2019年07月12日

コラボラーメン考

/お弁当/鶏節らぁ麺いしばし@南阿佐ヶ谷にてコラボ塩らぁ麺/

クリックすると拡大します

 何年かぶりと言うことはないけど、短くても一年ぶり以上、お弁当を詰めた。
 以前はお弁当の写真を公開することもあったけど、今は昔、今ではそんな時間的余裕はない。
 お弁当を詰めていると朝ご飯の時間がなくなってしまって、いま、ここに至る。

クリックすると拡大します

 お店に行くには中央線阿佐ヶ谷駅より丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅の方が近いんだけど、地下鉄への乗り換えが面倒で、JRのみで伺ってしまいます。
 夜は、鶏節らぁ麺いしばし@南阿佐ヶ谷(杉並区阿佐谷南)公式ツイッター)へ。
 ツイッターでフォローされていないこともあって、訪問がついつい後回しになってしまい、今回で三回目になります。

クリックすると拡大します

 今日はいしばし初のコラボラーメンの販売、コラボラーメンのみを1日150食限定で販売されます。
 ツイッターでツイートされる残数にヒヤヒヤしながら向かいましたが、何とか残っているようです。
 麺をらぁ麺すぎ本@鷺ノ宮、スープを麺屋翔@西新宿、そしてトッピングをらぁ麺いしばしが担当するコラボラーメン。

クリックすると拡大します

 店内に入り、石毛店長さん、麺屋翔の大橋店主さんにご挨拶し、券売機で食券を買います。
 ラーメンは限定メニュー一種類だけですが、サイドメニューや飲み物は販売されていて、それじゃビール480円を。
 今夜は阿佐ヶ谷で一人お疲れ様会、1日だけの販売であってもちゃんとしたポップを作られています。
 座った席は自身の日頃の行いを如実に現して、店員さんからは死角になるほど、1人静かにラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして、コラボ塩らぁ麺1,480円
 コラボラーメンって、食材の特別性を強調し、全員ホームランバッターだから圧勝、的な仕上げを多く見かけます。
 食べ手も、全ての食材が最高だから味も最高との評価、食材の説明だけでお腹一杯、をよく見かけます。
 しかしして、石毛さんのコラボラーメンはそういったラーメン好きの情報欲求に配慮しつつも、ちょっと違うんだよね。

クリックすると拡大します

 普段使いの麺、普段使いのスープ、普段使いのトッピングを一つのどんぶりで合わせる。
 ハレの舞台だから、もちろん衣装を華やかにしてはいますが、私は私、それぞれの作り手の顔が見えるラーメンこそ、最高のラーメン。
 当たり前のことなんだけど、それぞれが同じ方向を向いて、同じ歩調で歩けば、隣の歩調に合わせなくても離れたりぶつかったりしないし、綺麗に足並みが揃う。
 どんなときでも飲食は一期一会、毎回特別な一杯ではあるけど、この一杯にラーメン好きのラーメン愛を感じます。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走さまでした。
 しばらく来ていなかったら季節限定メニューも販売されているので、食べに来ないと。
 その時は南阿佐ヶ谷から向かってみるかな、新しい景色が見えるかも知れない。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月11日

横浜駅近くに出店

/らぁ麺はやし田横浜店@横浜にてのどぐろそば、まぜそば/

クリックすると拡大します

 今日は月に一度の通院。
 日常生活には全く支障のない数値が規定値を外れている事に因るものですが、問診して薬をもらって30分もあれば終了。
 んで、折角休みを取ったので、横浜に出掛けました。

クリックすると拡大します

 お昼は、らぁ麺はやし田横浜店@横浜(横浜市神奈川区鶴屋町2-19-6)本店の公式ツイッター)へ。
 横浜駅西口から徒歩数分、更地に店舗を建てるところから始めて、本日7/11オープン。
 平日だし、横浜には名前が通ってないだろうと30分前に着いたら17番目、なめていてゴメンナサイ。
 営業時間は11:00-23:00の通し営業の無休でスタート、その後、お客さんの入りを見て、営業時間を調整するとのこと。

クリックすると拡大します

 本日と明日の二日間は、麺類が一杯500円で提供されます。
 個人店が開店した場合は待ち行列が全くなくても一杯しか食べません。
 しかしして、資本系でスープ切れ終了なら複数杯を食べても良いと考えています。
 もちろん、黙って食券を二枚買えば良いという話しではありません。

クリックすると拡大します

 開店初日ですが、メニューを絞らずに提供するのは、飲食店としては当たり前ですが、ラーメン店では「凄い」と言われてしまいます。
 メニューは醤油らぁ麺800円、のどぐろそば1,000円、つけ麺850円、まぜそば800円の四種類。
 トッピングはチャーシュー250円、味玉100円、メンマ100円。
 ご飯物は鶏茶漬けセット200円、ライス150円、アルコールはビール400円。

クリックすると拡大します

 定刻になって開店、少しずつ列が進みますがちょうど私の前で満席になります。
 一度店内に入り、先に食券を買って店員さんに渡して外待ち、ちょうどその時、新宿店の店長さんが外待ち客を対応されていたので、色々と話しを聞けました。
 春道と鈴蘭の関係は言質を取りましたが、まま、聞いたからと言って、何でもネットに公開して良いわけじゃ無いし。
 味のコンセプトがはやし田は「鴨と大山鶏」、鈴蘭は「濃厚煮干し」、時は麺なりは「純煮干し」、鳳仙花は「金目鯛」、花山は「薩摩しゃも」であり、次なる一手は、、、ああ、言わないで。

クリックすると拡大します

 少し待って店内へ、店内は厨房を囲むL字カウンター16席。
 卓上には調味料を置いておらず、水差しからお冷やを注ぐタイプです。
 カウンター台には新宿本店、池袋店と同じ説明書きが張り出されいますので、初めての人は読みましょう。

クリックすると拡大します

 打ちっぱなしのコンコクリート床に固定丸椅子、色々な考えがあるだろうけど、ちょっぴり心配。
 まま、素人の心配などとっくにお見通しで、きっちり対応されているのだと思います。
 店内を見渡すと全員が食べているので、いま調理されているのは、私のラーメンなのか。

クリックすると拡大します

 程なくしてのどぐろそば1,000円(オープン特価で500円)、正確を期するなら「のどぐろ煮干しそば」。
 スープを飲んでみると、新宿本店のそれと比べると風味と旨味が僅かに足りず、醤油たれで補っている印象を受けます。
 それでも、のどぐろを使ったラーメンととして秀逸の美味しさ、味の好みは千差万別ではあるけど、かなり美味しい。

クリックすると拡大します

 合わせる細麺は菅野製麺所、しばらくは新宿店なり池袋店なりからのヘルプが茹でるだろうけど、横浜店のメンバーになったところが、今から楽しみ。
 トッピングはチャーシューが二枚、材木メンマが二本、刻み紫タマネギと黒いなると。
 ラーメンを食べ歩いている私としては、のどぐろラーメンがたったの1,000円で食べられる時代に感謝しています。

クリックすると拡大します

 スープまで飲み干したからといって最高に美味しいとは一致しないけど、今日のラーメンに限って言えば一致しています。
 のどぐろそばははやし田系列でも「はやし田」と付く三店舗でしか販売していないので(今日は販売数を制限していませんでしたが、いずれ制限するでしょう)、また、本店で食べてみたくなりました。

クリックすると拡大します

 さて、2杯目はまぜそば800円(オープン特価で500円)
 麺は事前に醤油たれに和えてあって、特に混ぜることなくそのまま食べられるから、まぜそば。
 醤油たれと麺との相性は時間を掛けて調整されていて、とても美味しく仕上がっています。
 何気に豚チャーシュー、材木メンマ、鶏チャーシューをほぼ同じ大きさに並べてありますけど、誰もが簡単に出来る包丁さばきではありません。

クリックすると拡大します

 まぜそばは最初から最後まで味が変わらないので、一気に食べられる味付けにするか、味変用に調味料(食材)を用意するかになります。
 はやし田では、途中でトリュフオイル漬けの卵黄を、さらにカボスを搾って味変する仕組み。
 卵黄は初めから麺に乗せちゃっているラーメンが多い中、こちらでは別提供、乗せる楽しみも味わえます。

クリックすると拡大します

 食べ終わって立ち上がり、店員さんに「ご馳走様でした」と挨拶します。
 店内構造上、入口と出口を分けてあり、出口をでると新宿店々長さんが待ち構えています。
 他のお客さんの迷惑が掛からないように、 しばしのどぐろ煮干し談義、なるほどね、それで新宿本店が美味しいんですね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 その後、幾つか廻るべきラーメン店を考えていましたが、いつまでそんなことをやっているのだ、と自問自答して。
 早く帰宅して、家の用事を片付けようとしましたが、ちょうど雨が降ってきて。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月10日

熟成寿司

/おにやんま五反田店にて冷「並盛」とり天&ちくわ天ぶっかけ、ねぎ増量/魚がし日本一中野サンモール店にて熟成三貫王/ラーメン豚山中野店にて小ラーメン/

クリックすると拡大します

 朝は、おにやんま五反田店へ。
 店員さんが替わって(シフトが替わって)しまったんです。
 決して顔を覚えてもらっていたわけではないし、何かいいことが合ったわけでもないけど、少し間が空いていました。
 気を取り直して、先ずはいつものヤツを食べることにしました。

クリックすると拡大します

 食券を買って(正確には券売機のボタンを押して)、店内に入って、まごまごしていると、「おまちどおさまです」と。
 冷「並盛」とり天&ちくわ天ぶっかけ530円、ねぎ増量50円
 うどんはコシが強くなり、うどん汁は味がさっぱりして、それでも美味しさは変わらず。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が終わって、何か新しい店はオープンしていないかなと中野サンモールを入って行きます。
 両側の飲食店をチラチラ見ていると、魚がし日本一中野サンモール店ホームページ)が目に留まります。
 魚がし日本一の各店舗でリニューアルが行われていて、こちらは3月にリニューアルオープンしています。

クリックすると拡大します

 発酵熟成鮮魚、一言で説明するのは難しいのですが、熟成魚(寿司)をエイジングシートを使って短期間、低価格で実現しているということかな。
 魚だけではなく、牛肉や豚肉、野菜なども、衛生管理技術の向上によって、新鮮こそが正義という時代は終わりました。
 新鮮な食材は新鮮だからこその味わい、熟成した食材は熟成でしか味わえない味わいがあって、どちらが上とかどちらが美味しいとかはありません。
 両方美味しいし、両方食べたい。

クリックすると拡大します

 どんなものか食べてみるかと店内へ、完全立ち食いスペース、こちらへどうぞと店員さんに勧められます。
 外に看板があるからと言って売り切れていない保証はないので、店内を見渡していると「お飲み物はどうしましょうか」と勧められ。
 勧められると弱い私、中ジョッキ550円、今夜は中野で一人お疲れ様会。
 店員さんは常連さんらを名字や愛称で呼んでいて、呼ぶことはとても良いことだと感じますが、どうやってその名字や愛称を知ったのだろうか。

クリックすると拡大します

 熟成三貫王500円
 21日間熟成の本まぐろ赤身200円、7日間熟成の真鯛200円、12日間熟成の生サーモン150円、三貫王で注文すると50円お得です。
 魚がし日本一はヅケ台ではなく、笹の葉だったのでは、、、リニューアルで変わったのか、この店舗だけなのか。
 それなりのお鮨屋で食べたときに感じた、ねっとりと凝縮した旨味を遠くに感じ、この値段でここまでの味が表現できるようになったのですね。

クリックすると拡大します

 日本人って、どこまで美味しくすれば気が済むのだろうか、食べ手は美味しい美味しいと食べていれば良いのですけど。
 ここで、大好きな赤貝などの魚介類を食べ出すと日本酒に手が伸びて、ガッツリになってしまうので。
 今日のところはここまで、会計時にモバイルTカードを提示したら「カードのみです」と言われてしまった。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、ラーメン豚山中野店@中野(中野区中野)公式ツイッター)へ。
 豚山は、町田商店を展開するはギフトが仕掛ける「店内炊きスープ」の多店舗展開店。
 町田、平塚、大塚、大船、東長崎、上野に続く7店舗目として、麺屋海神中野店(2016/12/11-2019/4/21)の跡地に2019/6/21オープン。
 幅の狭い通り沿いに大きな看板を掲げられると、私の撮影技術では看板が切れてしまいます。

クリックすると拡大します

 これまでの展開では、営業時間に中休みを設けていましたが、中野店では11:00-24:00の通し営業です。
 まま、開店直後は人の流れを見ることもあって営業時間を長めに取り、様子を見て変えていくのかも知れません。
 ゆっくりとラーメンを味わいたい私ですが、仕事の関係でジャストディナータイムでの訪問になりました。

クリックすると拡大します

 入ってすぐ左手の券売機、おお、既にフルメニューですか(味噌はないけど)。
 小ラーメン780円、ミニラーメン730円、大ラーメン880円、汁なしに変更100円、つけ麺に変更100円。
 トッピングは生玉子50円、粉チーズ50円、味玉100円、辛ニラ100円など。
 ラーメン二郎系では珍しいライス100円、大ライス150円も用意されています。

クリックすると拡大します

 店内は、厨房を囲むL字カウンター6席と4席、4人掛けテーブルが3卓、計22席。
 卓上にはホワイトペッパーパウダー、ブラックペッパーグラウンド、お酢、タレ、一味。
 店内でスープを炊くと、(途中の説明は割愛しますが)どうしても床が滑りやすくなるので、ゴムシートが敷かれています。
 店員さんは厨房に3人、ホールに1人、満席でもつつがなく回せる布陣です。

クリックすると拡大します

 カウンター台には「ご注文方法」の説明があるので、ラーメンが出来上がるまでに熟読しておきます。
 しかしして、麺の茹で加減は食券を渡すときに伝えなければなりません(券売機に張り出されています)。
 ラーメン二郎と大きく違うのは、言わなければニンニクがトッピングされないこと。
 逆にラーメン二郎でニンニクを抜いて欲しい場合は、食券を渡すときに伝えます。

クリックすると拡大します

 10分と待たされずに、小ラーメン780円、コールは「ニンニク、ヤサイ、アレ」。「アレ」は店舗毎で日ごとに異なり、公式ツイッターで告知されていますが、今日は「カラマヨ」。
 ここで野菜の盛りが良いとか悪いとか、スープが乳化とか非乳化とかはジロリアン(ラーメン二郎を愛する人達の愛称)にませます。
 茹で野菜は95%がモヤシ、残りがキャベツ、そのまま食べたら殆ど味がないけど、最初の何口かはそのまま食べることにしています。
 麺が見えるまで野菜を食べたらレンゲでスープをすくって味見、豚骨、豚肉、背脂などで炊き出した味わいに強めに醤油たれを利かせてあります。

クリックすると拡大します

 平打太麺は四之宮商店、個人的には柔らかめが好みですが、個人的な理由により町田本店以外では指定しないことにしています。
 まま、普通茹でがスープとの相性が良く、食べ進めると味が染みてきて美味しいことは美味しいです。
 豚は「まだまだ調整中」の出来栄えに感じましたが、開店2週間にしてはスープと麺が良すぎて豚が相対的に不出来に感じただけでしょう。
 刻みニンニクはいつも通りの辛さで、ラーメン二郎だったらつまらない思うだろうけど、ラーメン二郎ではないので満足です。

クリックすると拡大します

 麺を半分以上食べたところでアレ、カラマヨを合わせてみます。
 あれと言うだけあって、相性も味もアレだったなぁ、、けど合わせてみないと分からないし。
 今日も卓上の調味料は使わなかった、ギャバンはともかく、一味や酢は試してみたいです。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記