2019年11月03日

宮ノ下と大庭の新店

/拉麺洋ちゃん@宮ノ下にてチャーシューワンタンメン/Tan Tan noodle 楽@藤沢市大庭にてニュータンタンメン/

クリックすると拡大します

 今日は川崎に行ってラーメンを食べるぞ、と意気込みながら Inoreader をチェックしていると。
 なんと小田原系復活の朗報が、、、裏取りの検索しつつ、経路の検索しつつ、時計を確認し。
 向かってみると、途中、年に一度の大名行列にぶつかりそうになりつつ。

クリックすると拡大します

 お昼は、拉麺洋ちゃん@宮ノ下(足柄下郡箱根町宮ノ下184)へ。
 2019/11/1オープン、閉店した小田原ラーメン郁本店@小田原の店長さんが独立(?)。
 営業時間は11:30-14:30 17:30-20:30、月曜定休(祝日は営業、翌日休み)、第1火曜日。11月のみ第2火曜日。
 立地は宮ノ下交差点少し手前、焼き鳥屋の跡地で、2階の箱根そばは既に閉店しています(袖看板はそのまま)。

クリックすると拡大します

 店内に入って正面に設置された券売機で食券を買います。
 メニューは小田原系ラーメンとして、ラーメン800円、ワンタンメン1,200円、チャーシューメン1,200円、チャーシューワンタンメン1,300円。
 サイドメニューはギョーザ500円、エビギョーザ500円、ゆでワンタン700円など。
 ご飯物はカレーライス800円、卵かけご飯500円。

クリックすると拡大します

 飲み物は生ビールから焼酎、レモンサワー、冷酒、清酒(伊根満開!)も用意されています。
 席構成は左手にカウンター6席、右手奥に4人掛けテーブル、6人掛けテーブルの計16席。
 卓上には特製ラー油、辣油、酢、醤油、テーブルコショーが置かれています。
 ラーメンが出来上がるまでの間、配膳の女性店員さん、ホールの男性店員さんと郁の閉店した話とか、四方山話。

クリックすると拡大します

 少し待って、チャーシューワンタンメン1,300円
 直系ではないので細部が異なりますが、見るからに小田原系ラーメンの麺相。
 豚骨清湯スープは、一般的なラーメンに比べればオイリーですが、小田原系としたら少ない方。
 たれにチャーシューの煮汁を使っているので、全体的に甘めの味わい、ほぉー、いい感じです。

クリックすると拡大します

 麺は前店踏襲でマルキ製麺所の平打極太麺、スープとの相性は鋭意調整中です。
 しかしして新規開店二日目ですから、ここまで相性を合っていることが素晴らしい。
 麺量は思っていたより少なめでしたが、まあ、立地が住宅街ではなく観光地ですから。

クリックすると拡大します

 味がたっぷりしみたメンマ。
 水で戻したメンマをそのまま乗せるラーメンもありますが、しっかり下処理して、スープとの相性を高めています。
 食べてみるとチャーシューの煮汁で味付けしている感じですが、未確認です。

クリックすると拡大します

 厚切りのチャーシュー5枚。
 脂身が多いけれども、脂身もスープに馴染んでとても美味しい。
 小田原ラーメンだともっと分厚かったりしますが、まあ、立地が住宅街ではなく観光地ですから。

クリックすると拡大します

 ワンタンは5個。
 配膳されたときは見当たらなかったので、「あれっ」と思いながら食べていたら、麺の下に沈めてありました。
 皮がスープを吸ってしまっているけど、その皮がとても美味しい。

クリックすると拡大します

 そのまま食べきることに何の戸惑いも無いけど、特製ラー油を合わせてみました。
 小田原系ラーメンの辛味増しは初体験でしたが、これはこれで美味しいですね。
 酢も用意されているんだけど、試してみたことがありません。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 どうやって知ったか分からないけど、退店時にはお客さんが数人、入ってきました。

クリックすると拡大します

 山の紅葉はまだ進んでいないなぁ。
 箱根まで来たんだから、箱根でもう一軒食べたらいいのに、そうも行かないのがラヲタの性なのか。
 戻りも渋滞には合わず、順調にバイクを走らせます。

クリックすると拡大します

 お昼は、Tan Tan noodle 楽@藤沢市大庭5349-6へ。
 2019/11/2オープン、立地は荒湘跡地ですので、最寄り駅はちょっと見当たりません。
 経営母体は、湘南ベルマーレのオフィシャルスポンサーである杉山建設、、杉山社長自ら接客されています。
 鍋を振る料理人さんは、鎌倉の四川料理店であるイチリンハナレ(食べログスコア4.56、2019シルバー)出身。

クリックすると拡大します

 店内左隅にある券売機で食券を買います。
 メニューは担々麺850円、ニュータンタンメン780円、餃子定食800円。ジュース付きお子様ラーメン500円。
 辛さ増し50円、辛さ激増し100円。
 パクチーやチャーシュー、あじたまご等のトッピング、餃子、ミニ丼などのサイドメニュー。

クリックすると拡大します

 飲み物は生ビール、レモンサワー、ハイボール。
 空いている席に座り、店員さんに食券を渡すと、「お冷やはセルフでお願いします」と案内があります。
 冷水機の隣には無料サービスの黒烏龍茶が用意されていて、貧乏性の私は迷わず黒烏龍茶を。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むL字カウンター8席、壁側には2人掛けテーブルが4卓、計16席。
 卓上には辣油、酢、醤油、ホワイトペッパーパウダー。
 厨房やホールやら数多くの店員さんが働いています。

クリックすると拡大します

 程なくして塗り箸、レンゲ、穴あきレンゲと共に角盆に乗せて提供された、ニュータンタンメン780円
 ザク切りの生ニンニクと豚挽肉を鶏ガラスープと共に中華鍋で煮立て、僅かな化調で味を調整しながら卵でとじています。
 溶き卵が程よく馴染み、最後に振り掛けられた唐辛子粉が辛さを演出します。
 ニュータンタンメンと聞かなければとっても美味しいんだけど、ニュータンタンメンと聞くと色々と気になります。

クリックすると拡大します

 縮れ平打極太麺は自家製麺で、この麺がとても美味しい。
 スープに絡まないところは、ニュータンタンメンのツルンとした角中太麺と同じですね。
 食べた感じでは、このラーメンはニュータンタンメンでは無いどころか、ニュータンタンメン風でもありません。
 しかしして、家系ラーメンがそうであるように、東池袋大勝軒系がそうであるように、ラーメン二郎インスパイアがそうであるように、アナザー・ニュータンタンメンを目指して欲しい。

クリックすると拡大します

 四川料理出身ならば担々麺は合点がいきますが、何故にニュータンタンメンなのだろうかと、厨房の可愛らしい女性店員さんに訊けば。
 「私、小さい頃からニュータンタンメン(ホームは京町本店)を食べて育ったので、ラーメン屋をやるならニュータンタンメンをやりたかったのです」と説明して下さいました。
 ちなみに、ニュータンタンメンは化調で味を調えていますが、担々麺は無化調でありスープは少し異なるそうです。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月02日

ワインで晩酌

/つけ麺ラーメン泪橋宝町店@平塚市宝町にてマンモスラーメン/晩酌/

クリックすると拡大します

 カレンダー上は三連休ですが、連休最終日に仕事が入る可能性があったので予定を入れられず。
 回避というか、担当割りから外れたのが今週に入ってから。
 のんびり過ごせると分かったので昨日、深酒してからの惰眠を貪る朝。
 寝坊して朝食を食べ損なったので、お昼は多めに食べても大丈夫、と、バイクを飛ばします。

クリックすると拡大します

 お昼は、つけ麺ラーメン泪橋宝町店@平塚市宝町4-16(公式ツイッター)へ。
 店名の「泪橋」は、高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや画のボクシング漫画である「あしたのジョー」の舞台となった、ボクシングジム近くの橋の名前に由来しています。
 とまあ、説明が必要な時代になった気がする。

クリックすると拡大します

 今回のオープンを「移転」とするネット情報が散見されるので、泪橋の沿革をまとめてみました。
 2009/10/13 西新橋にて創業。
 2013/11/16 平塚市西八幡(西八幡店)に移転。
 2014/ 1/25 溝の口店オープン。
 2019/10/11 西八幡店、年内休業。
 2019/10/25 仙華跡地に宝町店オープン ←いまここ

クリックすると拡大します

 店内に入り、すぐ右手の券売機で食券を買います。
 メニューはマンモスラーメン850円、醤油ラーメン750円、塩ラーメン750円、つけ麺850円、辛つけ麺850円など。
 この「マンモスラーメン」の「マンモス」は「量が多い」という意味だけではなく、前述のボクシング漫画の主人公の友人(キャラクター)の名前、、、なんてことも説明が必要な時代。
 トッピングに野菜増量があるように、つまり、野菜増しは無料じゃないです。背脂は増量すらありません。

クリックすると拡大します

 マンモスラーメンのビジュアルはラーメン二郎インスパイアですが、ラーメン二郎とは全く異なるラーメンです。
 ラーメン二郎の特徴である「自家製麺」「生肉の出汁スープ」「ブタと呼ぶ角煮チャーシュー」「ニンニク、野菜、脂等の無料トッピング」等を一つも満たしていません。
 もちろん、お店側もラーメン二郎を謳っていません。

クリックすると拡大します

 買った食券を店員さんに渡すと、ニンニクの有無だけを訊かれます。
 店員さんの接客から、お客さんの殆どは西八幡店からの流れのようです。
 店内はすっかり綺麗にリフォームされ、L字カウンター7席(この日は5席のみ使用)、4人掛けテーブル3卓、21席。
 卓上には白胡椒、魚粉、七味唐辛子。

クリックすると拡大します

 少し待ってマンモスラーメン850円。ニンニクをお願いしています。
 もの凄く量が多いように見えますが、殆どが野菜(モヤシ95%、キャベツ5%)で、麺量は一般的なラーメンと同程度。
 トッピングされている花鰹がゆらゆらと湯気でゆらゆらと揺れ、鰹のいい香りを辺りにまき散らします。
 豚骨ベースのスープに魚粉を合わせて魚介を利かせ、どっしりした旨味でありながら、キレのいい後味でとても美味しい。

クリックすると拡大します

 太麺はこれまでと同じ丸高製麺の別誂麺。
 モチモチ感より食べ応え優先の固め仕上げで、この仕上げがさらさらのスープによく合います。
 ニンニクはかなり多めですが、あまり辛さを感じません。

クリックすると拡大します

 大きめのチャーシューが二枚、綺麗な長方形に切りそろえられています。
 そのままではなく、スープに浸して味をしみこませて食べると、とても美味しい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お店を出て、どれどれ西八幡店はどうなっているか向かってみました。
 『新店舗オープンのため しばらくお休みいたします。』とあるので、私には移転には思えませんでしたが。

クリックすると拡大します

 晩酌
 ヨセミテ・ロード リミテッド・セレクション ピノ・ノワール 赤。
 300円台だと料理ワインだけど、1,000円を超えると味わえるようになるな。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月01日

アフターヤキニク

/おにやんま五反田本店にてきのことほうれん草のカレーうどん(並)/俺流塩らーめん新宿東南口店@新宿三丁目にて俺流塩ギョーセット/ホルモン焼き時代輪屋/スナック/

クリックすると拡大します

 朝は、おにやんま五反田本店へ。
 毎月伺うつもりでしたが、ちょっと間が空いてしまいました。
 前回、ずっと本店を張ってきた店員さんが変わりましたが、今回はその店員さんからまた変わりました。

クリックすると拡大します

 券売機をみると、消費税増税で値上げされていません。
 今月の限定メニューのボタンをポチッとして店内へ、空いているスペースに立ちます。
 おにやんまでは券売機と店内のレシート印刷機が連動しているので、買った食券を出さなくても間違えずに配膳されていたのですが。
 「食券を目の前において下さい」と店員さんから声が掛かり、、、いや、厨房での立ち位置からではテーブルに置いた食券、見えないんじゃぁ・・・

クリックすると拡大します

 きのことほうれん草のカレーうどん(並)530円、11月の月替わり限定メニュー。
 店内はどちらかと言えば空いている方だったけど、盛り付けが雑に感じます。
 おにやんまでカレーうどんを食べたのは初めてですが、この麺、この出汁にカレーは合わないんですね。
 白髪ネギを乗せている意味がちょっと分かりにくい。

クリックすると拡大します

 しかしして、うどん自体の美味しさは相変わらずで、とても美味しい。
 味変にはならないけど、天かすとおろし生姜を多めに合わせて、一気に食べきります。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は、俺流塩らーめん新宿東南口店@新宿三丁目公式サイト)へ。
 10/22オープン、国内17店舗目(他に香港6店舗)として2019/10/22オープン。
 立地は千曲そばの跡地、千曲そばは私が就職した時には既に営業されていたので、35年以上営業されていたんですね。
 まず、店先の券売機で食券を買います。

クリックすると拡大します

 メニューは「塩らーめん屋、ですよね?」と訝しがるほど種類が多く、そもそも塩らーめんのボタン(2段目左端)がすぐに見つからない。
 ざっと書き留めておくと俺流塩らーめん680円、俺流熟成塩らーめん690円、俺流辛塩らーめん730円、俺流つけめん880円、俺流みそらーめん780円、俺流辛みそらーめん800円、俺流辛塩らーめん730円。
 俺流塩らーめんは各店舗で少しずつメニューが異なっていますし、セットメニュー、サイドメニューも多いので、通い甲斐があります。

クリックすると拡大します

 店内は「ホントにここに千曲そばがあったんだっけ」とびっくりするほど改装されています。
 入って右手に2人掛けテーブル、左手に6人掛けテーブル、厨房を囲むL字カウンターは3席と10席、合計21席。
 潤沢に店員さんが働いていて、テーブルにお冷やとお手拭きを置いてから「こちらへどうぞ」と案内されます。

クリックすると拡大します

 家系(いえけい)ラーメンに負けない調味料、岩のりやとろろこんぶを「調味料」とは言わないけど。
 ラーメンコショー、酢、醤油、辣油、俺流ラー油、俺流マーニンニク、ゆずこしょう、うめが用意されています。
 蓋がされた小壺には調味料名が書かれていませんが、左からマーニンニク(こがしニンニクとおろしニンニクのブレンド)、ゆずこしょう、うめ(梅肉)です。

クリックすると拡大します

 先ずは、俺流塩ギョーセット1,000円。塩ギョーセットは、ラーメンと餃子のセットで、ライスかトッピングが付きます。
 ラーメンは塩680円、熟成塩690円、辛塩730円から選択できるので、辛塩らーめんにしました。
 鶏ガラとゲンコツを炊き出したスープに大量のタマネギを合わせ、あっさりした後味なのに、しっかりした美味しさ。
 強めの辛さがスープの美味しさをグイグイと引き上げます。

クリックすると拡大します

 大黒屋の角細麺、メニューによって変えていると思われます。
 連れとお喋りしながら食べても伸びないこと、何より食べ易さ優先。
 トッピングはバラ巻きチャーシュー、メンマ、ほうれん草、柚子かけ、白髪ネギ。
 ライスはスープと代わる代わる食べました。

クリックすると拡大します

 美味しいラーメンではなく、美味しく感じる作りのラーメン。
 普通に美味しいラーメンを好む一般受けは良いけど、特別感をラーメンに求めるラーメン好きには不人気。
 麺がだいぶ少なくなったところで、定番の岩のりととろろ昆布を適量乗せます。
 さっと全体に馴染ませて食べていると、とても美味しいので、岩のりははじめっから乗せても美味しそうです。

クリックすると拡大します

 餃子はニンニクの有無を食券を渡すときに訊かれます。
 個人的な食べ方として、焼き餃子なので酢と醤油を順番に掛けて頂きます。
 餃子は皮厚の片面焼き、食べ応えがあってとても美味しい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜はホルモン焼き時代輪屋(ときわや)(ホームページ)へ。
 『いつの時も どんな時代(とき)も/大切な家族や仲間たちと笑顔で/輪(わ)を囲み/楽しいひと時を過ごしてほしい/そんな思いを込めて/時代輪屋(ときわや)は誕生しました』

クリックすると拡大します

 久し振りにカウンターのコーナー席に座り、先ずはレモンサワーで今夜は鶴巻で一人お疲れ様会。
 今夜は大将のワンオペでスタート、訊けば昨日の祭りでお肉が全部売れちゃったそうです。
 肉の入荷が遅い時間になり、入荷が無かったら肉無しで営業するつもりだったとか。

クリックすると拡大します

 で、今夜はナンコツ二人前から。
 味噌だれ、醤油だれ、ネギをスタンバイさせて、さて、焼きますか。

クリックすると拡大します

 お肉の焼き方は食べ手の数だけあるので、好きなように焼いたらいいと思います。
 ただね、多くを一度に乗せちゃうと、一気に焼き上がってしまうので、少し時間を空けて乗せていった方がいいかも。
 たれはたっぷり付ける、固さ、旨さ、もう最高に美味しい。

クリックすると拡大します

 レモンサワーを飲み終わったら日本酒。
 こちらのお店には清酒上撰 湘南魂のみ、全然問題なし。
 実に日本酒、一口飲むたびに、ドスンドスンと酔っていきます。

クリックすると拡大します

 レバー。
 たまたま隣になった若いカップルと話し込んでしまい。
 来年、焼き鳥を食べに行こうと。

クリックすると拡大します

 牛タン。
 いつもは厚切りでお願いするけど、お店が混んでいたのでそのままでお願いしました。
 いやはや、たっぷり食べて、たっぷり飲んで、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 アフターヤキニクは、久し振りのスナックへ。
 とても嬉しい話をして下さって、ああ、ブログをやっていて良かったなぁと思った。
 次にいつ行けるか分からないけど、彼女(名前が覚えられない)がシフトに日に行けたらいいな。
 バスがあると思って店を出たらバスが無くて、駅まで歩いてタクシーで帰宅。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記