2018年04月02日

馬喰横山と蒲田

/ゆで太郎代々木東口店にて朝そば(たまご)/鶏節らーめん鶏武士小伝馬町店@馬喰横山にて淡麗塩ラーメン/地獄の担担麺 天竜 蒲田店にて地獄の担担麺プロフェッショナル級(30辛)/

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 年度が替わったので心機一転、、、じゃなかった、、初心に戻ってゆで太郎通い。
 朝そばは相変わらず、玉子、おろしの二種類、今日から新しいクーポンなので今日はクーポン無し。

クリックすると拡大します

 朝そば(たまご)330円、お蕎麦は「つめたいの」、たまごは煮玉子、温泉玉子、生卵から選べるので生卵で。
 つるっとお蕎麦を手繰れば、ふんわりと鰹節出汁が香り、朝からとても美味しいお蕎麦。
 朝そばのかき揚げは通常より小さめ(2/3見当)ですが、朝はこの位の大きさが嬉しい。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は馬喰横山駅から徒歩数分の鶏節らーめん鶏武士小伝馬町店@馬喰横山(中央区日本橋小伝馬町)ホームページ)へ。
 揚げ三兄弟 小伝馬町店の平日昼営業として2014/1/20オープン。
 経営母体は、日本橋界隈に焼鳥屋、焼肉屋など13店舗を展開する、株式会社バイタリティ。

クリックすると拡大します

 一階はカウンター5席、二階は2人掛けテーブル4卓、4人掛けテーブル1卓。空きのタイミングよく一階のカウンター席へ。
 メニューは(開店当初から変わって)特製濃厚塩ラーメン900円、淡麗塩ラーメン650円、豪快肉盛りラーメン1,200円の3種類。
 から揚げ定食、から揚げ定食と半ラーメン、から揚げセット、鶏餃子など。
 13時以降は麺大盛かライスが無料サービスとなります。

クリックすると拡大します

 卓上には一味唐辛子、辣油、酢、醤油、ブラックペッパーグラウンド。
 昼営業を始めたのは、夜営業の仕込みでお店に出てるから、手隙のタイミングでラーメンでも売るか、だったのかも知れませんが。
 男性店員2人、女性店員2人でフル回転するほど混み合っちゃってます。
 美味しいだけでは売れない、安いだけでも売れない、美味しくて安くてもお客さんは来ない。ので、「お客さんが来るもう一つ」が出来ている店です。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、数分で淡麗塩ラーメン650円
 ふんわりと漂ってくる花かつおの香り、その香りを分け入ってスープを飲むと、ぎゅっと鶏ガラ出汁の味わいに、がさっと鶏節の旨味が重なってきて、まあ美味しい。
 鶏節なので脂がかなり少なめになって、後味がスッキリしています。ラーメンとしてのレベルは高くないけど、ラーメンとしてのクオリティは高い。
 一流のラーメン職人が創り出す「鶏と水」のスープには遠く及ばないものの、行列することなく、手軽に「近い」味が楽しめます。

クリックすると拡大します

 合わせる細麺は池袋にある山口や製麺所、スープが良いだけに少し追い付ていない感じです。
 材木メンマ、カイワレ大根、板海苔一枚、鶏肉チャーシューは半切りしてあって大きく見せてます。肉量で勝負してないんだから、これで良いと思います。
 一度食べてみないと分かりませんが、女性受けしそうな味だと感じましたが、隣りは女性一人客でした。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は蒲田の新店に向かったら、想定内の早仕舞い、じゃあ久し振りに顔を出すかと足を向けつつ念のため確認すると、月曜日定休。
 んじゃ、2018/3/27にオープンした地獄の担担麺 天竜 蒲田店@蒲田(大田区西蒲田)ホームページ)。
 平塚に本店があり、茅ヶ崎に2店。暖簾分けの護摩龍は百人町が本店、支店が五反田。
 本店しか食べに行っていないので、他の店舗を食べてから訪問しようと思っていましたが、人生、予定通りにはいきません。

クリックすると拡大します

 メニューは辛さ無限大まで用意されている地獄の担担麺、天竜担担麺(1辛)、黒マー油担担麺(2辛)、野菜ドラゴン担担麺(3辛)の4種類。
 いづれも同額のつけ麺が用意されています。
 麺量は大盛りまで同額、無料サービスとしてニンニク、ショウガ、マヨネーズ。
 数々のトッピング、サイドメニューにライス、餃子、ドリンクとしてビール、コーラが用意されています。

クリックすると拡大します

 中途半端な辛さでは何も分からないし、振り切った辛さだと違う意味で何も分からないだろう。
 と、店内に入り、券売機で食券を買います。
 先客2人、後客5人、空いていた席に座って食券を店員さんに渡すと「辛いですけど大丈夫ですか?」の確認が入りません。
 そんな事を聞いてくる時の辛さは大したことが無いので、聞かれない事の本気度にビビる。賽が投げられた後だし。

クリックすると拡大します

 奥に真っすぐのカウンター9席、卓上には酢、紅醋(赤酢)、カレースパイス、揚げニンニク、花椒。
 少し待って、地獄の担担麺プロフェッショナル級(30辛)1,000円。赤い麺相にホッとする。本物は赤ではなくて黒だからだ。
 だからと言って気を緩める事なく、麺を何度か持ち上げて冷まし、地獄の門をくぐる。

クリックすると拡大します

 一口目はそんなに辛くはない。二口めも大丈夫。三口食べて、ふっと息を吹いて緊張を解くと、顔中からばっと汗が吹き出る辛さ。
 辛い、もの凄く辛い。こんな辛いの誰が食べるだぁ!!、誰が頼んだんだぁ!、自分か。
 スープは鶏ガラダシベース、芝麻醤と挽肉がかなり甘みを主張し、茹でほうれん草。

クリックすると拡大します

 太麺は製麺所不明ながらプリッとしてとても美味しい。
 辛い辛いと言いながら麺を食べ切ると大量にスープが残り、まあ、そのまま残してもいいんですけど。
 せっかくだから、他のお客さんがみんな食べていた雑炊を食べてみるか。

クリックすると拡大します

 現金追加で雑炊セット(小ライス、生たまご)150円、一般的にはTKGと呼ばれてますね。
 全卵にタレをかけて軽く混ぜ、残ったスープにそーっと入れる。
 オススメされている食べ方ではなく、自分が好きな食べ方で食べる。

クリックすると拡大します

 全体を緩く混ぜて食べてみると、思わずニッコリしてしまうほど美味しい。
 何だかんだ言いながら食べ切ってしまった。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月01日

小鮎川の桜

/食ぱん道鶴巻南店/うまか丸@厚木市妻田南にて豚骨ラーメン/小鮎川の両岸に桜/

クリックすると拡大します

 未来のことはだれにも分からないけど、この土日で生活圏内の桜は見納めだろう。
 昨日に引き続いて今日も天気がいいので、近場をバイクで走り回ろうと考えています。
 桜の木があることを知っている場所を訪れ、初めての場所も探してみたいと。

クリックすると拡大します

 先週に引き続き、今日も食ぱん道鶴巻南店ホームページ)へ。
 今日は前回の轍を踏まない様にぷれーんとっぷ(山食)とれーずんを、得意げに「4つ切りで」と宣言したら、「れーずんは手切りになりますがよろしいですか」と聞き返されてしまいました。
 よろしくてよ、お願いいたします。

クリックすると拡大します

 戻ってきてトースターで焼き、焼いている間にスクランブルエッグを作ります。
 焼き上がったら、セブンイレブンで買ってきたロースハム(今日はサラダが売り切れだった)を乗せて出来上がり。
 4つ切りを二枚だと多いな、次回から一枚を食べよう。

クリックすると拡大します

 お昼過ぎになってからバイクを走らせ、昨日に引き続き厚木へ。
 ドン・キホーテ裏手のしょうゆのおがわや跡地に3/10オープンした、うまか丸@厚木市妻田南
 店主さんはうまかもんで二十数年間働いて独立、最後はうまかもん厚木戸田店(先月で閉店)にいたそうです。

クリックすると拡大します

 店内に入ると(恐らく)前店踏襲のレイアウト、先ずは左手の券売機で食券を買います。
 メニューは豚骨ラーメンのトッピングバラエティのみ。バラエティと言っても、チーズや野菜などもあります。
 餃子やご飯もの、飲み物はビール、角ハイボールなど。
 お菓子とジュース付きのお子様ラーメンがあります。

クリックすると拡大します

 左手の厨房を囲むL字カウンター9席、右手は4人掛けテーブルが3卓、全体的にゆったりとしています。
 卓上にはホワイトペッパー、醤油、酢、辣油、ごま、おろしニンニク。辛子高菜、紅生姜。
 カウンターの角椅子は床に固定されているので、短足の私はちょっと座りにくい。

クリックすると拡大します

 横浜DeNAの中継を観ていると、豚骨ラーメン650円が出来上がってきました。
 スープを一口、殆ど脂を感じず、口を喉を滑っていく豚骨スープ。
 誤解を恐れずに言えば、骨感皆無、さらさらした豚骨白湯スープ。
 それなりに豚骨スープを飲んできた自負はありますが、この美味しさは初めて。

クリックすると拡大します

 関東人が「博多の麺」と盲信する極細麺、その実態は(ロックンロールワンの嶋崎さんが使っていた)中根製麺。
 カタメン指定がベストチョイス、美味しいなぁ。
 うまかもんで「替玉無料」謳歌していた15年以上前の時代には製麺所なんて全く興味が無かったけれども。
 今から思い返せば、あちらこちらと繋がっています。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったところで替玉、現金100円玉をカウンター台に置きます。
 替え玉は平皿ではなくお茶碗にて提供、さっとラーメンタレを掛けて下さいます。
 丸々一玉分なので、一玉分食べて減ったスープに入れると、かなりはみ出ます。
 ざっと全体をスープに馴染ませて、辛子高菜、紅生姜、おろしニンニクで味付けして、美味しくいただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 今まで走ったことのない道を走っていくと、小鮎川の両岸に桜が咲き乱れています。
 小さいながら広場も用意されていて、格好の花見場所、二組ほど楽しんでいました。
 バイクを適当に停めて、当たりを散策して、と。

クリックすると拡大します


クリックすると拡大します

 森の里方面を走っていると、山桜が目に入って、何とか写真に撮りました。
 地元であっても、まだまだ知らない地が多いなぁ。
 今年桜が咲いた場所には来年も咲くから、また、来てみよう。
posted by ふらわ at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月31日

厚木で二軒

/ラーメンまこと屋厚木山際店にて牛じゃんラーメン、チャーハン/ラーメンショップ129厚木関口店にてネギラーメン/

クリックすると拡大します

 特に用事のない土曜日は、惰眠を貪ることにしています。
 都内に気になるラーメン店もあるので、出かけて行って食べてきたい気持ちもありますけれども。
 お味噌汁を作ってご飯を食べ、溜めてしまったブログをアップしていたら、すっかり遅くなってしまいました。

クリックすると拡大します

 自宅からバイクを飛ばして1時間ほど、国道126号線沿いの汁力(閉店)と山岡家の中間、ラーメンまこと屋厚木山際店(厚木市山際256番)ホームページ)。
 3/26オープン、大阪、兵庫、京都で30店弱を店舗展開する一大チェーン店、海外にも進出されていて、今回が関東初進出となります。
 店先に専用駐車場が26台分、常時半分以上が埋まっていて、注目の度合いが伺えます。
 満席ですのでウェイティングシートに名前を書いて、店先に立て掛けられているメニューを見ながら名前を呼ばれるのを待ちます。

クリックすると拡大します

 メニューは牛じゃんラーメン、鶏じゃんラーメン、背脂醤油ラーメン。1日20杯限定のつけ麺。
 麺の茹で加減は「バリ固」「固め」「普通」「やわらかめ」から選べ、牛じゃんラーメンは背脂の量をこってり味、並味、あっさり味から選べます。
 替玉は牛じゃん用の細麺、鶏じゃん用の玉子麺から選べます。期限は不明ですが、替え玉1玉無料サービス中でした。
 サイドメニューは餃子、若鶏の唐揚げ、チャーハン、ご飯もの。

クリックすると拡大します

 少し待って名前を呼ばれて店内へ。
 店舗縦4分の1ほどが厨房で、厨房に面したカウンターが16席、右手と左手に6席のテーブル席が3卓ずつ。
 カウンター席に案内され、いったんは決めてきたメニューを再度確認します。

クリックすると拡大します

 店員さんがお冷やと小鉢に盛った辛子高菜を運んできてくださり、注文します。
 卓上には醤油、お酢、辣油、ラーメンコショー、唐揚げ用スパイス、一味唐からし、白胡麻、ニンニクチップ。紅生姜、生ニンニク。
 お土産として韓国キムチ、辛子高菜が案内されています。

クリックすると拡大します

 自然な動作で小皿に辛子高菜と紅生姜を取り、軽くつまむとビールを無性に渇望しますが、バイクで来ているので無理。
 大阪にはチェーン店に限らず、辛子高菜とかキムチとか食べ放題ののラーメン店(ずんどう屋など)が散見されます。
 カウンター台の隙間から厨房を覗くと、ドでかい圧力釜でスープを炊いています。
 ファサード、店内共に大型ラーメンチェーン店然としていますが、スープを店内炊きし、しっかりした接客と細かい好みに対応されたら、個人店と差は詰まるばかりです。

クリックすると拡大します

 調理されている人が違うのか、ラーメンより先に提供された半チャーハン、黄金半チャーハン定食と命名され、ラーメンに付けると240円。
 この値段でこのポーション、玉子とかネギとか入っているしっとり系、美味しい。
 いつもは途中から黒胡椒を振って楽しむのですが、一気に食べてしまいました。

クリックすると拡大します

 食べ終わって少ししてから牛じゃんラーメン680円、麺の茹で加減は普通、背脂はあっさり味。
 圧力釜で炊き出したスープの特徴であるシルキーな口当たり、鶏ガラ豚ガラの炊き出しスープにカエシとして牛骨ダシを使っていて、大型チェーン店とは思えないほど美味しいスープ。
 香味油(マー油)の香りもいい感じで、途中から混ぜるといい感じです。
 この味をこの値段で中休み無し年中無休で提供されたら、個人店はますます厳しくなるばかりじゃないですか。

クリックすると拡大します

 関東人の好みに外れた麺を「ご当地の味」として売り出して伸び悩むラーメンチェーン店もありますが、関東人の好みを知り尽くした菅野製麺所の細麺。
 全く違和感なくスープに合っていて、スルスルと食べられます。
 大阪の店舗では未食ですが、大阪は大阪、関東は関東で麺(の味)を変えているのではないでしょうか。

クリックすると拡大します

 麺を1/3ほど残して味変を楽しみます。
 先ずはニンニクチップ、続けて辛子高菜、紅生姜、全体を軽く混ぜて頂くと、これまた美味しい。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 会計すると次回以降のサービス券をもらったので、せっかくなので使ってみようと思います。

クリックすると拡大します

 次の店はすぐ近くなのですが、せっかくなので辺りを走り回って桜を愛でるかと。
 バイクなので減速も停車も自由自在で、ちょっと路地裏に入って停めるのが簡単。
 写真を撮る前にしばらく眺めるので、さらにバイクだと便利。

クリックすると拡大します

 先の店から厚木寄りにバイクですぐのラーメンショップ129厚木関口店@厚木市関口へ。
 厚木豚骨マル正(2011/09-)、珀竜家(2016/4/15-2017/3)の跡地へ、2017/6/1にオープンしました。
 前々店から駐車場スペースは変わっていませんが、改めて数えてみると12台分です。
 店内はまんま居抜きでラーショらしいU+L字ロングカウンター26席、先ずは券売機で食券を買います。

クリックすると拡大します

 ラーメンがワンコインで安いとか、つけめんが550円でコスパ最高とか、そんなことはラーショ素人の戯言。
 ラーショ好きならばネギラーメン一択、ネギラーメンがあればあとは何も要らない。
 要らないけど一応は説明しておくと、ラーメン、ミソラーメン、つけめん、ミソつけめん。
 トッピングはネギ、岩のり、チャーシュー。ご飯ものにビールなど。

クリックすると拡大します

 ノーゲスの店内、適当に座って店員さんに食券を渡すと、お好みを聞かれます。
 麺の茹で加減、油の量、タレの量、なんだ家系ラーメン店みたいだなと思う人もいるかもですが、家系ラーメン店はラーショの模倣ですから。
 営業時間は朝ラー対応、火曜日は7時からですが、水〜日は6時開店。冬ならまだ陽が出ていないんじゃないかな。

クリックすると拡大します

 卓上には今も昔も椿食堂の生ニンニクとらあじゃんのボトルがドンと置かれています。
 他にはブラックペッパー、酢、七味唐辛子。
 厨房はワンオペですが、途中から奥さんと思われる方が控え室から出てきて洗い物をされていました。
 はイイとして、麺茹ではテボなんだ、、、時代は変わっていきますね。

クリックすると拡大します

 程なくしてネギラーメン700円、好みは普通でお願いしました。
 シャバい豚骨醤油スープこそ安定したラーショクオリティ、うんめぇな。
 この味は出そうと思って出せる味じゃない。最高じゃん。
 店舗によって、時間帯(調理人)によって微妙に異なる味わいのスープ、違うからこそラーショであり、毎日通っても毎回違う味を楽しめます。

クリックすると拡大します

 ぬめりとした麺肌の細麺がスープに思いっきり絡んでいて、ずずっと美味しく食べられます。
 ネギラーメンのネギラーメンとしてのネギトッピング、チャーシューの細切りと太めの白髪ネギを胡麻油で和えてあり、豚骨醤油スープにベストマッチ。最高ですなぁ。
 板海苔、わかめ、浮いた背脂もいい感じです。

クリックすると拡大します

 途中から生ニンニクとらあじゃんをドボンと入れて味変、ああ、椅子から転げ落ちそうです。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 帰る頃にはお客さんが多く見えていて、こんな時間から夕飯の人もいるんだなぁと。

クリックすると拡大します

 あと一時間待てば夕日に映える桜が撮れるかもしれないけど、今日のところはこの辺で。
 早めに帰って、アマゾンプライムビデオでブレードランナーを観る。
 長いな、しかも一回では良く分からないほど難解。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記