2017年04月10日

老舗と新店と

/古武士新宿小滝橋通り店@西新宿七丁目にて天翔らーめん/麺の庄つるまる饂飩新宿南店にて野菜たっぷり中華そば(和風)、たけのこ天/麺市@平塚市にて担々麺/

 大学を卒業したので、てっきり就職すると思っていたら、専門学校に行って勉強して国家資格を取るのだという。
 専門学校は都内なので、いったん駅まで車で送ってきてから、戻ってきてから出勤しています。
 で、今朝は小田急線で人身事故があって、都内に出るまで3時間近く掛かってしまい、ぐったり。
クリックすると拡大します

 お昼は現場から事務所に戻る途中の古武士新宿小滝橋通り店@西新宿七丁目ホームページ)へ。
 一度倒産(?)して、この地に復活してからもう10年経っていて、今はここと上板橋の二店舗のみ。
 店先のメニューを眺め、魚介の香る和風つけ麺、か、香りとコクの和風醤油らーめん、か、どっちにしようかな。
クリックすると拡大します

 入り口に向かうと新メニューが始まっていて、原点の味復活!、か、バリ旨!
 先ずは上のメニューから食べますか。
 店内に入ってすぐ左手の券売機で食券を買い、空いていたカウンター席へ座ってラーメンの出来上がりを待ちます。
クリックすると拡大します

 少し待って天翔らーめん680円、メニュー名の入った専用の丼なんだ。
 豚骨、丸鶏などの強い旨味のスープと、ウルメ節、鰹節、利尻昆布などの優しい旨味のスープをブレンドし、再仕込み醤油ダレを合わせた、2,001年に開店した古武士のスープそのもの。
 当時の味を知っているお客さんにもう一度味わってもらいたいという思いと、当時の味を知らないお客さんに原点の味を知ってもらいたいという思いと、ダブルスープ。
クリックすると拡大します

 切刃18番の三河屋製麺の中細麺、つるりとして美味しいですし、スープに合っていますねぇ。
 トッピングはホロリと崩れるチャーシュー、ピリ辛付けされたメンマ、江戸菜、薬味ネギ。
 江戸菜って二種類ありますが、高菜じゃない方です。
クリックすると拡大します

 味変など必要のないスープですが、ものは試しと一味唐辛子を振ってみると、辛さがスープの輪郭を引き立てて、違う美味しさを感じました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 仕事が遅くなりそうだったので、軽く食べておくかと、麺の庄つるまる饂飩新宿南店@南新宿(渋谷区代々木)ホームページ)へ。
 立ち食いうどん屋さんですが、いつの頃からかラーメンを扱うようになりました。
クリックすると拡大します

 ラーメンは和風(醤油)、赤味噌、白味噌の三種類が用意されていますので、先ずは和風から。
 店内は壁向きカウンター8席、店内中央の立ち食い用テーブルは16人と12人、卓上には濃口しょうゆ、ウスターソース、一味唐辛子。
 ラーメンだけ食べてももちろんいいのですが、せっかくなので天ぷらを付けてみました。
クリックすると拡大します

 少し待って野菜たっぷり中華そば(和風)400円、たけのこ天150円
 スープは関西風のうどんつゆ、袋麺ですので、何とも。
クリックすると拡大します

 トッピングは袋入りカット野菜(白菜、モヤシ)、チャーシュー、刻みネギ、板海苔、半身のゆで卵。
 ここまでトッピングが多くなくても良いんじゃないかと思うけど、それはそれ、お店の方針ですから。
クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 時間帯に因るでしょうけど、常時数人のお客さん、場所を考えると流行っているのでしょう。
クリックすると拡大します

 閉店した博多山笠東海大学前店の跡地(秦野市南矢名1丁目14-31)に、豚骨醤油ラーメンめんくいが4/21にオープン。
 4/21、22は開店記念でめんくいラーメン700円を300円でサービスされます。
クリックすると拡大します

 開店、いや、復活するのを待ちに待っていた麺市@平塚市
 閉店した魚らん坂東海大学前店の跡地に3月頃にオープンしたのですが、平日昼営業のみのでずっと行かれず。
 今日(4/10)から11:30-21:30の通し営業、日曜定休となり、やっと行かれました。
クリックすると拡大します

 半年ぶりくらいにお目に掛かった店長さん、元気そうで何より。
 入ってすぐ左手の券売機、メニューは担々麺、汁なし担々麺、坦々つけ麺、濃コクつけ麺は全て780円。
 醤油らーめん、塩らーめん、つけ麺は全て500円。
クリックすると拡大します

 店内構成は以前から変わらずにカウンター4席、4人掛けテーブルが3卓、カウンター席に座ります。
 卓上にはおろしニンニク、豆板醤、醤油、拉麺胡椒。
 店内には系列店の魚らん坂伊勢原店、家系ラーメン藤之家のメニューが飾られていて、そのお店の話をしつつ、ラーメンを作って下さいます。
クリックすると拡大します

 程なくして担々麺780円、目をつぶっていても運ばれてきたことが分かる香ばしさ。
 ※店主さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なる可能性がありますので、ご了承下さい。
 かなり粘度の高いスープには自家製の芝麻醤がふんだんに使われていて、都内の担々麺有名店でもここまでは使われていないでしょう。
クリックすると拡大します

 担々麺は麻生製麺のプレミアム麺が使われていて、つるりとした麺肌、もちっとした食感、とても美味しいです。
 トッピングは挽肉、薬味ネギ、糸唐辛子、肩に力が入っていて水菜が多過ぎる嫌いはありますが、このスープならこのくらいの量がちょうど良かったです。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 今日から始まった夜営業ですが、近くの学生がぽつりぽつりと入ってきて、まさに嵐の前の静けさ。
 店長さんと今やっていることと、これからのことを話して、お店を後にしました。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月09日

茅ヶ崎の新店

/地元の桜道/チューリップ/トリソバヤ チキンハートボーイズ@茅ヶ崎市元町にて煮干し鶏そば、濃厚醤油鶏白湯そば/

 残念ながら雨模様の日曜日。
 短いけれども地元の桜道
クリックすると拡大します

 桜に埋もれて忘れがちなチューリップ
 近場にチューリップを沢山植えたお寺があったことを、今、思い出しました。
クリックすると拡大します

 買い物ついでにラーメンでも食べようかと、向かった先は2017/3/1オープンのトリソバヤ チキンハートボーイズ@茅ヶ崎市元町
 飲み屋街の一角にあり、店先は何処かへ通り抜けられる道ではないので、「通りかかってみたらラーメン屋が」は考えられず、お店の場所を知っていて来ているお客さんで満席近い混み具合。
 店内は奥に厨房があり、手前右壁向きにカウンター8席、テーブルは4人掛けが4卓、2人掛けが1卓。
クリックすると拡大します

 入ってすぐ左手の券売機を見ると、ラーメンとして濃厚醤油鶏白湯そば、濃厚鶏白湯そば、濃厚辛味噌鶏そば、煮干し鶏そば。つけめんとして超濃厚鶏煮干しつけ麺、超濃厚鶏煮干し辛つけ麺。
 立地からか飲み物とつまみ料理を充実させていて、ひょっとして秋葉原店出身なのかも知れません。
 サイドメニューとして、いなり寿司とバニラジェラード、はこの店オリジナルでしょうか。
クリックすると拡大します

 券売機の隣に店舗開店の由来とラーメンの説明が書かれたパウチが用意されていて、「東京の有名専門店で修業した店主の〜〜」と書かれています。
 食券を買って案内されたテーブル席へ、テーブルには酢、辣油、醤油、黒七味。
 フルーツ酢(リンゴとレモンのお酢)と自家製辛味はちょっと見当たりません。

 おろしニンニク、おろし生姜は冷蔵庫等で温度管理されているので、使いたい場合は店員さんにお願いするシステムです。
 お冷やは水とルイボスティーが用意されていて、鶏白湯スープのべとつきがケアできます。
クリックすると拡大します

 二杯同時に運ばれてきて、私は煮干し鶏そば700円
 『国産煮干し・節で炊いた出汁と合わせたWスープ』と説明されていて、食べた感じでは薄めの煮干し出汁と魚介出汁のブレンド、温度低めで味わいやすいスープです。
クリックすると拡大します

 細麺は量を少なく感じましたが、このくらいの量の方が食べやすいです。
 トッピングは鶏チャーシュー、穂先メンマ、鶏つくね、水菜。
クリックすると拡大します

 女房は濃厚醤油鶏白湯そば980円
 『新鮮な鶏を長時間炊いた濃厚鶏白湯の醤油味』と説明されていて、べとつくほどの濃度の鶏白湯スープ、東京では旬を随分と過ぎていますが、茅ヶ崎ではこれから流行ると思います。

 途中で黒七味を使おうとしたら、容器が木製ではなくプラスチック製ということもあってか、すっかり湿気ていて、そのまま振っても出てきません。
 爪楊枝で穴を綺麗にし、一度大きく振ってから使いましたが、香り、辛味、とてもスープに合います。
クリックすると拡大します

 店内奥には紙エプロン、髪留めゴムも用意されていました。
 店先の大きな白い提灯、メニュー構成、肉汁鶏餃子、タコ唐津模様で縁取られた高台のラーメン丼、これで麺屋武一(たけいち)と無関係とはちょっと考えられません。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 昨日とは違うホームセンターに立ち寄ってから帰宅。
 また、一週間が始まるなぁ。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月08日

下荻野にて二軒

/麺屋みのまる@厚木市下荻野にてスタミナらぁめん塩〜平打麺〜、BENI/ぴかいち@厚木市厚木市下荻野にてぴかいちラーメン/ホームセンターの屋上から見える桜/

 朝食を納豆ご飯で済ませ、子供を駅まで送っていきながら、ラーメンを食べに出かけます。
 有名店や話題店の都内開店などは多くの人が盛り上げ、ネット情報も溢れかえるだろうから私の出番は無し、地元のラーメン屋を地固めしますか。
 車で向かう途中、見事な桜が咲いていたのでクルマを停めて撮影、三脚、いるよなぁ。
クリックすると拡大します

 二度目の訪問になる麺屋みのまる@厚木市下荻野、駐車場は店先に二台分しか無いのでクルマで向かうのは(クルマでしか向かえないけど)、ちょっと躊躇しますね。
 今日は何を食べようか考えながらお店に向かいます。
クリックすると拡大します

 店先を見ると、4月からの営業時間が告知されていて(通し営業化)、専用アプリが今月末にリリースされるとのこと。
 どんなアプリなんだろう、早く使ってみたいな。
クリックすると拡大します

 店内に入ると先客1人、店員さん3人、右手の券売機でラーメンを選びます。
 メニュー構成は柳、辛、白、限、弐、まぜそば、ですけど券売機のボタンはそうなっていなくて、ちょっと分かりにくいのですが、慣れればなんてことは無いでしょう。
クリックすると拡大します

 程なくして二人分が同時に運ばれてきて、先ずはスタミナらぁめん塩〜平打麺〜980円
 なぜかスタミナの細麺だけが売り切れで平打ち麺のみの販売です。
 スープは唐辛子と大蒜の清湯スープ、辛いけれども鶏ガラの旨味十分な味わい、このスープは他ではちょっと味わえないですね。
クリックすると拡大します

 私はBENI800円、丼はラーメン丼と共用のプラスチック製、軽くて持ちやすいけど持たない人はテーブルに落ち着かない。
 トッピングは多めの白ネギ、やや大きめの刻み海苔、挽肉、卵黄、そしてBENI(刻み紅生姜)。
 油そばではなくまぜそば表記であり、油そばの倍以上のタレ(スープが)をスープと事前に絡めており、全体を緩やかに馴染ませてから食べると、すっきりした醤油だれが刻み紅生姜と相まって、とても美味しい。
クリックすると拡大します

 さすがは藤堂、いや、中村屋だな、麻生製麺の平打ち麺の美味しさを最大限に引き出しています。
 提供された時に見た目の麺相に美しさを感じられず、「(トッピングの)半分はネギかよ」と下向きでしたが、食べてみると全体の味の一体感に驚きます。
 見より実をとったのですね。

 そんなことは当たり前だろうと思うのは食べ手の論理、「(どんなに美味しくても)手に取って食べてもらわなければ話にならない」という作り手の心理からすると、簡単に割り切れる話ではありません。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 先の店から車で数分の、ぴかいち@厚木市厚木市下荻野へ。
 本厚木駅近くに「ぴかいち」として15年間営業し、この地に移転しすると同時に「くらかど」へ店名変更して7年、最近になって世代交代して「ぴかいち」に戻したと聞いて訪問。
 一般的な成り行きだと、本厚木から下荻野へ移転される際に二代目の息子さんに店を譲り、その後、息子さんが他業種に転身したので店名を戻して初代店主さんの復活、と推測したのですが。
クリックすると拡大します

 聞けば本厚木時代のぴかいち、下荻野時代のくらかど、どちらも息子さんがやっていて、2014年に親父さんが引き継いだとのこと。
 逆二代目というのでしょうか、逆世代交代でしょうか、こんなパターンは初めですし、聞けば「ラーメンのことは息子に教わっただけ」と定年退職後の独学開業。
 営業時間は土曜から火曜までの11時30分から14時30分まで、つまり週休三日で夜営業無しですので、一般的には「敷居が高い」ラーメン屋と称されます。
クリックすると拡大します

 店内に入ると先客二人、厨房には初老の男性が一人で切り盛りされていて、いらっしゃいませ、ではなく「こんにちわ」と声を掛けられて、すわっ、どこかで会ったことがあるのか!?と慌てましたが、誰にでもそう言うらしい。
 券売機の場所は左手隅と変わらず、メニューは豚骨ラーメンのぴかいちラーメン、オールドぴかいちの家系ラーメン、つけ麺の三種類。
 標準的なトッピング、ご飯類、餃子、ビールも用意されていて、卓上にはブラックペッパー、おろしニンニク、お酢。
クリックすると拡大します

 せっかくの一期一会ですから、と色々な話をしながら作って下さったぴかいちラーメン750円
 トッピングを隠すようにパサッと一枚の板海苔が乗せられていて、スープを味わってみると豚骨醤油スープはほぼ豚骨ダシで香味野菜などで臭みを消してはいますが、消し切れていません。

 僅かに臭みを感じますが、「両肩に力一杯いれて臭みを消さなくても、このくらいでいいんじゃないかな。ラーメンだし」と語りかけてくる味わい。
 タレは薄め、油は殆ど感じず、今風の味の調整は皆無、ある意味、引き算のスープ。
クリックすると拡大します

 以前のまま継承されている大橋製麺の中太麺、僅かに硬め仕上げ、スープとの相性は程々で、こちらも肩の力が抜けています。
 トッピングはチャーシュー、茹でほうれん草、水菜、蓋になっている板海苔。
クリックすると拡大します

 修業経験や他店調査、業界動向の観察が皆無なこともあって、あれこれこねくり回したり、他人のラーメンと勝ち負けを競ったりしない、ごくごく自然体の一杯。
 食べ終わって「いゃあ、美味しかったです」と声を掛けると、首をかしげて「皆さん、そうおっしゃいます。息子に教わったラーメン通りに作っているだけなんですけどね」と。

 進化は決して必須では無い、美味しいことは絶対では無い、前に進まないで足踏みしたっていい、750円のラーメンで多くのことを教わりました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 帰りに立ち寄ったホームセンターの屋上から見える桜、小雨でしたが、咲き誇っていました。
 早めに帰宅して身体を休めます、一日も早く万全に戻りたい。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記