2021年03月24日

田浦に流れ着いて

/麺処 蒼(あお)田浦本店@京急田浦にて京都らぁ麺、和え玉ハーフ/ラーメン屋 コカトリス@港南中央にて濃厚鶏醤油ラーメン/

クリックすると拡大します

 今日も今日とてテレワーク、の予定が変更になって、出社。
 どこにいるかによって、どこで何を食べるかが変わるので、ちょっと困ったことに。
 とは言え、仕事をきっちり上げての先、何時に仕事が終わるかもハッキリしないし。

クリックすると拡大します

 何とか仕事を終えて、京急線で宿題店に向かったまではいいのですが。
 ちゃんとネット情報を調べておけば、昼営業のみって分かったのに。
 まあ、私の情報収集力なんて、そんなモノですよ。
 ささ、次の店にいこ、次。

クリックすると拡大します

 夜は、麺処 蒼(あお)田浦本店@京急田浦(横須賀市船越町1-39)公式ツイッター)へ。
 2021/3/6オープン、らぁ麺しろ@横須賀中央の2号店になります。
 店長さんはあの鉄谷さん、鉄谷さんの経緯は長くなるので、別ページにまとめました
 立地は京急田浦駅から緩やかな坂を下った、緩やかな曲がり角、魚の美味い店 柊(ひいらぎ)の跡地。

クリックすると拡大します

 19時前後の到着で、外待ち3人。
 ブラックボードにチョークでサラッと書かれていますが、誰でも書けるわけじゃない。
 営業時間は11:00-14:45 17:00-20:00、日祝は昼営業のみ、月曜定休。
 店内は決して広くないので、食べ終わったお客さんが退店されても、店員さんの案内を待ちます。

クリックすると拡大します

 15分ほど待って案内され、靴を脱いで店内へ。
 メニューは京都らぁ麺800円、淡麗塩らぁ麺800円。
 いまどきの和え玉はフルサイズが250円、ハーフが150円。
 ご飯物は白ご飯120円、卵かけご飯220円、賄いチャーシュー丼330円。
 飲物は瓶ビール(アサヒドライ)500円。

クリックすると拡大します

 店内は前店踏襲と思われ、入ってすぐ左手に壁向きカウンターが3席、奥に4人掛けテーブルが3卓。
 全席が掘りごたつ式なので足の心配は要らないけど、カウンターは5人くらいは座れるんだろうな。
 卓上には一味唐辛子、おろしニンニク、胡椒。
 厨房では店長さんが盛り付けまで調理され、配膳などは2人の女性店員さんが対応されています。

クリックすると拡大します

 程なくして京都らぁ麺800円、今のご時世、配膳にお盆を使われるお店の多いこと。
 こんなに綺麗な盛り付けで京都ラーメンと言われても、どの店舗を模倣したのか全く分からない。
 鶏ガラ主体のダシスープに丁寧に背脂の甘さを差し込み、甘過ぎないように甘さを感じる美味しさ。
 京都出身の店長さんは京都ラーメンをこれまでも提供されていた様ですが、ここに来て行き着いた様な味わい。

クリックすると拡大します

 全粒粉入りの細麺は、らぁ麺しろ@横須賀中央の自家製麺。
 スープが美味しければ麺も美味しい、(らぁ麺しろで働いていた)たった2ヶ月でここまで相性が合うんですね。
 チャーシューは豚肩ロースレア、豚肩ロース、鶏チャーシューの3種類。
 他のトッピングは、穂先メンマと青ねぎ。

クリックすると拡大します

 あと二口で麺を食べ終わるタイミングでお願いした、和え玉ハーフ150円
 和え玉は先に食券を買ってもいいし、ラーメンを食べ終わってからお腹の具合で追加注文しても良いし。
 ※和え玉は京都らぁ麺用と淡麗塩らぁ麺用で異なるとのこと。
 お店によって和え玉の表現方法は異なりますが、こちらでは小盛りラーメンの麺相。

クリックすると拡大します

 軽くタレに絡めて食べ、次に残しておいたラーメンスープでつけ麺にして食べる、ではなく。
 ひとつかみ乗せられた青ねぎとそのまま食べる、なので、和え玉ではなく半麺のお代わりだな。

クリックすると拡大します

 せっかくなので、黒胡椒を振り、おろしニンニクを乗せて味変を楽しみました。
 黒胡椒がよく合い、これぞ京都ラーメンと言ったところでしょうか。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 食べ終わっても、後客続々の繁盛ぶり。
 店長さんには「ご馳走様でした」とだけ告げて、お店を後にしました。

クリックすると拡大します

 初めて降りた港南中央駅、地下鉄ですので、降りたというか、登ったというか。
 遅い時間の夕飯は、ラーメン屋 コカトリス@港南中央(横浜市港南区港南5-1-31)へ。
 2021/3/19オープン、店主さんは濃厚鶏そば麺屋武一の出身。
 立地は、1番出口から地上に出て、公会堂と警察署に挟まれた道を進んでいくと、突き当たり左手。

クリックすると拡大します

 店先には、店名であるコカトリスのイラストと、説明書きがあります。
 浅学ため、説明がなければ何のことかさっぱり分かりませんでした。

クリックすると拡大します

 コカトリスの説明も貼られています。
 先頭の1行以外はである調で書かれていて、コカトリスのことは分かります。
 浅学のため、なぜコカトリスを店名に使ったのかは、分かりません。

クリックすると拡大します

 営業時間は11:00-15:00(Lo:14:45) 17:00-21:00(Lo:20:45)。
 定休日は日曜日です。

クリックすると拡大します

 店内に入り、右手の券売機で食券を買います。
 メニューは濃厚鶏(醤油・塩)ラーメン800円、あご出汁(醤油・塩)鶏そば750円。
 鶏まぜそば750円、汁なし担々麺850円はいずれも中盛りまで同額。
 ご飯物は鶏ごぼう飯200円、贅沢卵かけご飯250円、炙りチャーシューご飯250円。
 アルコール飲料、おつまみ、アイス、などなど。

クリックすると拡大します

 「濃厚」は鶏白湯スープ、「あご出汁」はあご出汁と鶏清湯のWスープ。
 まぜそば、汁なし担々麺も武一で提供されていた(いる)メニューです。

クリックすると拡大します

 武一の鶏白湯ラーメンに似たラーメンを提供する店は、何軒か食べ歩いていますが。
 どこも武一の名前を出していないので、出身なのか、プロデュースなのか、インスパイアなのかは推測の域を出ません。
 こちらは堂々と「武一」の名前を出されています。
 武一は都内に多く展開されていますが、神奈川には関内、アトレ川崎に出店されています。

クリックすると拡大します

 店内は前店踏襲と思われ、厨房を囲むL字カウンター6席のみ。
 奥に小上がり席がありますが、いまのところは使われていない様子。

クリックすると拡大します

 卓上にはコショウ、フルーツ酢、自家製辛醤油。
 この自家製辛醤油、醤油には見えず、パウチには「自家製辛醤」とあります。
 コショウも花椒粉のようであり、ようでもなし。
 品質保持のために冷蔵保管しているおろしにんにく、おろししょうが、マヨネーズは店員さんに声を掛けるスタイル。
 それはそれとして、武一であれば黒七味ですが、見当たりませんでした。

クリックすると拡大します

 程なくして、濃厚鶏醤油ラーメン800円
 武一の鶏白湯スープは随分と久し振りですが、なんとか舌が味を覚えていて。
 スープとタレの味わいは修行しただけのことがある高い再現性、分量というか配合率が僅かに異なる印象です。
 僅かに異なるのは、合わせられないのか変えているのか分からないけど、美味しいことは美味しい。

クリックすると拡大します

 武一で使われている麺と同じと思われる角中太麺、スープにとてもよく合っています。
 トッピングは豚バラ肉チャーシュー、鶏ムネ肉チャーシュー、鶏つくね、穂先メンマ、板海苔焼き海苔、刻みタマネギ。
 他店なら850円か900円でもおかしくないトッピング量、そしてそのいずれも美味しい。
 特に鶏つくねがおしいくて、鶏白湯スープにもよく合っています。

クリックすると拡大します

 武一のスープなら味変は黒七味一択ですが、黒七味がないので、自家製辛醤油を。
 まあ、醤油には見えず、スープに馴染ませて味わうと、程々の辛さと中々の美味しさ。
 武一は随分ご無沙汰してしまっているけど、最近ではこの辛みが用意されているのだろうか。

クリックすると拡大します

 スルッと食べて、ご馳走様でした。
 店長さんに幾つか訊きたいことがありましたが、後客多数で断念。
 また、食べに来れば良いけど、いつになることやら。

クリックすると拡大します

 こんな新築公舎のスーペスでも、横浜だとライティングからして違う。
 私には一生縁の無い町だな。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2021年03月23日

桜が見頃

/湘南しんば@平塚市追分にて特わんたん塩らぁ麺/

クリックすると拡大します

 今日も今日とてテレワーク。
 若い頃は「天気が良いのに家の中に籠もってもったいない」などと、まことしやかに囁かれた時代。
 最近、色々な人に色々なことを言われて辟易していて、桜を見上げて、心穏やかに。

クリックすると拡大します

 女房に「どうする?」と誘ったら「マック、買ってきて」と言われ、この距離感が長続きの秘訣か。
 お昼は、湘南しんば@平塚市追分公式フェイスブック)(公式インスタグラム)(公式ツイッター)へ。
 お店の専用駐車場はないので、200円/時間のコインパーキングに停めましたが。
 前回は話し込んでしまって、200円じゃ足りなかったんだよね。

クリックすると拡大します

 営業時間は神奈川の時短要請に沿って、夜営業が21時までに延長されていました。
 お店に着くと外待ち5人、既にそういう店なのですね。
 一人出てきたので、入って食券を買うと、「準備ができたら声を掛けますので、外でお待ち下さい」と案内されます。
 ワンオペだし、テーブルにはレンゲと箸をセットしなくちゃだし、色々とあるよね。

クリックすると拡大します

 醤油とイカ煮干しは食べたので、今日は塩。
 ワンタンを食べてみたいので、特わんたんにしましたが、特製でも良かったみたい。
 ま、いいか。

クリックすると拡大します

 少し待って、特わんたん塩らぁ麺1,100円
 塩らぁ麺にわんたん3個と味玉、鶏肉、鴨肉が追加トッピングされた豪華なラーメン。
 いわゆる全部乗せですが、麺とスープがあれば十分な私は、滅多に頼まないメニュー。
 醤油のスープが鶏ガラメインに対して、塩は肉のスープに和だしをブレンド、と説明されています。
 和だしとは昆布、椎茸、鰹節などの出汁で、椎茸出汁ラブの私には目を開けていられない美味しさ。

クリックすると拡大します

 麺は醤油の麻生製麺に対して、塩は菅野製麺所、美味しいけれども、もっと美味しい麺がありそう。
 トッピングのチャーシューは都合四枚、一枚ずつ味わいが変わるので(正確には二枚は同じ)、とても楽しい。
 特に鴨肉がとても美味しい。
 麺は極太、味玉、そしてわんたん。

クリックすると拡大します

 わんたんは皮と餡の両方が楽しめるタイプで、肉わんたん2個、エビわんたん1個。
 食べた感じでは肉わんたんが1個で野菜わんたんな気がしましたが、きっと気のせい。
 300円追加するだけで、こんなにも豪華になるのは、お得ですね。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 帰る頃には店内に一人しかお客さんがいらっしゃらないので、ついつい与太話を。
 おっと話し込んでいると、コインパーキングのメーターが上がってしまうな。

クリックすると拡大します

 見頃がどうのと言っているとさくらは散ってしまうので、見られるときの見ておく。
 さてさて、午後もテレワーク、頑張りますか。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年03月22日

藤沢のさくら

/らぁ麺 六花(りっか)@田町にて醤油らぁ麺、餃子/いろり庵きらく 藤沢店にてちくわ天うどん/

クリックすると拡大します

 お昼は、らぁ麺 六花(りっか)@田町(港区芝5-29-5)公式インスタグラム)へ。
 ますたに田町店跡地に、2021/3/14オープン。
 オープン日と翌日の二日間は、ラーメン一杯500円イベントを実施したそうです。
 店舗は二子玉川からの移転とか、はやし田からの独立とか、噂はありますが未確認です。

クリックすると拡大します

 店先には、ラーメン写真の立て看板があります。
 メニューは醤油らぁ麺800円、鯵煮干しそば800円、つけ麺〜昆布水掛け〜850円、まぜそば〜トリュフ香る〜800円。
 大きなラーメン写真を立て看板に掲げるのは、らぁ麺ふじ松スタイル(はやし田は壁や窓に貼るスタイル)。
 スタイルが似ているからといって、らぁ麺ふじ松からの独立とは限りません(可能性は高いけど)。

クリックすると拡大します

 券売機を見ると餃子(3個)200円、6個400円があります。
 イングス系列店で餃子を販売しているのは、らぁ麺ふじ松戸塚店だけ。
 アルコール飲料が充実していますね。

クリックすると拡大します

 席配置は厨房に面したカウンター8席、テーブルは4人掛け、2人掛け、4人掛け、計18席。
 卓上には調味料は置かれておらず、テーブルに箸置きと箸、カウンター台にはお冷やとコップ。

クリックすると拡大します

 カウンター台に説明書きが貼り出されています。
 鶏スープには「鴨」を使っているのは、はやし田スタイル。
 つけ麺は「昆布水掛け」ですので、ふじ松スタイル。
 まぜそばは「トリュフ香る」ですので、はやし田スタイル(ふじ松は漬け卵黄添え)。

クリックすると拡大します

 程なくして醤油らぁ麺800円
 はやし田の醤油らぁ麺に酷似した麺相ですが、薬味ネギが九条ネギとは思えず、幾分量も多い。
 鴨出汁と大山どり出汁のブレンドスープ、鴨の味わいは薄めですが、とても美味しい。
 同じような鶏清湯スープに食傷気味のラーメン好きも多いけれども、私は好きな味です。

クリックすると拡大します

 麺はカネジン食品の細麺、スープと好相性でとても美味しい。
 イングスプロデュース店も全てカネジン食品に変わっていて、以前の菅野製麺所の麺より遙かに好み。
 トッピングは豚肩ロースレアチャーシュー、低温調理の鶏胸肉チャーシュー、穂先メンマ2本。
 ※はやし田は吊るし焼の豚肩ロースチャーシュー、低温調理の鶏胸肉チャーシュー、穂先メンマ1本。

クリックすると拡大します

 餃子200円
 「味が付いていますのでそのままでどうぞ、お好みでタレをお使い下さい」と案内されます。
 先ずはそのまま食べてみると、蒸し加減抑えめで皮は固く、餡は挽肉と野菜がたっぷり。
 保管やテイクアウトを考慮してか、冷凍餃子に感じました。

クリックすると拡大します

 スルッと食べて、ご馳走様でした。
 どなたが店長さんか分かりませんでしたが、一人、顔を覚えている店員さんがいるんだよね。
 次回、伺うことがあれば、訊いてみるかな。

クリックすると拡大します

 夜は、いろり庵きらく 藤沢店ホームページ)へ。
 株式会社JR東日本フーズの運営で、2019/4/1オープン。
 藤沢駅改札外の立地で、藤沢に伺っている間に一度立ち寄っておきたかった。

クリックすると拡大します

 メニューはきらく全店で統一のはずですが、気を抜いてはいけません。
 かけそば回数券があり、6枚綴りで240円お得なのですが、財布が太ってしまうばかりなので利用していません。
 季節毎の限定メニューがあり、現在は豚肉と白菜のあんかけそば580円、陸奥湾産ほたてと長ネギのかき揚げそば570円。
 販売期間を確認すると2020/12/17-2021/3/17、食材が売り切れ次第、終売ということだろう。

クリックすると拡大します

 じゃ、今年の冬の記念にと券売機を見ると、両方とも既に終売していた。
 店外のポスターに何らかのお知らせがあった方が、親切に感じます。
 で、その限定メニューを食べようと思ったいたので、さて、困りました。

 お蕎麦縛りということは無いので、カツ丼なんてどうでしょうか、カレーライスでもいいか。
 つか、店内外に全く告知していない期間限定メニューがあるじゃないか。

クリックすると拡大します

 店内は店内中央に4人が向き合う立ち食いテーブルが2卓、他に壁向きカウンターが12席。
 卓上に調味料は用意されておらず、白ゴマや七味は受付となりにまとめられていました。

クリックすると拡大します

 程なくして、ちくわ天うどん450円
 白ネギが盛り付けられていない提供時の様子は、食べログで確認してもらうとして。
 お蕎麦は生蕎麦であることをウリにしていますが、うどんはどうなんだろう。
 あっさりした味わいの蕎麦つゆに、ぷるんとしてコシのないうどんは合わない気がする。

 かき揚げの店内揚げをウリにしているけど、かき揚げ以外の揚げ物はどうなんだろう。
 芯が冷たかったのでスープに浸して温めようとしたけど、スープも熱くないし。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 藤沢駅の東側には来たことが無い。
 それはつまり、ラーメン店が少ないってことを意味するわけだけど。
 これからは何度か歩くことになるのか。

クリックすると拡大します

 念願叶って、階段下って、てるい。
 とても良くして頂いている飲み友が足繁く通う居酒屋、やっとやっと誘って頂けました。
 しかも貸切にして下さって、感謝感激。

クリックすると拡大します

 貸切の会は日本酒の持ち込み料がサービスされるそうです。
 と言うことで、幹事さんが1本、私が1本、一緒に参加した飲み友が3本を持ち込みました。
 飲み残したら店主さんにサービスするってことで。

クリックすると拡大します

 とはいえ、1杯目はお店の日本酒を。
 黒龍酒造の黒龍純吟三十八号 純米吟醸 R2BY。
 福井のお酒、店主さんの修業先と近いってことだ。

クリックすると拡大します

 先ずは、数の子の松前漬け、北海道の水蛸の卵、能登の黒もずく、ご飯にイクラと鮪節。
 蛸の卵を頂いたのは何年ぶりだろうか、とても珍しい食材です。
 しっかりとした食感の黒もずく、お酒が進みます。

クリックすると拡大します

 ここで毛蟹が出たのですが、写真を撮り忘れている。
 ※写真はつんつん漬。
 えー、酔って記憶が無くても撮り忘れることなんて無いのに、なんてこった。
 寄る年波には勝てぬ、ってことだな。

クリックすると拡大します

 刺身として、エビ、シャコ、サメガレイ。
 シャコは卵を持っていて、こんなに沢山の卵をもっているシャコは食べたことが無い。
 サメガレイは初めて食べたけど、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 さて、いつまでも飲んでいたいけど、いつまでも飲んでいられないので、鍋。
 今日の鍋はクジラ、いわゆるはりはり鍋。
 本来のはりはり鍋は、鯨と水菜だけの鍋のようですが、今日は春菊、豆腐、椎茸も加わっています。

クリックすると拡大します

 鍋奉行は人生で一番苦手な奉行なので、今日も今日とて飲み友達にお願いします。
 「もういいですよ」のお声掛けと共に、頂きます。
 鯨の鍋を食べるのは、覚えていないほど久し振りで、独特の食感と味わいの鯨肉に舌鼓。
 もうすぐ春だけど、鍋はいつ食べても美味しい。

クリックすると拡大します

 鍋となれば雑炊。
 ここまでご飯を入れた鍋は初めてで、ここまでご飯を食べた鍋は初めて。
 一生忘れられない会になりました。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記