2020年02月07日

たまプラーザと藤が丘

/札幌らーめん赤坂一点張たまプラーザ店@たまプラーザにて合わせ/RAMEN一麺托生@藤が丘にて濃厚鶏白湯魚介らーめん/

クリックすると拡大します

 そろりと仕事を終わらせて、四連休の入り口となる金曜日の夜。
 誰からも飲みに誘われず、誘える人は誰もおらず、1人渋谷駅から東急田園都市線を南下します。
 今夜は藤が丘と長津田で、、って長津田のお店は臨時休業のツイートが、、さて、どうしようか。

クリックすると拡大します

 急行が停まったたまプラーザ駅で降り、たまプラーザ中央商店街の中ほどにある、札幌らーめん赤坂一点張たまプラーザ店@たまプラーザ(横浜市青葉区美しが丘)
 1982年(昭和57年)創業ですので今年で38年目、赤坂にある本店は1970年(昭和45年)創業。
 この長い営業年数の前では、「店舗の場所が分かりにくい」「店内ガラガラで心配」「店員さんの私語が多い」などという一般常識は意味を持ちません。
 石山商店@小田急相模原の店主さんの出身店であり、いつか伺ってみたかったお店です。

クリックすると拡大します

 一点張(いってんばり)とは、「味噌ラーメン1本で勝負する」という決意を現しています。
 ですが、メニューを見ると醤油や塩もありますし、他店では見た事のない「醤油と味噌の合わせ」もあります。
 餃子やチャーハンも美味しい、餃子やチャーハンの方が美味しい、というネット情報も散見しますが、さて。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、ファサードや店の歴史に反した、個人店のようなこぢんまりとした箱の大きさ。
 席配置は壁向きカウンター8席、テーブルは2人掛けが3卓、4人掛けが4席、1席だけ空いていたカウンター席に案内されます。
 口頭注文後会計、ビールなどを追加注文されているお客さんもいらっしゃいました。
 卓上には白胡椒、辣油、酢、醤油、七味唐辛子、辛味噌が用意されています。

 店内のお客さん全員が一度に注文しても10分以内に提供出来そうな大人数の布陣ですので、2人、4人程度のオーダーにはオーバースペック。
 翌2時までの営業ということもあり、中番と遅番がダブっている様な感じです。

クリックすると拡大します

 注文して150秒で合わせ800円、厚みのある磁器製深丼に半分ほど、若い頃なら「これしか入ってないの?」と顔をしかめた事でしょう。
 スープは鶏ガラと豚骨清湯を基本とし、魚介出汁で味をまとめあげた美味しさ。
 味噌たれは『北海道の白粒味噌「紅一点」と京都の赤味噌「京桜」』の合わせ味噌、醤油とのブレンドがどんな味かと思ったら、どちらが前に出ることもなく、味噌も美味しいし、醤油も美味しい。

クリックすると拡大します

 このスープが行き過ぎず、さりとて足らないこともない味わいだからこそ、40年近くも営業が続けられ、これからも続けていくことでしょう。
 自社製麺の角縮れ中太麺は僅かに固め仕上げ、スープとの相性に何の問題も感じません。
 トッピングは薄くスライスした肩ロースチャーシュー1枚、茹できぬさや、茹でモヤシ。

クリックすると拡大します

 せっかくなので卓上に用意してあった辛味噌を、途中から入れてみます。
 この辛味噌、混ぜる前に味見するとかなり辛くて「やや、失敗した」と思いながら全体に馴染ませると、そうでもなく、美味しさだけが引き立っています。
 毎日でも、毎週でも食べられるラーメンというのは、こういう味付けで、こういう盛り付けであるべきという。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 一軒目に予定していましたが、諸般の事情で二軒目に繰り下げた店へ、藤が丘駅で降ります。
 降りたことのない駅というは、駅の近くにめぼしいラーメン店が無いと言うことですが、さて。
 駅から10分ほど歩いて、RAMEN一麺托生@藤が丘(横浜市青葉区もえぎ野)へ。
 大文字(2001/9/20-2017/3/29)跡地に開店したとんぱた亭藤ケ丘(2017/4/25-)の店長さんが、2019/5/15に独立されてオープン。

クリックすると拡大します

 店内に入り、右手奥の券売機に向かいますが、券売機の辺りが少し暗めで、私のカメラと撮影技術では上手く撮れません。
 それはともかく、実際に券売機に向かったとき、細かい説明書きや注意書きを読む人がいるとは思えないのですが。

クリックすると拡大します

 メニューは濃厚鶏白湯魚介のつけ麺とラーメン。
 濃厚鶏白湯魚介つけ麺930円、濃厚鶏白湯魚介らーめん900円、香味淡麗ラーメン880円。
 ご飯物はTKG350円、肉めし400円など、ビールとチューハイが用意されています。
 ノーゲスの店内、厨房から出てきて下さった店長さんに食券を渡します。

クリックすると拡大します

 店内は前店の居抜きのようで、ワンオペでは配膳も大変そうな広さ。
 席配置はカウンターとして厨房向きが5席、壁向きが4席、大テーブルは6席、全15席。
 卓上に一味唐辛子、ブラックペッパーグラインド、酢、白ごまが用意されています。
 BGMはアイドルかなにかのライブ音源、オジサンにはさっぱり分かりません。

クリックすると拡大します

 メニュー構成から察するに、つけ麺推しはヒシヒシと感じてはいましたが。
 少し待って、濃厚鶏白湯魚介らーめん900円
 程々の濃度の鶏白湯スープに、ややザラつきが残る魚介出汁を合わせ、駅チカであれば待ち行列が出来るほどの美味しさ。
 異なるスープを合わせる組み合わせは星の数より多いけど、この割合というかバランスは店長さんならではのもの。

クリックすると拡大します

 つくば製麺の平打中細麺、少し固め仕上げでスープとの相性はイマイチ。
 トッピングは豚肩ロースレアチャーシュー1枚、鶏つくね、極太メンマ、薬味ねぎ、板海苔1枚。
 チャーシューの上には唐辛子を刻んだものと思われる食材が乗せてあり、唐辛子かどうか訊きたかったのですが、店長さんは厨房奥に入ったまま。
 鶏白湯スープに板海苔はあまり合わない様な気がしますが、なぜ合わせているのかを訊きたかったのですが(以下同文

クリックすると拡大します

 卓上に用意してあった一味唐辛子、確認したとき、容器の蓋としてコルクが乗せてあるだけだったので、何だろうなと。
 一味唐辛子が美味しいというのも変な話ですが、なぜこんなにスープに合うのか不思議なほど。
 この一味唐辛子、ひょとしたら一味ではなく他の調味料を混ぜてあるのかと訊きたかったのですが(以下同文
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月06日

定食屋に通う

/ゆで太郎西五反田本店にて朝食セット(焼鯖ごはん冷)、焼きのり、わかめ/ちえちゃん食堂にてとんかつ定食/

クリックすると拡大します

 早起きは蕎麦のために、今朝はゆで太郎西五反田本店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン展開する路麺店、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛。
 最近になって、国産そば粉を打ったお蕎麦を店舗限定、期間限定で販売されるとのこと。

クリックすると拡大します

 それはつまり、普段のお蕎麦は国産そば粉ではないということですが、国産か外国産かを意識されてお蕎麦を食べている人も多いことでしょう。
 産地だけではなく、そば粉と小麦粉の配合も「十割じゃなきゃ蕎麦とは言えない」とか「二八が最高」とか、自身の好みに応じてお店(お蕎麦)を選んでいる人もいます。
 違いの分かる私は気分によって蕎麦屋を選んでいますが、ゆで太郎か箱根そばかいろり庵きらくかのラインですみません。

クリックすると拡大します

 食券を受付に出し、ふと横を見ると揚げ玉サービスが復活しています。
 サービスが始まったときは終日無料サービスでしたが、その後、午前中以外は有料(30円)となりました。
 無料サービスに目がない私は大歓迎、さてさて、どういう盛り付けにしようかな。

クリックすると拡大します

 程なくして朝食セット(焼鯖ごはん冷)380円、焼きのり100円、クーポンわかめ
 そば丼に印刷された屋号の向きがおかしいと思われるかも知れませんが、この向きが正しい理由があります。
 私に訊かれても答えたくありませんので、写真だけでは理由が分からない人は、ググるかお店に行ってみて下さいね。
 蕎麦粉を変えたと言われても、細かい話をしてしまえば、加水とか茹で湯とか色々難し話もあるし、毎日食べていれば「この味が普通」と思うようになるだろうけど。

クリックすると拡大します

 もり汁に蕎麦を半分ほど浸けて手繰ってみると、瑞々しい美味しさ。
 ざる一枚500円のお蕎麦のクオリティに感じ、この美味しさであれば国産そば粉を提供されている期間、中華そばはお休みかな。
 しかしして、味の違いも大切だけど、色々とやってみよう、このままに満足しない様にしよう、の心意気が一番嬉しい。
 今日の薬味ねぎは青い葉の部分が少し入っていて、小さな幸せ。

クリックすると拡大します

 焼鯖ごはんは、揚げ玉と山葵を添えてからそば湯で茶漬けにして頂きます。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

 それにしても、今回、天ぷらの件で間違えてしまいましたが、これまでも多くの間違い、勘違いを書いています。
 間違いはゆで太郎に限りませんし、さらに言えば飲食以外にも多いですし、撮影禁止の場所をアップしてしまうこともあるし。
 それらは殆ど不問としながら、なぜ今回に限ってツッコまれるのかが、分からない。

クリックすると拡大します

 お昼は京浜東北線大森駅北口から歩いて数分の、ちえちゃん食堂へ。
 前回、ラーメンが美味しかったので、他の料理も食べてみようと伺ってみました。
 店先に屋号が掲げられたのは2月に入ってから、つまり2月からグランドオープンです。

クリックすると拡大します

 ガラッと戸を引いて店内に入ると、ランチタイムと言うこともあり、半分以上の席にはお客さんが座っていて、空いている席には使い終わった食器が片付けを待っています。
 何とか空いていたカウンター席に座り、卓上のメニューを見ながら、注文票に記入して、店員さんに渡します。
 メニューは定食としてからあげ定食630円、しょうが焼定食650円、とんかつ定食650円、天ぷら定食680円。いずれもごはん、みそ汁が付きます。
 丼物は牛丼500円、豚丼500円。こちらはみそ汁が付きます。

クリックすると拡大します

 ラーメンは醤油と味噌、それぞれ650円。
 単品メニューもありますが、夜営業のつまみな位置づけです。
 卓上にはマヨネーズ、白胡椒、ソース、一味唐辛子、小袋入り餃子のタレ。
 壁際には辣油、酢、おろしニンニク、チューブ辛子が用意されています。

クリックすると拡大します

 10分ほど待って、とんかつ定食650円
 メニューには味噌汁付きとありますが、持って来てくださったお盆には「あるべき場所」が空いていて。
 「すみません、少々お待ち下さい」と壁際の棚に置かれた保温器からよそって下さいました。

 私はとんかつ定食の経験値が低いので、身厚のとんかつとキャベツ、ご飯、味噌汁で650円はお得な部類に感じてしまいます。
 とんかつは衣が薄く、猫舌の私がそのまま食べられるほど低温で揚げてあります。
 卓上のとんかつソースをドバッと掛け、チューブ辛子を箸で付けながら頂きます。

クリックすると拡大します

 程よい油の香ばしさ、程よい豚肉の美味しさ、身の丈にあった美味しいとんかつ。
 付け合わせの千切りキャベツも良い感じだし、ご飯はやや多め、お味噌汁はシジミじゃないですか。

 行ったことも聞いたことも無い産地の豚肉とか、とろけるような肉質の豚肉のとんかつはめちゃくちゃ美味しいだろうけど、それはそれ、これはこれ。
 サラリーマンの昼飯に、ラーメンに次に食べるとしたらとんかつですよね。

 食べ終わって店員さんと少し雑談、とっても楽しい。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 今日は介護もあって、外食せずに早めに帰る。
 親孝行したいときには親はなし、石に布団は着せられず。
 とならないように。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月05日

大船で二軒

/汁なし担々麺 MATSU@大船にて汁なし黒マー油担々麺/らぁ麺ふじ松 大船店@大船にて醤油らぁ麺/ホルモン焼き時代輪屋(ときわや)/

クリックすると拡大します

 すっかり木々は春めいてきました。
 毎週のように愛犬の散歩に出掛けていた頃は、春先を敏感に感じることが出来ましたが、今は昔。
 たまの休みに梅の木を眺めて、どんなに寒くても、近く、春になるんだなぁと。

クリックすると拡大します

 お昼は、汁なし担々麺 MATSU@大船(鎌倉市大船)公式ツイッター)へ。
 大船駅から徒歩数分の焼酎バー ダイマルのランチ間借り営業として、2019/10/18に営業を始めました。
 ネット情報を探すも探し方が悪く、茅ヶ崎で数年修業されたことしか分かりません。
 こちらで営業しつつ、夏までには「間借りではない」店舗営業を目指すそうです。

クリックすると拡大します

 メニューは芝麻醤と唐辛子、山椒を利かせた一般的な担々麺である赤担々麺850円、山椒を抜いてマー油を合わせた黒マー油担々麺900円。それぞれ汁なし、汁ありの都合4種類。
 辛さは1辛から3辛まで選択可、麺量が並(160g)、大盛(210g)は同額、並盛は半ライス100円が無料サービスされます。
 トッピングは温玉、パクチー、唐辛子オイル漬けが100円、他には缶ビール400円。
 30食分が売り切れると閉店となりますが、大抵は15:00までやっているそうです。

クリックすると拡大します

 味より量より何よりコスパが正義のお客さんは、900円って時点で「高っ」と入店されないのでは。
 間借り営業なので店内の雰囲気や席配置を説明しても無意味ですが、カウンター5席のみとなります。
 卓上の調味料は四川赤山椒、酢。
 先客2人に後客なし、テーブルの上に物が多くて、調理の様子は窺えません。

クリックすると拡大します

 茹で湯の温度が上がらないのか、少し待たされて汁なし黒マー油担々麺900円、辛さは3辛でお願いしました。
 趣味の範疇を軽く逸脱した見惚れるような麺相、ほのかに漂う干し海老にも似た香りと共に頂くと、マー油と芝麻醤はこれほどまでに相性が良いのか知らされる美味しさ。
 間借り営業だから「まだまだだろう」と訪問を後回しにしていた自分を叱りつけます。
 辛さもしっかり存在しますが、後からそろそろと上ってくる辛さ、この饒舌とも言える辛さの利かせかた。

クリックすると拡大します

 担々麺にありがちな平打縮れ麺や極太麺ではない、柔らかめに茹で上げた丸中太麺。
 この麺が実に良くたれや具材と合います。
 トッピングは唐辛子のオイル漬け、水菜、挽肉など、いずれも芝麻醤に良く馴染んでいます。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わるタイミングで半ライスをもらいます。
 無意識に食べていたら残らなかったであろう餡、しっかりご飯と混ぜて食べると、ああ美味しい。
 食べ終わって、ノーゲスをいいことに暫しご歓談、間借り営業の内にもう一回は食べたい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は、らぁ麺ふじ松 大船店@大船(鎌倉市大船1-22-25)公式ツイッター)へ。
 三ツ矢堂製麺大船店(2010/7/25-2019/11/23)跡地に、2020/2/3オープン。
 らぁ麺ふじ松としては戸塚店に続く2店舗目、イングスとしては11店舗目の出店になります。
 ※春道、流川はイングスの系列店ではなく、関連店です。
 営業時間は11:00-23:00、当面無休。

クリックすると拡大します

 メニューは戸塚店と同一となります。
 醤油らぁ麺800円、鯛塩らぁ麺800円、つけ麺850円、まぜそば800円。トッピングは味玉100円、メンマ100円、チャーシュー250円。
 お茶漬けは鶏茶漬け200円、鯛茶漬け200円。ご飯物は白米150円、チャーシュー丼300円、TKG300円。
 飲み物は瓶ビール400円。
 2/3と2/4の両日は、開店記念としてラーメン一杯500円(300食限定)で販売されました。

クリックすると拡大します

 店内は前店のスケルトンをリニューアル、経堂の時は麺なりと酷似した席構成は、前店が三ツ矢堂製麺だったことに由来します。
 席配置はU字カウンター5席、3席、4席、4人掛けテーブルが2卓、20席。
 卓上に調味料は用意されていません。
 厨房には総料理長、男性店員さん2人、女性店員さん1人。

クリックすると拡大します

 はやし田系の特徴である、料理の説明書き。
 老眼の私には店舗で読むのはかなり厳しく、写真を撮ってきて、パソコンで拡大してやっと読めます。
 醤油ラーメン、塩ラーメンと並んでまぜそばがはやし田系では外せないメニューなのですが、この説明書きでは一言も触れていません。

クリックすると拡大します

 程なくして醤油らぁ麺800円
 大山とりの丸鶏スープは旨味たっぷりの味わいで、もう何度も食べているから飽きてしまわないかと危惧しつつ、何度食べても美味しい。
 合わせる醤油たれには少し飽きが来ていますが、1ヶ月も食べなければまた食べたくなります。

クリックすると拡大します

 平打細麺は菅野製麺所、安定した味わいで、何の心配もしていません。
 トッピングは豚肩ロースレアチャーシュー、鶏胸肉レアチャーシュー、穂先メンマ、九条ネギ。
 厨房にはちょうど顔見知り(相手から見たら何とも思っていないかもですが)の店員さんがいらっしゃったので、少しお話しさせて頂きました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、ホルモン焼き時代輪屋(ときわや)(ホームページ)へ。
 『いつの時も どんな時代(とき)も/大切な家族や仲間たちと笑顔で/輪(わ)を囲み/楽しいひと時を過ごしてほしい/そんな思いを込めて/時代輪屋(ときわや)は誕生しました』
 神奈川でも西寄りのホルモン焼きやと言うこともあり、友達を誘って飲みに来たことは、これまで一度しかありません。
 まあ、そんな昔の話はどうでもいいわな。

クリックすると拡大します

 今夜は地元で、2人お疲れ様会。
 くぅ、いつものレモンサワーより美味しい。
 そんな勝手に懇意にし、勝手に20年も通っている地元のホルモン焼き屋、初めて席の予約をしてみました。

クリックすると拡大します

 一品目は有無も言わせず、ナンコツとレバー。
 相方とは何軒かの焼き肉屋で飲んだことがありますが、ずっと私が焼き担当でした。
 今夜は2人と言うこともあって、勝手に焼いて勝手に食べます。
 何度食べても美味しいナンコツとレバー、今夜はいつにも増して美味しい。

クリックすると拡大します

 ビールとレモンサワーが空いたので、おもむろに鞄から取り出した日本酒。
 栃木の蔵元であるせんきんが醸す「仙禽(せんきん)」純米吟醸生原酒 立春朝搾り。
 ※お店の許可を得て持ち込んでいます。
 立春朝搾りとは、毎年節分の日の朝、予約されたお客さんの分だけ搾って作られるありがたい日本酒。
 火入れしていないので、この上なくフレッシュ、今日という日に乾杯。

クリックすると拡大します

 私は食べるホルモンがほぼ決まっているので、相方が頼んでくれたカシラがとても新鮮。
 相方は「他では食べたことが無い美味しさ」と絶賛してくれ、お世辞でも嬉しい。
 自分でも食べてみましたが、確かに美味しい。

クリックすると拡大します

 なんか色んな話をしたけど、あまりにも楽しくて、何を話したか覚えていないほど楽しくて。
 最後は厚切りの牛タン、この美味しさは何物にも代えがたく。

クリックすると拡大します

 自分で黙々と焼いたことしかありませんでしたが、こうして焼いてもらって食べると格別に美味しい。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記