2019年09月30日

まぜそばと油そばと

/魚介系まぜそば専門店 魚がしそば新橋本店@新橋にてねぎとろそば(大盛)/油や鹿鳴(ろくめい)@二子新地にて辛油そば並/

クリックすると拡大します

 長距離通勤の何が辛いって、朝の通勤時に電車で座れないこと。
 帰りは新宿始発なので、一本か二本遅らせれば必ず座れるけど、行きはそうはいかない。
 抜本的に解決するには、電車が空いている時間帯に出勤することですが、それが出来れば苦労はない。

クリックすると拡大します

 お昼は、魚介系まぜそば専門店 魚がしそば新橋本店@新橋へ。
 何度か通っているウチにポイントが貯まってきて、あと一つでラーメン一杯無料サービス、ここは食べておかないと。
 安定して営業されているようで、ここのところ、限定メニューを販売されていません。

クリックすると拡大します

 となると、何を食べるかってことになりますが。
 準フラグシップの西京焼き、、は売り切れか、辛いのはいったん見送るとすると。
 秘伝のかえしの炙りゲソそば、熟成魚醤のあさりそば、山葵醤油のねぎとりそば、どれにするかな。
 ICカード対応券売機なので、ピピっとすればお釣りのハンドリングが無くて助かります。

クリックすると拡大します

 店内は先客4名、後客4名と中々の入りです。
 店員さんに食券を渡すと「麺量はどうされますか?」と訊かれたので、たまにはいいかなと大盛りで。
 卓上の調味料は、以前と変わりありません。

クリックすると拡大します

 少し待ってねぎとろそば(大盛)880円、追い飯、スープ、刻み山葵が付いてきます。
 カイワレ大根を散らした麺相は初めて、カイワレ大根だけではなく、刻み海苔、長ネギ、わかめもたっぷりかかっています。
 先ずは全体を混ぜるわけですが、卵黄とねぎとろがうまーく絡むように混ぜて食べてみると、濃い味の醤油たれに麺と具材らがいい感じで絡んで、とても美味しい。
 軽く添えられた魚粉が、色々な食材の色々な味を繋いでくれます。

クリックすると拡大します

 麺は三河屋製麺から浅草開化楼になり、むっちりした太麺がとても美味しい。
 ただまあ、ねぎトロは麺にあまり絡まないので別に食べたいところ、それだと「ねぎとろそば」にならないか。
 大盛りにしたら持て余すかなと思いつつ、実際にはするすると食べられます。

クリックすると拡大します

 唇がべとついたら出汁スープを飲みます。
 味変というか、初めっから入れるべきだったかも知れない刻み山葵。
 程よい辛さと奥深い旨味、初めっから入れるより、途中から使った方が良かったです。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったら、残った具材とスープを追い飯でかきとります。
 せっかくなのでガリも添えて、ね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は初めて降りた二子新地駅から徒歩数分の、油や鹿鳴(ろくめい)@二子新地(川崎市高津区諏訪)へ。
 飲食店やダーツ関連事業などを展開する(株)ホットコーナーの新業態として、7/22オープン。
 店長さんは、麺処あす花の店主さんと知り合いとのこと(せたが屋繋がりではありません)。
 店名の英名は「ABURAYA ROCK MAY」だそうで、なぜ鹿鳴(館)なのかは未確認ですが、店内にはメタルが響き渡っています(音量控えめ)。

クリックすると拡大します

 開店当初、営業時間が18:00-23:30でしたので二の足を踏んでいましたが。
 9/10より平日11:30-14:30 18:00-22:00、土日11:30-22:00、火休に変わりました。
 これで休みの日の平日に行けると思ったら、結局夜に行っているし。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手の券売機で食券を買います。
 メニューは油そば700円、辛油そば800円の2種類のみで、麺量は大盛まで同額。
 ライスは小が100円でしたので、一旦スルー。
 ご飯物にミニチャーシュー丼、飲み物に生ビール、ハイボール、コーラ、オレンジが用意されています。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むL字カウンター、5席と5席の10席。
 卓上にはラー油、お酢、辛味、紅だ!(紅生姜)、たまねぎが用意されています。
 店員さんは厨房に男性店員さんと女性店員さん、ホールを(恐らく)五十嵐店主さん。

クリックすると拡大します

 出来上がりまで特にすることが無いので、油そばの食べ方とか読んでみます。
 油そばはお酢、辣油を回し掛けてから混ぜるタイプと、先に混ぜて味見してからお酢と辣油を回し掛けるタイプがあり、こちらでは後者ですね。
 油そばの醍醐味は味変とのこと、今日は初訪ですので食べ方通りに食べてみます。

クリックすると拡大します

 程なくして、辛油そば並800円
 先ずは何も掛けずに混ぜるかと箸を差し入れて麺を持ち上げると、麺同士がくっついていて混ぜにくい。
 箸を深く差し入れて、丼の底に溜まっているたれをすくい上げるようにして、混ぜ合わせます。
 トッピングは解したチャーシュー、ニラ、刻み海苔、万ネギ、メンマ、丼の縁にはおろしニンニク。

クリックすると拡大します

 製麺所不明ながらムッちりとした太麺、色々な具材と絡んで美味しくいただけます。
 理由は不明ですが、麺同士がくっつき気味なので、ぴゅーっと辣油と酢を回し掛けます。
 昔から油そばを食べている私としては、こうした味わいが油そばの味わいだと刷り込まれてしまっています。

クリックすると拡大します

 麺を半分ほど食べたところで味変、刻み玉ねぎ、紅生姜、辛味。
 辛味は国内流通量1%の岡山県鏡野町産「姫とうがらし」を使用した自家製、辛さは程々ながら、旨みの奥深さは唐辛子とは思えないほど。
 最後に餡が多めに残ったのでライスを絡めたかったのですが、立ち上がって券売機で食券を買うのが面倒で、止めちゃいました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月29日

フードコートのラーメン

/支那蕎麦屋藤花@鴨居にてビール、ワンタン、醤油らぁ麺/究極ラーメン横濱家アリオ橋本店にて醤油ラーメン、小チャーハンセット/

クリックすると拡大します

 今日は最寄駅から歩くことにした。
 最寄り駅というのは横浜線鴨居駅で、歩くというのは約20分のこと。
 なんだそんな距離と言われると返す言葉が無いけど、誰かのために生きているのではなく、私は私のために生きている。

クリックすると拡大します

 お昼は、支那蕎麦屋 藤花@鴨居(横浜市都筑区池辺町)公式ブログ)(公式ツイッター)へ。
 新潟遠征のお土産を早めに渡したかったのもあって、炎天下を汗びっしょりになりながら訪問します。
 到着すると、外待ち10人ほど、土日は必ず並んでいますね。
 列に続く前に店内へ入って、先に食券を買います。

クリックすると拡大します

 食べログのラーメン百名店東日本編2019年版に選出されています。
 東日本版には東京は含まれないので、北海道から愛知県までのラーメン店で、トップ100ということ。
 それがどれだけ大変かは食べてるだけの私にはさっぱり。

クリックすると拡大します

 30分ほどして入店、先ずはビール500円で一人お疲れ様会。
 ラーメン店によってビールを頼むと付き出しが付いてきたりなかったり、付いてきても様々ですが、藤花の付き出しが特にお気に入りです。
 今日はサポートの男性店員さんが配膳や客対応を担当し、女将さんは盛り付けを担当されていました。

クリックすると拡大します

 ビールを飲み終わったらビール、立地的にサワーとか日本酒は厳しいのでしょう。
 2本目にはワンタン250円、実質ワンタンスープ。
 もう少し塩気があった方が好みですが、まま、ここで盛り上がっても仕方ないし。

クリックすると拡大します

 2本目のビールを飲み終わったらビール、今日は醤油らぁ麺780円にしました。
 鶏ガラベースのスープ、これまではいったん出来上がったら冷ましてゼラチン状にして、提供時に溶かしていました。
 それはそれで味がまとまって美味しいのですが、小さくまとまる嫌いがあります。

 今回、冷ますことなく営業前に炊き上がるように仕込みを変更されています。
 ま、その調理方法が一般的と言えば一般的ですが、味に幅が出てきて、たれの美味しさも広がります。
 スープの仕込み方法は何人で営業するかによって向き不向きがあり、この変更は食べ手にとっていいことづくめです。

クリックすると拡大します

 リニューアルした細麺、スープとの相性は良くなるばかり。
 しかしして、以前使っていた麻生製麺の特注麺も良かったんだけどな、、ああ、そういう理由で替えたんですね。
 トッピングの燻製チャーシューの美味しさ、ホウレン草のお浸しの美味しさ、穂先メンマの美味しさ。
 青ねぎ、白ネギ、紫ねぎとねぎのトリコロール。

クリックすると拡大します

 麺とスープを変えたのなら、もうリニューアルと同じで、これまでの評価は全く当てになりません。
 ラーメン店の評価、ラーメンの評価は難しいというか。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 帰りはバス停でバスを待って、小机駅へ。
 せっかく横浜線に乗っているのだからと、橋本駅へ。
 アリオって駅から近いだろうと勝手に思い込んでいたら、10分くらい歩くのか。

クリックすると拡大します

 一階のフードコートには10軒以上の飲食店が入っていて、名だたる全国チェーン店ぞろい。
 そんな中で、ひときわ異彩を放つラーメン店。
 とは言え、神奈川、東京と20店舗以上を展開されています。

クリックすると拡大します

 夜は、究極ラーメン横濱家アリオ橋本店@橋本(相模原市緑区大山町)公式ホームページ)へ。
 支那そばや跡地に2019/8/1オープン、家系ラーメンとして分類されますが、ギリギリというか、無理がありますね。
 横濱家は各店舗で基本のメニューは共通ですが、店舗ごとに値段を変えているし、オリジナルメニューはあるし、色々な店舗を回り甲斐があります。

クリックすると拡大します

 フードコート内の他店とバランスを考えたということではないでしょうけど、かなり安い。
 税抜き表記とは言え醤油と塩は550円、辛味噌と担々麺は650円スタート。
 セット物も破格で、唐揚げ4個にライスで150円、餃子6個にライスで200円、小チャーハンが150円。
 ソフトドリンクは90円、缶ビールは300円。

クリックすると拡大します

 注文時に代金を払い、チャイムコールで呼び出されるシステム、注文時に家系お好みは訊かれません。
 言えば対応してくれそうではありますが。
 受付台の端っこに調味料が用意されていて、紅生姜、粗びきニンニク、辣油、ブラックペッパーグラウンド、白胡椒、醤油。
 スープなどの味を確認しながら調味料を調整したいところですが、フードコートにそこまで求めるのは無理。

クリックすると拡大します

 五分程でチャイムコールが鳴り響き、滑り止めが施された角盆には醤油ラーメン594円、小チャーハンセット194円、税込合計788円。
 セットで800円以下なので量が少ないと思っていたら、逆に多いくらい。
 大きめの丼にたっぷり入れられた旨味しっかりの豚骨スープ、もちろんセントラルキッチンなんかじゃなくて、厨房の寸胴は大きな木ベラでグリグリかき回されています(つまり、スープ切れ早仕舞いあり)。
 フードコードという立地(?)を考慮して、脂多めでスープが冷めにくくはなっていますが、決してオイリーには感じない美味しさ。

クリックすると拡大します

 多めのスープに負けない自社製麺の縮れ太麺は140gはありそうで、こちらもフードコード仕様のデフォで固め仕上げ。
 トッピングは丁寧に仕上げた肩ロースチャーシュー、茹でほうれん草、板海苔一枚、数本のメンマ。
 どこのどの店とは言えませんが、路面店よりずっと美味しいスープと麺。
 いやいや、三人の店員さんが10時の開店に間に合わせるためにちゃんと仕込んでるのだから、美味しくて当たり前か。

クリックすると拡大します

 チャーハンは醤油などで濃いめの味付け、細切れチャーシュー、ネギ、全卵などで仕上げてあります。
 紅生姜を付け合わせて食べれば、パラパラのご飯がとても美味しい。
 って、この味、この量で150円って、何かの間違いではないのか。

クリックすると拡大します

 フードコードである以上、調理や営業時間に制限があるだろうし、テナント料もそれなりに掛かるでしょう。
 「そんなことはお客様には関係ないこと。『横濱家』の看板でラーメンを出す以上、店舗と同じ味であって当たり前」とのメッセージ、しっかり伝わってくるラーメン。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月28日

彼岸花

/ゆで太郎平塚桜ヶ丘店にて朝そば(玉子)、焼きのり、海老天/彼岸花/晩酌/

クリックすると拡大します

 土曜日も出勤することの多い下の子を駅まで送っていきます。
 送り届けたらそのまま戻ってもいいし、朝ラーをしてもいいし、綺麗な雲を眺めてもいいし。
 たまには、お蕎麦でも食べますかね。

クリックすると拡大します

 朝はゆで太郎平塚桜ヶ丘店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン店系路麺店ですが、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 自宅から車で30分、近いと言えば近いけど、遠いと言えば遠い。

クリックすると拡大します

 クルマを駐車場に入れると、殆どが埋まっていてびっくり。
 何とか停めて、店内に入って食券を買って、出来上がりを待ちます。
 お客さんは壮年のご夫婦が多いようですね。

クリックすると拡大します

 程なくして、朝そば(玉子)330円、焼きのり100円、クーポンAB
 たまたまであっても、ネギがデフォでプチ多めはプチ嬉しい。
 もちろん、このまま食べても美味しいのですが、盛り付けも楽しめるのがゆで太郎ならでは。

クリックすると拡大します

 そう、盛り付けで楽しみ、お蕎麦が美味しくて楽しみ、クーポンゲットで楽しい。
 ぶっかけスタイルでも生卵が美味しいし、焼き海苔が美味しい。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 庭の彼岸花を撮ってみた。
 先ず、デジイチのバッテリーを充電するところからなんだけどね。
 このデジイチ、色々とガタが来ていてフルオートでしか撮れなくなっているけど、だからと言って新しいデジイチは中々買えない。

クリックすると拡大します

 晩酌
 GOTICAスペイン、ネット検索したけど、どんなワインか分からなかった。
 飲んだ感じは「料理ワインは飲んではいけない」と、身をもって知りました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記