2018年04月05日

タンタンメンなど

/讃岐うどん038にてとり天ぶっかけ/元祖ニュータンタンメン本舗(イソゲン)五反田店にてタンメン(大辛)/中華そば大賀110@相武台前にてワンタン担担麺/

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 朝は讃岐うどん038へ。
 この辺りには多くの飲食店が軒を連ねていて、専門学校が近いこともあって500円前後で一食を済ませることが出来ます。
 思い起こしてみれば、中学生の時にアマチュア無線の試験を受験するまえに立ち食いそばを食べたのが初めてだったかな。
 40年以上前か、人生はかくも短い。

クリックすると拡大します

 店先の立て看板に貼り出されているメニューを眺めます。
 初訪の時に何を食べるかをとても大切に考えている人と、あんまり気にしていない人がいると思いますが、どちらにしてもここまでメニューが多彩でフラットだと何を食べたら良いのか(何を食べるべきか)分かりにくい。
 いわゆるデフォは「かけうどん290円」ですが、イチオシは週替わりうどんの「親子丼とわかめうどん590円」、うーんどちらもピンとこない。
 メニューが多いのは喜ばしいのですが、「先ずはこれを食べてみて」が分かりやすいと良いのですが。

クリックすると拡大します

 店内の券売機で「とり天」のボタンを探すと「ジャンボ」「ふつうの」があり、(おそらくふつうの)「とり天と肉」「とり天と岩のり」「とり天とちくわ天」のコンビネーションもある。
 逡巡しながらも普通の人間なので普通かな、とポチ。
 某店と同じように、券売機のボタンを押した時点で厨房に注文が通っていて、食券はそのまま持って待つように店員さんから言われます。
 厨房に面したカウンターは立ち食いスペースで5人ほど、反対側の壁に沿って2人掛けテーブルが3卓。

クリックすると拡大します

 程なくしてふつうのとり天ぶっかけ460円。立ち食い店であっても別皿で角盆に乗せられて提供されます。
 食べ応えのあるコシとモチモチ感、しなやかな口当たりのために、店内製麺は必須ですが、打ち立て、茹でたては必須ではありません。
 細かい話しをすると、打ち立てとは打ってからどの位の時間までのことを言うのか、何ですけどね。
 うどんは「コシと硬さは違うんですよ」を教えてくれる硬さのある食べ応え、朝一番だからこその食べ応えなのかな。

クリックすると拡大します

 薬味ネギと共にレモンかけが乗せられていて、先ずはレモンを外しておかないと味が混じってしまいますね。
 うどん汁はいりこだしだけではなく鹿児島産枯本節、宗田節、鰹節、煮干しのだしをバランス良くブレンドしてあり、これでもかの美味しさです。
 とり天はそのまま食べて良し、うどん汁に浸けて良し、卓上の調味料で味付けして食べて良し。

クリックすると拡大します

 卓上にはおろし生姜、七味唐辛子、だし醤油、醤油、白胡麻など。
 ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は元祖ニュータンタンメン本舗(イソゲン)五反田店@五反田(品川区東五反田)ホームページ)。
 月に一度は訪問しようと思っていますが、公私ともにスケジュール管理がダメダメで、随分と間が空いてしまいました。
 店内に入ると、空いていたのはカウンターに1席のみ、私以降のお客さんは店内待ちするほど混み合っています。
 数人連れで入ってきたお客さんは「(席は)別々でいいよー」って、場慣れしてるなぁ。

クリックすると拡大します

 チェーン店然していますが実は暖簾分け独立(FC)店、突然メニューが増えたり減ったりしますので、気が抜けません。
 手元のメモを見ながら未食であることを確認して、口頭注文後会計。
 辛さを聞かれたら辛さ無しで食べようと思っていたのに、ついうっかり「大辛で」と口走ってしまう。

クリックすると拡大します

 調理人は一人なので、それなりに時間が掛かってタンメン(大辛)830円
 出来上がった見ると、みそラーメンと区別が付かない麺相。未確認ですが、煮込む野菜の種類が違うだけじゃないかと。
 タンタンメンの様に粒ニンニクが入っていない分、辛さは控えめですが、タンメンですからね。

クリックすると拡大します

 麺を少なく感じるほど野菜が多く入っていて、タンタンメンで使われている唐辛子と挽肉も入っていますね。
 さらさらスープですがご飯を別途注文するかどうか悩み、店内の混雑ぶりを鑑みて、今日のところは諦めました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜はやっと伺うことが出来た中華そば大賀110@相武台前、小雨がぱらついていて、帰りに本降りにならなければ良いけど。
 店内を覗くと先客四人、どの辺に座るか悩みどころです。
 券売機を見てもつ鍋が終わったことを確認し、新しいメニューが無いことを確認し、ポチッと。

クリックすると拡大します

 営業時間が4月から(水曜日ではなく)月曜の夜営業、火曜日と変わっていて、ネットを探してみると某口コミサイト以外は変わっていない様子。
 席に着いて食券を渡すと、女性店員さんから「辛さはどうされますか」と聞かれ、1辛から5辛のウチから好きな辛さを伝えます。
 隣は男性2人客が辛さ談義、隣は女性2人客が汁なし担々麺を美味しそうに食べています。

クリックすると拡大します

 程なくしてワンタン担担麺950円。しまった、またつけそばを食べ損なってしまった。
 鶏ガラ出汁をベースに芝麻醤をたっぷりと効かせてあり、その両方の美味しさを引き上げるレッドアイによる辛さ、美味しいなぁ。
 手作りですからブレは楽しみのウチ、今日のスープはあっさりめでグイグイと飲めます。

クリックすると拡大します

 手打ちの平打太麺、やや柔らかめ仕上げて、この麺のためにスープがあるのか、スープに合わせて麺があるのか、とても美味しい。
 トッピングはクラッシュナッツ、刻みネギ、小松菜、糸唐辛子、そしてわんたん。
 ワンタンは彗星のように尾が長い皮を楽しむタイプ、餡もとても美味しい。

クリックすると拡大します

 最後はお好みで辛味増し、超鬼殺しを三サジほど投入し、辛さをガラッと変えてフィニッシュ。
 隣の男性客と冗談を言い合って盛り上がった気がしましたが、隣の女性客とはノーアンサー。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月04日

銀座の名店からの独立

/ゆで太郎代々木東口店にて朝そば(たまご)/横須賀らぁ麺しろ@県立大学にて鶏清湯ラーメン(並)、鶏白湯ラーメン(並)/

クリックすると拡大します


クリックすると拡大します

 朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 月、火、水と三日連続で来てみましたが、そんなお馴染みさんは普通なので、特に異なった接客があるわけではありません。
 訪問する時間が大体同じなので何人か知った顔がいますが、それはもちろん、相手からも同じことですね。

クリックすると拡大します

 朝そば(たまご)330円、かき揚げのわかめチェンジ、お蕎麦は「つめたいの」、玉子は「生卵」、クーポンKA。
 つるっとお蕎麦を手繰れば、ふんわりと鰹節出汁が香り、朝からとても美味しいお蕎麦。
 朝からかき揚げはちょっと重いと思ってわかめにしましたが、結局、かき揚げを食べているという。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 初めて降りた京急本線県立大学駅、県立大学って何だろうと調べてみたら「神奈川県立保健福祉大学」の事で、2003年開校。
 つまり2003年以前は「県立大学」は無かったので、その頃は「京急安浦駅」だったらしい。
 改札を出て、家路に向かうまばらな降車客に混じって、一人だけラーメン屋に向かう、、いや、ラーメン屋を探す。

クリックすると拡大します

 駅から徒歩数分の横須賀らぁ麺しろ@県立大学(横須賀市安浦3-42)、3/24からプレオープン、3/26グランドオープン、3/27夜営業開始。
 ただの新店ならばわざわざここまで来ないのですが、公式ツイッターには「銀座の名店【銀座 篝】で修行した店主が」とあり、となれば仕事帰りでも駆け付けざるを得ません。
 店主さんは銀座 篝 大手町店の店長を経ての独立、銀座 篝からの初めての独立店となります。

クリックすると拡大します

 店内に入り、すぐ左手にある券売機で食券を三枚買います。
 メニューは鶏白湯ラーメン、鶏清湯ラーメン。トッピングは味玉、海苔、青葱、辛味、鶏チャーシュー、豚チャーシュー、スペシャル。
 サイドメニューは白ご飯、卵かけご飯、賄いチャーシュー丼、特製辛味ご飯。
 瓶ビール(アサヒドライ)。

クリックすると拡大します

 店内は席数は事前に聞いていましたが、カウンター5席、奥に座るにはスミマセンを三回くらい言わないとならないほど。まるで篝 銀座本店のよう。
 先客2人、卓上にはフライドガーリック、フライドオニオン、おろし生姜、焦しネギ、黒七味、黒胡椒。
 カウンター台に食券を置いて、「ビールと清湯を」と告げます。

クリックすると拡大します

 今夜はビール500円、横須賀で一人お疲れ様会。
 狭い店内ということもあり、店主さんワンオペ、開店1週間を過ぎたばかりですが、落ち着き払った所作で調理をされています。
 おお、これは期待できますねぇ。

クリックすると拡大します

 先ずは鶏清湯ラーメン(並)730円
 スープは透明度の高い丸鶏スープ、鶏以外は香味野菜のみで炊き出した味わいは、一口飲んだらそのまま飲み続けてしまいそう(しまいました)。
 色付け程度の醤油ダレが、鶏の旨味をぎゅっと引き締めます。

クリックすると拡大します

 縮れ細麺は邦栄堂製麺所、スープの完成度に対して力不足は否めませんが、「(篝で使っている)三河屋製麺も考えましたが、、、」との弁。
 トッピングはほぼ日替わりでミニトマト、パプリカ、タケノコ、豆苗。
 豚チャーシューの下に茹でキャベツが数枚、板海苔。
 ひとつひとつがスープの味を変えることはないけど、目で味わうのも楽しみの一つです。

クリックすると拡大します

 続けて鶏白湯ラーメン(並)780円
 ふんわりと立ち昇ってくる香り、まさに篝の鶏白湯スープ。聞けば圧力鍋で5、6時間、後は肉と骨を潰して1時間かかるとのこと。
 雑味でさえ旨味に感じる、トロミの柔らかいスープ、篝とは炊き込む量が違うので味わいが異なりますが、異なる分だけを差し引いた味わい。旨いわぁ。

クリックすると拡大します

 縮れ細麺は清湯と共通、数多くのラーメンを食べている人を満足させることは難しそうですが、ここ地のお客さんにはかなり秀逸な麺でしょう。
 トッピングはほぼ同じですが、海苔は無し、チャーシューは鶏モモ肉。
 豆苗の曲がり具合によって盛り付けを変えていて、店主さんの美的センスを伺わせます。

クリックすると拡大します

 食べ終わる頃には先客が帰ったところで、後客もなくてノーゲス、これ幸いと少し店主さんとお話しさせて頂きました。
 勘違いも甚だしいが、銀座 篝(ぎんざ かがり)はセントラルキッチンのスープだと思っていて、だからこそスムーズに多店舗展開しましたし(今月中に大阪にも出店)、ラゾーナ川崎にも出店したのだと思っていました。
 いえいえ、(一部の店舗を除いて)店内で炊いていましたよ。銀座店は篝を立ち上げた店長さんが退職されたこともあって、休業中です。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月03日

神田から水道橋へ

/ゆで太郎代々木東口店にて朝そば(おろし)/神田らぁめん悠@神田にて海老カレーまぜそば/ゆで太郎竹橋店にて生ビール、おつまみ三種盛り/らーめん 子うさぎ 神保町店にて汁無担々麺とごはん/

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 毎年1月、4月、7月、10月の月初二週間はゆで太郎強化週間、もちろん今週と来週も。
 朝そばは相変わらず、玉子、おろしの二種類、大抵は玉子ですが、今朝はおろしの気分。

クリックすると拡大します

 朝そば(おろし)330円、クーポンAB。お蕎麦は「つめたいの」。
 日本蕎麦屋では「辛味大根そば」と呼ばれていて、江戸切り風に「おろしそば」と呼んでいます。
 に、多めの薬味ネギを乗せ、彩りとして紅生姜、実に美しい。美しい料理は美味しい。
 美味しいお蕎麦をご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 お昼は神田駅西口から徒歩5分の、神田らぁめん悠@神田(中央区日本橋室町)ホームページ)。
 2015/12/1オープン。店主さんは満来@西新宿、(満来の副店長さんが独立した)ほりうち@西新宿、の双方で働いていました。
 店先にメニューの説明があり、雑誌の紹介記事が所狭しと貼り出されています。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、店主さん、男性店員さん、女性店員さん、各々別の作業をされているのにぴったりと息のあった挨拶。
 先ずは券売機に向かって食券を買います。
 出身のメニューを踏襲して醤油ラーメン、「ざるらぁめん」と呼ぶつけ麺、納豆らぁめん、納豆ざるらぁめん、ねぎらぁめん、らぁめん小、限定メニュー。
 サイドメニューは白めし、限定めし、茹で餃子。

クリックすると拡大します

 殆どのラーメン好きがスタンダードメニューをレポートしてくれているでしょうから、ここはひとつ、限定メニューで。
 厨房を囲むL字カウンター14席が満席ですので、壁側の待ち席に奥から詰めて座ります。
 数多くの飲食店で店の数だけ調度品に接していますが、その中でもかなり頑丈な部類に位置する椅子だこと。
 少し待って「お一人様、こちらへどうぞ」と案内されます。

クリックすると拡大します

 テーブルにはお冷やが注がれた湯飲みが置かれ、調味料として酢、白胡椒、醤油が用意されています。
 スタンダードメニューの太麺は一括茹で上げですから、まぜそば用の細麺は別茹でとなり、何人かに抜かれて提供されます。
 盛り付けもちょっと手間を掛けて、少し待って出来上がってきました。

クリックすると拡大します

 海老カレーまぜそば980円
 タレはスパイスから作ったチキンカレー、軽めの仕上がりです。
 トッピングは、刻みメンマ、小松菜、刻みトマト、粉チーズ、刻み紫玉ねぎ、小エビが二尾。
 宮原製麺@江古田の細麺を満遍なく馴染ませて頂くと、満来さは殆ど感じませんが、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 途中で胡椒を、最後の方で酢をかけて美味しくいただきました。
 食べ終わった辺りで僅かに客足が鈍りましたので、店主さんと麺の話を少しだけ。満来もほりうちも、今は自家製麺を辞めちゃったとのこと。
 レポーターだったらネット情報を鵜呑みして右から左でいいのですが、ブロガーなら現地での裏どりを怠ったらダメですね。自戒を込めて。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜はゆで太郎竹橋店(ホームページ)で軽く飲むかと。
 ゆで太郎システム系の店舗には会員証が掲げてあり、この店舗は比較的新しいのに古参に類する若い番号です。
 というのも、竹橋店は(閉店した)神田橋店の移転という位置づけなので、神田橋店の番号を引き継いでいます。

クリックすると拡大します

 ということで、生ビール290円、おつまみ三種盛り(チャーシュー3枚、メンマ多数、煮玉子)300円、クーポンAB。
 全国のゆで太郎ファンの皆さん、本日も一日、お疲れ様でした。
 仕事帰りに軽く一杯飲んで働きスイッチを切りましょう。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 最寄駅は東西線竹橋駅ですが、せっかくなので神保町まで歩いてみることにしました。
 神保町まで歩いたら、そのまま水道橋まで歩いてみることにして、その途中でラーメンでも。
 らーめん 子うさぎ 神保町店@神保町(千代田区神田神保町)、2017/10/30オープン。
 うさぎ@神泉を発祥とした子うさぎ@大塚の2号店。usaco noodles@新小岩、錦鯉@錦糸町に続く出店かと。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手の券売機で食券を買います。
 メニューは醤油ラーメン、担々麺、汁無担々麺、トマト担々麺。
 トッピングはパクチー、味玉、チャーシューなど。ご飯はあるけどご飯物はありません。
 ビールやお茶割もありましたが、さっき飲んだしな。

クリックすると拡大します

 振り向いて厨房前のカウンター席へ、厨房に向いて6席、厨房を背にして窓向きに6席。夜営業では窓向きの席を待ち席にしているようです。
 食券を渡すと辛さを0辛、1辛、2辛から聞かれますので、まぁ2辛で。
 1辛がお店のオススメで、2辛は花山椒を増量し、唐辛子ペーストが加わっています。
 夜20時の訪問で先客2人、後客ゼロ。卓上には白胡椒、酢。

クリックすると拡大します

 程なくして汁無担々麺とごはん1,000円。汁無担担麺950円とごはん140円のセットなので90円もお得です。
 丼が真円ではなく、ふっくらしたラグビーボールのような形状、うさぎの顔と関係あるのだろうか。
 開店当初の麺相から変わっていて、トッピングは辛肉味噌、白ネギ、万ネギ、糸唐辛子とシンプルです。

クリックすると拡大します

 全体を良くかき混ぜて、大栄食品の平打中太麺ともに頂くと、タレからしっかりと作り込んだ美味しさ。 
 辛さや痺れはかなり抑えめで、麺が僅かに固め仕上げと言うのも食べ易さに繋がります。
 卓上には辛さも痺れも調整する調味料が用意されていないので、落ち着いてきた香りを胡椒をパッと振って立たせ、固まりかけてきたタレに酢をさっと回し掛けて食べやすくして。

クリックすると拡大します

 さてライス、こちらどうぞと温泉卵をサービスしていただきました。ありがとうございます。
 全体を滑らかに混ぜて美味しくいただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 『神保町』で括るにはちょっと範囲が広いですが、汁なし担担麺 くにまつ 神保町店、成都正宗担々麺 つじ田、担々麺 辣椒漢などに十分肩を並べるトップレベルだと感じました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記