2020年09月12日

北区で二軒

/らぁ麺 はやし田 赤羽店@赤羽にてローストビーフ麺(醤油)/中華そば竹千代@尾久にて中華そば/晩酌/

クリックすると拡大します

 珍しく限定メニュー狙いで、開店待ち。
 開店まで1時間ほど時間があるので、弱小ブロガーのツイッターアカウントをフォローして下さっているラーメン店でもチェックしておくか、と。
 って、改めて約1,600のフォロアーを確認すると、伺っているお店も多いけど、フォローされていることすら気が付いていない店が幾つかって。※終わっちゃっている店もあるなー
 神奈川県内、関東圏以外からもフォローして頂いていますが、機会を逃さずに伺いますよ。

クリックすると拡大します

 早めのお昼は、らぁ麺 はやし田 赤羽店@赤羽(北区赤羽)公式ツイッター)へ。
 はやし田は開店当初、限定メニューに目もくれませんでした。
 いくら何でもずっとそのままなのかなぁと見守っていると、ここのところ、全店一斉だったり、店舗単位で限定メニューを販売しています。

クリックすると拡大します

 今日の限定メニューは、赤羽店のみでの販売。
 9/13、9/14の各20食ずつですので、確実に食べるとなれば初日に開店待ちするしかないし。
 『牛骨、牛肉から出汁を取り、和牛の牛脂を合わせました。牛尽くしの渾身の一杯です。』

クリックすると拡大します

 ポール(一番客)でしたが、ポールには特に惹かれないので、他の開店待ち客の5人が入店してから、のんびりと入店。
 初訪問店だと一番客で色々とやりたいこともあるけど、こちらは2回目の訪問ですし。
 お目当てのラーメンの発券ボタンは右端。
 上段が醤油、下段が塩、量的には二杯食べられますが、私が二杯食べたら誰かが食べられなくなるので、一杯だけで。

クリックすると拡大します

 テーブルには、イングス系列店全店で共通の仕切り板が設置されています。
 ラーメン店によっては2人組用の場所を用意したり、仕切り板を外せたりします。
 こちらでは転倒防止もあるのか、仕切り板はテーブルに貼り付けられたまま。
 他のお客さんのオーダーを聞くとも無く聞いていると、先客全員が限定メニューではないんですね。

クリックすると拡大します

 少し待って、ローストビーフ麺(醤油)900円
 黒胡椒の香り豊かにローストビーフがドンと乗せられ、牛肉そぼろ、茹でもやし、ジュレ、カイワレ大根が並べられた麺相。
 スープはやや弱いながらも牛骨出汁と牛肉の旨味を感じられ、とても美味しい。
 ちょこちょこと気になる点もありますが、初限定メニューですので、そこは大きな気持ちで。
 ※夏季限定メニューの柚子と煮干しの冷やしそばは、武蔵小杉店からの転用。

クリックすると拡大します

 合わせる麺はレギュラーの醤油らぁ麺の細麺。
 この菅野製麺所の細麺は、鶏清湯スープに味や食感が最適化されているので、牛骨スープに合わない印象です。
 ローストビーフは、ラーメンに乗せるのはもったいないほど美味しい。
 カイワレのトッピング意図は見つけられず。

クリックすると拡大します

 初めから黒胡椒が振られているので、途中での味変は必要ありません。
 気のせいかも知れないけど、麺量が通常のラーメンより多く感じました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、中華そば竹千代@尾久(北区昭和町)公式ホームページ)(公式ツイッター)。
 2019/4/1オープン、去年のTRY大賞の新人しょう油部門第二位。
 立地は尾久駅東口を出て、線路と平行の通りを渡って右へ、ラーメン店、中華料理店に続くラーメン店です。
 お店のあるビルの加藤オーナーがラーメン愛好家で、全国の最高の食材を探しまくったそうで。
 和食などの飲食店経験のある料理人である坂田店長さんが、ラーメンに仕立てています。

クリックすると拡大します

 メニューは中華そば800円、黒醤油800円、塩800円、、、ネット情報では中華そばだけだったと記憶していますが、それ以降にメニューが増えたのか。
 トッピングはチャーシュー、煮卵、あおさのり、メンマ、九条葱。。
 サイドメニューは白飯。

クリックすると拡大します

 食券を買って、お冷やを置いて下さった席に座ります。
 席配置は厨房に面したカウンター5席のみ。
 卓上には電動ミルに入った黒胡椒、白胡椒。

クリックすると拡大します

 ツイッターをフォローして下さっていることもあって訪問しましたが、フォローされてから随分と時間が経ってしまいました。
 フォローして下さっているからと言って、「ツイッターをフォローして下さってありがとうございます」とか挨拶すると、面倒くさいことになることもあるので(自意識過剰)、特に声を掛けず。
 振り返ると、壁側に開店当初に使っていた短冊が飾られています。
 壁にはおびただしいほどのサイン、、私が知らないだけで、とても有名店なのでしょう。

クリックすると拡大します

 卓上に、厳選食材の説明書きが置かれています。
 最高の食材を使えば美味しいラーメンが出来るわけでは無いのが、ラーメンの面白ところで。
 料理経験、飲食店経験が長ければ美味しいラーメンが作れるわけでは無いのが、ラーメンの面白いところで。
 厨房では若い店員さんが、坂田料理人の指導を受けながら調理されています。

クリックすると拡大します

 程なくして、中華そば800円
 「お熱いので気を付けて」と案内されながら、目線より高いカウンター台に丼が置かれます。
 手前に麺、奥にチャーシューとメンマを乗せる麺相、スープは昆布と椎茸の出汁だけのようで、鶏豚とか魚介は使われていないようです(個人的感想)。
 スープからは脂分、塩分は殆ど感じませんが、とても美味しいスープです。

クリックすると拡大します

 細麺は群馬県小林製麺所とのことで、説明によると打ち立てでは無く熟成させてから使っているとのこと。
 チャーシューは群馬のほそやのまる豚、メンマは国産の孟宗竹、ネギは九条ねぎ。
 麺自体が美味しくて、スープもトッピングも美味しければ、ラーメンが美味しいのが道理。

クリックすると拡大します

 気が付くと丼を持ってスープを飲み干していました。
 食べ終わってやっぱり声を掛けようかと思いましたが、後客多数、また機会があれば。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 ラーメン二杯食べたので、すごすごと帰ります。
 新宿に出るには、赤羽経由が近いのか、秋葉原経由が近いのか、、、先に来た電車に乗ろう。

クリックすると拡大します

 晩酌
 秋田の日の丸醸造が醸す「まんさくの花 Summer Snowman 2020」純米吟醸原酒 R1BY。
 例年ならば雪中貯蔵として「雪室吟醸」としていましたが、今年は記録的な雪不足で断念。
 雪の中と同じ温度帯で熟成させてあるので、雪中貯蔵と勝るとも劣らない出来上がり。
posted by ふらわ at 21:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月11日

チェーン店の謎

/通院/博多一風堂 恵比寿店@恵比寿にてとんこつまぜそばセッ/松壱家 成城学園前店@成城学園前にて醤油豚骨(並)/

クリックすると拡大します

 予約していた日は仕事を休むわけにはいかず、すっかり遅れてしまっての通院
 毎日飲まなければならない薬も切れてしまっていて、このまま行かなくても良いかなと思ったりもして。
 病院はこれまでなら考えられなかった混んでいたけど、私もその一人だな。

クリックすると拡大します

 お昼は、博多一風堂 恵比寿店@恵比寿(渋谷区広尾)公式ホームページ)へ。
 恵比寿店と言っても恵比寿駅からちょっと歩くよね、駅名から言えば恵比寿店だけど、立地から言えば広尾店。
 着いてみたら外待ちが6人もいて、そそくさと後ろに並びます。
 店先の通りは桜並木、季節には桜が咲き誇って綺麗だろうなぁ。

クリックすると拡大します

 一風堂が好きで博多の本店には伺っているのに、今頃になって東京1号店へ訪問。
 東京1号店は関東1号店ではなく、恵比寿店開店1年前の1994/3に、新横浜ラーメン博物館への出店しています。
 新横浜ラーメン博物館は自身で出店したいと願っても出店できないので、一風堂を全国に知らしめたのは新横浜ラーメン博物館とも言えます。

クリックすると拡大します

 しばらく待って店内に案内されます。
 カウンター席の上部にはメニューが紹介されていて、このメニューは店舗を何度改装しても、そのまま引き継いでいるんだろうな(多分違う)。
 そう、以前は(私の知っている)どの一風堂にも、こうしてメニューが紹介されていたんですよ。
 なんで辞めちゃったんだろう。

クリックすると拡大します

 席配置は厨房に面したカウンター7席、4人掛けテーブルを2卓並べた島が3島、開店同時から変わっていないのだろうか。
 世情を反映し、カウンター席は各席が仕切られていて、各席に白胡麻、酢、ラーメン専用ペッパー、ラーメンだし、醤油が置かれています。
 辛もやしだけが事前に用意され、紅生姜、辛子高菜、生にんにくは店員さんに声を掛けるスタイル。
 部屋のコーナーに用意された給水所からお冷やかプーアール茶を注いできて、スタンバイ。

クリックすると拡大します

 今日の目当ては、今日から発売が開始された秋季限定メニュー。
 単品だと790円、温泉玉子と白ごはんが付いたセットは890円、に消費税10%。
 パウチには食材の説明や、美味しい食べ方が説明されています。
 ハッシュタグ付きで画像をツイッターやインスタグラムに投稿すると、抽選で「秘伝のとんこつダシ」が当たるそうです。

クリックすると拡大します

 程なくしてとんこつまぜそばセット979円
 トレーに乗せられて提供、ご飯と温泉玉子は先に提供されましたが、一緒に記念撮影。
 個人的に細麺のまぜそばって殆ど記憶が無く、一風堂だから美味しいことは美味しいだろうけど、食べやすいのだろうかと、一抹の不安。

クリックすると拡大します

 トッピングは、細切れチャーシューやキクラゲ、辛もやし、オニオンフレーク、青ネギ、玉ねぎ、ピンクペッパー、センターに辛味噌。
 先ずは「標準」のトッピングで全体をまぜまぜして食べてみると、よくぞ作ってくれたと心で拍手の細麺のまぜそば、美味しい。
 細麺の茹で加減は注文時に訊かれませんでしたが、やや柔らかめに仕上げてあり、豚骨から作られたたれと共に具材によく絡みます。

クリックすると拡大します

 麺を半分ほど食べたら、『「とんこつまぜそば」のために開発した特製ふりかけ』をまぶし、温泉玉子を乗せます。
 さらに、店員さんに頼んで出してもらった辛子高菜、紅生姜、辛もやしを乗せ、もう一度まぜまぜ。
 一口毎に変わる味わいこそ、まぜそばの正義。

クリックすると拡大します

 ふと我に返ると、ライスがひとりぽつんと。
 ライスの食べ方は、まぜそばの残ったたれに絡めるのが王道ですが、具材を拾って乗せて食べます。
 この食べ方でも美味しいじゃないですか、良い感じですな。

クリックすると拡大します

 ふと我に返ると、クーポンで頼んだハーフ餃子が4人でぽつんと。
 もちろん、醤油と酢でたれを作って食べても良いのですが、私はさっと酢を掛け、柚子胡椒を付けたり付けなかったりして頂きます。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 ランクアップまであと7杯。

クリックすると拡大します

 夜は、松壱家 成城学園前店@成城学園前(世田谷区成城6-12-8)公式ホームページ)へ。
 サバ6製麺所成城学園前店(2018/6/13-2020/8/18)の跡地に、居抜きで2020/9/6オープン。
 これまで松壱家にはあまり興味がありませんでしたが、先般、大和店に伺って「えー、そんなことがっ」と気になって、気になって。
 大和だと定期券圏外ですが、こちらはバリサン、何度か通ってしまいそう。

クリックすると拡大します

 店内は前店のまるっきり居抜きで、私の記憶が正しければ券売機も同じ。
 メニューは醤油豚骨750円、塩豚骨750円、みそ豚骨750円、黒松830円、豪麺830円、価格はいずれも並の税込価格。
 和え玉200円、替え玉100円、松壱の日用のボタンが用意されています。
 ご飯ものとドリンク、チャーハンもあるんですね。

クリックすると拡大します

 買った食券を店員さんに渡すと、家系お好みを訊かれますので、淀みなく答えます。
 店内は前店のまるっきり居抜きで、私の記憶が正しければ、椅子とテーブルも同じ。
 大きなボードで店内は仕切られていて、カウンター6席、2人掛けテーブルが3卓。
 卓上には酢、ごま、ブラックペッパーグラウンド、豆板醤、にんにく。

クリックすると拡大します

 程なくして醤油豚骨(並)750円
 セントラルキッチンのスープを店内で再加熱しているので、豚骨出汁と鶏ガラ出汁の割合がどーのとか評価しても殆ど意味はありません。
 意味はありませんが私はこの味が結構好きで、店内炊きスープのブレに疲れたら、セントラルキッチンのスープで癒やされています。

クリックすると拡大します

 平打中太麺は中西食品、柔らかめ指定で程よい柔らかさ、もう少し柔らかくてよろしくてよ。
 トッピングは厚めの豚肩ロースチャーシュー、多めの茹でほうれん草、透ける板海苔三枚、ウズラの茹で玉子。
 松壱家は壱六家と関係が非常に深いので、ウズラの茹で玉子に納得。

クリックすると拡大します

 お楽しみの味変タイム。
 残しておいたウズラの茹で玉子におろしニンニクと豆板醤を添え、全体に白胡麻を振ってみました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月10日

そば、うどん、らーめん

/ゆで太郎西五反田本店にてマシマシ肉野菜そば(冷)、焼きのり、コロッケ/Japanese UDON noodle lab 麺屋 坂本01@大森にてサラダうどん/石山商店@小田急相模原にてかき玉らーめん/

クリックすると拡大します

 朝は、ゆで太郎西五反田本店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン展開する路麺店、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛。
 本店は自身の生活圏から微妙に外れているので、ちょっぴり行きにくく、訪問の間が空いてしまいました。

クリックすると拡大します

 店先には全体のメニュー、舞茸たっぷりのメニュー、夏麺のメニュー、と並んでいます。
 レギュラーメニューはともかく、食べていないメニューが多すぎます。
 ま、ひとつひとつ、食べていきましょ。

クリックすると拡大します

 まだまだ導入が進んでいない、タッチパネル式券売機。
 向かって左側が高額紙幣対応機、右側が交通系ICカード対応機。
 私は交通系ICカードで購入したいので、右が使われていれば左が空いていても右を待ちます。

クリックすると拡大します

 今朝はマシマシ肉野菜そば(冷)650円、焼きのり100円、クーコロ
 何を食べているのか分からないほどの野菜盛り、野菜は下処理してあってお蕎麦との親和性も高く、とても食べやすく美味しい。
 茹でられた豚バラ肉はポンと乗せられた盛り付けですが、野菜を崩しつつ、一緒に頂きます。
 あっ、すりごまを少し振ってみましたが、とても香ばしいです。

クリックすると拡大します

 多めの野菜に押され気味のお蕎麦も美味しく、海苔は途中からぱりぱりと直食い。
 揚げたてのコロッケ、今朝はソースや塩を掛けず、蕎麦つゆに浸して頂きます。
 色々な食べ方を楽しめるので、何回食べても飽きません。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は、Japanese UDON noodle lab 麺屋 坂本01@大森公式ツイッター)へ。
 公式ツイッターと公式インスタグラムで新メニューの告知、これはいかねばねば。

クリックすると拡大します

 店先に立てられたメニュー写真の立て看板、使い方が間違っているというか、斬新な使い方です。
 告知が特になかったか、私が見逃していて、なす天とネギ天が始まっています。
 店内で飲めるならなぁ、叶わぬから夢、叶えるのが夢。

クリックすると拡大します

 店内を覗いて席が空いていることを確認してから、店内へ。
 券売機が小さめでちょっと分かりにくいのですが、事前に食べるメニューを決めておけば大丈夫。
 天ぷらは注文が入ってから揚げるので、客回転は良くありません。
 店先で10分、注文してから5分は待てる人のみ、美味しいうどんか食べられます。

クリックすると拡大します

 店内で10分ほど待って、サラダうどん960円
 9/9から販売が開始され、1日10食限定。
 うどんが見えないほど豪勢に盛り付けられていて、麺の上に水菜と海藻麺、交互にミニトマトとせせりの天ぷら。
 センターに牛しぐれを高々と盛り付け、トップに白髪ねぎ。

クリックすると拡大します

 メニュー名の「サラダ」のイメージから、多種多様の野菜などを盛り付けているのかと想像していました。
 あくまでもうどんを味わってもらうためのサラダ、このサラダがとても美味しい。
 うどんとの相性抜群の牛しぐれもたっぷり乗っていて、全体の美味しさをさらに美味しくしています。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、石山商店@小田急相模原公式ツイッター)へ。
 今月は火曜日が定休日なので、週替わりの限定メニューは水曜日スタート。
 店先にらーめんの幟が、、2月からあるらしいけど、全く気が付きませんでした。

クリックすると拡大します

 今週の限定メニューはかき玉ラーメン(店先にも写真が貼られています)。
 『少し酸味のあるスープにかき玉、豆苗、鶏挽き肉、トマトの甘酢漬けをあしらいました。軽くラー油がかかっていますが辛さはあまりありません。』
 毎週出すのはパワーが必要で、他の事にパワーを割きたいので、近々(未定)、月替りにするそうです。

クリックすると拡大します

 大抵はノーゲスですが、今夜は先客1人。
 ということでビール500円、今夜はオダサガで一人お疲れ様会。
 ここのところ、キリンラガービールをとんと飲まなくなり、随分と久し振りです。

クリックすると拡大します

 程なくしてかき玉らーめん850円
 ずっと限定メニューしか食べていないので、たまにはレギュラーと思いつつ、今夜も限定メニューを。
 鶏清湯スープに溶き卵を合わせているので鶏白湯に見え、ほんのりと酸味、全体的に旨味、このバランスがとても美味しい。
 たっぷりの鶏挽肉とトマトが、酸辣湯麺とは一線も二線も画し、豆苗の彩りも鮮やかに、辣油でほんのり香り付け。

クリックすると拡大します

 各中太麺は菅野製麺所、少し柔らかめに茹で上げられていて、スープとよく合います。
 食べるにつれ、鶏挽肉がスープに馴染んでいき、全体がほんのりと甘くなって、柔らかい顔つきに変わります。
 途中からライスを入れようかと思いつつ、店主さんと話していたらスープが無くなっていました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記