2020年09月18日

私的試食会

/萬馬軒新宿二丁目店@新宿ニ丁目にて味噌、醤油/晩酌/

クリックすると拡大します

 今週はとても時間が過ぎるのが早く、あっという間に金曜日。
 改めて振り返るまでもなく、水曜日の焼き鳥会が最高でした(また食べに行きたい
 これからの楽しみは四連休にどこに行くかですが、食べ回るお店の計画を、今日立てました。
 計画を立てるのは楽しいし、計画通りにいかないことも楽しい。

クリックすると拡大します

 店主さんから「食べに来てよ」との連絡があって、数多(あまた)の金曜夜予定を断って訪問します。
 夜は、萬馬軒新宿二丁目店@新宿ニ丁目へ。
 老朽化に伴う店内改装を経て、2020/9/14にプレリニューアルオープン、2020/9/18にリニューアルオープン。
 営業時間は11:30-15:30 17:30-21:00、定休日は第一、第三土曜、日曜日。

クリックすると拡大します

 店内に入り、右手の券売機で食券を買います。
 ※料理や盛り付け、値段は今後変わる可能性があります。
 メニューは味噌870円、辛味噌1070円、担々麺1,130円、醤油750円の四種類。
 新規投入された担々麺にしようと鞄に手を入れると、「今夜は味噌と醤油を食べて下さい」と、財布を出す手を止められて。
 出鱈目が多く、間違いを指摘されても直さない弱小ブロガーが試食しても何か有益なことがあるとは思えないけど。

クリックすると拡大します

 店内は大幅に変えていないけど、こまごまとした点を見直しています。
 席配置は厨房に面したカウンター4席、4人掛けテーブル、2人掛けテーブル、壁向きカウンター2席が二か所、計14席。
 椅子はカウンター席、テーブル席で変えていて、ああ、ちゃんと分かっているなぁ、と。
 卓上には一味唐辛子、山椒、ブラックペッパーグラウンド。

クリックすると拡大します

 まずは味噌870円(試食なので無料)
 麺量を半分でお願いしましたが、盛り付けは並盛の分量なので、麺相のバランスがちょっと良くありません。
 味噌スープを味わってみると、一時迷走していたかつての萬馬軒の美味しさが蘇っています。
 信州の赤味噌と白味噌の合わせ味噌に、紅一点をブレンドした、豚白湯スープの旨味を引き立てる美味しさ。

クリックすると拡大します

 訊けば、仕込み過程を一から見直したそうで、ソフトウエア的な表現で「ソースコードを一から起こした」味わい。
 麺は変わらず三河屋製麺の平打中太麺、まったく問題ありません。 
 トッピングは豚バラ巻きチャーシューが二枚、メンマ数本、笹切り白ネギ、スープと共に煮込んだモヤシ。
 そっと振られた香り付けされた辣油が全体の味をさらに引き立てます。

クリックすると拡大します

 この味噌ラーメンに芝麻醤と肉味噌をトッピングすれば担々麺とのことで、担々玉250円を別皿でお願いしました。
 少しづつ全体に馴染ませながら、味を調整する食べ方もあるでしょうけど。
 私は一気に全部入れ、一気に全体に行き渡らせ、美味しくいただきます。
 担々麺はお店の数だけ解釈が存在すると考えていますが、こうやって自身で辛さや量を調整できるのは面白い。

クリックすると拡大します

 続けて醤油750円(試食なので無料)
 これまでの味噌と醤油は同じ豚清湯スープで、たれが違うだけだったと記憶していますが、醤油はスープを変えたそうで。
 泳いでいる麺が見えるほどにスープが澄んでいるなぁと味わってみると、煮干出汁じゃないですか。

 昨今の煮干スープはセメントのように濃厚に煮出すのが流行っていて、真逆の水だし清湯もウケています。
 それはつまり食べ手に気に入ってもらえると思って提供していることであり、つまり、お店が食べてもらいたい味とは異なることもあります。
 もちろん、営利企業として商売するわけだから、お客さんに気に入ってもらうことは大切なんだけど。
 俺はこの味が美味しいと思っている、と直球を投げ込む味わいのスープ、大好物である。

クリックすると拡大します

 合わせる麺は三河屋製麺の細麺、茹で加減はこれ以上ないベストコンディション。
 トッピングは豚バラ巻きチャーシューが二枚、メンマ数本、笹切り白ネギ、岩海苔、半身の味玉。
 どこかで味わったスープなんだけど、それがどこかは思い出せない。
 ひょっとして、「こういう味わいのスープを味わってみたいなぁ」と待ち望んでいたのかもしれない。

クリックすると拡大します

 食べ終わるとたまたまノーゲスで、らーめんのこととか、ラーメンのこととか、拉麺のことで盛り上がる。
 次回は味の最終調整中の辛味噌、楽しみですなぁ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 晩酌
 伊勢原の蔵元である吉川醸造が醸す「菊勇(きくゆう)」純米原酒 蔵出し ひやおろし R2BY。
 めったに手に入らない貴重な銘柄をネットで買ったり、自宅から遠い酒販店で買ったりもするけど。
 自宅近郊のスーパーで普通に購入できる日本酒も、飲む。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月17日

新宿の新店舗

/鶏そば かぐら屋西新宿店@西新宿七丁目にて完熟トマトの塩鶏そば/かつや代々木駅前店にてチキンカツのせ牛生姜焼きカレー/

クリックすると拡大します

 早めのお昼は、鶏そば かぐら屋西新宿店@西新宿七丁目公式インスタグラム)へ。
 2013/1オープンの水道橋店(2019/3に近隣へ移転)に続く2号店として、2020/9/16オープン。
 オープン当時は「鶏そば 征麺家 かぐら屋」と称していましたが、移転時に「鶏そばかぐら屋」に改名されています。
 ちなみに、屋号看板の右下にある「佳」は、オーナーの佳一さんから。

クリックすると拡大します

 立地はペッパーランチ 新宿小滝橋通店の脇を入って左、炭焼きホルモンぐうの隣。
 最寄りのラーメン店は、小滝橋通りを渡ってリンダ軒。
 店内に入り左手の券売機で食券を買います。

クリックすると拡大します

 メニューはあっさり鶏そば800円、濃熟鶏そば850円、濃熟つけめん900円、完熟トマトの塩鶏そば900円、完熟トマトの塩つけめん950円。
 読み替えると、醤油鶏清湯、醤油鶏白湯、醤油鶏白湯つけ麺、トマト塩鶏清湯、トマト塩鶏清湯つけ麺。
 ご飯物はこだわり卵と鶏節ご飯280円、鶏どん350円、鶏そぼろご飯380円、パルミジャーノチーズご飯150円、ご飯120円。
 ドリンクは、瓶ビール550円。

クリックすると拡大します

 席配置は厨房を囲むコ字カウンター3席、4席、2席、4人掛けテーブルが3卓、計21席。
 テーブルに設置された仕切り版は、店員さんのお手製とのこと。
 仕切り版は軽くアールが付けられ、メニューの説明書きが貼られています。

クリックすると拡大します

 卓上には一味唐辛子、魚粉、フライドガーリック、ミックスペッパー、お酢、ラー油。
 水道橋店同様、箸立てには三種類のエコ箸が用意されています。
 同じ色の箸を使うもよし、違う色をコーディネイトするもよし。

クリックすると拡大します

 ラーメンが出来上がってくる間、仕切り版に貼り出されていた、説明書きを読みます。
 正面から撮影すると絶賛写り込んでしまうので、写り込まないように撮影して画像編集したので、右側がぼけてしまっています。
 いくつかの方向から撮って合成するか、ぼけないように絞り込んで撮影するか、の二択。
 って、ラーメンを食べにきたんだから、余計なことしてないでラーメン食べましょうよ。

クリックすると拡大します

 程なくして、完熟トマトの塩鶏そば900円、オープンに際して新調した白磁の丼。
 「お好みでどうぞ」とタバスコを渡されます。
 説明によれば、鶏清湯に生クリームを合わせ、あさり出汁を活かした塩たれで味をまとめ上げたスープ。
 鶏は大山どりを選んでいて、美味し過ぎない普段使いの美味しさ、いや普段使い以上ですね。

クリックすると拡大します

 細麺は大成食品製、スープ毎に小麦の配合や形状を変えていると説明されています。
 オープン二日目の慣れない調理器具であっても、一本のダマもなく茹で上がっていて、美味しくいただけます。
 トッピングは鶏チャーシュー、鶏そぼろ、茹でキャベツ、生水菜、生ミニトマト、パルミジャーノチーズ。
 パルミジャーノチーズを少しづつ溶かしながら食べると、楽しく食べられます。

クリックすると拡大します

 麺が半分以下になったところで、タバスコを多めに振ります。
 辛味より酸味がはっきり感じられ、初めから振っても良かったんじゃないかと思うほど、美味しい。
 スープが残ればライスインのところ、スープは残らず。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、どうしてもとんかつが食べたくて、かつや代々木駅前店へ。
 とんかつが食べたくてそれなりのとんかつ屋に行くと、時間もかかるし飲みたくなる。
 全国チェーンのとんかつやに行けば、とんかつを食べるだけで済みます。

クリックすると拡大します

 とんかつ気分全開で伺いましたが、店先のタペストリーで告知された限定メニューにくぎ付け。
 なんでとんかつ屋で生姜焼きを提供しているんだ、、、限定メニューだからか。

クリックすると拡大します

 店内は20席ほどのカウンターでしたが、8割ほど埋まった繁盛ぶり。
 なんだけど、半分ほどの人は食べ終わってもなおスマホを弄っています。
 今ここでどうしてもスマホを弄りたいんだなぁ、気持ちは分かるけど。

クリックすると拡大します

 程なくして、チキンカツのせ牛生姜焼きカレー690円
 牛生姜焼きカレーを撮ったことが無いので、こんな感じでよろしかったでしょうか。
 かつやでカレーを食べたのは初めてですし、生姜焼きを食べたのも初めて。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月16日

新たなる門出

/tomoru@押上にて広島汁なし担担麺セット/焼鳥おみ乃で第十五回焼き鳥の会/

クリックすると拡大します

 お気に入りの焼き鳥屋に伺う時だけ、押上に来ます。
 来る度に、これで何回目だっけ、と思い出そうとしますが。
 数字と言葉に弱い私は、毎回思い出せない。

クリックすると拡大します

 早めの夕飯に、tomoru(ともる)@押上(墨田区押上)公式ツイッター)へ。
 2018/5/1オープン、店主さんはふじ☆もと@広島市の店主さんと知り合いで、永斗麺の立ち上げに参加されたとのこと。
 大通りから一本入った角地の場所は好立地とは言えず、日参するような中毒性、メニューのバリエーションも乏しい中、コロナ禍を乗り越えています。
 店先を何度か通っていますが、大抵は時間が無く、立ち寄るのは初めてです。

クリックすると拡大します

 店先に張り出されたメニューを眺めます。
 開店当初は汁なし担々麺と太刀魚らーめんの二大看板メニューだったようです。
 現在は、広島汁なし担担麺600円、汁あり担担麺900円、広島中華そば700円の3種類。
 ラーメンの種類によって、提供される時間帯が異なります。

クリックすると拡大します

 ガラッと戸を開けて店内へ入ると、ノーゲス。
 ソーシャルディスタンス厳守のため、厨房に面したカウンターは3席、4人と3人のテーブル席は、4席と1席と変更されています。
 卓上には酢、担担麺追いご飯用醤油、辣油、あらびきコショー、塩、七味唐辛子が用意されています。

クリックすると拡大します

 席についてメニューを手に取ると、「汁あり担担麺と中華そばは売り切れです」と告げられます。
 となると、汁なし担担麺を食べるか、食べずに飲むか、食べずに店を出るの三択。
 せっかくなのでセットをお願いし、四段階から選べるシビレ、辛さはどちらも最高で。

クリックすると拡大します

 あっという間に、広島汁なし担担麺セット700円。けん玉が乗せられていなかったので、レンゲを乗せてみました。
 担担麺600円に小ごはんと卵黄が付いたセットになります。

 ざらついた平皿にたれと共に麺を入れ、麺の上にミンチ、ネギをトッピングした本格的な汁無し担々麺。
 本格的だけあって味は単調、単調な味に飽きる前に食べ終わってしまうのが、広島の汁なし担々麺だと思っています。
 この一気に食べきる感がとても楽しく、とても美味しいんだよね。

クリックすると拡大します

 辛さ、痺れは(最高でお願いしましたが)やさしめ、辣油の香りがとても香しい。
 細麺は広島から取り寄せているらしく、特徴的なたれによく絡む美味しい麺。
 そのまま食べ切るのはいつもと同じなので、今夜は卵黄を入れて、全体に絡めて味変。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったら、追いご飯。
 とはいえ、ご飯全体に絡むほどミンチやたれが残っていないので、軽く担担麺追いご飯用醤油を回し掛けます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 今夜は焼鳥おみ乃で第十五回焼き鳥の会
 コロナ禍で予約が流れること2回、何とか今夜の予約を取り付けて。
 仲良くしてくれる友達と一緒に、久し振りに伺いました。

クリックすると拡大します

 生ビール、お通しの香の物。
 定刻になって店内へ、焼き場の店主さんにご挨拶しようとしたら、あれっ、違う人が焼いている。
 違う人っていうか、以前はカシラの役割で店主さんを補佐し、全体をまとめていた方。

クリックすると拡大します

 血肝(レバー)、ししとう。
 ビールを乾杯して再開を祝っていると、奥から店主さんが出てきて、「彼にも焼いてもらおうと思って」と。
 へぇ、それって2号店なのかな、独立なのかな、いずれでもないとのこと。

クリックすると拡大します

 新銀杏。
 焼き場にカシラがいるので、店主さんは所在なげ、銀杏の皮むきとかしちゃって。
 なんとも貴重な現場に立ち会わせたなぁ。
 って、誰が店主さんで誰がカシラか分からなければ、いつもとちょっと違う美味しいやきとりとしか分からないかも知れません。

クリックすると拡大します

 砂肝。
 席を間引いているわけでは無いけど、同時に出入りしないように、開始時間を少しずらしている。
 そのせいで、食べ初めはどんどん焼き上がってきます。

クリックすると拡大します

 鳥取の蔵元である山根酒造場が醸す「日置桜 青冴え 玉栄」特別純米酒 R1BY。
「青冴え」とは、酒の色を表現する言葉のひとつ。新酒時において青みがかった淡黄色を持ち、出来の良い酒に現れると言われる色沢です。
 日本酒の注文の仕方は幾つかありますが、私は「お酒をお願いします」とだけ告げ、銘柄などは指定しません。

クリックすると拡大します

 厚揚げ。
 鳥よし系列、鳥よし出身の焼き鳥屋では必ず出るとされる、一品。
 これまでは全て店主さんの焼き上げでしたが、今夜はカシラの焼き上げ。

クリックすると拡大します

 マルハツ。
 訊けば串打ちもカシラがある程度は打っているとのこと。
 串打ちの違いと味の違いは分からないけど、焼き手が変わるとここまで味が変わるのか。

クリックすると拡大します

 石川芋。
 少し平らに切った面に塩を付けて食べるのですが、今日も皮ごと食べます。
 海老の尻尾をどうするかとか、魚の皮はどうするかとか、しばし盛り上がったりして。

クリックすると拡大します

 せせり。
 レア寄りのミディアムレアに焼き上がっていて、それでいて灰や焦げ目が多い。
 美味しくないと言うことでは無く、これはこれで彼の焼き鳥の味わい。
 もう少し正確に言うと、彼の駆け出しの時にしか味わえない焼き鳥の味。

クリックすると拡大します

 山形の蔵元である羽根田酒造が醸す「俵雪(たわらゆき)」純米吟醸 羽前白梅 秋あがり R1BY。
 一昨年の秋、つまり2年前の今頃にも飲んだ日本酒。
 今年も飲めて嬉しい。

クリックすると拡大します

 山芋。
 綺麗に芯まで火が通っていて、僅かに焦げ目があって、とても美味しい。
 見栄えも良いけど、少し食べにくいかな。

クリックすると拡大します

 かっぱ、いわゆるヤゲン。
 カシラの緊張感がそのまま焼き方に出ている一串、決して忘れること無く味わっておきたい。

クリックすると拡大します

 ひしの南蛮。
 初めて食べましたが、ピーマンの半分くらいの大きさの信州伝統野菜、ヘタまで食べられます。

クリックすると拡大します

 福岡の蔵元である旭菊酒造が醸す「綾花(あやか)」特別純米酒 ひやおろし R1BY。
 去年の秋以来、また飲めて嬉しい。
 今日は日本酒の差配担当が焼き手に回ってしまったため、お酒が出てくるのに時間が掛かりました。

クリックすると拡大します

 つくね。
 レアに近いレア、周りを炙っただけに思える、自分史上最高のレア。
 今夜の串で一番美味しかった。

クリックすると拡大します

 ソリレス。
 フランス語で「愚か者はそれを残す」という意味、自分史上最高のウェルダン。
 伊達鶏は焼き方が変わると、色々な表情を見せる。

クリックすると拡大します

 白玉。
 適当なタイミングでお皿を替えてくれるのですが、替えてくれたお皿には次の串が乗せられています。
 食べやすく縦に乗せられていても、写真のアングルとして横にするのですが、酔っ払っていて縦のまま。

クリックすると拡大します

 茨城の蔵元である月の井酒造店が醸す「月の井(つきのい)」純米吟醸 九頭竜 ひやおろし R1BY。
 飲むペースが私と友達でちょっと違うので、私だけ頂いた一杯。

クリックすると拡大します

 はらみ。
 焼き初めは焼きが弱かったけど、終わりになるにつれて焼きが強くなってきて。
 素人考えでは炭の具合に関係すると思うけど、その辺りの焼き加減の変化も、今だからこそ楽しめます。

クリックすると拡大します

 肩肉。
 今夜のベストコンディションな焼き具合、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 椎茸 冬茹(どんこ)。
 良い感じで焼けています、二口で食べてしまう美味しさ。

クリックすると拡大します

 鳥取の蔵元である山根酒造場が醸す「山装ふ(やまよそおう)」特別純米 ひやおろし。
 色合いからしても燗付けして最高のパフォーマンスを発揮するとお酒と思われますが、今夜は冷やで頂きます。

クリックすると拡大します

 アスパラガス。
 この段階で野菜焼きは初めて、なんだけど、とても美味しく焼けています。

クリックすると拡大します

 ちょうちん。
 席に座った時にお願いしてあったちょうちん、もうこの一串でお腹いっぱい。
 ちょうちんが一つの場合と二つの場合がありますね。

クリックすると拡大します

 お腹いっぱいでも食べずには帰れないご飯もの、今夜は親子丼をご飯少なめで。
 鶏スープと共に、美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 シャインマスカットを頂きながら、お会計。
 美味しい焼き鳥をご馳走様でした。
 店主さん、カシラに諸々も挨拶して、お店を後にしました。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記