2017年07月12日

濃厚タンメン、再び

/ゆで太郎高輪店にて朝そば(玉子)、わかめ/濃厚タンメン三男坊@蒲田にて塩タンカラ/

クリックすると拡大します

 お昼はゆで太郎高輪店(ホームページ)。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとして両雄並び立つ(正しい日本語は「両雄並び立たず」)。
 今月の14日までは9月末まで有効な無料クーポン券が配布されていますので、私を初めとするクーポン券マニアは(どうせ使い切れなくても)優先的にゆで太郎でお蕎麦を食べます。

クリックすると拡大します

 朝は朝そば(玉子)、朝そば(鬼おろし)が330円、高菜明太ごはん、納豆、カレー丼が360円。
 今日は朝そば(玉子)330円、お蕎麦はかけそばともりそばから選べるのでもりそば、玉子は生、温玉、固茹でから選べるので生、クーポンでわかめ
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼はお手製お弁当、ご紹介するほどのことでは無く。
 夜は昨日に引き続き濃厚タンメン三男坊@蒲田(大田区西蒲田)、昨夜より30分遅くの入店ですが昨夜と同じほぼ満席、座った席も同じ。
 昨日、聞きそびれてしまいましたので確認すると、松富士食品の東京タンメントナリはオマージュしているけれども、全くの無関係とのこと。

クリックすると拡大します

 先ずは生ビール380円で、今夜は蒲田で一人お疲れ様会。
 くぅ、今日も暑かったのでビールを飲まないと一歩も進めません。
 つまみは特に頼まずに、すぐにラーメンを食べることにして。

クリックすると拡大します

 今夜は未食の塩タンメンですが、唐揚げ3個を付けたセットの塩タンカラ900円にしました。
 世の中に塩タンメンは数え切れないほどあるけど、その殆ど(全て?)が、野菜をスープで煮込む料理ではないかと。
 野菜にスープの味は移せるけど、スープが野菜の水分で薄くなり、化学の力で補うことも多いのでは無いでしょうか。

クリックすると拡大します

 濃厚タンメン三男坊のタンメンは、スープはスープでしっかり仕上げ、炒め野菜は炒め野菜としてしっかり仕上げ、合わせて食べる料理です。
 野菜は歯応えが感じられるほどシャキシャキしているし、豚骨スープは水っぽく無く、野菜の味も移っていなくてとても美味しい(濃厚ではない)。
 見澤食品の平打極太麺は茹で前150g、私には丁度いいけど、若いお客さんは麺増ししたり、ライスを付けたりしてました。

クリックすると拡大します

 タンカラとしてセットになるカラアゲは三つ、鶏モモ肉から特製ダレに漬け込んで店内で揚げているので、そのまま食べてもとても美味しい。
 今日はスープに浸けて食べてみましたが、これもまた中々いけます。
 途中で卓上の辛味噌を合わせてみましたが、いいじゃないですか、入れすぎ注意ですけど。

クリックすると拡大します

 他店と同じでは生き残れない、似ているけど違うことをしないと、の発想から生まれた濃厚タンメン。
 店先や店内が資本系然としているので、ラーメン好きでも食べる人は新店ハンターくらいではないでしょうか。
 ところが開店一ヶ月はオペレーションがグダグダで誰もが低評価、その頃の評価をネットで見たら食べには行かない、つまり、今こうして満席のお客さんはネットを見ずに食べに来ています。

クリックすると拡大します

 いつの時代も口コミが大切なのは変わらないけど、じゃあその口コミにどうやって情報を乗せるんだよ。
 私は何もしていないし何もできない、ただ、口コミで広がって流行っていくのを見るのは楽しい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月11日

濃厚タンメン

/社内弁当/濃厚タンメン三男坊@蒲田にてカラアゲ、辛タンメン/もつ焼き次郎/

クリックすると拡大します

 お昼は社内弁当を買ってみた。
 600円均一で数種類を売っていて、もちろん貧乏な私はご飯よりおかずが多いお弁当にしました。
 美味しかったなぁ、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は友達と待ち合わせて、濃厚タンメン三男坊@蒲田(大田区西蒲田)へ。
 経営母体は一刀家などを展開するスマイルキューブ(ホームページ)、一刀家蒲田店をリニューアルして2017/5/2にオープンしました。
 場所は蒲田駅西口のタクシーロータリーの先、蒲田二郎の手前、通りから少し入ったところですが、通りからよく見えます。

クリックすると拡大します

 ちなみに三男坊とは店主さんが三男からとのこと。
 店先には大きなタペストリーが掲げられていて、濃厚タンメン三男坊の説明として、「豚骨ベースの濃厚スープ」「約四百グラムのヘルシー野菜」「げんこつサイズのがっつり唐揚げ」「特製中太手揉み麺」の四つの特徴が書かれています。
 しかしして、一番重要な濃厚タンメン三男坊の特徴は「今まで誰もやらなかったタンメン」であることです。

クリックすると拡大します

 店内に入ると店員さんから元気いっぱいのご挨拶、左手の券売機で食券を買います。
 麺類は濃厚タンメン700円、辛タンメン800円、塩タンメン700円の三種類、唐揚げ3個付きのセットメニューである「タンカラ」はそれぞれ200円増しとなります。
 トッピングは野菜増し150円、コーン増し100円、豚増し200円の三種類、
 飲み物は生ビール、ハイボール、瓶ビール、つまみ用の鶏チャー380円、塩キャベツ300円、枝豆300円、キムチ300円。

クリックすると拡大します

 驚くべきは、麺抜きメニューが初めから用意されていて、聞けば糖質ダイエットや飲んだ後に、スープだけ飲みたいお客さん向けとか。
 各味100円引きで炒め野菜がトッピングされたスープが飲める(食べらる)ので、飲んだ後に利用してみます。
 席に着いたら生ビール380円をガチンとぶつけ、今夜は蒲田で二人お疲れ様会、くぅ、五臓六腑に染みるね。

クリックすると拡大します

 店内は真ん中に通路、右の厨房向きに8席、左の壁向きに6席の壁向きカウンターのみ。
 テーブルを用意すれば飲み客に対応しやすいけど、土地柄、飲み客だらけになりそうなのでいったんは回避されています。
 卓上には辛子味噌、ブラックペッパー、酢、一味唐辛子。

クリックすると拡大します

 しばらくして運ばれてきたカラアゲ5個400円
 資本系のラーメン店なのでレンチンの唐揚げを想定していましたが、『丁寧に筋切りして特製タレ(醤油・白だし・胡椒・みりん・生生姜・生ニンニク)に半日以上漬け込んだ鶏モモ肉』を店内で揚げた逸品。
 この値段でそんなに手間を掛けて大丈夫なのか心配になるほど、キャベツの千切りも添えられていて、居酒屋レベルを超えた美味しい唐揚げです。

クリックすると拡大します

 さて、いつまでも飲んでいたいけどラーメン、私は辛タンメン800円
 一般的なタンメンは、野菜をスープと共に煮込み、スープに野菜の味を、野菜にスープの味を馴染ませて一体感を出します。
 濃厚タンメン三男坊では、看板通りの野菜400gを大きな中華鍋を力強く振って炒め、ラーメンにトッピングしてあります。
 「他店と同じことをしても厳しいだけ」と、炒め野菜は炒め野菜で、スープはスープで味わう、タンメンであってタンメンでは無いラーメンです。

クリックすると拡大します

 スープは豚骨ダシをベースとしつつも鶏ガラダシをブレンド、セントラルキッチンなのは多店舗展開を見据えてでしょう。
 濃厚どころかサラリとした舌触り、合わせる平打極太麺は所沢の見澤食品製、これが実に美味しい。
 野菜炒めは人参、キャベツ、とうもろこし、にら、玉ねぎ、かまぼこ、イカゲソ、もやし、豚肉、キクラゲ。

クリックすると拡大します

 おろしニンニクとおろし生姜は別トッピングですので、必要な場合は店員さんに声を掛けます。
 どちらも辛味が効いている生、つまり店内で調理されています。
 居酒屋でもチューブが多い昨今、ラーメン店でそこまでやりますか、でもこのタンメンには生がとても良く合います。

クリックすると拡大します

 辛タンメンには粉チーズとタバスコが添えられます。
 粉チーズはさっぱりした味わいにコクを加え、タバスコは殆ど色付けだけの薄ピンクのスープがキリリと辛くなってとても美味しい。
 荒削りながらも先をしっかりと見据えた一杯、とても美味しかったです。

クリックすると拡大します

 友達は基本の濃厚タンメン700円。
 そこそこラーメンを食べ歩いている友達も、この野菜炒めがトッピングされた豚骨スープラーメンは初めてだったらしく、とても美味しいとのこと。
 スルッと食べてご馳走様でした、残るは塩味か。

クリックすると拡大します

 もうお腹いっぱいだけど、どうしても飲みに行きたいと言われたら、俺も嫌いじゃ無いのでついついと。
 歩いて向かったもつ焼き次郎、開店して三ヶ月ですが、食べログ未掲載。
 店内は満席で、店先のアディショナル・スペースにも先客がいて、、、ノープロブレムか。

クリックすると拡大します

 ビールは飲み終わったのでレモンサワーとホッピーで、今夜は蒲田で四人虹会。
 その場で仲良くなる、名前は聞かない、可愛い女性は何かにつけて得。
 一品目はタン刺し380円、タン元からタン先へのグラデーション盛り付け、酔ってピント合わず。

クリックすると拡大します

 一本90円のレバー、しっかりと芯まで火が通っていて、レモンサワーでは失礼になるほどの美味しさ。
 写真が下手くそで生焼けに見えて済みません。
 二つ食べておろしニンニクとネギを食べ、残り二つを食べて残りをいただく、たまらないな。

クリックすると拡大します

 白ナンコツとハツ。
 さっさとレモンサワーをお代わりして、すっかり打ち解けてしまい、立ち飲みってどうしても盛り上がるよね。
 ああ、明日も早いのに。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月10日

社内販売弁当

/社内弁当/ゆで太郎西五反田2丁目店にて焼きのりそば、クーポン海老天/

クリックすると拡大します

 お昼は社内弁当を買ってみた。
 450円から600円まで数種類を売っていて、もちろん貧乏な私は450円のお弁当にしました。
 美味しかったなぁ、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜はゆで太郎西五反田2丁目店(ホームページ)。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとして両雄並び立つ(正しい日本語は「両雄並び立たず」)。
 五反田はゆで太郎システムの聖地なのですが、もう一軒だけ、未訪問店が残っています。

クリックすると拡大します

 初めて食べた焼きのりそば380円、クーポン海老天
 打ち立てのお蕎麦、茹でたてのお蕎麦、もり汁に浸して食べると、美味しいですね。
 海苔が美味しいので、お蕎麦に乗せずにそのまま食べてしまいました。
 ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記