味料の類いは用意されていません。

クリックすると拡大します

 程なくして、鶏そば通常タイプ890円
 受け皿は自然の木材から作ってあるようで、欠けているし平らではなく、「このお皿がいいんだよ」と店主さんからの強いメッセージを感じます。
 小鉢に柚子胡椒が添えられているので、スープとか麺とか工夫して使うのかと思いましたが、確認はしていません。
 丼が二重中空構造のステンレス製なので、ひょっとしてZUNDBARプロデュースかと確認すると、店主さんに冗談が通じて良かった。

クリックすると拡大します

 鶏白湯スープは通常タイプだけあって、思っていたより濃厚ではなく、むしろ飲みやすい。
 人里離れた立地が幸いしてか、世の流行りとか凝った食材などには全く頓着せず、素朴な味わいがとても美味しい。
 美味しく作られた鶏白湯スープは数多く味わってきましたが、作ってみたら美味しかった鶏白湯スープは久し振りで嬉しい。
 きっと、焼き鳥も美味しいんだろうな。

クリックすると拡大します

 無加水麺と説明されている中細麺は、同市の製麺所である扇や製麺店から取り寄せています。
 食べ初めはボソボソとした食感ですが、食べ進めるにつれてどんどんスープを吸って滑らかになり、食感も味わいも前半と後半ではかなり変わります。
 背脂に見えるのは玉葱、トッピングは鶏チャーシュー、ウズラの玉子、三つ葉。

クリックすると拡大します

 途中から柚子胡椒を溶かしてみましたが、スープの味と柚子胡椒の味が綺麗に混ざります。
 スルッと食べてご馳走様でした。

 四軒目には立ち寄らず、帰宅。
 連休初日から飛ばすと息切れしてしまう、というか、歳を取ってかなり小食になりました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記