2017年09月12日

ある一つの歴史が始まる

/なんつッ亭品川店@品達にて冷し担々麺/家系ラーメンクックら@相模大野にてラーメン/

クリックすると拡大します

 以前、店先を通りかかったときに限定メニューがあったはず、と、なんつッ亭品川店@品達ホームページ)へ。
 品達(ホームページ)全体で夏の冷やしラーメン祭みたいなのをやっていて、その一環なのかと思ってみたりしましたが。
 タイミングによっては外待ちしているし、タイミングによっては店内待ちもないし、一回立ち寄っただけで「相変わらず混んでいる」とも「すっかり廃れている」とも言えません。

クリックすると拡大します

 限定メニューは冷し担々麺、告知によれば水戸店で絶賛販売中を品川店でも販売とのこと。
 水戸店は2011/8に一度行ったきり、、こんなメニューが販売されているなら、近くを通った時に立ち寄っても食べたいんだけど、いいんだけど。
 というか、今調べたら、御徒町店でも販売されているという、、、自身の情弱さが泣けてきます。

クリックすると拡大します

 食券を買って店内へ、店員さんに食券を渡し、空いている席に座ってお冷を飲みます。
 店内は少しすっきりした感じ、あの独特の書体が消えてしまっているからか。
 まあ、ラーメンの食べ方指南を読みながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待って冷し担々麺850円、限定20食の販売です。
 スープのベースは味噌、芝麻醤がかなり溶かし込まれていて、冷たいスープですが香りがしっかりしています。
 食べ始めは脇役ですけれど、具材が次第に馴染んでくる頃には、飲み干してしまうほど美味しく変貌します。

クリックすると拡大します

 細麺はスープの温度まで冷やされていて、仕込みと調理の手間を考えると、850円はかなりお得です(だから数量限定なのかも)。
 トッピングは味玉、白髪ネギに水菜、自家製辣油で辛く味付けされた麻婆ひき肉。
 このひき肉の辛さが食べ進めるほどにじわりじわりと効いてきて、だれ気味の味を引き締めてくれます。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 相模大野駅西口から徒歩数分、2017/9/7にオープンした家系ラーメンクックら@相模大野(相模原市南区相模大野5-27-5)へ、店名の由来は「思い付きで何となく」とのこと。
 店先は家系ラーメン店にしては小さめの看板とメニュー・タペストリー、店内階段を二階へ上ると、カウンターバーを改装したフロア、三階の上の天井まて吹き抜け。
 厨房には、どうやって設置したか分からない大きさの冷蔵庫が二台。

クリックすると拡大します

 メニューはラーメン、チャーシューメン、ネギラーメン、つけめん。
 トッピングは海苔、味玉、野菜盛り、刻みネギ、魚粉など100円以下、ご飯ものにビール。
 食券を買って女性店員さんに渡すとお好みを聞かれ、柔らかめでお願いします。

クリックすると拡大します

 色々と聞きたいことがあったので、半分くらいの入りのカウンターの店主さんの目の前の席へ座りました。
 一文字カウンターが9席、テーブルは4人掛けと2人掛けがそれぞれ1卓。
 卓上にはフライドガーリック、ライス用にんにく、グリーンにんにく、無臭にんにく、酢、醤油、白胡麻、マヨネーズ、ラーメンコショー、粗挽きトウガラシ。

クリックすると拡大します

 少し待ってラーメン680円(オープン記念で390円)、麺柔らかめ。
 開店5日目でこのスープとは、流石は王道家出身ですな。
 アイドリングとは思えない3,000回転くらいの慣らし運転と思われる豚骨出汁、レッドゾーンが8,000回転からか、15,000回転からなのかは、想像するしかありませんが、少なくとも12,000までは赤くないだろう。

クリックすると拡大します

 中細麺は王道家製麺ではなく増田屋製麺、、、スープとの相性がどうのというレベルには仕上がっていません。
 つまり、スープを仕上げてから麺をチューニングするということ、これは楽しみ。
 板海苔三枚、多めのほうれん草、(燻製ではない)煮豚チャーシュー、スープの中に薬味ネギ。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
 店内は混雑していましたので、店主さんの手隙を狙ってお声がけし、なんで増田製麺なのか?なんで燻製チャーシューじゃないのか?などなど。
 ある一つの歴史が始まる瞬間に立ち会ったのかもしれない、しかしして歴史を作るのはお店ではなくお客さんなのだけれども。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月11日

山形の肉そば

/肉そば鶏中華最上川@新橋にて肉そば(冷)/味噌や魚らん坂伊勢原駅前店@伊勢原市にて激辛味噌/

クリックすると拡大します

 肉そば鶏中華最上川@新橋、赤坂あじさい(ホームページ)の姉妹店として本日9/11にオープンしました。
 営業時間は無休で平日は11:00-翌03:00、土日祝日は11:00-22:00、新橋、内幸町のこの辺りの人通りは全く考慮されていないようです。
 新規オープンということで次から次へとお客さんが入っていきます。

クリックすると拡大します

 メニューは肉そばの冷・温、鶏中華の冷・温、にしんそば、板そばなど。
 ※そばは「日本蕎麦」のことで、中華麺を使用したラーメンは「鶏中華」のみです。
 飲み物はビール、日本酒として出羽桜の一耕、桜花、大山の十水、男山のつららぎ。飲みのつまみ料理も揃っています。
 店内に入ってすぐ左手の券売機をみると、新規開店ということもあってメニューを絞っての営業されています。

クリックすると拡大します

 店内は右手に厨房、厨房を囲むL字カウンター11席、左手の窓側に4人掛けのテーブルが2卓、テーブル席は相席を確認されていました。
 卓上にはさんしょうの粉、ブラックペッパー、七味唐辛子、花カツオ。
 本日堂々オープンですので店員さんバタバタ、こんな状態で美味しいとか美味しくないとかの話しは、私には無理です。

クリックすると拡大します

 少し待って肉そば(冷)950円
 親鳥のつゆは脂分が殆ど感じられずに後味すっきり、温かいのと冷たいのでどのくらい違うのかが気になります。
 ラーメンのスープとは違ってごくごく飲む人はいないでしょうけど、レンゲで飲んでいる人もいました。

クリックすると拡大します

 麺は細さを信条とする江戸切りそばとは全く異なる、太くてコシがある日本蕎麦。
 もう少し冷たく締めた方が美味しいと感じるお客さんが東京では多そうですが、そうすると山形のお蕎麦ではなくなってしまうし。
 写真では分かりませんが、ゴボウの笹切りが多めに入っていて、種物は鶏肉、舞茸、水菜、糸唐辛子、白ネギ。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
 夜に訪ねて、日本酒でも傾けながら、つたない山形話でもしながらゆっくりしてみたいですね。
 しばらくは混み合っているだろうから、三ヶ月くらいしてからかな。

クリックすると拡大します

 味噌や魚らん坂伊勢原駅前店@伊勢原市、先月にメニューを整理し、店先を少し飾ってプチリニューアルされました。
 もう少し頻繁に通いたいのですが、ここまで来るまでにどれだけラーメン屋があるか。
 駅から近いこともあって、夜でも大抵は先客、後客がいます。

クリックすると拡大します

 メニューは味噌らーめん、辛味噌らーめん、黒味噌らーめん。醤油らーめん、塩らーめん、つけ麺(味噌、辛味噌、黒味噌、醤油)。
 トッピングは味玉、チャーシュー、バターコーン、ネギ、野菜など。
 ビールやハイボールなどの飲み物と、焼き餃子、枝豆、つまみメンマなどの簡単なつまみ料理。

クリックすると拡大します

 テラス席に先客を横目に店内に入ると、若い男性店員さんが調理を、若い女性店員さんが配膳を、淡々とこなしています。
 この夜の店員さんと少し距離を感じるのが、足を遠のかせています。
 お冷を飲みながらボケっとラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして激辛味噌800円、カウンター台越しに提供、手を伸ばしてテーブルにおいて下さいました。
 中華鍋を振って野菜を炒め、鶏ガラと豚ガラのスープと合わせて煮立て、辛味をたっぷりと加えたスープ、美味しい。
 野菜の甘味は野菜に閉じ込められいて、野菜が美味しいです。

クリックすると拡大します

 麻生製麺の縮れ中細麺、テボで茹でていますが丼に入れるときに丁寧にほぐしているので、スープによく絡んで食べやすい。
 味をまとめるためにひき肉が使われていて、全体の味がまとまっています。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 明日は夕方に人と会うのですが。
 待ち合わせの時間と場所しか決めておらず、用事だけ済ませてお終いか、コーヒーくらい飲むのか、軽く飲むのか、何にも考えていない。
 未来は真っ白が好きだなぁ、中々思い通りにはいかないけど。
posted by ふらわ at 22:43| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月10日

淵野辺から全国区へ

/麺場新(あらた)@相模原市中央区東淵野辺にて肉味噌らーめん+チャーシュー、担々麺/

クリックすると拡大します

 カーナビで調べると、自宅から1時間と表示されますが、実際には1時間半以上掛かる。
 片道1時間半だから往復で3時間、それはいいんだけど、お店に着いてみたら5台の駐車場が満車です。
 ここまで来てクルマが停められないから他の店に行く、という選択肢はないので、15分ほど待ったのには参った。
 麺場新(あらた)@相模原市中央区東淵野辺、がらがらと言うことは無いけど満席ということもない店だったのに、いつからそんな繁盛店になったのでしょうか。

クリックすると拡大します

 以前は口頭注文後会計でしたが、一年も来ないうちに券売機が設置されています。
 カラフルに色分けしたり、ラーメンの写真を貼ったりではなく、白地に文字だけの分かりやすいボタン。
 メニューは肉味噌らーめん、つけ麺、白湯そば、醤油そば、煮干そば、担々麺。今月の限定メニューは辛増担々麺、担担辛つけ麺。
 ご飯ものや飲み物、一品料理も揃っています。

クリックすると拡大します

 案内された空いていたカウンター席、いつも同じ席、卓上には豆板醤、おろしニンニク、酢、一味唐辛子、白胡椒。
 座った席から厨房に貼り出されているパウチが見え、片方は東京ラーメンショー、片方はラーメン女子博名古屋。
 その後、満席店内待ち。暑さ寒さをしのぐために店内待ちは仕方ないので、丸椅子を用意した方がいいかも。
 失礼だけど、こんなにお客さんが来ているお店だとは思っていなかった。

クリックすると拡大します

 先ずは女房の肉味噌らーめん800円+チャーシュー200円
 肉味噌らーめんは新のフラグシップ的なメニューであり、私も何度も食べています。
 バラ肉がたっぷり入っている上に、チャーシューを三枚を刺して、ホリデー・ラーメニアンもご満足。

クリックすると拡大します

 少し遅れて私の担々麺800円、以前は期間限定メニューでしたが、数量限定ですがレギュラー化されました。
 新の担々麺の解釈は、鶏白湯スープに芝麻醤、辣油をブレンドし、肉味噌とネギ、糸唐辛子をトッピングしています。
 スープが良い具合に練れてきていてとても美味しく、ある程度の量をそれなりの期間、炊き続けないとこの味にはならないのではないでしょうか。

クリックすると拡大します

 ラーメン屋のスープと言うより中華料理屋のスープを目指しているのかな。
 丸く中細麺は他のメニューと共通の村上朝日、しなやかに仕上がっていて、とても美味しく、とても食べやすい。
 レンゲでスープをすくって飲み、穴あきレンゲでネギと共に肉味噌をすくって、麺と交互に頂きます。

クリックすると拡大します

 麺を食べたところで、店員さんに声を掛けて無料サービスのライスを頂きます。
 ご飯にスープを掛けるか、スープにライスを投入するか、逡巡してライスを投入します。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 帰りに少し買い物をして帰宅、いつものような日曜日が過ぎていきます。
 夜遅くなって下の子をお迎えに行って来たら晩酌して、日曜日はおしまい。
 明日から、また、頑張る。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記