2017年02月27日

ゆっくりした月曜日

/ゆで太郎代々木東口店にて朝そば(たまご)、わかめ/魚や一丁秋葉原店にて本日の刺身定食/横浜家系ラーメンすずき家@子安にてラーメン(並)/

 早起きはお蕎麦のために、ゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとして両雄並び立つ(正しい日本語は「両雄並び立たず」)。
クリックすると拡大します

 ついに代々木東口店にも濡れティッシュが導入されました。
 以前のダスターも悪くなかったのですが、いろいろな事情があっての英断、ありがたく受け止めます。
クリックすると拡大します

 定番の朝そば(たまご)330円、クーポンでわかめ
 お蕎麦は温かいのと冷たいのから選べるので冷たいので、たまごは生、茹で、温玉から選べるので生。
 美味しくいただいてご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 まだまだ続くよ居酒屋ランチ、となれば、魚や一丁秋葉原店ホームページ)へ。
 すべてのランチのご飯と味噌汁はお替り自由、コーヒー(ホット、アイス)は飲み放題、ドリンクバーよろしく、オーダーを通したらすぐに飲み物コーナーへ行きます。
 ランチはお刺身定食、カレー、日替わり定食、焼魚定食、もろもろと揃っていて、久しぶりに食べてみた本日の刺身定食980円
クリックすると拡大します

 夜は、某SNSにて「今日はラストまでいまーす」と店主さんが書き込んでいたので、これは誘っているなと勝手に思い込み、職場から1時間掛けて 横浜家系ラーメンすずき家@子安(横浜市神奈川区)ホームページ
へ。
 仕事が終わって疲れているのに、更に1時間掛けてラーメンを食べに行くラヲタって一体、なんなんだろう。って、答えは自分の中にあるか。
クリックすると拡大します

 先ずはビール350円で、今夜は子安で一人お疲れ様会。
 タイミング良く店主さんの近くの席に座れたので、どちらからともなく、ラーメン四方山話を。

 ずっとお客さんが途切れない店内、それでも満席にはならず、店主さんとラーメン談議をたっぷり楽しみました。
 最近では海外進出とか、ラーメン店主さんとの飲み会の話題が多く、話題についていけたり、いけなかったり。
クリックすると拡大します

 話が盛り上がってしまって食べ忘れるといけないので、ちゃんと食券を買って頼んでおいたラーメン(並)700円、麺柔らかめ。
 ※店主さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なりますので、ご了承ください。
 しっかりと炊き出した豚骨スープに、鶏油を合わせた家系スープの王道、壱六系ですので背脂が多めに入っていて全体的にまろやかな口当たりです。
クリックすると拡大します

 透き通るほど柔らかめに仕上げて下さった長多屋製麺の平打中太麺、家系ラーメンの麺は柔らかめに限りますなぁ(個人的な好みです)。
 チャーシュー(標準では一枚です)、板海苔(標準では三枚です)、ほうれん草にうずら、スルッと食べてご馳走様でした。
 近く、飲みに行きましょう。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月26日

蔵見学

/第42回日本酒を楽しむ会〜澤姫・四季桜蔵見学会/井上清吉商店/宇都宮酒造/

 小田急線を下る、タイミングが良ければ電車の車窓から日の出が見える。
 これが冬の始発ならば小田原で東海道線に乗り換えて根府川駅あたりで、太平洋から上がる日の出が拝める。
クリックすると拡大します

 第42回日本酒を楽しむ会〜澤姫・四季桜蔵見学会、今日は待ちに待った蔵元見学、それも栃木の二つの蔵へハシゴします。
 地方遠征はいつもは自力ですが今日は他力、どんな場合でも遅刻厳禁なので、一本早く小田原へ。そして先ずはお蕎麦を。
 箱根そば小田原店、開店5分前には誰も周りにいなかったのに、開店と同時に行列する地方あるある。みんな、開店時間めがけて来るんだな。
クリックすると拡大します

 小田原店は箱根そば一コロッケそばが美味しいのですが、今日は限定メニューのかりかり梅のかき揚げ天そば460円。
 安定したお蕎麦に蕎麦つゆ、いつ食べても美味しいなぁ。
 サンプル写真と大きく違いますが、揚げたてのかき揚げの美味しさったら、堪りません。
 ご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 7時15分、バスの乗車は小田原と新宿に別れるので、小田原で15名ほど乗車。
 幅広い年齢層で、20代と思われる人や、60代を超えているんじゃないかという人も。
 バスだと隣の人とさえ話が合えば苦にならないし、満車ではないので一人で気楽な人もいますし。
クリックすると拡大します

 帰りは疲れ切っていて寝ちゃっていることが多いので写真が少ないのですが、行きは少しだけ写真を撮って。
 富士山なんて自宅から見えるんだけど、まあ、記念にパチリ。
クリックすると拡大します

 9時30分、新宿で残り30名弱を拾って全員揃ったところで出発。
 会社などの旅行と違って、楽しみにしている人しかいないので、休憩時間をオーバーするようなヤツはいない。
 さて、一人参加の私は10年近くぶりに会った友達と隣り合わせになり、楽しいおしゃべりをしながら楽しいパス旅行。
クリックすると拡大します

 12時9分、井上清吉商店ホームページ)に到着。
 究極の地酒である澤姫の蔵元、バスを降りて全員が店先の記念撮影、撮影を終えても一言も発せずにじっと見つめています。
 40人近いので二手に分かれて蔵元見学、私は蔵元見学からの試飲のコースになりました。
クリックすると拡大します

 蔵元見学にはいろいろな考え方があるでしょうけど、私は杜氏さんの説明を聞くことと、蔵の空気を感じることを最優先として、写真は最低限です。
 今日は杜氏さん自らの瓶詰め、火入れの部屋の説明して下さいました。
 単に機械などの説明だけではなくて、こぼれ話やオフレコを話して下さって、それがとても楽しいのです。
クリックすると拡大します

 大抵はお米を洗って水を吸わせて、蒸すところからの説明になります。
 この辺りは多かれ少なかれどの蔵でも同じなので、蔵の空気を大切に感じています。
クリックすると拡大します

 途中で靴からサンダルに履き替えて蔵の奥へ。
 蔵元見学は基本的に日本酒を造っていない時期の見学になるのですが、この時期はまだ酒を造っていて、とても貴重な見学になりました。
 と言うか、そういうのを見せちゃって良いんだっけ的な、他の蔵ではここまで見せてくれないし、見られなくて当たり前だと思っていましたけど。
クリックすると拡大します

 寒い蔵での見学が終われば、楽しみの試飲会、蔵に併設されたアンテナショップ・澤姫にて。
 蔵元見学での試飲は無料となりますが(そもそも蔵見学も無料です)、タダで飲み放題の居酒屋じゃないので、一口ずつ大切に味わって、気に入ったお酒があれば買うのが礼儀だと思います。
 もちろん購入は義務ではないけど、お酒が好きで会に参加しているのに買わない理由が分かりません。
クリックすると拡大します

 この日のために合わせて販売許可(?)を取ったばかりの大吟醸のにごりを一本、自分のお土産に。
 大好きなお店に持ち込んで飲むかなぁ、どうしようかな。
クリックすると拡大します

 予定を大幅にオーバーしてバスで移動。
 蔵元に訪問することが最優先なのでお昼を取る時間は無く、車中でおにぎりやサンドイッチで済ませます。
クリックすると拡大します

 15時2分、宇都宮酒造ホームページ)に到着。
 まごころ一献の四季桜の蔵元、先に澤姫に比べて5倍以上の出荷量となるそうです。
クリックすると拡大します

 ここではABCの三班に分かれての見学、私はC班でしたので先ずはプロジェクターにて宇都宮酒造の歴史を聞きます。
 100年以上の歴史がある蔵ですから、右肩上がりの経営というわけにはいかないけれども、それでも今ここに残っていることが大切です。
クリックすると拡大します

 続けて試飲コーナーへ。
 この時期ですのでにごりが多くなり、にごりと言ってもいろいろな仕立てがありますので、どれも印象的で、どれも美味しいですね。
クリックすると拡大します

 日本酒に多く触れていると仕込み水に触れることも多くなりますが、飲食店では中々飲むことが出来ません。
 しかしながら、酒倉ですと、流れている水は食事もシャワーも全て仕込み水、掛け流し(笑)も仕込み水。

 時間になって蔵見学、白衣に着替えて帽子をかぶります。
 最初の部屋では、出荷寸前の日本酒があちこちに並べられていて、もう、なんとも。
クリックすると拡大します

 続けて麹室、ぴったりと戸が閉まっているのは初めてです。
 ここで杜氏あるあるの「納豆は本当に食べないのか」を聞いてみると、一年の半分は食べられないとのこと。
クリックすると拡大します

 大きなタンクに発酵させた日数ごとに並べられていて、もちろん飲むことは出来ないけど、香りを嗅ぎます。
 少しずつ日本酒が出来上がっていくのが、とても楽しみな気持ちになります。
クリックすると拡大します

 瓶詰め前に寝かせておくタンク、でかいですね。
 奥にははしごが掛けられたタンクもあり、中を覗くことも出来ました。
クリックすると拡大します

 しぼり機は佐瀬式、手間も時間も掛かりますが、佐瀬式でなければしぼれない日本酒があります。
 このしぼり機は既に製造終了していますが、メンテナンスのための部品を残り全て、こちらに置いていったという。
クリックすると拡大します

 そしてお楽しみのお土産タイム、試飲したお酒を買って帰ります。
 色々と手続きに時間が掛かりましたが、無事に入手して、鞄にしまいます。
クリックすると拡大します

 楽しかった蔵見学もこれにて終了。
 バス停を少し過ぎたところに流れている鬼怒川、この伏流水が日本酒の仕込み水に使われています。
 後は帰るだけ、途中から外は真っ暗になって、ぐっすりと寝て小田原に戻ると既に21時を回っていました。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月25日

厚木の新店

/桜/麺屋みのまる@厚木市下荻野にて柳らぁめん醤油、柚子塩らぁめん/フキノトウ/

 先週、諸般の事情で入店を断念したラーメン屋へクルマを走らせます。
 いつも通り寝坊してしまったので、開店時刻には間に合わないけれど、営業終了時間までに行かれればいいかな。
クリックすると拡大します

 神奈川工科大学の正面(真横?)に2017/1/11オープンした麺屋みのまる@厚木市下荻野844-1
 静岡ナンバーワンの評価を欲しいままにした有名老舗ラーメン店の店長さんが独立、有名老舗ラーメン店は来月末に閉店予定です。
 閉店や独立の経緯は知らないのですが、いづれ歴史が明らかにしてくれることでしょう。
クリックすると拡大します

 店内は全体的にラーメン屋の雰囲気を漂わせながら、フレンチやイタリアンの空気感も感じさせる小綺麗さ。
 左手に厨房、厨房に面したカウンター5席、テーブル席はなく小上がりに4人掛けのテーブルが3卓用意されています。
 メニューの塩、醤油、スタミナ、柚子塩は細麺と平打麺。つけめん、赤まぜそば、緑まぜそばまでがレギュラーメニュー、さらに限定メニューもあって、既食メニューかどれか分かりません。
クリックすると拡大します

 カウンターのテーブルには醤油、辣油、酢、七味唐辛子、ホワイトペッパー。
 お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。
クリックすると拡大します

 私の柳らぁめん醤油830円
 配膳されて写真を撮ろうと対面した刹那、このね、なんて言うか、有名老舗ラーメン店の修業先のラーメンの香りが辺り一帯を包みます。
 どんな食材をどう調理されているのか全く想像できませんが、ずっと包まれていたい気持ちを断ち切って箸を延ばします。
クリックすると拡大します

 程よい甘み、程よい旨み、程よい脂身、程よい塩味、全てが美味しさに向かっています。
 パンチの効いた分かりやすい今風の旨さとは違いますので、現代の人気店のスープ比べるとウケは良くありません。
 しかしして、開店して数年の美味しさと、既に10年を過ぎての美味しさと、同列に比べるのは何も分かっていないのと同じ。

 角細麺は麻生製麺でしょうか、相性について水を含めて「試行中」に感じました。
 個人的には、スープの完成が早過ぎて麺が間に合っていない印象です。
 トッピングはチャーシュー二枚、細身のメンマ、茹で青菜、板海苔、白髪ネギ、半身の味玉。
クリックすると拡大します

 柚子塩らぁめん930円
 この系統なら塩でしょ、もちろん塩でしょ、塩辛さは皆無で甘い塩スープ。
 ちらっと味見しただけですので感想は控えますが、いつかはしっかりと食べたいと思います。
クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 『ここで逃げれば 次も逃げるぞ byてつじよう』
クリックすると拡大します

 帰りは行きに見かけた桜を何カ所か撮影しました。
 途中、買い物もあって、帰宅。
クリックすると拡大します

 庭先咲いていたフキノトウを採って天ぷらにして晩酌のつまみにしました。
 明日は早いので今夜は早めに寝ナイト。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記