2019年03月11日

金家系考

/中華そば 福味(ふくみ) 東京駅KITTE店@東京にて中華そば/ニュータンタンメン日暮里店@日暮里にてタンタンメン、ニラ/

クリックすると拡大します

 朝ご飯を自宅で済ませ、仕事の移動中に東京駅で途中下車。
 ちょうどお昼の時間というか、お昼の時間に合わせて仕事を段取りしたというか、そんな感じのランチタイム。
 いそいそと、東京駅南口のKITTEビルの地下へ向かいます。

クリックすると拡大します

 このラーメン集合施設には5店舗のラーメン店が出店されていますが、今日は中華そば 福味(ふくみ) 東京駅KITTE店@東京(千代田区丸の内)ホームページ)へ。
 仕事ならば自分の好きなラーメンばかり食べるわけには行かないだろうし、ラーメンを評論、評価したり、ラーメン店を紹介したりするなら、同じ店ばかり行くわけにはいかないだろうけど。
 誰に、どこかの組織に気兼ねすること無く、自分の食べたいラーメンを食べられて、私は幸せです。

クリックすると拡大します

 少し待ってカウンター席に案内されます。
 カウンター席は一部を除いて相対カウンターで、テーブル中央を飾りガラスで仕切ってあります。
 この飾りガラスは可動式で、上にずらして止めれば、向かい合わせのテーブル席っぽくなります。
 どこ店舗でも大抵は出来るのですが、誰も紹介しないので、私が紹介してみました(ダメだったかも)。

クリックすると拡大します

 程なくして中華そば820円。羽田空港店で食べたのは季節の限定メニューだったので、福味のベーシックメニューを食べるのは初めてです。
 信玄鶏の出汁スープを個人的に味わうのは、吉野町の鶏喰、大口の高野、阿佐ヶ谷のいしばしに続く4店目になります。
 出汁自体が濃いのか、鶏油が多いのか、強めの油感に圧倒的な鶏清湯の美味しさ。
 合わせる醤油タレが強くもなく弱くもなく、鶏の旨味を引き立てるだけの立ち位置で、言葉を失うほど美味しい。

クリックすると拡大します

 1日数百杯を売り捌くと思われるスープであるのに、この安定感は何なのだろうか。
 細麺は安心安定のコナノチカラ製麺所、客回転優先で細麺にしていると邪推しますが、スープにとてもよく合います。
 とっても美味しい焼豚のチャーシューが二枚、細裂きメンマが一掴み、薬味ネギ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が終わったのが計らずとも日暮里、東口に出て、大通りを渡り、細い道を入っていきます。
 日暮里駅から徒歩数分の、ニュータンタンメン日暮里店@日暮里(荒川区西日暮里)へ。
 駅から向かうと非常に分かりにくい立地ですが、そんなことして訪問するのはラヲタだけで、メインターゲットの地のお客さんにとっては「ああ、あそこね」と誰もが知っている立地なのでしょう。
 2019/2/27オープン、川崎系溶き卵タンメンインスパイアの金家(きんけ)系。

クリックすると拡大します

 元祖ニュータンタンメン本舗イソゲン(ホームページ)で修業して独立されたのが、中華タンタンメン本舗金家(きんけ)@片倉町。
 中華タンタンメン本舗金家(きんけ)@片倉町で修業して独立したのが、ニュータンタンメン座間店(2013/9/8-)。
 その座間店の支店が川口店(2016/3/19-)、蕨店(2018/10/1-)、この日、言質は取れませんでしたが、メニュー構成、ポップの作りからして、座間店の暖簾分けでしょう。
 ちなみに、イソゲンは現在全37店(全て訪問済み)、金家系は日暮里で5店舗目、つまり13%ですので、ポップの「希少な」はちょっと誇張かと。

クリックすると拡大します

 メニューは多岐に渡り、麺類だけでタンタンメン、みそタンタンメン、しょう油ラーメン、塩ラーメン、サンマーメン、みそラーメン、タンメン、かた焼きそば、特製マーボーメン。
 チャーハン、中華丼、スタミナ丼などの丼物、肉野菜炒め、生姜焼き、からし焼きなどの一品料理。
 ギョーザは焼き、みそ、揚げとあり、唐揚げはとり、ゆこ、たこなどが揃っています。
 もちろん飲み物も抜かりなく揃っていて、おつまみも全く問題ありません。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、タンタンメンの辛さはひかえめからメチャ辛までの五段階から選べます。
 店内は厨房に面したカウンター10席、入口近くに4人掛けテーブルが2卓、計18席。
 卓上には塩、コショウ(ホワイトペッパーパウダー)、ラー油、しょう油、酢。
 今時の飲食店では希少な喫煙可、まあ、小さい宴会ならこなせるほどのアルコール類とつまみがありますからね。

クリックすると拡大します

 程なくしてタンタンメン800円、ニラ100円、辛さはメチャ辛、ニラは別茹で後乗せ。
 イソゲンで共通のジャンボサイズ薄青磁色丼に対して、座間店以降で使われている普通サイズの黒丼、レンゲも普通サイズ。
 鮮やかな山吹色の麺相は、大量の唐辛子、大量の豚挽肉、大量の溶き卵が織りなす芸術的なスープ。
 スープは豚ガラ、鶏ガラを一緒に煮出しており、大量の刻みニンニクと、それなりの化学の力でまとめ上げられた、唯一無二の美味しさ。

クリックすると拡大します

 丸太麺は、麺肌がイソゲンとそっくりですが中身は別、製麺所がいまだに分かりません。
 途中で味変しようと思っても、酢しかなくて、酢を混ぜても良いことが何一つありません。
 ラーメン二郎同様、現代に今なお伝える伝統的で古典的な製法のラーメン。

クリックすると拡大します

 ああ、そうそう、前回蕨店に伺った時、「次回があれば食べたい」と言っていた、イソゲンの長野二店でのみ食べられる「つぶニラ」、頼み損ないました。
 未食の川口店に行って全店コンプしたいし、座間店に行ってメニュー比べもしたいなあ。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月10日

ラストるふらん

/油そば専門店ぶらぶら平塚店@平塚市宝町にて肉玉油そば/バル&食堂 reFraiN (るふらん)にてお任せランチ/

クリックすると拡大します

 飲み会が続く、お金が続かない。
 週一回程度に平均して飲みに行ければいいのに、続くときは続く、何故続くんだろう。
 今日は大磯でランチ、大磯に行くには幾つかの行き方があるけど、平塚駅までバスで出ることにした。

クリックすると拡大します

 平塚駅に着いたら、少し時間に余裕があるので、油そば専門店ぶらぶら平塚店@平塚市宝町ホームページ)でお昼を食べることにしました。
 赤坂、京橋、新宿、秋葉原、北品川、横浜、伊勢佐木町、鶴ヶ峰に続いて2015/5/9にオープン。他に藤沢にもあります。
 幾つかの支店に伺っていますが、平塚にあるのは知らなかったなぁ。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手の券売機で食券を買います。
 メニューは醤油タレの油そば、辛味油そば、地獄油そば。塩タレの塩油そば、辛塩油そば。海老醤油のえび醤油そば。
 麺量は並盛150g、大盛225g、特盛300gまで同額。
 トッピングはネギ、チャーシュー、メンマ、温玉など。一通りのご飯もの、アルコール類。

クリックすると拡大します

 ランチタイム(11:00-16:00)はご飯並か温泉玉子がサービス、毎週水曜はレディースデーで油そば500円、毎日シニア割として油そば500円。
 店内は真っ直ぐ伸びる一文字カウンター16席、厨房では女性店員さんが2人で頑張っています。
 食券を渡すと「大盛にしますか?」と訊かれるので、「並でお願いします」と答えます。
 卓上には辣油、酢、刻みニンニク、白胡椒、辣油。後から刻みたまねぎを用意して下さいました。

クリックすると拡大します

 程なくして肉玉油そば790円
 期間限定メニューでしたが3/4からレギュラーメニューになりました。
 徳島ラーメン風と言う触れ込みで、よく見かける「バラ肉と黄身を乗せれば徳島ラーメン風」の麺相のようです。
 丼に醤油ダレを敷き、茹で上げた麺を乗せ、茹でモヤシ、豚バラ肉、刻んだ長ネギ、メンマ、センターに卵黄、なるとを添えます。

クリックすると拡大します

 全体を良くかき混ぜて食べてみると、しっかりと感じられる鰹節の美味しさ、飽きの来ない薄味仕上げがとても食べやすいです。
 太麺から強い個性は感じられないけど物足りないと言うことは無く、十分に美味しく頂けます。
 そのまま食べ終わりそうになりかけましたが、酢、自家製辣油を回しかけて味変を楽しみます。

クリックすると拡大します

 麺とトッピングを食べ終わったら、残ったタレや酢や自家製辣油に卓上に用意されている鶏ガラスープを割り入れます。
 熱々のスープで飲んでも特別に美味しい事はないけど、油そばって身体が温まらないので、これはこれでありでしょう。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 平塚駅から一駅で大磯駅、この辺りはバイクかクルマで来てしまうので、駅に降りたのは初めてです。
 定刻より少し早く着いて、ベンチでのんびりしていたら、三々五々、集まってきました。
 駅ロータリーから緩やかに坂を下り、国道一号を渡って、住宅街を進みます。

クリックすると拡大します

 駅から徒歩10分でバル&食堂 reFraiN (るふらん)
、こんな住宅街にある民家がレストランだなんて、知っていなければ訪問できません。
 というか、お誘いがあったので訪問できましたけど、お誘いが無ければお店の存在自体を知りませんでした。
 店構えがとっても素敵、半年に一回くらい通いたいな、と思いましたが、今月で閉店とのこと。
 そう、私はいつでもタイミングの悪い男。

クリックすると拡大します

 ですので、お店のシステムや営業時間は紹介しません。
 店内というか家に入ると、幾つかの部屋に分かれていて、一番広い部屋にテーブルが連ねてあります。
 堅苦しくなく、何となく席に着いて、店員(?)さんに「よろしくお願いいたします」と挨拶します。
 メニューは無いけど、ワインは好みを訊いてくれ、それでも「料理に合わせたのを」とお願いしました。

クリックすると拡大します

 とはいえ、先ずは乾杯せねば。
 コロナド グアバ アイランダーで、再会を祝したり、初対面で自己紹介したり。
 ピンクグアバを使ったビール、柔らかい口当たりをして、ここまでの下界の喧噪をスパッと切り離します。

クリックすると拡大します

 アミューズはセロリとパクチーのサラダ。
 ピンクペッパーとビネガーの使い方が絶妙で、コースの全容が分からない中で取り合いになるほど美味しい。
 サラダはドレッシングのセンスだよなぁ、私にはまるっきり分からない世界だけど。

クリックすると拡大します

 1本目のワインは微発泡の白、Vin de France Petillant Naturel Sans Pagne 2015(ペティアン ナチュレル サン パーニュ) フランス。
 スパークリングワインというかシャンパーニュというか、どちらでも無い美味しさ。
 ちなみに気に入ったワインは購入も出来るけど、重い荷物になるので、こうして写真に撮って、ネットで発注か。

クリックすると拡大します

 続けてイワシのマリネ。
 こちらもビネガーの使い方が絶妙、というか、こういう料理で鰯を食べたことが無い。
 ああ美味しいよぉ、白ワインがよく合うよぉ。

クリックすると拡大します

 生パスタにイベリコ豚の燻製を乗せて。
 正直、パスタなんて年に一回か二回くらいしか食べないけど、こういう豚バラ肉を乗せて食べるのって、一般的なの?珍しいの?
 ソースは酸味を抑えたトマト、ニンニクを効かせ、ウドを絡めてあって、なんなのこの美味しさは。
 何料理、ってことではなく、店主のセンス料理なんだろうか。

クリックすると拡大します

 お次も白で、Riesling Le Salon des Bains Christian Binner 2016(リースリング ル・サロン・デ・バン) フランス。
 ぐっとボディがしっかりした濃密な味わい、この味わいは生パスタに合わせると言うより、生パスタとピッツアを繋いでくれます。
 何か不思議なんだけど、あんまりお冷やを飲みたくならないのよね。

クリックすると拡大します

 ピッツァは三枚で、一枚目は生クリームとアンチョビ、バター。
 どう考えても釜焼きの焦げ具合ですが、厨房を確認していません(確認しても閉店してしまうので)。
 薄い生地のナポリピッツァばかり食べていたので、こういった厚手のピッツァは久し振りです。

クリックすると拡大します

 二枚目は、サルシッチャ、南イタリア産の唐辛子。
 注文が入ってから、というか貸切なので、その場で生地を作って焼いているわけですが、言葉にするのがもったいないほど美味しい。
 ちなみに、ソルトやタバスコなどの調味料は一切無し。

クリックすると拡大します

 三枚目はレモン、バジル、唐辛子。
 なんすか、レモンを一緒に焼くピッツァって、美味しいじゃないですか。
 つか、三枚をどっしりタイプ、辛く目が覚めるタイプ、さっぱり気持ちを落ち着かせるタイプ、とストーリーとしています。

クリックすると拡大します

 メインに繋ぐために、Vine In Flames Pinot Noir Viile Budureasca 2016(ヴァイン イン フレイム ピノ ノワール) ルーマニア。
 ビロードの様な透き通る赤、ライトな味わいがピノのピノたるゆえん。

クリックすると拡大します

 メインは野菜たっぷりのローストチキン、ポテト。
 この手の料理は、どうしてもこちらに多く回ってきて、たっぷりと美味しく頂きました。
 ワイン三杯飲んで、料理を3品、生パスタ、ピッツァ三枚で、1人6,000円、何か計算が間違っている気がするほど安い。

クリックすると拡大します

 あっと言う間の二時間、とても美味しく、とても楽しかったです。
 帰りは緩やかな坂を登って大磯駅まで戻り、買い物をしていくという皆と駅で別れました。
 平塚駅まで一駅なのに寝てしまって、、、危うく寝過ごすところでした。

クリックすると拡大します

 平塚駅から自宅までのバスの中でも寝てしまって、危なく寝過ごすところ。
 帰宅したらもう夕方だったけど、昼寝してしまって。
 今週は飲み過ぎた、来週は控えよう。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月09日

再び波づきへ

/小杉らぁめん 夢番地@武蔵小杉にてかつお醤油らぁめん/鮨波づき/

クリックすると拡大します

 折角の土曜日は朝からのんびり。
 夜は飲みに行くので、その飲み会の場所の近くでラーメンを一杯、二杯を食べる時代はもう過ぎています。
 とは言え、電車遅延とか嫌なので、一時間前には現地入りすることは、未だに守っています。

クリックすると拡大します

 電車の乗り継ぎが順調だったので、一時間ほど余裕が出来て、軽く一杯食べておくかと。
 武蔵小杉駅に隣接する東急スクエア1階、小杉らぁめん 夢番地@武蔵小杉(川崎市中原区小杉町)公式ツイッター)へ。
 調べた限りでは、2005年に「らぁめん 夢番地」として創業。2016/9/1、「小杉らぁめん 夢番地」として東急スクエア内に(川崎市中原区小杉町3-1301)に移転。2017/12/19、「小杉らぁめん つけめん 夢番地」を川崎市中原区今井南町8に出店(2018/4/4より不定期営業)。
 こちらの店舗の看板、新規開店時は「小杉らぁめん つけめん 夢番地」だったようですが、いつの間にか「小杉らぁめん 夢番地」に変わっています。

クリックすると拡大します

 店内に入り左手の券売機で食券を買います。
 メニューは煮干背脂らぁめん、かつお醤油らぁめん(店外では「生姜醤油らぁめん」と紹介されています)、海老らぁめん(開店当時は中華そば)、鶏白湯らぁめん、担々麺、台湾まぜそば。
 一般的なトッピングが揃い、ご飯物は卵かけご飯、チャーシュー丼の2種類。
 サイドメニューは見当たりませんが、ドリンクとして生ビール、ウーロンハイが用意されています。

クリックすると拡大します

 店内に入って目の前、対面カウンター5席ずつの10席、窓側に2人掛けテーブルが4卓、計18席。
 卓上には黒胡椒、一味唐辛子、自家製辣油、フルーツ酢。
 理由は分かりませんが、お冷やのコップがすだれで覆われています。
 店内はフロンターレ推し一色で、好きな人には堪らないですな。

クリックすると拡大します

 程なくしてかつお醤油らぁめん750円
 鶏白湯スープに鰹節粉をブレンドしたと思われるスープ、粉っぽい舌触りが鰹節好きには堪りません。
 葱と刻みタマネギが冷たいまま多めにあしらわれていて、スープの温度を下げてしまっているのは、ちょっぴり残念。
 この辺りは逆に、「(直前まで冷やしていることが多い)野菜系をトッピングしても、スープが冷えない」ラーメンが不思議ですね(不思議じゃ無いか)。

クリックすると拡大します

 製麺所不明ながら全粒粉入りの角中細麺、スープとの相性に少し隙間があるのは、他のメニューと共通だからなのだろうか。
 トッピングは大きめのバラ巻きチャーシュー、長めの穂先メンマ、板海苔一枚。
 全体的にテイクユー系の印象なのですが、細部で異なっているので、結論として無関係なのだと思います。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 幹事と言うことで、定刻より30分は早くお店に到着しました。
 鮨波づき、前回訪問(2019/9)時にとても印象が良く、それじゃあ次回は幹事をするかと去年末に予約を入れました。
 お店は17:30-20:00、20:30-23:00の2部制、都内に住んでいれば2部の方が楽しめそうです。
 定刻の15分前には全員が集まり、定刻になって店内へ。

クリックすると拡大します

 もちろん1人から来店できますが、5人以上で貸切、今日は満席の7人です。
 先ずはビールで乾杯、先に乾杯して飲んじゃった写真ですみません。
 再開を祝する人、初対面の人、色々な人がいてとても楽しくなりそう。

クリックすると拡大します

 今日は日本酒を2本持ち込んでいて、一本は宗玄の純米吟醸酒。
 公式ホームページで特に断り無く紹介されていますが、関東近郊の特約店には卸していない銘柄で、北陸新幹線のグラングラスで現在提供されています(1合瓶ですが)。
 ちなみに、グラングラスでは飲み物が飲み放題なので、飲み過ぎ注意ですね。

クリックすると拡大します

 1品目は豆腐です。
 豆腐と言ってもここは鮨屋ですから自家製(自家製が当たり前なのでいちいち断ったりしません)、牛乳で作った嶺岡豆腐(みねおかどうふ)です。
 嶺岡豆腐と言ってもここは波づきですから、新じゃがを加えて食感も味わいも独特に仕上げてあります。
 もうさ、もの凄く美味しくて、このアテに合わせて日本酒を飲んでいたら、何合飲んでも足りません。

クリックすると拡大します

 店主さんが気前よく、ネタ箱を見せて下さいます。
 カメラの準備が間に合わなかったのでブレブレですが、雰囲気だけでも伝われば。
 もちろん、このネタを全て今夜使い切るわけではありませんが、さくの色艶を見ているだけでも楽しいし、見ているだけで一杯飲める。

クリックすると拡大します

 1品目は、サッと切り分けられた中トロ。
 大きすぎず小さすぎない中トロ、一口食べたら全員が瞬間的に黙ってしまう美味しさ。
 摺り下ろし立てのワサビ、切り身に乗せて食べて良し、そのまま食べて良し。

クリックすると拡大します

 持ち込んだ日本酒のもう一本は、小布施 ソガ ペール エ フィス「ヌメロシス」(6号酵母生酛) サケ エロテッイク 2017 生酒。
 毎年6種類だけ醸される日本酒の内、唯一マグナムボトル(1500ml)があります。
 先の一升とこの約一升で飲む量が足りるとは思えませんので、飲み終わったらお店の日本酒を頼むかと。

クリックすると拡大します

 ヒラメの塩ポン酢漬け。
 何が当たり前で何が特別なのか分からないけど、この店は調味料も自家製、即席で作ったり、何年も寝かしたりする。
 切り身の上にとろろ昆布を乗せてあって、なんとも言えない美味しさ。

クリックすると拡大します

 赤身と中落ち、味付けは酢飯の酢。
 赤身のキュッとした食感と、中落ちのスッとした食感のコントラストが美味しい。
 酢飯の酢は何年か寝かしていると言っていた様な、あまりにも美味しくて記憶が曖昧です。

クリックすると拡大します

 白魚、山椒を振って。
 私が知っている白魚の食べ方は醤油かポン酢を掛けるくらいですが、山椒を振るんだ、そしてとても美味しいんだ。
 日本酒が進みますねぇ、今日は抑えめに飲んでいるけど、それでも進むねぇ。

クリックすると拡大します

 帆立の磯辺巻き。
 冷たい料理が続いたので温かい料理、は理解できるけど、この大きなホタテ焼きを軽く炙った焼き海苔で頂く幸せよ。
 料理が美味しいのに加えて、お喋りが楽しいのが最高の調味料、この幸せな時間よ。

クリックすると拡大します

 ホタルイカ、ヤリイカの煮汁掛け。
 季節が始まったと思ったらもう終売になるホタルイカ、酢味噌で食べるのかと思ったら、ヤリイカの煮汁を掛けるですと。
 申し訳ありませんが、こんな美味しいホタルイカ、初めて食べたよ。

クリックすると拡大します

 ここでサラダ。
 鮨屋のコースでサラダがあるのがこの店の特徴というか面白いところ。
 しかしして、ドレッシングが鮪の脂だというから、何というか、面白いというか、美味しいというか。

クリックすると拡大します

 一品料理はまだ続きますが、ここから握りが始まります。
 一旦味覚をリセットするためのシャーベット、鮨屋のシャーベットは山葵。
 摺り下ろした山葵だけだと辛さが足りないので、チューブの山葵を加えているとのこと。

クリックすると拡大します

 大トロ。
 その色艶から想像できる極上の美味しさなので説明不要。
 写真を整理していて気がついたけど、ガリを殆ど食べていません。

クリックすると拡大します

 本ミル貝。
 一仕事してあるんだけど、味わった美味しさに埋もれてしまって忘れてしまった。
 次回からは説明のメモが終わってから食べることにしよう(自信なし)。

クリックすると拡大します

 焼きサクラマスにレモンペッパー、野菜あんかけ。
 サクラマスは刺身で食べるのが一番美味しいかと思ったら、焼きも美味しい、あんかけと一緒に食べるともっと美味しい。
 量がある様でいて、さっと食べられちゃうな。

クリックすると拡大します

 小肌の三つ編み握り。 
 何の説明も無く三つ編み握り、分かる人には分かる久兵衛の編み方、もちろん私は分かる人(前回食べたので)。

クリックすると拡大します

 食べたときは覚えたつもりで、今になって何だったか忘れてしまいました。
 大抵は写真を見れば思い出せるのになあ、美味しかった味は覚えているのだけどなぁ。

クリックすると拡大します

 フグと真鱈の白子に飯。
 フグの白子は軽く炙ってあり、2種類の白子を混ぜ合わせてご飯を食べるという、意味が分からない最高のご飯。

クリックすると拡大します

 海老。
 醤油がサッと引いてあって、思い出すだけで顔が笑ってしまう美味しい海老。

クリックすると拡大します

 煮あさり。
 写真はしっかり撮ったけど、周りと話していて説明を全く聞いていない。
 この辺りで持ち込みの日本酒を飲み終わってしまい、作を2合ほどお願いしました。

クリックすると拡大します

 ここで碗物のお味噌汁。
 握りすしって意外と身体を冷やすので、こうして温かい汁物がとてもありがたいです。

クリックすると拡大します

 春子鯛(かすごだい)、塩漬け桜。
 春子鯛とは本鯛の稚魚であり、春先にだけ食べられる小さい鯛。
 初めて食べたかも知れない春子鯛、美味しいなぁ。

クリックすると拡大します

 北海道産の雲丹。
 最後の握りは雲丹、一口の半分くらいを食べるのが一番美味しい食べ方なのかな。

クリックすると拡大します

 お寿司を食べた後でも飯、今日は茶づけ。
 大きめの魚の切り身(今日は名前を覚えていないのが多過ぎる)ごとお茶を掛けて、美味しく頂きます。

クリックすると拡大します

 甘味の前の甘味としてだし巻き卵。
 一口の半分くらいに切り分けられているのに、一口で2つ食べてしまいます。

クリックすると拡大します

 さて、甘味はコーヒープリン。
 コーヒーは黒いと思われがちですが、焙煎する前の生豆で水出ししたコーヒーで作ったプリン。

クリックすると拡大します

 これだけ飲んで食べて約10,000円/人(持ち込んだ日本酒代を除く)、お寿司の適正価格って何、的な。
 今日も美味しく、楽しく、ありがとうございました。
 さて、帰って気持ちを落ち着けたら、次の予約を取らねば。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記