2018年09月30日

宗玄冷やおろしの会

/ラーメン&お祭りバルはなびや@高田にて秋刀魚ラーメン/たくみやにて宗玄冷やおろしの会/

クリックすると拡大します

 あちこちへ食べ歩いていると言っても、降りる駅はかなり偏っていて、降りたことない駅が多く、ここ横浜市営地下鉄グリーンライン高田駅には初めて降りました。
 降りると言っても、地下四階にホームがあるのを知らないで、エスカレーターで地上を目指してしまった。
 駅から近いのと、雨が降っていなかったのが幸い。

クリックすると拡大します

 ラーメン&お祭りバルはなびや@高田(横浜市港北区)、2018/3/10にオープンした昼はラーメン、夜はラーメンが食べられるバル(スペイン式居酒屋)のお店です。
 ま、初めからこの店を目指したとは到底思えないでしょうけど、そこはツッコミをご遠慮願いたい。
 駅の周りには数軒のラーメン店がありますが、店先の通り反対側にもラーメン店があります。

クリックすると拡大します

 店内に入るとノーゲス、適当なカウンター席に座ってメニューを見ます。
 ラーメンメニューは鶏にぼし、濃厚豚骨にぼしの2種類に限定メニュー。
 麺は細麺か中太麺から選択(限定メニューは中太麺のみ)。
 トッピングは味玉、チャーシュー、のり、メンマ、ネギ。サイドメニューに餃子が用意されていて、ライスもあります。

クリックすると拡大します

 店内はお祭りバルの名の通り、提灯やお面が飾られています。
 席は厨房向きにカウンター9席、壁側に3人掛けと4人掛けのテーブル、計16席。
 卓上には酢、醤油、辣油、ブラックペッパー、一味唐辛子。
 入口上部に備え付けられた壁掛けテレビを見ながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして秋刀魚ラーメン790円、カウンター台越しでは無く、ぐるりと回って運んできて下さいました。
 スープは標準的な鶏ガラ出汁に秋刀魚の出汁をブレンドしたと思われる、口当たりの柔らかい美味しいスープ。
 確認しませんでしたが、店主さんはラーメンに関して独学なのかなぁ。

クリックすると拡大します

 中細麺は開店当初の菅野製麺所から麻生製麺に変わっていて、やや固め仕上げで、スープとの絡みはまずまずです。
 トッピングは鶏肉と秋刀魚の身を練ったつみれが三つ、かぼす(スダチ?)、大根おろし。
 食べ終わって店主さんからお声掛け頂き、少しラーメンの話をして、お店を後にしました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 雨が降り出した大森海岸駅からほど近い、たくみやへ。
 このお店には初めて来ましたが、魅力的なメニュー、惹かれるお酒が多く、何とか口実を見つけて飲みに来たいですね。
 20数名だったかな、お店を貸し切っての、宗玄冷やおろしの会になります。

クリックすると拡大します

 今夜の幹事は宗玄普及委員会の人なので、仕込み水はもちろん宗玄。
 売り物ではない(非売品ですらない)仕込み水なのに、しっかりラベルを作って貼るところは宗玄らしいですね。
 乾杯する前に、先ずは仕込み水を飲んで、口を濡らしておきます。

クリックすると拡大します

 乾杯は冷やおろし。
 宗玄八反錦ひやおろし、宗玄石川門ひやおろし、宗玄山田錦ひやおろしと三種類を飲み比べできるのも、この会ならではの楽しみです。
 あまりに美味しいのでお代わりしたくなりますが、先は長いので、ここで急いではいけません。

クリックすると拡大します

 一品目は昆布とホタテの小鉢。
 料理があって日本酒を飲むのであれば全体的に量が足りないと思いますが、日本酒を飲みながら料理を楽しむのであれば、これで十分。
 つか、この一品目だけで日本酒は何杯でもいけますって。

クリックすると拡大します

 能登乃國純米酒、2018名門酒会『隠し酒』出品(一般販売は未定)の呑み比べ。
 美味しい日本酒を飲むのはそう難しくありませんが、一般販売未定のお酒を飲めることはそうあることでありません。
 しかも、一般販売されている方のお酒も飲めちゃう、ああ、幹事さんと仲良くなっておいて良かった。

クリックすると拡大します

 カニときゅうりの酢の物。
 味付けは最小限で、それでいてしっかり美味しい、おそらく日本酒だけでなくビールや焼酎にも合うのでしょう。
 お酒を飲む手が加速していく、止めることが出来ない。

クリックすると拡大します

 随道蔵2年超え貯蔵の本醸造原酒。
 宗玄酒造では、蔵の近くの未使用トンネル(随道)を買い取り、瓶詰めした日本酒を寝かせておけます。
 特別に一本用意して下さり、皆で飲み比べ、美味しいなぁ。

クリックすると拡大します

 スルメイカ(石川沖)と雲丹、小鉢と酢の物とこのスルメイカだけで今日のツマミは十分だったな。
 鶏治部煮、石川の家庭料理で、大きめに刻んだ根野菜がとても美味しい。
 新食感ブリ、ブリを厚切りしてレモンベースのドレッシングで和えてあります。
 宗玄のお酒に漬けたスルメイカ、これも美味しい、どれも美味しいのですが。

クリックすると拡大します

 通常販売の本醸造原酒、見附島。
 純米酒はとても美味しいけど、本醸造もとても美味しい。
 関東では中々お目にかかれない宗玄の本醸造、燗付けしてもらってご機嫌。

クリックすると拡大します

 もちろん黙って飲んでいるわけじゃなく、楽しいお喋りがあっての日本酒です。
 いつも同じメンバーでは血が止まってしまうので、出来るだけ違う人を連れてくる様にしてはいます。
 本音を言えば、同じ人でもいいんだけど、私自身の徳の無さから、飽きられちゃうんだよな。
 ま、仕方なし。

クリックすると拡大します

 東の風(あいのかぜ)、純米生酒、吟醸無ろ過生原酒。
 宗玄のお酒は(味の記憶はともかく)全部飲んだ気になっていましたが、そうでもなかった。
 真ん中の純米酒が特に美味しかったなぁ。

クリックすると拡大します

 牛タン、全員分を一気に焼き上げたのだろうか、酔っ払っていて良く覚えていない。
 かなり歯応えを残していて、ベジタブルと一緒にマスタードを付けて食べましたが、これがまた美味しい。
 幹事さん、素晴らしい日本酒をありがとうございました。
 たくみやさん、美味しい料理をご馳走様でした。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月29日

台風前夜

/北海道らーめん麺処うたり平塚四之宮店(平塚市四之宮2-24-36)にて醤油ラーメン、味噌チャーシュー/

クリックすると拡大します

 午前中、女房が出掛けているウチにパソコンをパチパチ。
 溜まりに溜めてしまったブログを一通り片付けていると、女房が帰宅してきたので、やっとクルマが使える。
 一人ではナンなので、「ラーメン、食べに行くか」と誘って出掛けました。

クリックすると拡大します

 2018/9/28にオープンした、北海道らーめん麺処うたり平塚四之宮店(平塚市四之宮2-24-36)
 立地は平塚129号線沿いのラーメン街道にある、サーティワンアイスクリーム平塚ロードサイド店に併設されたらーめん花楽四之宮店のリニューアルになります。
 経営母体は、神奈中グループの株式会社神奈中システムプラン(紹介されたページ)、らーめん花楽も開業して長いので、そろそろセカンドブランドが出てくることではないでしょうか。

クリックすると拡大します

 店先の祝い花の贈り主は神奈川中央交通、麻生製麺、沼田商事、丸太太兵衛小林製麺などと関連会社から。
 まあ、この辺りで経営母体とか製麺所とか、食材の仕入れ関係を推測します。
 「神奈川中央交通」から祝い花が贈られていても、経営母体なのか、単なる知り合いなのか、タダのご近所付き合いなのかは推測でしかないので、店員さんに聞くか、ネットで確認するかになります。
 どこが経営していようが、製麺所がどこであろうと、料理の味には関係ない、と言う人は気にしなくて良いと思います。

クリックすると拡大します

 店内に入るとガランとして先客2人、お好きな席へどうぞと案内されて、角のテーブル席へ。
 卓上を見るとタッチパネル式注文機が設置されています。
 居酒屋や回転寿司屋で見かけたことのある注文機ですが、別にメニュー表も用意されていて、口頭注文(後会計)されているお客さんもいました。
 メニューは味噌、醤油、塩、それぞれ辛味増しの6種類。

クリックすると拡大します

 トッピングはチャーシュー、辛ネギ、味玉、海苔、メンマ、バター、コーン。
 ご飯物はチャーハン、カレーライス、チャーシュー丼、ライス。
 一品物は餃子、唐揚げ、生姜焼きなど多数、酒類はビール、ハイボール、焼酎など。

クリックすると拡大します

 店内は厨房に面したカウンター7席、壁に面したテーブル席は4人掛けが4卓、2人掛けが1卓、8人掛けの小上がりが2卓。
 卓上には白胡椒、七味唐辛子、お酢、醤油、ラー油、ソースなどの調味料が用意されています。
 お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして醤油ラーメン730円
 澄み切ったスープではなく、豚骨、鶏ガラ出汁がたっぷりと煮出されたスープ。
 ラードが使われているのか、アツアツでとても美味しい。

クリックすると拡大します

 黄色の縮れ中太麺は小林製麺、スープに良く合っています。
 トッピングはバラ巻きチャーシューが2枚、板海苔1枚、細切りメンマ、なると、炒めモヤシ。
 誤解を恐れずに言えば、らーめん花楽の美味しいところをそのまま残している感じです。

クリックすると拡大します

 女房の味噌チャーシュー990円
 丼は味噌、塩、醤油で変えてあり、味噌は縁の3箇所が窪んでいます。
 スープタレを味噌に変えただけで、他の構成は醤油ラーメンと同じ、昔ながらなラーメン店の造りですね。

クリックすると拡大します

 餃子360円。
 皮が薄めで餡がたっぷりな一個が大きい餃子、これは美味しいですなあ。
 四個なので仲良く二個ずついただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 帰りにちょっと買い物を済ませて、帰宅。
 なんか、ここのところ週末になると天気が良くないんだけど。
 ま、その辺はナンともならないから、こちら側がなんとかしないとな。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月28日

ゴールデンコース

/ゆで太郎代々木東口店にてざる中華、コロッケ/元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田にて台湾ラーメン、チャーシュー/ホルモン焼き時代輪屋(ときわや)/スナックJJ/

クリックすると拡大します

 早起きはお蕎麦のために、今朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 銀河まで見渡せるくらい晴れ上がった青空、絶好の朝ラー日和っす。

クリックすると拡大します

 今朝はざる中華490円、クーポンでコロッケ
 キリッと辛みが利いたもり汁で頂く中華そば、多めの薬味ねぎが嬉しいですね。
 いつもは先に中華そば、後からコロッケですが、今朝は先にコロッケ。ホックホクで朝から幸せ。
 美味しくいただき、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜は、元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)(ホームページ)へ。
 基本昼営業の店ですが、木金だけは夜営業されていて、なんとか月に一度くらいは滑り込みたいな、と。
 ちょうどお店が開いたタイミングで、ちょうど誰も並んでいなくて、ラッキー。

クリックすると拡大します

 先ずは宮城県の蔵元である一ノ蔵 特別純米酒 ひやおろし。
 付け合わせはなすの浅漬けと辛玉、秋あがりには茄子が合います。
 軽めの味わいながら、しっかりとお米の美味しさを感じられます。

クリックすると拡大します

 程なくして台湾ラーメン900円、チャーシュー100円
 鷹の爪の輪切り、ニラ、玉ねぎと共に煮込んで仕込んだ旨辛スープ、茹でモヤシとも良い感じで合っています。
 たっぷりの挽肉が味に深みと広がりをもたらし、唯一無二、史上最強、唯我独尊の味わい、椅子から転げ落ちてしまいます。

クリックすると拡大します

 サッポロ製麺の角中太麺がスープにまとわりつき、スープを持ち上げ、スープと一体となる。
 トッピングにドサッとおろし生姜、むき海老、特におろし生姜は旨辛スープの辛みを増して旨味を引き立てます。
 麺を食べ終わっても、スープをすくうレンゲが止まりません。

クリックすると拡大します

 食べ終わった頃には、知り合いが来店し、IPAを飲みながらラーメン談義。
 「広尾に美味しいお店があるんだけど」「おお、美女を揃えて突撃しますか」と話がまとまり。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 地元に戻ってきてホルモン焼き時代輪屋(ときわや)(ホームページ)、『いつの時も どんな時代(とき)も/大切な家族や仲間たちと笑顔で/輪(わ)を囲み/楽しいひと時を過ごしてほしい/そんな思いを込めて/時代輪屋(ときわや)は誕生しました』
 店先に盛り塩がないので、ちょっと心配というか、おそらくそういうことなんだろうけど。
 だからと言ってここで引き返すわけにはいかないので。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、案の定、厨房にはママさんが入っていて、昔取った杵柄をいかんなく発揮しています。
 カウンター、テーブル、どこも満席なのでどうしようかともう一度カウンターを見ると、待ち合わせの友達が既に席を取っていて下さいました。
 炭の火も付いているし、ホルモンも用意されていて、嬉しい。
 今夜は鶴巻温泉で二人お疲れ様会、一年ぶり以上の再会ですかね。

クリックすると拡大します

 積もる話の半分は自身の体調不良であり、残る半分は両親の入院の話しであり、もうとっくにそんな歳です。
 それでも、こうして盃をふれあえることを幸せと感じないと。
 オレはナンコツ、ゲンはシロ、味噌ダレと醤油ダレで美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 レモンサワーを飲んだら日本酒、兵庫県神戸市灘区の蔵元 剣菱酒造「剣菱」。
 昔ながらの手造りなのではない、剣菱の味を作るには手造りである必要がある。
 最高の日本酒はどんな料理だって旨くするし、空気さえ旨くする。

クリックすると拡大します

 と言うことで、一通り食べて飲んだら、家庭料理の店 スナックJJへ。
 お店自体はとても好きだったのですが、苦手意識があって遠ざかっていました。
 時間の流れは残酷なときもあるけれど、温情を持って変えてくれることもある。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記