2017年06月16日

週末はラーメン屋で飲む

/おにやんま五反田店にて冷「並盛」とり天ぶっかけ/博多らーめん由丸品川港南店にて焼きあご冷やしラーメン/らーめん雅楽GARAKU@あざみ野にてグリーンカレーみそらーめん/

クリックすると拡大します

 朝は久しぶりのおにやんま五反田店、ネギ増量が有料になって随分と足が遠のいてしまいました。
 久しぶりだったので券売機のボタンが見つけられず、やっと見つけて食券を買って店内へ。
 店内の厨房には買った食券のレシートが出力される機械があって、自分が持っている食券とは関係なく、店員さんはお客さんに順番に提供していきます。

クリックすると拡大します

 完全立ち食い制で食べるスペースも狭めですが、それも味のウチ、冷「並盛」とり天ぶっかけ420円
 うどんの量が少なくなったように感じましたが年寄りの私にはこのくらいがちょうどよく、程よいコシのうどんも美味しくいただけます。
 イリコ出汁のお汁が美味しいですなぁ、とり天もいい感じで揚がっていてとても美味しい。
 美味しくいただいて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 博多らーめん由丸品川港南店@品川(港区港南)ホームページ)、今の職場から徒歩圏内に由丸があるので、定期的に通うことにしています。
 遠くの親戚より近くの他人、という言葉あるように、遠くの馴染み店より近くのチェーン店、なのかな。
 たまに「交通費を掛けるくらいだったら」と思うこともありますね、たまにですが。

クリックすると拡大します

 店舗は二階ですが、同じビルの四階には由丸ちゃんぽんがあって、次回はそこでと思っていましたが、つい、夏季限定メニューにつられて。
 夏季限定メニューは、ちゃんぽん由丸にて冷やし中華、博多らーめん由丸にて焼きあご冷やしラーメン。
 博多ラーメンって一年中豚骨白湯の熱々ラーメンを提供するだけじゃ、やっていけないのか(そんなことは無いでしょう)。

クリックすると拡大します

 店内は相変わらず混んでいて、外待ち10分、着席10分して焼きあご冷やしラーメン880円
 『飛び魚を香ばしく焼いた焼きあごは九州・博多の定番だし。この香り高い焼きあごだしと由丸秘伝のかえしダレとの相性が抜群。』
 アゴ出汁だけでは感じ得ないほどハッキリしたアゴの味わいのスープ、しっかり冷えていて美味しいです。

クリックすると拡大します

 麺は硬めの中細麺、スープの冷たさにも負けていませんし、角氷も乗せてあって最後まで温度が上がりません。
 トッピングは蒸し鶏を二つ、材木メンマ、万ネギ、野沢菜のおひたし、半身の味玉、なると、板海苔一枚。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 らーめん雅楽GARAKU@あざみ野(横浜市青葉区)、今月も伺いました。
 遠くの親戚より近くの他人、という言葉あるように、遠くの馴染み店に通えるのは月に一度が精一杯です。
 店先から店内を覗くと意外と空いている、まあ、来店時に空いていても何にも当てにならないけどね。

クリックすると拡大します

 先ず1杯目はハートランドなわけですよ、ビールと言えばハートランドなわけですよ。
 付き出しが有ったり無かったりなのですよ、有ったときは色々と細かい料理が変わるのですよ。
 今夜はだだちゃ豆、チャーシュー、味玉の三点セットです。

クリックすると拡大します

 ビールを飲みながら、店主さんの手隙を狙ってあれこれとラーメン談義。
 今日は某ラーメン屋の話、ネット情報を鵜呑みして「○○で修業されて」と書いて地雷を踏んだら辛いので。
 まあさ、何でもかんでも裏を取れるとは限らないけど、それなりにラーメン業界に接しているのだったら、知らないは通らないと思うのだが。

クリックすると拡大します

 さて、閉店時間も迫ってきたので、月替わりメニューのグリーンカレーみそらーめん950円
 ※店主さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なりますので、ご了承ください。
 大切なのは「グリーンカレーらーめん」ではなく「グリーンカレーみそらーめん」であること、全面的に味噌、回りにカレー。

クリックすると拡大します

 ほぼ毎回限定メニューばかり食べているので、デフォの味噌らーめんの味を忘れかけていて、おお、こんなに美味しかったっけの味わい。
 さらにスパイシーなカレーが加わり、ココナッツミルクも足されて、雅楽でしか味わえない美味しさに仕上がっています。
 カレーにはタケノコ、鶏肉、パプリカ、焼きナスが多過ぎず少なすぎず入っていて、トッピングとしてパクチー。

クリックすると拡大します

 パクチーは年間でかなり値段が変わりますが、今の時期が旬なので値段も味も安定しているとのこと。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 また来月、開店記念日が過ぎたらお伺いしますね。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月15日

自分のペースで

/ゆで太郎高輪店にて得ランチ/博多一風堂本厚木ミロードイースト店にてワンタン(3個)、特辛/

クリックすると拡大します

 お昼はゆで太郎高輪店(ホームページ)。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとして両雄並び立つ(正しい日本語は「両雄並び立たず」)。
 今日は「快晴が続く梅雨」でしたので、座れないかと心配になるほど混んでいました。

クリックすると拡大します

 平日11時から16時までの得ランチ500円、木曜はミニかつ丼セット、クーポンかき揚げ。
 かつ丼は注文が入ってから調理を始めるので時間が掛かり、並んでいるとランチ以外の注文の人に抜かれたりします。
 今日は待ち客のほぼ全員がランチでしたので、抜かれることはありませんでした。

クリックすると拡大します

 お蕎麦、もり汁、安定のクオリティ、薬味ネギがシャキシャキと瑞々しく、気持ち辛めの蕎麦つゆにとても良く合います。
 ちょうど良い大きさのかつ丼、甘めの味付けですから紅生姜を乗せないと、ね。
 お蕎麦を食べ終わってかつ丼に「よ」、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事の打ち合わせで、お客さんの課長さんからとてもありがたい言葉を頂いた。
 「自分のペースでやろう」、言葉自体は平素ですが、こういう言葉をお客さん自身が言うことは稀です。
 誰かに分かって欲しくて書いたわけではありませんから、ささ、次の話へ。

クリックすると拡大します

 夜は博多一風堂本厚木ミロードイースト店ホームページ)、一風堂は直営店と暖簾分け店がありますが、こちらは直営店です。
 バリスゴカードの達成に向けて通い出しましたが、通い出してみると知らないことが多くて、自身の不勉強を恥じます。
 カウンター席に案内され、念のためメニューを見てみると、前回と変わったような気がします(未確認)。

クリックすると拡大します

 注文して、ルイボスティーを飲みながら、辛子もやしと辛子高菜をつまみながら、改めてメニューを見直します。
 九州で博多豚骨ラーメン屋を数軒回った時、必ずワンタンがメニューにありました。
 一風堂ではグランドメニューとしてワンタンはトッピング扱いではありませんが、店舗によっては販売されているようです。
 となれば、なぜこの店舗では販売されているのか、(3店舗しか販売されていない)醤油ラーメンもあるし、それでいて暖簾分け店ではないし。

クリックすると拡大します

 程なくしてからかワンタン(3個)990円、辛さは特辛
 ワンタンは3個で100円増し、6個で200円増し、からか麺以外のメニューでトッピングできるようには書かれていません(頼めばできるのかも)。
 先ずはこれまでのからか麺から食べると、あれっ麺が(白丸用の)極細麺ではなく(赤丸用の)中太麺に変わっているじゃ無いか。

クリックすると拡大します

 辛味餡もぐっと辛味を強く感じる仕上がりになっていて、『山椒などのスパイスの効かせ方や豆板醤や甜麺醤(テンメンジャン)の配合を変更し、単に辛いだけでなく、その奥に上品な深みを感じる味わいを実現しました。』とあります。
 うーん、店舗展開して、新メニューを開発して、季節ものを販売して、それだけでも凄いのに、基本メニューを見直す(進化させる)のは凄すぎないか。
 ワンタンは小ぶり、まるで一口餃子のようですが、辛味餡に使われている辣油がちょうどいい感じで合っていて、、、はっ、ひょっとして計算済みか。

クリックすると拡大します

 注文するときは「200円はなぁ」と思っていましたが、食べ出すと「3つは少ないなぁ」と思ってしまいます。
 途中から追加するのもアレなので、三つを大切に美味しくいただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月14日

注文の多いワインバー

/いろり庵きらく田町店にてかき揚げそば/そばいち恵比寿店にてかけそば、玉子/注文の多いワインバー/

クリックすると拡大します

 新宿まで座れず、山手線に乗り換えて五反田辺りで座れたので寝てしまい、起きたら田町。
 朝、時間が合ったので、いろり庵きらく田町店ホームページ)にて、かき揚げそば430円
 日本レストランエンタプライズのお蕎麦は、もちろんセントラルキッチンで一括生産ですが、調理のブレが店舗では無く店員さんに依存する割合が高いと感じています。
 勉強が足りない。

クリックすると拡大します

 午後になって何となく身体がだるく、急速に風邪に向かう体調の予感、今夜は大切なデートがあるのに、、、そんな日に限って、、、
 アレルギー体質で基本的に売薬を受け付けない身体へたった一つだけ効く鎮痛剤、こういうときに使う。
 大げさに書いているだけで実際は大したことは無いのですが、病は気から。

クリックすると拡大します

 お昼というか夕飯、そばいち恵比寿店ホームページ)にてかけそば300円、玉子90円
 日本レストランエンタプライズの駅そばは6種類あって、きらくより少しだけ高価なそばいち。
 体調不良を無理矢理クスリで抑えつつ、お蕎麦とお汁で何とか少しだけ栄養補給して。



 恵比寿駅から徒歩15分、先に伺った人の話だとタクシーで向かう人が圧倒的だけど、なだらかな上り坂を登り切り、少し下って東四丁目交差点へ。
 渡れば港区ですから渡らずに渋谷区に戻るように右手に下っていくと、右手にハワイ語で「天使、女神」を意味するanelaを店名としたウェディングフラワー、ギフトのフラワーショップ、anelaアネラ(ホームページ)があります。

 店舗の左隣りにウェディングやフラワーイベント向けのお花を事前に準備しておく部屋があり、逆に言えばお花が無ければ空いている部屋、今日の目的地はその部屋。
 ここまで歩いてきて少し息が上がっていて、息が落ち着いたら体調もすっかり良くなりました。

クリックすると拡大します

 注文の多いワインバー、そんな看板は出ていないし、そんな看板が必要であるとは思えないし、そもそもこの名前が正式な屋号とは限りません。
 お客さんのことだけを考えていたらお客さんの先に行ってしまったお店、来店は店舗への電話ではなく店主へのメッセージによる完全予約制です。
 この記事を読んでお店に行く人はいないとは思いますが、念のため伝えておくと、営業時間は火曜日から金曜日の19時30分からお好きなだけ、支払いはクレジットカードのみ。

クリックすると拡大します

 『シャンパーニュとブルゴーニュワインがお好きな方だけのためのストライクゾーンの狭さこのうえない相席サロン』(店舗の公式フェイスブックサイトから引用)。
 お店へ一人で行くのは簡単だけど、ワインとワインを飲む空間の素晴らしさが理解できる女性と一緒に行きたい(連れて行く、と言う表現は嫌いだし、間違っています)。

 一緒に行きたいと思うのは簡単だけど、お店が開店した頃はその女性が周りに見当たらず、どうしたものかと生きていると、お店に早く行けとばかりワインの神様が素晴らしい女性を巡り逢わせてくれました。
 人と人の相性は会った回数や時間には全く関係しない、関係あると信じるのは信じたい人の自由ではあるけれど。

クリックすると拡大します

 引き戸を開けると嶋さんが満願の笑みでお出迎え、一年ぶりだと思うけど一瞬で打ち解けます。
 店内は出荷前のお花置き場だけあって殺風景、純粋にワインと会話だけが楽しめる最低限のテーブルとイスだけ、テーブルは基本的に二人用、無理矢理座れば6人まで。

 花屋さん側の壁がちょっと変わっていて、これは行ってみてのお楽しみ。
 色々とオブジェを用意したり、絵画や彫刻を並べることはこれからもありませんので、写真を撮ると言ってもドライフラワーくらい。
 とてもバーとは言えないテーブルに二人で並んで座る、バーですのでフォークとナイフではなく箸。

クリックすると拡大します

 もちろんワインリストや料理のメニューは用意されておらず、値段も分かりません、まあ、ここでいきなりワインリストを出されても首をかしげてしまうけど。
 先ずはシャンパーニュ、今夜はアンリ・グートルブ、色合い、泡の粒のきめ細かさ、今まで見たことがない。

 飲んでみて驚きの前に言葉が無い、彼女も黙っている。
 「このシャンパーニュ、ビンテージなんだけどごにょごにょ、、、」、まだ二人とも言葉を発しない。
 そんなことがあるかどうか分からないけど、このシャンパーニュは本物、これまで飲んだシャンパーニュは偽物では無かったけど本物でも無かった。

クリックすると拡大します

 続く白ワインは、ダニエル・ダンプ氏が造るシャブリ グランクリュ。
 素晴らしい味わい、事前にワインリストがあったら値段が分かるだろうから、恐らく一生飲むことができなかった一杯。

 今まで白ワイン、と一括りにしていた自分が恥ずかしい、だからと言ってこのレベルの白ワインをバンバン飲めるはずも無いけど。
 料理は「これから市場に出回るかも知れない」みたい自然食材ばかり、自然が良いのでは無く、普通にその辺から買ってきたわけではないということ。
 しかししてこの食材がワインの味わいともの凄く良く合う、どうしてなんだろうか。

クリックすると拡大します

 赤としてペルナン・ヴェルジュレス2013、女性が大好きなブルゴーニュのワイン。
 これがまた、以前、大手町サンケイビルで飲んでいたワインとは別物で、、、まあ、全く違うワインだからな。

 フルボティですが重さを感じず、後味がすっきりしているのに脳の中には味が残っているという。
 それにしても彼女は楽しそうで、もちろん私はそれ以上に楽しいのですが、後から来たお客さんともすぐに打ち解けて楽しそうです。

クリックすると拡大します

 デザートはオリーブオイルを掛けたアイス、なんだろそれ。
 すっごい美味しいわけでは無い、あくまでもワインバーのデザートとしての美味しさ。

 『今はさ、リーズナブルでそこそこのワインは自分でも探せる時代になった。でも「ほんとうに心震える美味しいワインは探せない」と思う。それは「ひと」に依存するからよ。』(嶋さんのFB記事より引用)
 この「ワイン」の部分を日本酒に変えても全く意味は変わらないし、ラーメンに変えても同じ。
 美味しくて、楽しくて、とてもお世話になりました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記