2019年03月03日

柴崎亭梅ヶ丘店

/柴崎亭梅ヶ丘店@梅ヶ丘にて豚めん/横濱家系ラーメン海老名家@海老名ビナウォークにて豚骨醤油ラーメン/

クリックすると拡大します

 予定より30分ほど寝坊して、向かった先は小田急小田原線梅ヶ丘駅。
 今日は3/4からのオープンに先立つプレオープンの、柴崎亭梅ヶ丘店@梅ヶ丘(世田谷区梅丘)ホームページ)。
 プレオープンは10時から200食の提供とのことで、9時10分頃に着いてみると、どこが最後尾か分からないほどの外待ち客。
 一瞬、今日は止めるかと頭をよぎりましたが、よぎっただけで待ち行列の最後尾へ。

クリックすると拡大します

 定刻になって開店、「席数はかなりあるよ」と聞いていたし、今日の厨房には柴崎亭の石郷岡店主さんだけでなく、くじら食堂の下村店主さん、しば田の柴田さんが入っているので、客回転が遅いわけが無い。
 50人ほど並んでいましたが、開店15分で店内へ、、、って、それはいくら何でも早過ぎるでしょ。
 ちなみに営業時間は11:00-15:00 17:00-23:00、無休となります。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、いしかわやで麺上げをされている女性店員さんがホールを担当されていて、事前に代金を支払います。
 プレオープンですのでメニューは一つ、オプション(?)のライスは着席時に現金払いとのこと。
 稼働していない券売機を見ると、中華そば、煮干そば、山椒そば、鶏そば、柴崎ブラック、油そばと並んでいます。
 何種類かのご飯物と、生ビール、瓶ビールなどの飲み物も用意されています。

クリックすると拡大します

 先払いすると、壁側に設えた待合席に座る様に案内されます。
 10人は座れる長椅子、今日の限定メニューの大行列に対応するために用意したわけじゃ無いでしょうけど。
 まあ、荷物置きにも使えるし、ね。

クリックすると拡大します

 店内には幾つか謎のオブジェや壁画があります。
 何のためにあるのか、想像すら出来ないので、追って店主さんに確認してみたいと思います。
 一つ目は窓枠に置かれた呼び鈴、ちなみに36は店主さんの名前(三郎)です。

クリックすると拡大します

 二つ目は壁画、と言って良いのかどうか。
 この壁画は他に2つほどあって(お客さんが多くて撮影できず)、動物には見えないので、何かの地形かと。
 便宜上、柴崎亭の壁画と呼びます。

クリックすると拡大します

 そして、謎の「A」。
 柴崎亭グループでは田村製麺の麺を使っていますが、なぜここに三河屋製麺の麺箱があるのだろうか。
 メニューによって製麺所を変えているか、いや、柴崎亭本店にあるメニューばかりなのだが。

クリックすると拡大します

 待合席で5分程待ち、空いた席へ案内され、座ったら「ライスをお願いします」と百円玉を1枚、テーブルに置きます。
 店内は大きなJ字型のカウンター18席のみ、椅子は固定式と可動式がありました。
 卓上にはミル胡椒、それにしてもテーブルが広い。
 お冷やのポットはテーブルに置かれていないので、お代わりは店員さんに声掛けが必要です。

クリックすると拡大します

 厨房で盛り付けをされている石郷岡店主さんと一言二言、挨拶を交わしていると、豚めん1,500円
 しば田の柴田店主さんが裏方を取りまとめる陣頭指揮、くじら食堂の下村店主さんがじゃんじゃん麺茹でし、柴崎亭の石郷岡店主さんがガンガン盛り付けていき、バンバン配膳されます。
 ど豚骨スープはしば田の柴田店主さん作、純豚骨でどこまでも深く、どこまでも広い旨さ、こんなに濃厚なスープなのに無化調だなんて。
 身震いするほど旨い。

クリックすると拡大します

 そのスープで力強く波打ちながら泳ぐのは、くじら食堂の下村店主の自家製麺。
 渾身の麺打ち、と言うより形容詞が霞むほど、魂が込められた太麺なのに食べ応えが柔らかく、喉越しが滑らかな。
 明日も食べたいほど、食べられないけど。

クリックすると拡大します

 さて、柴崎亭の石郷岡店主はチャーシュー担当。
 そもそもの豚肉が美味しいという事あるし、その美味しさを最大限に引き出すラーメン職人の腕もぴかいち、気が遠くなるほど旨い。
 部位違いで2種類3枚、麺とスープの旨さをチャーシューがまとめるなんてラーメン、聞いたことも無ければ食べたことも無い。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走さまでした。
 柴崎亭は京王線つつじヶ丘駅近くにあって、ちょっと行きにくかったけど、梅ヶ丘は我らが小田急線沿い。
 いつでも行かれると慢心せずに、通うことにしよう。

クリックすると拡大します

 11時前に食べ終わってしまったので、電車に乗って海老名まで。
 海老名駅に隣接した海老名ビナウォーク(ホームページ)、その6番館にビナウォークら〜めん処があります。
 不定期で出店店舗が替わっていますが、海老らーめん肇の跡地に、横濱家系ラーメン海老名家@海老名ビナウォークが2019/2/27にオープンしました。
 運営母体はテンポスHD(ホームページ)に買収された、サンライズキッチン(ホームページ)。

クリックすると拡大します

 訪問時間がぴったりランチタイムで店内満席、店先で10分程待って店内へ。
 ちなみに営業時間は平日土が11:00-15:00 17:00-26:00、日祝が11:00-15:00 17:00-24:00と、ラーメン集合施設でも中休みがあります。
 メニューは豚骨醤油、豚骨塩、豚骨味噌、豚骨辛味噌、なぜノーマルの「豚骨塩ラーメン」が無いのだろうか。
 ご飯ものはネギ丼、サイドメニューは餃子、生ビール、ハイボールなどの飲み物が用意されています。

クリックすると拡大します

 店内にも6人ほど待ち行列があって、しばらく立って待ちます。
 いま目の前で食べているお客さんも、20分は待たされてからラーメンを食べていると思うのですが。
 ラーメンが配膳されてもツムツムが終わらない客、ラーメンを食べている間もスマホから目が離せない客、食べ終わっても下げ膳されるまでお喋りしている二人組。
 行列店ではさっさと食べてさっさと席を空ける、なんてマナーは、いつの時代の話しだったのか。

クリックすると拡大します

 店内は前店の居抜きで、カウンター6席、4人掛けテーブルが4卓、計22席。
 空いたカウンター席に案内され、食券を渡すときに「柔らかめで」とお願いしました。
 卓上には辣油、酢、醤油、白ごま、ブラックペッパーグランド、おろしニンニク、おろし生姜、豆板醤。
 厨房との仕切りには長めの暖簾が掛けられていて、厨房の様子は見えず、厨房からもお客さんの様子は分かりません。

クリックすると拡大します

 10分ほど待って、豚骨醤油ラーメン780円
 スープは豚ガラ、鶏ガラの最大公約数的な味わい、薬味ネギは先入れです。
 「たまにはラーメンでも食べるか」的なお客さんには十分に訴求できると感じますが、私の肥えていない舌には合いませんでした。

クリックすると拡大します

 角太麺は自社製麺、麺とスープの相性が良いので、麺も私の舌には合いません。
 茹で加減を柔らかめでお願いしたのですが、同時に注文した固め指定のお客さんと同じに配膳されたのも、気に掛かります。
 トッピングは大きめの豚バラ肉チャーシュー、透き通る板海苔三枚、冷凍としか思えないほど千切れた茹でほうれん草。
 この向こう側が透けている板海苔、どうしても馴染めないのだけれども。

クリックすると拡大します

 味変でもするかと、豆板醤とおろしニンニクを多めに乗せて、と。
 食べ終わって席を立ち、「ご馳走様でした」と挨拶するも、ホールの女性店員さんには「ありがとうございます」と挨拶を返して頂きましたが、長い暖簾の先の厨房からは特に何も無し。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 その後、ユニクロで春夏用の服を何点か買って、帰宅。
 結局、今日は一日中、雨だったな。
 早めに飲んで、早めに寝るかな。
posted by ふらわ at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月02日

ひな祭り

/座間神社にて春よこい ひな祭り/ゆで太郎平塚桜ヶ丘店にて季節のかき揚げそば(冷)、焼きのり/

クリックすると拡大します

 下の子を駅まで送ってきたら、もう一眠り、が出来ないお年頃。
 溜まりに溜まったブログを少しでも片付けて、いや、片付けようと準備して、出掛けることにしました。
 天気が良くて、暑いくらいだ。

クリックすると拡大します

 座間神社ホームページ)にて春よこい ひな祭り紹介のサイト)。
 開催期間は3/2から3/4まで、去年は9時開場(?)だったので、少し遅れて10時に着いたら、ちょうど駐車場が空いていて、ちょうど飾り終わったタイミングでした。
 前回来たときに、境内に登る階段が随分と急だなぁと思っていたけど、ここに並べたんだ。

クリックすると拡大します

 階段は七十七段あって、お雛様は1,000体あるとのこと。
 余計はお世話ですが、朝早くから並べて、ライトアップを経て、夜には一回片付けるとのこと。
 この階段が真ん中で仕切ってあるので、見物も比較的楽ですね。
 もちろん、階段は一方通行です。

クリックすると拡大します

 階段では並べきれないので、社殿にも飾ってあります。
 いや、社殿に並びきれないから、階段に並べたのか。
 どちらにしろ、お賽銭を投げ入れて、お雛様に向かってお祈りします。

クリックすると拡大します

 さらに神楽殿にも飾ってあります。
 その後、伊奴寝子社(いぬねこしゃ)にお参りをして、近くの公園で愛犬を少し遊ばせて。
 明るいウチに帰宅しました。

クリックすると拡大します

 夜になって買い物がてら、ゆで太郎平塚桜ヶ丘店(ホームページ)へ。
 地元(?)のゆで太郎ですので、もう少し頻繁に通いたいところですが、生活圏から若干離れていて、それだけで今夜で2回目。
 何か写真が綺麗ですが、実物はもっと綺麗です。

クリックすると拡大します

 三月に入って、ついに得セットが日曜まで販売されるようになりました。
 季節のかき揚げが小海老とゲソになり、初摘みの花巻蕎麦、とり舞茸天どんが始まりました。
 全部食べたい私は、まず季節物から食べるかと食券を買います。

クリックすると拡大します

 券売機と券売機の間に、青と赤のクリップが置かれています。
 ゆで太郎では全てのお蕎麦で、温かいのと冷たいので提供していますが、口頭だと行き違いも多く、ここにきてクリップで意思表示する方式としました。
 ひょっとしたら、やっているのは直営店だけかも知れません。

クリックすると拡大します

 季節のかき揚げそば(冷)530円、焼きのり100円、クーポン大盛
 お蕎麦、蕎麦つゆ、安定のクオリティ、かき揚げに入っている長ネギが美味しいよぉ〜
 焼き海苔がパリパリじゃなくてパリパリな食感、これは美味し過ぎるぅ〜
 美味しく頂き、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 ラーメン麺太郎@平塚市の跡地に博多糟屋らーめん あかつき 北金目店が開店準備中です。
 近日OPENとだけあり、オープン日は未定です。
 本格的な博多ラーメン、開店が今から楽しみです。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月01日

ミニラーメン好

/横浜家系ラーメン壱角家品川港南店にて特製家系カレー/ラーメン豚山@町田にてミニラーメン、つけ麺に変更、味噌に変更、限定トッピング100/

クリックすると拡大します

 午前中は親父の付き添いで病院へ。
 こんな頻繁に病院に行くなら、いっそのこと入院してしまった方が楽だとは思いますが、そういうわけにもいかないらしく。
 まあ、親父を病院に連れて行く事に文句があるなら、タクシーで行ってもらえば良いんですけどね。
 お互い残り少ない人生、悔いの無い様に過ごしましょう。

クリックすると拡大します

 お昼は横浜家系ラーメン壱角家品川港南店ホームページ)、使い勝手の良い近くの系列店ばかり行っていて、こちらに来るのは一年三ヶ月ぶりになります。
 今日の狙いはラーメンではありません。
 随分前から販売されているのは知っていましたが、その料理をラーメン屋で食べるのは、ちょっと抵抗がありました。
 とは言え、他に魅力的な限定メニューがあるかも知れないので、一通りメニューを確認します。

クリックすると拡大します

 ラーメンメニューに変更は無し、ベジタブル家系(煮込み野菜だけで麺が無い料理)もあります。
 使い勝手の良い近くの系列店(である横浜道)では随分前から販売されている油そばがリリースされたんだ、でも、平日は14時からの販売なのか。
 お目当ての料理である、家系カレー、「新鮮な国産鶏の旨味が詰まった!家系オリジナルカレー!」ってそこはかとなく日本語が変(私に言われたくないってか
 カレーは家系お好みが無いので、食券を渡したら無言で引き取りすぐ調理(?)。

クリックすると拡大します

 保温しているご飯をよそり、保温しているカレーを乗せるだけだから1分も掛からずに提供、、かと思ったら、茹でほうれん草を茹でていて、提供に2分ほど掛かりました。
 特製家系カレー750円、どこの世の中に、板海苔を三枚差し、チャーシューとウズラの卵、茹でほうれん草をトッピングしたカレーライスを販売する店があるのかと。
 なるほど、スパイスの辛さを鶏ガラスープで味を調えたカレーに、固めに炊き上げたご飯がよく合います。
 ほうれん草やチャーシューのカレーとしての食べ方、食べるタイミングは分かりますが、板海苔はどうやって食べたら良いのか。

クリックすると拡大します

 そうか、カレーに浸してご飯を巻いて食べたらいいんだ、、、不器用なので三枚とも失敗してしまい、写真はありません。
 しかしして、カレーなら付け合わせに福神漬けやらっきょう、紅生姜が必須だと思うのですが、卓上を見渡しても見当たりません。
 言えば出てくるのかも知れませんが、刻み生姜で代用しました。
 美味しくいただき、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜はラーメン豚山@町田(町田市原町田)公式ツイッター)、展開された支店を食べ歩いていたら、本店訪問が去年の9月以来というていたらく。
 19時半に到着するも、店外に9人、店内に7人待ちという盛況ぶり。
 見渡す限りネクタイ客は自分だけというアウェイ感、お客さんをぱっと見た感じでは自分の娘より年下ばかり、うーむ。
 外待ちの並び方が変わっていて、店舗に沿って10人並んだら、折り返して並ぶそうです。

クリックすると拡大します

 15分程して店内へ、変わってはいないとは思いますが、そういう油断が限定メニュー、限定トッピングを見逃します。
 券売機を見るとラーメンは小、ミニ、大、汁なしに変更、つけ麺に変更。
 トッピングは生玉子、粉チーズ、豚1枚(売り切れ)、肉かすあぶら、味玉、辛ニラ、白髪ネギ、うずら5個、とろけるチーズ。
 ビールは無いけど黒ウーロン茶はあります。

クリックすると拡大します

 メニューコンプしているので未食の麺量を選択し、未食のトッピング2種類のボタンをポチり。
 店内待ちを経て、席に案内され、麺柔らかめでお願いしました。
 この手のラーメン屋で一番気を付けなければならないのは顔を覚えられること。
 何人かに追い越されて、先にトッピングを満載したつけ汁、少し間をおいて麺が手渡されます。

クリックすると拡大します

 ミニラーメン700円(麺柔らかめ、ヤサイ、ニンニク)、つけ麺に変更100円、味噌に変更100円、限定トッピング100100円、締めて1,000円。
 つけ汁(スープ)はド 乳化、ここのところ非乳化スープが多かったので、腹にずっしりと応えます。
 徹底的に豚骨を炊き出し、背脂で甘味付けし、旨味調味料で全体の味を調整されていて、美味しいです。
 そのまま飲むというか、野菜に馴染ませて頂くと、これまた美味しい。

クリックすると拡大します

 自家製麺と言ってはばからない(今は違うのかな)四之宮商店の極太平打ち麺、以前とは小麦の配合を変えた印象ですが、味はそのままに感じます。
 中々美味しいのですが、ここまで味が安定してしまうと、個人的にはつまらない印象です。
 赤味噌に唐辛子を加えた味噌だれは、スープの味をすーっと味噌味に引き上げる感じです。
 限定トッピングはコーンとバター、この粒量と大きさで100円って、サービスと言うより原価計算してませんっ、な印象。

クリックすると拡大します

 この程度の麺量なら何の苦もなくするりと食べられるし、腹八分目で身体にも優しいのですが。
 ラーメン二郎インスパイアを食べて身体をいたわるのは、何か間違っているような気がする。
 スルッと食べてご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記