2017年10月02日

新橋の鶏中華

/ゆで太郎高輪店にて得ランチ/肉そば鶏中華最上川@新橋にて鶏中華/

クリックすると拡大します

 お昼はゆで太郎高輪店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとして両雄並び立つ(正しい日本語は「両雄並び立たず」)。
 お得セットの月曜と火曜は激混みなのに、今月からの新しいクーポンが欲しくて、仕方なく。

クリックすると拡大します

 平日11時から16時までの得ランチ500円、月曜日はミニかつ丼セット。
 お蕎麦、もり汁、安定のクオリティ、いつも通りに美味しいですねぇ。
 かつ丼はいつも通り甘め仕上げですので、紅生姜、一味で辛味付け、美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 用事があって新橋へ、用事を済ませて肉そば鶏中華最上川@新橋へ。
 開店直後はバタバタでしたが、そろそろ落ち着いた頃かと。
 大通りに面しているので見落とすことはないけど、もうすこし照明が明るくても良さそうですけどね。

クリックすると拡大します

 営業時間が11:00-15:00 17:00-22:00(以前は-03:00)土日祝は通し(変更なし)になりました。
 天ぷらメニュー、つまり海老天そばと天ぷら盛り合わせが始まりました。
 焼売がコリコリ炙り鶏に変更されました。

クリックすると拡大します

 夜でも券売機で食券制、先客は三人、一人がカウンター、二人はテーブル。
 その間辺りの席に座って瓶ビール650円、付き出しはありません。
 夜は飲んでいるお客さんがもう少しいるかと思いましたが、そうでも無いんですね。

クリックすると拡大します

 少し待って鶏中華950円、うーん、山形で食べた鳥中華とはかなり違います。
 かなり違うけれども、美味しいか美味しくないかの基準で考えると、とても美味しいです。
 蕎麦つゆをアレンジしたスープに、山形から直送してくる中細麺を合わせています。

クリックすると拡大します

 トッピングの鶏肉は親鳥の肉なのでかなり硬めの歯ごたえ、この辺りもだいぶ違うけど、この歯ごたえがこのスープによく合っています。
 舞茸、水菜、糸唐辛子と山形の鳥中華では見たことのないトッピング、しかしして意外と合っています。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 テーブル台には肉そば、鶏中華の説明書きが貼り出されています。
 理由は分かりませんが、山形由来の食材は麺だけなのが気になります。
 気にはなりますが、美味しいんだから気にしないようにします。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月01日

帰宅

/モーニング/愛犬の駅/帰宅/

クリックすると拡大します

 今日もモーニング、先ずはお犬様のモーニングを紹介します。
 ホテル料金なので割高感は拭えませんが、三種類の料理と二種類のスープが付いて1,500円です。
 まあ、犬は大喜びで食べます、よほど美味しいのでしょう。

クリックすると拡大します

 続けて人間のモーニング、鯵の干物焼き、豆腐や魚の刺身とかモズクとか。
 昨日は洋食から食べたので、今朝は和食から食べてみました。
 朝から魚の刺身、幸せです。

クリックすると拡大します

 ビュッフェは同じなので、クロワッサンと納豆を追加してみました。
 一杯目はトマトジュース、二杯目は野菜ジュースと昨日と同じ。
 お腹いっぱい、美味しくいただいてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 一階のテラスがドッグランになっていて、チェックアウトする前に少し愛犬を少し遊ばせました。
 愛犬を遊ばせたら名残惜しくて野外風呂に入ってしまいまして。
 時間になったらチェックアウト、大変お世話になりました。

クリックすると拡大します

 そのホテルからクルマで五分の愛犬の駅、ホテルの同系列です。
 ここには大型のドッグランがあり、愛犬と一緒に食事ができるレストランが用意されています。
 一時間ほど愛犬を遊ばせ、愛犬と一緒に食事をしました。

クリックすると拡大します

 あとは、海沿いを北上して帰宅するのみ。
 どんな旅でも同じですが、復路はつまらないですね、悲しくもなります。
 途中で休憩しながら、何とか無事故で帰宅しました。

クリックすると拡大します

 レストランやドッグランでデジカメを出していないので、アイフォーンの写真をパソコンに取り込んだりして。
 あれやこれやをチェックして、明日から仕事だから、早めに寝ますか。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月30日

土肥と原保のラーメン

/モーニング/朝風呂/好来らぁ麺うめはら@静岡県伊豆市土肥にて好来らぁ麺/伊豆あまからや@静岡県伊豆市原保にてスパイス醤油ラーメン/

クリックすると拡大します

 たまに利用するビジネスホテルでもモーニングはありますが、パン、ご飯、主菜副菜数種類、飲み物数種類と必要にして十分な品揃えです。
 さて、今日のモーニングは野菜たっぷりのサラダにウィンナー、ベーコン、煮物。
 あら汁、ご飯、生卵、パンは三種類、飲み物は8種類あったので一杯目はトマトジュース、二杯目は野菜ジュース。

クリックすると拡大します

 に加えて、干しキンメダイの焼魚、豆腐やイカそうめんや、モズクなど、イクラもあります。
 二人とも残さない様に食べましたが、かなりお腹いっぱいです。
 食後のコーヒーまで手が回らずに、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 朝ご飯を食べたら朝風呂
 貸切風呂なので使用時間が重なったら待つようになりますが、一度も重ならず。
 気候はどうなのだろうか、行きも帰りも暑くもなく涼しくもなく、ちょうど良い。

クリックすると拡大します

 1人が2人くらいで利用する想定の広さ、お湯は少し熱めです。
 この時間は休日なら自宅で寝ているか、平日ならばちょうど仕事が始まる時間、同じ時間でも色々な過ごし方がありますね。
 烏の行水の私であっても少し長湯してしまいました。

クリックすると拡大します

 せっかく伊東まで来たので、伊豆半島を東西に真っすぐ横切って、土肥市へ。
 土肥市へは初訪問、全都道府県訪問の次は全市町村訪問は掲げていませんけど、できるだけ未訪問の市町村へ。
 女房と愛犬は浜辺で遊ぶということで、私は近くのラーメン屋へ。

クリックすると拡大します

 好来らぁ麺うめはら@静岡県伊豆市土肥、好来@熊本県人吉市(2013/9訪問)で修業(4か月ほど)された店主さんが、2016/4/21オープンされました。
 駐車場は店の近くに二台用意されていますが、クルマ移動が生活の中心のこの町でその台数は心許ないですね。
 そんなことは余計のお世話ですね、ガラッと引き戸を開けて店内へ入ります。
 右手に小麦粉が入っていると思われるPV袋が積まれていて、「人吉市」の文字が目に入り、テンションが上がります。

クリックすると拡大します

 先客ゼロ、後客ゼロ、店内中央に4人掛けテーブルが2卓、奥の厨房に面したカウンターが4席。
 すっと立ち上がった女性店員さんが「お好きな席へどうぞ」と案内して下さったので、カウンター席へ。
 カウンター席に座ってメニューを見ると、好来らぁ麺700円、ちゃーしゅー麺1,050円、すそのポークカレー700円。トッピングはのり、味玉各100円、ライス。
 オーダーすると「大盛りにされますか?」と聞かれ、メニューには書かれていないので同額だとは思いましたが、やんわりと断りました。

クリックすると拡大します

 程なくして奥から店主さんが出てきて、麺を茹で始めました。
 卓上には唐辛子、胡椒。ネット情報では以前は他の調味料も用意されていたようです。
 好来出身のなんつっ亭は、盛り付けを終えた最後にマー油を回し掛けますが、好来ではタレにマー油を合わせ、その上からスープを掛けます。
 厨房での調理を見ていると好来と同じ、先にマー油を合わせるタイプ、さらにテンションが上がります。

クリックすると拡大します

 お待たせしました、と、好来らぁ麺700円
 丁寧に炊き出されている豚骨スープにマー油の甘さが絶妙に馴染んでいて、とても旨い。
 好来のスープとは食材こそ同じですが、味わいは全く異なりますが、美味しければそれで良しでしょう。

クリックすると拡大します

 中細麺は自家製麺(厨房に製麺機があります)、滑らかな麺肌がスープによく絡んでとても美味しい。
 茹でもやしがトッピングされておらず(去年のネット情報ではトッピングされています)、チャーシュー、細切りキクラゲ、万ネギ。
 スルッと食べてしまってご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 全体として、かなりのセンスが必要とされるバランスのとれた美味しさラーメンです。
 生活圏内でしたら年に何回かは食べに行ってしまうと思いますが、流石に土肥は遠い。
 食べ終わるまで店主さんは厨房にいて、食べを終わってお声がけさせていただき、お店を後にしました。

クリックすると拡大します

 近くの公園には1992年建立当時、世界一大きな花時計があります。
 改めて花時計とは何かと考えてみると、花の部分は花である必要ななく、鉱石でも木材でもいいのではないでしょうか。
 いや、花でなければ時間を指し示せない、という理由があれば、教えてください。

クリックすると拡大します

 来た道をそのままなぞるように戻りますが、途中でちょっと寄り道。
 山肌を縫うように走る道が危ないということなのか、バイパスを作る工事をしていました。
 いつの日か、そのバイパスを走ってみたいな。

クリックすると拡大します

 伊豆あまからや@静岡県伊豆市原保ホームページ)、民家をそのまま店舗にしているので、小さな表札だけが頼りです。
 ラーメン博物館主催の第1回ラーメン登龍門(1999/6開催)で優勝、期間限定でラーメン博物館に出店されていました。
 沼津を発祥として地元修善寺、神奈川のあざみ野などで営業し、2015/8/7にこちらでオープン。

クリックすると拡大します

 引き戸を開けて入ると、先ずは土間、土間で靴を脱いで畳の間へ、店内は小上り(座敷)のみ27席。
 メニューはカレースタート。ラーメンはスパイス醤油、スパイス塩、本わさびで食べるつけ麺、カレーラーメンの4種類。
 可能なら3杯、最低でも2杯食べる必要がありそうに思えましたが、「ラーメン登竜門優勝メニュー」をアリバイ的に食べれば良しとしました。

クリックすると拡大します

 チロリン、と風鈴の音だけが鳴り響く、開け放たれた和室。
 口頭注文してお冷を飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。
 卓上にはスパイスのみが用意され、基本は味を調整しないで出されたままで楽しむスタイルです。

クリックすると拡大します

 程なくしてスパイス醤油ラーメン850円、麺が見えないほどトッピングされています。
 スパイスの香りをかき分けてスープを飲んでみると、豚ガラ鶏ガラの清湯にスパイスを程よく利かせていて、全く引っ掛かりなく喉を通っていきます。
 配合するスパイスは10種類とか、その組み合わせが何通りあるか想像もつかないし、何をもって完成とするのでしょうか。

クリックすると拡大します

 合わせる麺は中細麺、特に説明がありませんでしたが恐らく自家製麺、さらさらのスープにとてもよく合っています。
 つけ麺で食べたらもっと美味しいのかも知れません。
 肉質からして美味しいチャーシュー、辛い玉ねぎのマリネもトッピングされ、業務用メンマと水菜。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてしまってご馳走様でした。
 土間にいったん降りてお会計を済ませます。
 何かお土産をと、わけあり本わさびを二本、買いました。

クリックすると拡大します

 その後、一時間ほど走ってホテルに戻ってきました。
 同じホテルに連泊するのは、大阪や沖縄に出張していた頃以来なので、チェックイン時間を気にしなくていいことに、この時になって気が付きました。
 で、夕飯の前に再び露天風呂で身ぎれいにして。

クリックすると拡大します

 夕食は二部制で、昨日は19時半からの二部で頂きましたが、今日は17時半の一部で頂きました。
 飲み放題の品ぞろえに変更はなく、今夜も生ビールで乾杯、ふう、なんてビールが旨いんだ。
 料理は昨日とは変えてあります。

クリックすると拡大します

 一品目は焼きかぼちゃの天ぷら、焼きナスの生姜醤油、鯖フグのフリット。
 いきなり天ぷらを食べるのは、あまり経験がありません。
 それでも専用のソース、塩で頂く天ぷらはとても美味しかったです。

クリックすると拡大します

 透明ガラスのお皿に盛り付けられたカンパチのカルパッチョ、とても綺麗に盛り付けられています。
 ミョウガとイクラで順番に包んでいただきました、美味しい。
 この辺で昨夜と同じように日本酒にスイッチ、これまた格別です。

クリックすると拡大します

 左上:季節野菜の海鮮あんかけ。右上:地金目の煮付け。左下:国産牛サーロインステーキ、和風ソース。右下:本日の鮨しメシ 季節のお吸物。
 サーロインステーキをワサビ、塩、和風ソースで順番に頂きます、旨い。

クリックすると拡大します

 本日のデザート、説明がありましたが、覚えていません。
 そもそもこの手の甘味は苦手なので、一口味見をしたら、後は女房に上げてしまいます。
 明日は帰りの運転があるので、この辺りでお冷にして、と。
 とても美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 まだまだ早い時間ですが、横になったらもう寝てしまいそう。
 そういう日が年に何回かあってもいいでしょう、あった方がいいでしょう。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記