2019年09月02日

蒲田と三ツ境の家系ラーメン

/横浜家系ラーメン志田家蒲田店@蒲田にてラーメン(並)、ニラ/豚骨醤油ラーメン マルセイ@三ツ境にて煮干豚骨ラーメン/

クリックすると拡大します

 この時期の時候の挨拶は、「涼しくなって、めっきり秋らしくなりました」と「まだまだ残暑厳しく」のいずれか。
 今日は歩いているだけで汗ばみ、残暑厳しい日です。
 とはいえ、暑さ寒さを感じるのは出勤時とお昼休み、帰宅途中ですけどね。

クリックすると拡大します

 お昼は、横浜家系ラーメン志田家蒲田店@蒲田(大田区蒲田)公式ツイッター)へ。
 定期的に通っている家系ラーメン店の一つで、限定メニュー狙いでは無く、レギュラーメニューのブレを楽しみに伺うラーメン店です。

クリックすると拡大します

 店内に入り、券売機を見ると念願のトッピングのボタン、売り切れランプが消えています。
 力強く押して食券購入、店員さんに渡し、座る前に無料サービスライスを取りに行きます。
 戻ってきて、先客2人で奥の方から詰めて座ろうとしたら、「こちらへどうぞ」と入口近くを案内されました。
 座ってみると、冷風機からの涼しい風の通り道、ありがたいことです。

クリックすると拡大します

 卓上の調味料に変わったところはありません。
 厨房では男性店員さんと女性店員さんの2人で切り盛りされています。
 氷水のお冷やが美味しい。

クリックすると拡大します

 少し待ってラーメン(並)700円、ニラ100円。家系お好みは柔らかめ。
 悪魔のように旨いスープ、おお、暑さ寒さを忘れてしまう。
 スープは、豚骨、豚ガラ、香味野菜、そして水の温度、気温、さらに店員さんの愛情で百万通りの味わいがあるけれど、今日のは旨い。
 一口飲んで、これは気が付いたら無くなっているな、と確信。

クリックすると拡大します

 家系ラーメンは相当数食べているけど、ニラをトッピングしたのは初めて。
 そもそもニラがトッピングできる家系ラーメン店は少ないし、大抵の家系ラーメン店ではノーマルを一杯食べるだけですし。
 小さく刻まれた生ニラが全体に散らされていて、スープが旨い事もあるけど、スープとの相性も抜群です。
 こんなに旨いなら毎回入れたいけど、毎回販売されていないのが謎。

クリックすると拡大します

 酒井製麺の平打太麺、間違いが有るはずも無く。
 家系海苔巻きは辛い、相当辛い。
 それでもスープをたっぷり吸った板海苔で巻いたご飯は、史上最高のサイドメニュー。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、豚骨醤油ラーメン マルセイ@三ツ境(横浜市旭区笹野台)へ。
 2019/8/16オープン、先行者のレビューや店舗のファサードから、訪問を躊躇したことは否定しません。
 だからと言って、食べもしないのに、金を払わないのに、ガタガタ言うのは性に合いません。
 なんか言うなら食べてから(金を払ってから)と考えているので、食べてきました。

クリックすると拡大します

 店先のタペストリーには
 『ガラからとった出汁スープを毎日一定の状態を急速冷凍し、お客様の注文分だけ毎回手火入れをして』
 『家系とかのこだわりではなく、豚骨醤油、みそ、塩と色んな美味しいラーメン提供を目指しております』
 とあります。

クリックすると拡大します

 店内に入り、店内中央にある券売機で食券を買います。
 メニューは豚骨醤油ラーメン、豚骨味噌ラーメン、豚骨塩ラーメン、煮干豚骨ラーメン、牛乳ラーメン、和風ざるラーメン、濃厚豚骨つけ麺、油そば。
 それ以外に限定メニューや学生ラーメン、レディースラーメンもあります。
 ご飯物、アルコール飲料など、一通り揃っています。

クリックすると拡大します

 店内は前店の居抜きなのかな、厨房向きのカウンター2席、壁向きカウンターが3席と5席、奥に4人掛けテーブルが2卓。
 使っていない椅子は店内角に片付けられていました。
 先客10人ほど、後客も多く、地の人には既に認知されているようでした。

クリックすると拡大します

 卓上にはおろしニンニク、豆板醤、フライドガーリック、白胡麻、辣油、酢、醤油、一味唐辛子、黒胡椒。
 大将と女将さんのツートップ、女将さんが配膳担当で、下げ膳の時に丼を片付けてテーブルは拭くけど、調味料は並び直されないようです。
 ちなみに大将は手隙のタイミングで、奥のテーブルの学生客相手に、トランプマジックを披露して盛り上がっていました。

クリックすると拡大します

 少し待って煮干豚骨ラーメン990円、ニボトンと呼んでいるようです。
 燕三条系を彷彿させる大量の岩海苔の下には、トッピングが隠れ、スープと麺。
 スープは豚ガラスープと煮干スープをブレンドしていて、お互いの旨さを相殺してドロっとした食感だけを残しているように感じます。
 ここまで濃いと板海苔では太刀打ちできませんが、岩海苔だと甘さが際立ってしまいます。

クリックすると拡大します

 中太麺は丸高製麺、もっと太い方がスープに合っている気がしました。
 トッピングは岩海苔、茹でほうれん草、極太メンマ、角切りチャーシュー、刻みタマネギ。
 色々なトッピングの味が楽しめますが、敢えて言えば値段が高めに感じます。

クリックすると拡大します

 食べ進めると岩海苔がスープに溶け込んできて、美味しさが増していきます。
 途中で味変にニンニクと豆板醤を入れてみましたが、全く歯が立たず。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月01日

車修理完了

/支那蕎麦屋 藤花@鴨居にて醤油らぁ麺/らーめん山虎(やまと)商店@白楽にてラーメン(太麺)/

クリックすると拡大します

 朝は日清食品の牛ガラビールラーメン、つまりチキンラーメンの牛ガラ版。
 途中まではチキンラーメンを作る要領と同じ、最後に牛脂を含んだたれを掛ける。
 美味しいかどうかと聞かれたら美味しいけど、何がどう美味しいかと聞かれたら答えられない。

クリックすると拡大します

 お昼は、支那蕎麦屋 藤花@鴨居(横浜市都筑区池辺町)へ。
 開店直後か、昼営業が終わる頃に伺えば、ゆっくり話しもできるけど。
 お店がどんなお客さんに支えられているのか知りたくて、ランチタイムど真ん中に来てみました。
 外待ち十人、お客さんは家族客と男性1人客の半々です。

クリックすると拡大します

 諸般の事情から、営業時間が変わっています。
 朝が30分遅くなり、平日だと10:30-14:30、土日は10:30-15:00です。
 夜営業は曜日を問わず18:00-21:30、定休日は毎月曜日と、第1、3火曜日。

クリックすると拡大します

 並ぶ前に先ず食券、店内に入って券売機に向かいます。
 まま、特に変化無し、冷やしと味噌を販売するときは事前に告知がありますので、今日は販売していません。
 ぽちっ、ぽちと食券を買って、店員さんに渡して、しばらく待ちます。
 30分ほどして店内の待ち席に移動、その後、10分ほどして空いたカウンター席へ。

クリックすると拡大します

 先ずはビール、ビールを飲みたいのでクルマやバイクではなく、歩いてお店まで来ています。
 アテはチャーシューの切れ端、穂先メンマ、青菜。
 つか、外待ちするほど混雑しているランチタイムにのんびりビールを飲んでいいのか、甚だ疑問ですが。

クリックすると拡大します

 1本飲んだら2本、写真を撮るときにビールとコップの場所を逆にして、と。
 アテはワンタン別皿250円、ラーメンスープに浸したワンタン、白髪ねぎ、青ネギ、刻み紫タマネギが散らされています。
 このラーメンスープ入りワンタンならば、ビールだけじゃなくて軽めのスパークリングワインが合いそうだな(銘柄は全く思い浮かびませんが

クリックすると拡大します

 ワンタンは皮を楽しむタイプと、餡を楽しむタイプがありますが、こちらでは皮を楽しむタイプ。
 皮は以前から変わっていないので、仕入れ先は同じなのか、ふむ。
 大抵この辺りからお店が空きだすのですが、今日は客足が全く途切れないので、この辺りでラーメンにします。

クリックすると拡大します

 程なくして、醤油らぁ麺780円
 開店1年半にして、ゆったりと落ち着いた味わいの鶏ガラスープ、少しずつ美味しくなっていきますね。
 マニア受けする圧倒的な破壊力や、食材や産地にこだわる奇抜さではなく、いつも隣にいる暖かい味わいのスープ。
 良い事があったら一緒に喜び、嫌な事があったら肩を抱いてくれる味わい。

クリックすると拡大します

 麺をリニューアルしたとこと。
 僅かですが全粒粉を配合し、麺肌を敢えてざらつかせて面との相性を高めた美味しさ。
 麺を変えればスープも変えなければなりませんが、麺からスープに歩み寄った印象です。

クリックすると拡大します

 以前の麺もかなり完成度が高かったけど、話を聞いたときは随分と思い切ったことするなあと驚いていたけど。
 案ずるより産むが易し、とはこの事かな。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 バスで小机駅まで戻り、新横浜駅のバスを六角橋で途中下車。
 冷やしまぜそばを食べるべく、未訪問の六角橋店に向かうも、中休み中。
 公式ホームページにも、食べログにも、日曜は通し営業と書かれていますが、営業時間が変わったのかな。
 ま、営業時間が変わって、ネット情報の更新が遅れていても仕方ないけど、店先に営業時間は掲示して欲しいな。

クリックすると拡大します

 泣いていても仕方ないので、宿題になっていた今年オープンの店に向かいます。
 こちらも通し営業との事前情報でしたが、どうやら変わったようです。
 重ねて、営業時間が変わって、ネット情報の更新が遅れていても仕方ないけど、店先に営業時間は掲示して欲しいな。

クリックすると拡大します

 白楽駅から徒歩数分の、らーめん山虎(やまと)商店@白楽(横浜市神奈川区六角橋)へ。
 2018/5/22オープン、出身店不明ながら、開店時にはどんとこい家から祝い花が贈られていたようです。
 定休日は「木曜日と4人の子供の誕生日」とあります。
 お子さんの誕生日は店内のどこにも書かれていないけど、開店して1年過ぎているから、実際に休んだのだろか。木曜日と被ったのかな。

クリックすると拡大します

 メニューは店先と店内に貼り出されています。
 ラーメンはあっさり味のラーメン、普通味の味噌ラーメン、こってり味の辛味噌ラーメン。
 ここで「あっさり」と言っているのは、近くの歴々たる家系ラーメン店に比べてのことで、一般的には「普通」ではないでしょうか。
 ご飯物も揃っているし、ドリンクも揃っていて、休みの日の昼下がりのみにぴったりです。

クリックすると拡大します

 厨房を囲むL字カウンター5席、4席、2人掛けテーブル、計11席。
 店内を見渡すと「裏メニュー」と称してつけ麺もあります。
 先客3人、後客無し、のんびりとした営業が、これまた心地よい。
 口頭注文後会計、麺は太麺と細麺が選べますので、太麺でお願いしました。

クリックすると拡大します

 卓上にはおろしニンニク、豆板醤、ブラックペッパーグラウンド、白胡麻、酢。
 『ご来店ありがとうございます。食後に飴をどうぞ』と飴が置かれています。
 店主さんワンオペ、常連さんとお喋りしながらラーメンを作って下さいます。

クリックすると拡大します

 程なくして、ラーメン(太麺)670円。家系お好みは訊かれませんでしたので、こちらからは伝えていません。
 麺相としては家系ラーメンですが、ビシッとしたスピリッツが感じならないので、私の中では豚骨醤油ラーメンです。
 味わいは確かにあっさりですが、結果としてあっさりになったのではなく、狙ったあっさりはとても美味しいです。

クリックすると拡大します

 平打太麺は外側はダレているけど芯が残っていて、ああ、こんなことなら麺柔らかめと言うんだったよ。
 トッピングは豚肩ロースチャーシュー、板海苔一枚、茹でほうれん草、白髪ねぎ。
 このスープに白髪ねぎって合うかなぁ、白髪ねぎを乗せるなら、ほうれん草は要らないのではないかな。

クリックすると拡大します

 今日の味変は豆板醤とおろしニンニクで。
 あんまり面白い変化はなかったなぁ、それなりに美味しかったけど。
 スルッと食べてご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月31日

クルマを修理に出す

//

クリックすると拡大します

 午前中にクルマを修理に出しました。
 もう11年も乗っていれば、あちこちにガタが来て当たり前、逆に考えれば、このくらいの修理で済んでラッキー。
 ディーラーは駅から遠いので、オヤジに付いてきてもらって、帰りは送ってもらって。

クリックすると拡大します

 お昼は素麺にしました。
 ネギはいつも一番安い万ネギにするんだけど、今日は九条ネギにしてみました。
 確かに美味しいわ、次回からも九条ネギにしよっと。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記